上映の記録

・劇場版シティーハンター
平成も終わろうかというこのご時世になぜか新作劇場版を作られたので、見てきました。
私、シティーハンターのアニメ版見ていなかったのでキャストの変更がないという点はメリットもデメリットもなく、むしろ「ああこのキャラってこんな声だったのね」と感心するくらいでしたが、映画そのものの出来はとても面白かったと思います。
新宿の伝言板とかよくあんな形で再現したものだ。
主人公の冴羽獠というキャラクターは、はたからみると本当にかっこいいのですが、そばにいたいかと言われるとうーんそれはどうかなー…という…。愛情表現が分かりづらくてね…。でもそこがいいんでしょうね。


・銀魂2
Blu-rayを買ったものの見ていなかったので、そうだみんなで見よう!と思い立ってうちの会議メンバー(元同僚現友人)たちとカラオケパセラで上映会をやってみました。
誤算だったのは隣の歌声が聞こえる点でした。ちっ。
しかしみんな後半のイケメンシリアスシーンになるとめっきり口数と瞬きが減り、食い入るように見ていて「ほらなー!」という感じ。
イケメンって素晴らしい。


・ペルソナQ2 ニューシネマラビリンス
おそらくあとラスボスを倒したら終わり。11月末から始めて3ヶ月?長かったー。プレイ時間は70時間くらい。
十分長いのですがP5が120時間くらいかかったせいで「思ったよりマシ」という感覚になるところが、どうもいかんです。
面白かったのでいいんですけど。


・ユーリ!!!on Ice
以前書いたBくんママと、話の流れで上映会をやることになりまして(私がテレビ版のデータを保存していて、Bくんママは「噂には聞いてたけどみたことなかった。みたい」「じゃあ見る?Blu-rayに焼いて持っていくよ?」とかいう流れ。なんでユーリ!の話になるんだとかそういうことはいいじゃないか気にするなよ)。
Bくん家にお邪魔し、プラレールを敷いていただいて子供らは「さ、そこで遊んでて!」と放牧。
ちょいちょい子供の邪魔が入るも諦めずに「あとでもう一回見るけどとりあえず今見られるだけ見たい!今のところ二人のユーリがいいかな」と3話まで見きったBくんママとは今後も仲良くやれそうだなって思いました。


さ、次は3月の「えいがのおそ松さん」だ!
かんざき * ドラマ、映画を見て * 21:31 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

後日談とかバレンタイン

前回の記事に出てきたBくんママから「3月オープン予定のムーミンバレーパークのスナフキンはcv櫻井孝宏」という情報をいただきました。本当にありがとうございます。行くしかない。
つか何狙ってんだムーミンバレーパーク。戸松遥に福山潤に花澤香菜ってもうそれペルソナじゃん。


そして、先日近所のお嬢さん(花の女子高生!)から「是非、瑠珠さんに差し上げたくて…」と手作りのバレンタインチョコをいただきました。
美味かったです。女子高生…!(危険)
今時の女子は友チョコが大変だそうで、彼女も150個くらい作ったとかなんとか。
…私、今現在女子校に通っていなくて本当によかった(安堵)。
かんざき * 日常アレコレ * 22:01 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

白か黒かと問われれば

珍しくママ話かと思いきや実はそうでもないのですが、我が子が保育園で一番仲の良いお友達がいます。
仮にBくんとします。
めちゃくちゃ仲がいいので、いいお友達ができたなー、よかったなーと思っておりました。
Bくんは前はよその保育園に通っていて、去年の4月から転園してきた子だったので、その子のお母さんとは4月だか5月だかにあった保育園の参観日で初めて会いました。

もっのすげえ美人でした。

いやーびっくりした。誰に似てるかというと…そうだな…私は武井咲だと思うのですが、いやまあ、とりあえず普通に女優さんかな?と思ったくらいの美貌でした。おおお。
美人な上にフレンドリー。感じのいいひとだなー。
我が子とBくんが間違って互いの着替えを入れ替えて持って帰ってしまった時は、「洗濯して簡単なメモをつけて返す」だった神崎に対し、Bくんママは「洗濯して綺麗なジップロックに入れ、丁寧なお手紙を添えて返してくれる」という圧倒的な女子力。
美人、すげえ…と思ったものでした。

それでありがたいことにうちの子とBくんの友情が続きまして、まあこんなに仲良いなら今度一緒にお休みの日遊びませんかー?(すぐ家に引っ張り込む私)という話になり、初めてゆっくり話しました。
私はちゃんと擬態できるのでカタギの仮面を被っておりましたよ?

Bくんママ「子供の名前、最初そうじろうにしようと思ったんだけど、長男にそうじろうってつけるのはないだろって言われてー」
私「なぜそうじろう」
Bくんママ「なんでだろう…新選組とか?うち夫婦二人とも「るろ剣」世代だから」
私「それ、瀬田じゃん。瀬田宗次郎じゃん」
Bくんママ「えっ、そうだっけ」
私「確かそうだったと思う」

…アレ?
いやでもるろ剣くらいみんな普通に読むだろう。
焦るな、まだ仙道なら焦る時間じゃない(うろ覚え)。

その時はそれで終わったんですが、後日また遊んだ時、

私「最近うちの子が『ダーウィンがきた!』にハマっててさー」
Bくんママ「なにそれ?」
私「NHKの動物番組」
Bくんママ「知らなかった!ナレーション誰?」
私「えっ…局アナ…」

……アレ??アレレ??
ふつー、「ナレーション誰?」って真っ先に出る???????

てなわけでなーーーんか、グレーだったんですよね。
しかし決定打は出せない。
下手うったら我が子の交友関係にヒビが!と思うと気の毒で打つ手も鈍ろうというもの。
なーんか…しかし…どうなんだろう…と思いつつ、たまにはちょっと遠出してみよう!となり、ソラマチの千葉工大スカイツリーキャンパスに行ってきました。なにがあるかよく知らなかったけど、妹から「小さい子が行っても楽しいよ!タダだし!」と聞いていたので。

お、ここかここか。とうちゃーく!!
そして出迎えてくれたのがこれ。









………。
詰んだ………。
なぜここにバルキリー…………。
あーこれ私みたことあるー。昔マクロス展にあったやつたぶんーーーー!!!!(ヤケ)
しかも上部のモニターでマクロスFの映像がえんえん流れてやんの。

私「…お、おお…(もう言葉が出ない)」

そしたら親切な案内役の学生さんが近づいてきて声をかけてくれるわけですよ!

学生さん「マクロスフロンティア、ご存知ですか?」

ちょっと!こっちは微妙なママ友関係を探ってるの!迂闊な爆弾を投げな

Bくんママ「知ってますーー!♪」

…アッハイ。
さらにそのブースの奥には月面の様子を見られるゾーンがありまして、「静かの海」が出てきました。
あー、ラルクの昔の曲で「静かの海で」ってあったなーって私は思っていたのですが、

Bくんママ「静かの海ってアレだよね、セラムンのムーンキャッスルがあった場所じゃなかったっけ?違ったっけ?」
私「(さすがにそこは覚えてない)そうだったっけ?」

なんかこんな感じで別の意味で詰んでました。
白か黒かといえば真っ黒でした。

後日こんな会話もありました。

私「一時期、狂ったように京都行ってたんだよね」
Bくんママ「なんで?」
私「ゼミ旅行とかで」
Bくんママ「なんだー、京アニ関係かと思った」
私「(なんでだよ)京アニって『free!』しかカバーしてない(ヤケ)」
Bくんママ「あれは沼だから一期しか見てない。まこちゃんがいいな」
私「…ごめん、全部追いかけてる。私は凛ちゃん。宮野真守加点で。まこはるも好きだよ(しまった。でもギリ掛け算とは言ってない。まこちゃんとハルちゃんが好き、で通せるか?)」
Bくんママ「私、まこ×はる一択。凛は宗介、渚は怜。にわかでごめんなさい。宮野真守、てっぺんとってるよねー。12月はめざまし出てたし、ファンタスティック・ビーストの吹き替えもよかったし」

なんかもうこっちがごめんなさい!!!!(涙)
真っ黒も真っ黒だったよこの人!!!
いやーびっくりしました。
これで保育園でヲタク見つけたの二回目じゃん。
私の体感的には、世の中の半分、少なく見積もっても1/3はヲタクなんですが、そういうもんなんですかね。
きっとそうですね!
そんなわけで案外生きやすい世の中だなって思いました。フゥ。
かんざき * 日常アレコレ * 22:47 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

あらしー!!!!

青天の霹靂で、「え?どゆこと???」とよくわからなくなり、

FCサイトの動画をみて「あー…もうどうしようもないんだな…」となり、

News Zeroの櫻井翔君の「(嵐復活は)あります。それはあります」で、ッシャアアア!!!となり、

今年の東京ドームチケットをとりあえず申し込み当たれ当たれと念を送る。←イマココ


でも当落分かるの3月なんですって!そして会員番号下1桁0〜4の人は3/1に分かるけど、5〜9の人が分かるのは3/13なんですって!(私はこの後半組の方)なにその生殺し!!!
単純計算…単純計算では1回は当たるはず…はずなんですが…………(だって絶対複数名義持ってる人いるし)。いや、昨日今日で膨れ上がった新規FC会員のみなさま…。
あああどうなんだろう!どうなんだろうーーーー!!!???
っとやきもきしそうです。どうせ東京はすごい倍率なんでしょ!?知ってる!きー!!

という嵐に翻弄されるかんざきなのでした。マツジュンーーーー!!!!
かんざき * 日常アレコレ * 22:00 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

西洋初釜とルーベンス先生

【西洋初釜】(名)新年最初のアフタヌーンティーのこと。「ーは3段重ねが基本」「ーは縁起物だから」

というわけで、友人のみーちゃんと西洋初釜に行ってまいりました。
東銀座のコートヤードマリオット。ネット予約できない(と思う)ので見落としていました。見つけてくれたみーちゃんありがとう。
以下、会話。


みーちゃん(以下「み」)「年内の更新が『共学高校の着替事情』で終わったらどうしようかと思って心配してたけど、別記事がアップされててよかった」

えっ、よく見てるな。ひっそり読者様がいらっしゃってありがたい限りですが、不意打ちくらうと照れる。
つかすみません。全部PQ2が悪いの。

み「あのさあ、あの着替の記事から考えてたんだけど、多分我々の認識って世間一般からはずれてるのね」

そうなの?(今更)

み「そうなの。前にさ、ロンハー(かなんか)の企画で、カップルの女の子の方に服着たままブラ取ってもらうとかいうのがあって見てたんだけど、どうもあれはエロだったらしいんだよね」

でも服着たまんまなんでしょ?別にエロくなくない?ってわけでもないか。ブラ取るために体をくねらせるところがエロいとか、服で隠れてるからかえってエロいとかそういうことか。(まあ、ブラの現物が出てきたら学生男子諸君にはなかなかの爆弾かもしれないな)
私としてはそれもう手品みせるのと同じような感覚なんだけど。鳩が出てくるかブラが出てくるかの違いでしょみたいな。あとはいかに早くできるかとかそういう。

み「私も手品カテゴリだと思って見てたんだけど、違うんだよ!たぶん!だから我々の感覚って変なの。普通『見えなけりゃいい』ってもんじゃないの。第一あの着替えシステム、よく考えたら『内心いやだった』って子もいたかもよ」

いたのかなあ…。気にしてた子周りに誰もいなかったからそういうもんだと思ってた。てか実は高一の時着替えの時、うちのクラスが女子の着替え室だったから男子に動いてもらおうとしたら他の女子から「いいよめんどくさい」ってむしろ止められて「そっか!それでいいなら楽!」って思った覚えすらある。
あと私、どんだけ思い返しても男子の着替え風景をまったく全然一向に思い出せないんだよね。すいません。

み「私もだ。すいません」

ま、もう時効なんだけどさ(開き直り)。

み「…。気を取り直して、年末年始どうだった?」

コミケ行った。あとね、上野にルーベンス見に行った。

み「おお。どうだった」

私さあ、ルーベンスってそりゃもう神々しい宗教画の人だと思ってたの。ネロとパトラッシュが死ぬまで見たがったあの絵みたいなね。そういうありがたいものを拝みに行ったつもりだったんだけどさ。なんかどうも違ったんだよね!
端的にいうとエロなんだよ!いや、あるんだよ?神々しいやつも。ネロとパトラッシュが見たがったみたいな!

み「…パトラッシュは見たかったのか?」

うっ……た、確かにパトラッシュにとってはどうでもよかったけれども!ネロが「パトラッシュ、ごらん、あれがルーベンスの絵だよ」って言ってたから多分パトラッシュだって「そうか、あれかー」くらいは…いや…たぶん思わないな…。
そ、それはともかく!

み「ごめんよ、それで?なんなの、エロって」

それがさあ…クライアントの依頼で描いたギリギリ宗教画?っぽい絵でも「投獄された父親に面会に来た娘が、痩せ衰えた父に自分の母乳を飲ませる」シーンとかあってさ…

み「え”っ。キモっ

だだだだよねーーーー。
さすがに展覧会の主催者もコレはまずいと思ったのか「当時はこういった画題も受け入れられていた」って解説つけてたけど、絶対特殊性癖だって(ルーベンス先生のだかクライアントのだかしらんが)。
売れる芸術家ってやっぱりつまるところエロなんだなって。北斎先生然り。


ここで、みーちゃんという非ヲタクには通じないけどヲタの皆様には通じる表現をすると、
「宗教画で活躍していたルーベンス先生、コミケでは3日目男性向け創作の壁サー」
って印象になりました(あくまで神崎の個人的な感想です)。
てことは数百年経ったら萩原一至とか矢吹健太朗とか結構価値が出るのでは。どうだろう。


み「う、ううーーーん。そういうもの…か?春画とかみたいにわかりやすいものの方がまだマシなんだけど」

マシとかそういう問題なのだろうか。
そんな感じで大変有意義な西洋初釜でした。いや、でもエロの話ばっかりしてたわけじゃないよ!?
あ、スコーンとキッシュ美味しかったです。イチゴ尽くしのスイーツも飽きがこないように工夫が凝らしてあって大変良かったです!(とってつけたような感想)
また遊んでみーちゃん!そのうちまた乗馬も!
かんざき * おでかけ報告。 * 22:55 * comments(7) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ