ぐぅぅぅぅう。

宿題1こあるのですが、競馬に関して書かにゃーいかんことがあったのでちょっとそっち先。


・ウイナーズサークルへようこそ
「ライアーゲーム」で有名な甲斐谷忍先生の漫画。へーほーと思いながら買っていました。
で、先日9巻発売。表紙の「黄金旅程」なんて簡単すぎる表記はともかく(ともかく?)、帯に「ここに完結!!」の文字。
ええええ????終わるような話展開じゃなかったですけど!?なんで?と思いながら買って読んで最後までたどり着いたら、「トーナメント準決勝進出」で終わってました。
エエエエエエエエエーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!
…な…なんなの…………ちょっと………。
打ち切りだったらしいです。さすがジャンプ系列。
それにしたってもうちょっとどうにか………。う、うぇぇぇぇん。
馬券購入術を漫画にするのは無理があったのか…グス。
出鳥澄夫先生とか丸善鋤とかしょうもない小ネタもわりと好きだったのになあ。グス。


・マイルチャンピオンシップ
外出先から走って発走1分前に帰宅し、テレビをつけてレースを見たらあのざまですよ。
(1着入線のミッキーアイルがものすごい斜行をやらかし、上位入線馬悉く影響を受けるも騎手が騎乗停止8日間のペナルティーを食らっただけでおしまい)
あれ、ディサイファに乗ってたのがユタカじゃなかったら落ちてたでしょ。
あれで降着じゃなかったら何を降着にせえというのか。ユタカにもしものことがあったら降着だったのか。そこまでしないとダメなのか。
私が応援してて結構いい線にきてたネオリアリズムも不利を食らったのが痛いですが、このやったもの得のルールほんとなんとかならないかな。世界基準とかどうでもいいよ。ガラパゴス文化万歳だ。
「勝った馬に罪はない」というのなら被害馬にはもっと罪がないし、G1の着順なんてはっきり言って馬の引退後の生死がかかってるんだから、馬のせいにしないでほしい。
そして割を喰うのは立場の弱い馬と騎手だけっていうのもほんと納得いかない。馬主をどうするかはともかく、調教師には確実にペナルティーがないとダメだと思う。
我が親友兼競馬師匠のありちゃんが、「悪辣なオーナーや調教師に『お前が騎乗停止になろうが知ったこっちゃないから、意図的に他馬を妨害してでも勝て』とか脅されるケースもあるかもしれないじゃないの」と言っておりましたがほんとそう。
海外は売り上げをたぶんそれほど馬券に頼っていないから馬主寄りのルールでいいんでしょうが、日本は馬券を買って支えているファンで成り立っているわけなので、少なくとも「悪い奴は成敗される」というルールがないと先はないと思うのです。


・有馬記念ファン投票
もー、JRAに文句を言いたい!と思ってJRAのホームページから苦情受付フォームがないか探そうと思ったら有馬記念ファン投票をしていなかったことに気付きました。
あっぶねーー。
すませました(義務)。


ぜはー。
むきーぽきーくきーーーー!!!(憤懣やるかたなし)
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 23:34 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

おう松さん………。

私が凱旋門賞の馬券をうっかり買って、買った馬が軒並み沈んで悪いことしたなァと思ったり、秋華賞で「なんでここでよりによってユーイチくんが…!!!」とムキィとなっていたり菊花賞のCMを見て「馬全然出てないじゃん!!」と憤慨していたりした間にJRAがひどいことになってました。


走れ!おう松さん
JRA×おそ松さん


…誰これ考えちゃったの。
そらおそ松兄さんは競馬大好きだけれども!だからって!!!
ページをよく見てみたらばCMは作ってるわ限定WEBムービーは作ってるわミニゲームは作ってるわなまじJRAが金持ちなだけにひどいことになってんなこれ!!
年末の有馬記念までがっっっつり離さへんで!なイベント目白押しで、しまいにTVアニメ特番までやるそうな。
グッズ販売に至っては少なくとも府中は開催日の9時半から10時45分までに抽選券を配布。販売時間は11時20分、13時、14時50分の3回で、このうちのどこか1回に当たれば買えるそうな(複数回当たることはないらしい。たぶん)。
当選者は1日1000名。
しかもしかも、10月29日〜と11月19日〜は売ってるグッズが違うんですって!
(てことは中山も同じようなパターンであろう)

なんていうか、
完全に金の使い方を間違えているJRA。


…………だってこれでグッズ買いにきたお嬢さんたち、馬券買ってくれないだろう…………。(一応抽選券と一緒にUMAJO入門書(女性向け競馬場案内冊子)を配るらしいけど)
そしてオールドファンは間違いなく眉をひそめるであろう。
大丈夫か………。

ま、でもTVアニメ特番は楽しみですけれどもね!(←駄目人間)
成り行きを見守ります。
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 23:10 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

世紀の発見

今回の記事は「源氏物語」とかなり前の「真田丸」のネタバレがありますが、かなり前だからいいよねってことで。
まだみてないし知りたくない!という方は回避で。




しばらく前に、我が親友兼競馬師匠のありちゃんと真田丸を見終わった感想を話していました。
主人公の兄が地震が起きた時嫁(正確には1人はもう嫁じゃないのだがまあいい)二人のところに行くというエピソードがありまして。

私「地震の時は二人両方のところに行くって律儀なのかバカなのか」

ありちゃん「源氏物語で、落葉宮のとこにも雲居雁のとこにも月半分ずつ通う、ってのあったよね…。
兄上は真田家の夕霧(苦笑)」


「あった。しかし常々『藤内侍は無視かよ』と納得がいかないでいる私」

「ああ、五節の舞姫!
やっぱり夕霧は好かん。
薫はもっと好かん!」


「縁が切れてるならまだしも、落葉宮の養女にして匂宮に嫁がせた六の君は藤内侍の子だもんねえ。
更に言うなら六の君の裳着(注:当時の女性の成人式。男性でいう元服)は異様に遅い(はっきりとは覚えてないけど二十歳超えてるくらいだと思った)んだけど、夕霧がほっといたからじゃね?って思ってる。
うーん、やはり宇治十帖はいかん」


「六の君が美人じゃなかったら死ぬまで放置してたな。くそぅ、クズ男めっ」

「でも全体的にデキがいいのは藤内侍腹の子たちだったんだよねー。
うーむ、源氏も夕霧の代で実質終わりじゃね?」


この日はこれで終わりました。
次の日、我々に神が降りました。

「ふと思ったんだけど、昨日の話を総括すると『頭中将より朱雀帝より、ブルードメアサイアー(注:母の父)として惟光は優秀』ってことにならね?」

「なんてメジロマックイーンなんだ惟光」

「じゃあ夕霧はステイゴールドなのか…(合ってそうなのがまた不満)」

「あっ。源氏がサンデーサイレンス。すげえええ合ってる!!!
すごい発見じゃない!?
頭中将はノーザンテーストなのか?」


「ものすごい説得力(笑)。
ネオに当てはまるキャラが思い当たらない(だってダメ男ばっかだし…)のが残念」


「柏木はスペシャルウィークか…あ、あれは父サンデーサイレンスだからだめだ。誰だ、ノーザンの牡馬でデキのいいやつ」

「うーん。アンバーシャダイかダイナガリバーくらいしか思い浮かばない上に、どっちも『薄幸の御曹司』感はない(断言)。
波乱万丈な感じから、どっちかといったらダイナガリバーの方かなあ」


「惜しいなー。そして冷泉帝に当てはまる馬もなかなか迷う。ダンスインザダークか?なんか違うか?」

「ダンスインザダークは確かに『薄幸感』あるよね。あと、姉のダンパ(ダンスパートナー)とケンカしたら絶対負けそうなところもそれっぽい」

(中略。書き出してみたら結構長いよ!)

「とりあえず源氏がSSで惟光がマックイーン、夕霧がステゴ(しつこいようだが不本意)ってとこまでは完璧な布陣だと思うので、分かる人には是非伝えたいよね」

「そうなのよ。個人的にはノーザンが頭中もオッケーだと思ってるのよ。
世紀の発見なのに!」


「わかる人どこに棲息しているんだろう。競馬場にはあんまりいないってことだけはわかる」

しばらく考えて1人ヒットしました。
いたーーー!!!!!!!
Fちゃんという友人がいました!
国文学の権威。専門は中古文学ではないけれど源氏くらい常識レベルでわかるから大丈夫。
そしてなにより彼女のダーリンはステイゴールドではありませんか!!!

「それは素晴らしい。…しかしFさんも夕霧嫌いだったらどうしよう(苦笑)」
「わかんないけど、おそるおそる聞いてみよう」


そして彼女に聞くときに、私にまた神が降りました。
ひょっとして頭中将はノーザンでもいいけどブライアンズタイムでもよくね?
なのでそれを付け加えて送った結果。

「うむ、ハマり具合は悪くないね!むしろ気持ちいいくらいだわ。
源氏=SSと惟光ブルードメアサイアー説には異論なし。
夕霧は地味だしときどき腹たつし個人的に好みではないけど、ステイのポジション的には仕方ないか。
藤内侍がオリエンタルアートってとこね。
(わかってらっしゃる!!!)
頭中将はどっちでもよさそうだけどお顔の造りからいったらブライアンズタイムかな?」


おっしゃーーーーー!!!
報われたーーーーーーーーー!!!
なにこの「伝わった」感。
さっそくありちゃんに報告しました。


「あ。頭中将がブライアンズタイムなら柏木はナリタブライアンでいいじゃないか。
薄幸要素は文句なしよ?」


「それだ!!!早生するし!!それだそれだ!!
(じゃあビワハヤヒデは誰だよという問題には目を瞑る)」


「そもそもパシフィカスにあたる『柏木の母』がわかんないからなあ」

「しかも異父兄弟か。無理だな。
で、弘徽殿の女御(若い方ね)がファレノプシスか。雲居雁がシルクプリマドンナかチョウカイキャロル?」


「チョウカイキャロルの方かなあ。アマゾン様とタイマン張れる度胸もあるし、『肝っ玉母ちゃん』も向いてるだろう。
ファレノは素敵。あ、玉鬘がファレノでもいいな」


「あっ、玉鬘がいたか。
じゃー消去法で弘徽殿がシルクプリマドンナか?五節の君はナリタルナパークとかでいいんだろうか」


「渋いところをついてきたね。うん、やっぱりノーザンよりブライアンズタイムの方がいろいろ楽しいから、頭中は決まりだ」

「知らないけどwikiでブライアンズタイムの産駒を探した(笑)。五節の君はG1馬じゃないなーと思って。
うん、ハマるね!これもFちゃんに聞いてみよう!」



そしたらFちゃん絶賛の末、

「個人的にはシルクジャスティス推しなんだけど、さすがに該当者なしかな…」


…なしだね…。頭中将の息子は柏木以外空気だからね…。


そんなわけでFちゃんのリクエストに応えられなかったのは残念ですが!
どうですかこのハマりっぷり…。惚れ惚れ。
絶対誰かが言ってるはず!と思って探したんですが出てこなかった…。どうして誰も気づかないんだ。
学会で発表した方がいいんじゃないのかしら。
打って出るか。…しかし審査する先生のうち競馬わかる人何人いるんだ。
くそー、わかってくれれば世紀の発見なのにーー!!!
ジタバタしたのでここで発表することにしたのでした。
誰かわかって!!!(切実)
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 22:57 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

やったー!

札幌記念、ネオリアリズム勝利ーーーーーーーー!!!!


わーいわーいわーい!!大変嬉しかったです!やった!!
ネオの子が重賞勝つの久しぶりで…ううう!!
嬉しいよう嬉しいよう!
そして2着にモーリスというのがまた嬉しい。理想のワンツーになりました。
思えばネオリアリズムは、1年前私が最愛牡馬ネオユニヴァースに会いに行った時の最終レースで勝ってくれた馬…!
パドックでこちらを見てくれたなあ。うっとり。
というわけで大変嬉しかったのです。
「この子札幌競馬場大好きっ子では」という疑問もあるにはありますが、とりあえずね!秋天目指して頑張ってほしいものですよ。イヒヒ。


競馬関係ではもう一つ書きたいことがあるんですが、時間がないのでそのうち。
全く関係ないのですが、腱鞘炎は治りました。
医者の盆休みの間頑張って湿布して耐えて、一度悪化してどうにか持ち直してきたかなーってところでお盆明けの医者に行ったら、

「注射しましょっか」

ですってさ!!!
なんだよだったら最初から打ってよ!「癖になるからやめときましょう」とか「母乳に影響が」とかそういう意味だと思って我慢しちゃった私のお盆休みを返して!
で、前の整形外科では注射を打った当日は入浴どころか水仕事もダメ、母乳も2日ほどダメだったのですが、今度の整形外科では「母乳?大丈夫ですよ。入浴?平気ですよ」ですって。
なんなんだろう…(同じ薬じゃないのかもしれないけど)。まあいいや。そんなんで私は元気です。
しかし原稿はピンチです。うあああああ。
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 23:19 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

新・死神

「同僚ねこが買う馬券は当たらない」というジンクスがありまして、彼女はまんまと死神の称号を手に入れました。
じゃあなんでこのタイトル?なわけですが、3月からコツコツ仕込んでいたネタを今更披露するわけです。


ことの起こり。
今年のはじめあたりで、やたらデムーロとルメールが重賞でワンツー決めてた時期がありまして。


だったら買えば儲かるんじゃない??


…と安易に考えた結果どうなったかっていう話ですよ。
アハハハハ。
全レース買ったらそりゃ赤字になるので、ルールとしては以下のとおり。

・ルメールもしくはデムーロが乗る重賞レース
・購入は単勝&複勝100円ずつ

これだけ。
100円×2人分×単勝&複勝で1レース最大400円。この場合どんなに当たっても単勝の100円は損する計算ですが、それがなにさ!二人がワンツー決めてくれれば儲かる!ひゃほい!
…今考えると、どうして馬連買わなかったの?って話なんですが、まっっったく頭にありませんでした。アハハ。
レッツ勝負!


3/13 フィリーズレビュー
リルティングインク(ルメール) 6着
ナタリーバローズ(デムーロ)  16着

…のっけからカスりもしない馬券になりました。
こ、こういうこともある!

3/20 スプリングS
ミッキーロケット(ルメール) 5着
阪神大賞典
トーホウジャッカル(デムーロ)7着

この日は珍しく二人が東西にばらけてくれたんで、それぞれ勝ってくれれば無駄なく儲かったんですが。
っかしーなー…。


3/26 日経賞
アルバート(ルメール) 4着

この週デムーロはドバイ出張。
そこで勝利。ちょっとーーーー馬券買えないじゃないのよーーーー。


3/27 高松宮記念
アルビアーノ(ルメール) 3着

あ、ありがとうルメール!!
複勝とった!170円…………………。


4/3 産経大阪杯
ラブリーデイ(デムーロ) 4着
ダービー卿チャレンジトロフィー
サトノアラジン(ルメール) 3着

また二人が東西に分かれました。よし!と思ったらデムーロが複勝圏内からはじき飛ばされました。
ちょっとー。
ルメールありがとう160円。


4/9 阪神牝馬S
スマートレイアー(デムーロ) 1着
ミッキークイーン(ルメール) 2着

やっときたぜワンツー!!!!
ほらー儲かるよ!!!
…400円買って払い戻し500円。
い、いや、勝ち癖をつけることが大事じゃない!?そうじゃない!!????


4/10 桜花賞
メジャーエンブレム(ルメール) 4着

ジュエラーは買わないよ!
ここまでの己の成績を鑑みるとちょっと恐ろしくなったんだもん…(チキン)
果たして私が買わなかったせいなのかわかりませんが、桜花賞おめでとうジュエラー!!


4/16 アンタレスS
サージェントバッジ(デムーロ) 3着
センチュリオン(ルメール) 16着

デムーロありがとう440円!
盛大にトバされたルメールよ…。


4/17 皐月賞
サトノダイヤモンド(ルメール) 3着
リオンディーズ(デムーロ) 5着

ありちゃん(親友兼競馬師匠)のお父様がPOGでサトノダイヤモンドをご指名だったそうで、大変心が痛みながらも「いや、儲かればいいんだし」というわけで買ったんですよ。
私は複勝とったけど…なんだかスイマセン…。
ついでにデムーロは2年連続皐月賞で騎乗停止!
どうしてくれんのーー!!!ばかーっ!!!


4/24 フローラS
チェッキーノ(ルメール) 1着

払い戻し800円!ワーイワーイ。


4/30 青葉賞
レーヴァテイン(ルメール) 3着

えらいぞルメール!ワーイワーイ。…160円…。


5/1 天皇賞・春
アルバート(ルメール)6着

………デムーロがいたら…っ!!!


5/7 京都新聞杯
ブラックスピネル(ルメール) 4着

お、惜しかった!!


5/8 NHKマイルカップ
メジャーエンブレム(ルメール) 1着
ティソーナ(デムーロ) 17着

メジャーエンブレムおめでとう!230円だ!しかし負けすぎだデムーロ!
確かこの頃、「これ、いつまでやろうかな」と思い、「POGと同じでダービーまで」という方針を決めた気がします。


5/14 京王杯スプリングカップ
ロサギガンティア(デムーロ) 3着
ダンスアミーガ(ルメール) 14着

ウーームなかなか二人で複勝圏内にきてくれない。もどかしい。


5/15 ヴィクトリアマイル
ルージュバック(ルメール) 5着
クイーンズリング(デムーロ) 8着

ルージュバックーー。ごめん!!


5/21 平安ステークス
ロワジャルダン(デムーロ) 10着

ヨーロッパにはダートがないから、デムーロも最初はダート下手だったんだよ、とありちゃんからききました。
きっとまだ慣れてないの!(前向き?)


5/21 オークス
ビッシュ(デムーロ) 3着
エンジェルフェイス(ルメール) 10着

アーアーもうジュエラーいないんじゃまったく盛り上がらない。
乗り替わりの割にデムーロが頑張ってちょっとびっくりしました。すごいね。


5/29 ダービー
サトノダイヤモンド(ルメール) 2着
リオンディーズ(デムーロ) 5着

なんかゴメンサトノダイヤモンド。いやでもサトノの馬だからしょうがない気もするけど。
騎乗停止からのこのこ帰ってきたデムーロもかろうじて掲示板かぁ。やれやれ。


5/29 目黒記念
タッチングスピーチ(デムーロ) 6着
スーパームーン(ルメール) 7着

いつからかダービー後のおまけレースのようになってしまった目黒記念。
見事に二人で並んで決めてくれました!前に5頭ほどいなかったら私の目論見通りだったのに!


勝率とか収支とか計算するつもりは全くないのですが(ないのかよ)、ま……。

私もなかなかの死神だよね、ってことで!!(涙)
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 22:55 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

名馬は諦めない

彼はただ走っていた。
最初の栄光から既に3年以上の月日が経とうとしていた。

「こわくないの?」

最初の栄光を並んで受けた彼女が尋ねた。

「どうして」

「だって…走るのって、怖い」

彼女はもう恐怖で走ることはできなかった。

「自分が傷つくのはまだ…我慢できるけど…できなかったけど…。でも、人を傷つけるのかもって思ったら、怖いよ」

「そうだね」

「だから…ずっと走るのって、こわくないのかなって」

「僕は怖くない。…怖いとかそういうんじゃない。うまく言えないけど、怖いとか怖くないとか、そういうんじゃないんだ。走るだけだ」

「走らなきゃいけないの?」

「走らなかったら、届かないから」

彼はひたむきに走っていた。結果はついてこなかった。
期待していた人たちもいつしか去り、「まだ居たの」「可哀想に」という屈辱的な声も聞こえていた。
共に走った仲間たちのある者は諦め、ある者は怪我を負い、いつの間にかいなくなった。
彼より若い者たちもどんどん出てきていた。
そして彼女も傷ついたまま去った。
それでも彼女の分までという気持ちはなかった。彼女はできることを尽くして去ったのだから。
彼はただ走った。

そこに待っていたのは、一つの栄光。
諦めなかった彼が確かに掴んだ印。
勝利と名馬の称号だった。

「おめでとう」

真っ先に祝福したのは彼女。
この先にまたどんな景色が待っているのかわからない。
諦めなければ栄光をつかめるという保証はない。
それでも。

「もう少し、先を見たい」

彼はまた顔を上げた。


…競馬の話題が続いて恐縮なんですが。
安田記念ロゴタイプ勝利、おめでとーーーーーー!!!!!!!!!!
モーリスが勝つのと同じくらい嬉しかったです。嬉しいっていうか、「よかったねーーー!!!」と素直に祝福したい気持ち。
朝日杯と皐月賞を勝って、それからどうなるのかなーと思ったけどなかなか勝てなくて…。でも今見たら2桁着順に落ちたことはないんですね。コツコツ頑張っていた感じ。
それで、朝日杯(主に牡馬)といえばペアになるのは阪神ジュベナイルフィリーズなので、ロゴの同期は誰だっけなと思ったらローブティサージュちゃんで。これまたゲートが苦手でひどく鞭打たれて傷ついたり、結果的に引退レースになったところで乗っていた福永騎手が怪我したりと随分大変な現役生活を送っていた子で、ロゴもティサージュちゃんも苦労した2歳王者だなあと思ったらなんかちょっと久しぶりに書いてみたくなりました。
タイトルは「ダイヤモンドは傷つかない」みたいにしたかったんです。ジョジョ読んでないんですが。あんまりそれっぽくならなかったなあ。
でも、諦めなかったら必ず名馬になれるわけではないけど、諦めたらそこで名馬になる可能性はなくなってしまうってことをあらためて実感した安田記念でした。
ウオッカやアグネスデジタルが勝ってたり、割と好きかもですね、安田記念。
ともかくほんとにほんとによかったね、ロゴ!!!
そしてモーリスも負けて尚強しの内容でした。
秋が楽しみです。
ジュエラーも帰ってきてくれるかもだしね!(涙)
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 23:27 * comments(8) * trackbacks(0) * - -

Birthday。

春天に関してはもう怒り心頭ってことで。

藤岡(もう「君」とかつけない)引退していいよもう…。
勝ったのがユタカっていうのだけが唯一の救い。やっぱりユタカにはG1が似合いますな。
日本橋三越の武豊展ちょー行きたい。
あとゲート前で「ゴールドアクターは心配かな…。私、カレンミロティックがよく見えるんですよねー」と言っていた細江さんの相馬眼が恐ろしすぎる。


そしてそれより香港ですよ!
モーリス!強すぎ!!きゃ!!
最後追ってなかったですもんね。
いやーーーーもうアメリカでも欧州でも行きなよって思ったら次安田か宝塚ってマジですか。勘弁してください。


あとさあオークスのCM作らないってどういうことなの。あと瑛太の茶番劇はいいから馬映しなさいよ馬。


しごとが始まりましてもう。なんていうか。カラダが。ううう。
かなり恵まれた条件でやらせていただいているので文句言えないのですが、もーほんと。なにこれ。ううう。


やっと表題。
今日は最愛牝馬スティルインラブの誕生日です。
そしてウオッカの初仔ボラーレの誕生日でもあります。
生まれてきてくれてありがとう。ケーキいただきます(エエエ)。

ごちゃごちゃ書いてしまいました。ここまで。
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 22:01 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

例えるならば。

本題の前に、熊本の地震に被災された方にお見舞い申し上げます。
私にできることはほんの僅かですが、邪魔にならず応援するという方向で寄付をさせていただきました。
東北の復興もまだなので、そちらも忘れないようにしなければと思います。
できることを継続的にしてゆかねばですね。
はやくおさまりますように…。


で、いつものように。
とりあえず皐月賞は「エ”ーー」で終わったわけですがそれはどうでもよくて(よくないけど)、ミルコが騎乗停止!!
春天アウト!!
サウンズオブアースをどうしてくれるーーーーーーーー!!!2年連続かよ!!ばかーーーーっっっ!!!
あ、こないだ情熱大陸でてましたね。嫁と娘たちが可憐すぎてもう目がハートでした。ミルコの家にはもちろん、実家にまでネオの写真があったことを私は見逃しておりません。えらいぜ!でもサウンズオブアース(涙)。
テレビつながりで今期は「99.9」を追いかけることにしました。マーツジュン!マーツジュン!…はともかく、目当てはラーメンズの片桐さんです。友人達に「出てるよ!」と宣伝して視聴者を4名ほど増やしました。えらいぞ俺。


やっと本題。
今更「おそ松さん」をまだちまちまと見ておりまして、やっと麻雀の回にたどり着きました。
友人に「ほとんどわからなかった」と言われ、滅法強い女雀士(予定)としては腕がなるというものですよ!!
したらば。

…だ、だいたいわかったよ!!!(強がり)

麻雀の打ち方に6人の個性が反映されているというのはわかりました。

「おそ松の麻雀ポリシー、それは全ツッパ。カンチャン・ペンチャンはもちろん、単騎の即リーも厭わない。しかも、一度鳴いたら降りない。親リー相手だろうが押しの一手。押して押して押しまくる。故に……守備力が皆無! トビ率100%」

ゆえに、「オーラス知らずのおそ松」!!
…(なんだかわからないけど)終局にたどり着く前に押しすぎて点棒がなくなっちゃうってことなんでしょう!ひどい!


「最速最強をうたう鳴き麻雀」
ともかく鳴く(他人の牌をもらう)らしい。しかしメンタルが弱く、リーチをかけられると最大長考時間40分もかかるらしい。
ゆえに、「ベタオリの貴公子、トド松」!
…ベタオリ…ってなんだかわからないからマイナーな専門用語なんだろうな!(言い切る)
「鳴く」と聞いた時点で出るなとは思いましたが、バックに哭きの竜が出てました。アンタ、背中がすすけてるぜ。


「流れやツキは一切信じない理論派デジタル雀士。ただし、嘘がつけない性格で上がり牌が目に出てしまう」
ゆえに、「ノーリターンなオープンリーチ、チョロ松」!
なんとなくわかる。…なんとなく。


「説明不能なオカルトシステム。なんてことない安手がゾーンに入る。十四松タイムは絶対攻撃時間。乗れば何人たりとも阻めない」
しかし、「フリテンの暴君、十四松」!
フリテン…(カンニング)、あ、あー、フリテンね!自分のボケで上がれないってやつね!(たぶん)


そして一番行動が読めないジョーカー、一松は「普通に弱い」とのこと。
ゆえに、「卓がえしの一松」!
負けると機嫌が悪くなるんですって。コドモか!(いやこの兄弟全員ニートだからコドモみたいなもんだけど)


最後。
満貫、ハネ満、倍満眼中になし!めざすは役満のみ!
「不和了(ノーホーラ)のファンタジスタ、カラ松」!
とのこと。「動物のお医者さん」のお母さんとおばあさんみたいだな…。
ノーホーラはわかったよ!!(流れでわからない方がどうかしてる)


…この中で最弱って誰なんだろう。つかこの中で普通に上がれるやついるのか?
私も麻雀の修行しなきゃなーって10年くらい言ってる気がする。うーん。
大三元とか国士無双とかならわかるのにー。


で、この話はまだ続くんですが(エー)「おそ松さん」に出ている声優の豪華さを伝えるには…と愚にもつかないことを考えておりました。
「嵐が全員出てるドラマみたいなもの」じゃあつまんないよなあ。1人足りないし。
うーんうーん、と思って、対ありちゃん(親友兼競馬師匠。と、某夫妻)に向けた例え。

「伝説の毎日王冠(98年)にてサイレンススズカ、グラスワンダー、エルコンドルパサーに加え、スペシャルウィークとステイゴールドとメジロブライトまで揃った。おまけに距離適性を度外視してシーキングザパールまで出てきた」

だなって。
年代があまり不自然にならないように考えちゃいましたよ。でもこれ結構合ってると思う。誰がなに松かは分からないけど。あ、グラスが一松かなあ。なんとなく。
G2(深夜枠だから)なのに!とか6つ子だけではなく脇も豪華とか、トト子ちゃんに「ギャグ作品に出るの?マジで?」って声優さん持って来ちゃうところとか。
ぴったりの例えが見つかるととても嬉しいんですが、両方をわかってくれる人がいなさそうなのがつらいところ。
でも満足。
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 23:11 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

宝石桜

なんか豪華なタイトルですね。
さておき。

春のG1クラシック戦線が開幕しました。
第一弾は3歳牝馬限定戦、桜花賞!
個人的に私が一番好きな牝馬限定戦です。
過去の勝ち馬の名前も、初代ソールレデイ(1939!なのになんてオシャレ!レディ、じゃなくてレデイ、に時代を感じる)、マックスビューティ、ファレノプシス、スティルインラブ、キストゥヘヴン、ダイワスカーレット等々女の子らしく美しい名前が並んでおります(去年のは無視)。
勝ち馬の名前もそうだし春っていうのもうきうきするし、「桜花賞」っていう響きだけで高揚する何かがありますね!
そんなわけで楽しみにしておりました。

しかしその前に!
桜花賞当日、福島競馬場にて藤田菜七子騎手がJRA初勝利ーーー!!!!!!
携帯でレース結果を見て、うおおお!!!と興奮してしまいました。
嬉しいなー、よかったねーよかったねー!!
残念ながら先日地方で挙げた2勝はJRAとしてはノーカンとのことで大変悔しいのですが、ここから!ここからですからね!
(思えば以前ならカウントしてくれたんだよな多分。以前はカウントしてくれたおかげでユーイチくんが最多勝利騎手を逃し、今となってはカウントしてくれないおかげで菜七子ちゃんの2勝がなかったことにと思うとほんともうJRAのばかやろうとしか言いようがない。ばかーっ!)
我が親友にして競馬師匠のありちゃんと「福島で勝つなんて『筋金入りの競馬オヤジ』の心をグッと掴んだにちがいない」「福島競馬場のカップ酒バカ売れだろうけど在庫大丈夫か」「桜花賞発走のころにはもうベロベロだろうけど大丈夫か」「酔った勢いでハズレ馬券と一緒に菜七子ちゃん馬券投げてしまわないだろうか」「ちゃんと換金してー!」と余計な心配を色々してしまいました。
のちにレース映像と騎手インタビューを見ましたよ!ネットで騎手インタービューまで追いかけて見たの初めてだよ。
4コーナーを回ったところでもう「勝ったなー!」って感じでしたね。頑張ったね!
インタビューもしっかり答えていて、さすが菜七子ちゃんでした。よーしよしよし。

そして上機嫌のまま桜花賞。
菜七子フィーバーで盛り上がる福島、桜花賞で盛り上がる阪神。かつてこれほど中山が盛り下がったことがあろうか。気の毒に。
さておき、今年の私の本命はもちろんもちろん、最愛牡馬ネオユニヴァースの孫ジュエラーですよ!(父ヴィクトワールピサ)
鞍上はネオやピサと同じミルコ・デムーロ。私が応援しない理由が何一つありません。
しかしフジテレビの予想コーナーで井崎先生が本命にジュエラーを推してくれちゃって、「なにしてくれやがる!」と憤りました。ほんと気をつけて!
スタートしてみたらばかなり後方につけていて、だ、大丈夫か?と少しヒヤヒヤいたしましたが、そこはデムーロマジック。最後の直線ではちゃんと抜け出してきて、しかし隣のシンハライトと相当競っていて、そのままゴール!
これどっち!?どっちなの!!???
でもなんかジュエラーが勝ってる気がしました。こういうのどっかで…と思ったらまさに父ヴィクトワールピサ3歳時の有馬記念でした。あの時はブエナビスタときわどいハナ差で、どっちだ!?と思ったけどなんかピサが勝っている気がしたのです。そしたらやっぱり勝ってたから、今度も…!と思ったらやっぱりジュエラーが勝ってました!!!
ああーーー嬉しい!ほんと嬉しい!!親子3代G1制覇!!!!ネオの名誉と命がつながりました。こんなに嬉しいことないです。ネオには私の最愛牝馬スティルインラブのぶんまで頑張ってもらわなきゃならないのでなおさらです。
デムーロ騎手には感謝してもしてもしきれない!

ついでに前日まですっかり忘れていたのですが、この日は結婚記念日でした!うへえ。
菜七子ちゃんとネオが華を添えてくれました。本当にありがとう!!
競馬でこんなに嬉しい日はいつ以来かなあ。
諦めかけた頃にこんな日がくるんだから、競馬って大好きです。

おまけ。
ジュエラーの勝負服、どっかで見たことあんよ?と思って調べてみたら私が結構愛していた(ネオほどじゃないよ!)シーキングザダイヤの馬主さんでした。
あーこれかこれか。つうことはこの馬主さん、2着の金縛り様だったんじゃないか。よかったですねえ。
ありちゃんにご報告(我々はこんなくだらない報告も逐一し合う)。

「ダイヤの馬主さんだったよ。で、面白いことにこの馬主さん色々馬は持ってるけど、重賞勝ってるのはダイヤ、ワンカラット、ジュエラーと宝石関連の名前ばかり。(他にはボスキャラとかなんか弱そうな名前の馬がいた)」
「へー。もう宝石関係以外の馬名はつけるべからず、だね」
「あ、ちょっとまてよ。見逃してたけどフォーエバーマークもいた。ちっ、これさえいなければなあ」
「でもそういう目で見たら『エンゲージリングのブランド名みたい』とも言える(笑)」

!?
もしや?と思って調べたらほんとにありました
知らんかった!ありちゃんのカンすげえ!
というわけでこの馬主さんは宝石関連の名前をつけるといいよ。ワンカラットの子に「ワントゥワン」とつけてたけど次の子はなんか違うのにしようぜ。
で、さらに調べたらワンカラットはワントゥワンの妹を産んだ後亡くなったそうです。
しかしその妹は、父ネオユニヴァース!!!
これは期待したい!!とても!!
順調なら来年出てきてくれるでしょう。また楽しみがつながりそうです。
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 10:32 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

おめでとうとありがとう。

・おめでとう
可愛くて礼儀正しい女の子に滅法弱い私が応援している、JRAの藤田菜七子騎手がついに初勝利を挙げました〜〜〜!!!
おめでとう!ほんとにおめでとう!!!!
ただでさえエージェントの力が強いベテラン勢が居座っているせいで新人にチャンスが回って来づらい中、17歳の女の子が男社会に入ってプロとして頑張るのがどれだけ大変か…!
本人もきっと早く勝ち星をあげなきゃ、と焦る気持ちもあったでしょう。
そんな中地方競馬とはいえ、勝利は勝利。ほんと、よかったね!!とにわかファンとして嬉しい気持ちでいっぱいです。
さらにさらに、菜七子騎手初勝利の馬はなんと私の最愛牡馬ネオユニヴァース産駒!!!!
ああんネオったら女の子に初勝利をプレゼントなんて、なんて紳士なの!!さすが私のネオ!!!
大変嬉しいです。実はもう一つ重要な縁もあるのですが、それはここには書けないので割愛。
私と同じように菜七子騎手を応援しているありちゃん(親友兼競馬師匠)は「JRA新人賞の規定30勝は地方勝利分もカウントしてくれるのか」と心配し、私もつられて「JRA賞授賞式ファン参加抽選の倍率がすごいことになりそうだが大丈夫だろうか」と気の早い心配をしております。
頑張れ、菜七子ちゃん!!


・ありがとう
先日、友人のゆうまくんが遊びに来てくれました。
密かに狙っていた「息子に歌を歌ってもらう」が達成できましたよ!フルコーラスで!
…いや、「かえるのうた」だったんですがね。
彼女に歌ってもらうってことはプロに歌ってもらうってのと等しいので、どうにかして歌ってもらえんかなあと思っておりましたです。
しかも「かえるのうた」は私と輪唱となりまして、なんだかどきどきしてしまいました。
うふふー、ありがとう!!!
(友人なんだから普通に頼めばいいのですが…ほら…照れるじゃないですかお互いさ…)
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 22:53 * comments(2) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ