夏旅行

3泊4日で徳島に行ってきました。
………もーーーーーー…熱かった…………無理でした…………。徳島動物園の動物たちはみなへばってました。
レストランで涼がとれる!と期待していったらなんと屋根があるだけで吹き抜けの空間でした。マジかよ。
ま、そんなことはともかく、幼少期に何度も訪れたものの社会人になってからは行ったことがなかった徳島市内の父方の実家のあたり(今は家だけが残っていて誰も住んでいない)を散策して、小さかった妹と何度も歩いた道はこんなに狭かったのかということで驚いたり、それでも家の玄関から見た道路の様子は変わっていないことに、なんとなく涙したりしました。
父方の実家から徳島駅に向かう道は、見慣れたお店が無くなっているのとまだあったのと半々のイメージでしたが、やっぱりとてもとても懐かしかったのです。

それから母方の実家がある(こちらも家が残っていて時折うちの母が滞在するものの、基本的には誰も住んでいない)阿波池田に向かい、途中介護施設に入っている祖母を訪ねました。
もう介護度4になっている祖母が、私の顔を見るなり、
「瑠珠ちゃん。瑠珠ちゃんやろ。よう来てくれた。ありがとう。会えてよかった」
と涙ぐみながら言ってくれたので、それだけで行った甲斐がありました。
旅程の2日目と4日目の2回行ったのですが、2回とも私のことははっきり分かっていてくれたのが不思議でした。
うちの母も「私が一人で行ってもちょっと話すと『もう帰りよ』というんだけどねえ。こんなに長く母さん(祖母のこと)がちゃんと話をするなんてねえ…」と言っていて、そうか、私は自分で思っていた以上に祖母に可愛がられていた孫だったんだなと思いまして、有難いと言いますかそんなにおばあちゃん孝行をしていなかった自分を思い出すと汗顔の至りというか、そんなおさまりの悪いような気分でした。
あと何回祖母に会えるのかわかりませんが、また会えたらいいなと思います。

阿波池田のあたりは徳島市内よりももっとはっきりと過疎化していて、バスも電車も私が子供の頃よりうんと少なくなっていました。
祖父母のあたりは私の子供の時でさえほとんど家がなかった(…)のであまり変わったところがなく、車から降りた時に「ああ、おばあちゃんちの匂いがする」と思ったのは嬉しいことでしたが、幼い頃妹と二人でうろついた(当時は小学校低学年の姉妹が二人だけでうろついていても特に誰からもなにも言われませんでした。私が高学年になってからは、妹と二人で阿波池田から愛媛松山まで日帰り旅行をしたこともあります)池田の駅のあたりが見る影もなくなっているのはやはり寂しかったです。
阿波池田から特急で20分ほどのところにある大歩危というところに行くと、特急電車が止まる駅なのに無人駅で、切符は特急の車掌さんが回収し、一応夏休みということで駅の構内には地元池田高校の、おそらくボランティアと思われる学生さんが観光案内をしてくれていました。
しかし大歩危名物川下りのお客さんが割とたくさんいて、それはよかったです。
なんかできることないかしら。ふるさと納税かしら。と考えさせられました。

そんな感じで自分のルーツをたどった旅行でした。
一緒に行った家族にどこまで伝わったかはわかりませんが、私という人間の半分は間違いなく徳島にあるんだよということをなんとなくでもわかってくれたら嬉しいのです。
この「自分の半分はここにある」という感覚を完全に共有できるのは世界でただ一人私の妹だけなので、これからも仲良くしようと思います。そんなことあらためて思わなくったって可愛いですが。ウフフフフ(シスコン)。
blogram投票ボタン
かんざき * おでかけ報告。 * 22:21 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

もしも神崎が高校野球の監督だったら

秋田とは縁もゆかりもないもないのですが、我が母の母校池田高校を彷彿とさせた金足農高を全力で応援していた私の甲子園が終わりました…。
アーーーー…ほんとリアル「甲子園の空に笑え!」でした…。金農ナインお疲れ様でした。そしてありがとう。私の好みはエースの吉田くんより6番(背番号3)の高橋くんです。男惚れされそうな男前っていうところがナイス。
今回私が得た野球知識の最たるものは「バントとスクイズは違う」ということですね!違うな、バントのうち点に絡むものがスクイズってこと?でいいんだよな。よしよし。
643のダブルプレーも理解しているし、私は滅法強い女雀士を目指すより無名校を甲子園に導く名監督を目指した方がいいのではなかろうか。と妄想してみました。


<作戦>
・バントは性に合わないのでとりあえず「かっ飛ばせ」。
・投手はコロコロ変えるかエースと心中するかどっちか極端なパターンになりそう
・敬遠とか満塁策は裏目に出そうだからやらない。三振で討ちとれ!
・塁に出たら走れ
・全員野球


…立派だ…。隙がない…。
この作戦を元に選手たちが頑張って甲子園に行く。
私が勝利後のインタビューで答えるとすると、

「選手たちが頑張ってくれましたね。まさにチームのスローガン『全員野球』が生きたと思います。4回のピンチはひやりとしましたが、エース◯◯がよく抑えてくれました。7回の満塁ホームランですか?いやー、私は『かっ飛ばせ』と言っただけなので、4番の●●の思い切りがよかったんでしょうね。向こうのピッチャーも手ごわくて狙い球を絞りきれないようなところもありましたが(私には見えてないし)、選手たちが自分の頭で考えながら打ちに行ってくれたのが良かったんだと思います。明日の相手も強豪ですが、いつもの『全員野球』が出来れば」


完璧だ!!!!
お、4番がインタビューに答えている。なになに?


「あの監督に変わってチームにいい意味で危機感が生まれました。『あの監督のいうことまともに聞いてたら廃部だ』って…あ、いや、それがいい方に作用したので別にそれはいいんですけど、正直『全員野球』って何が言いたいのかよくわからないんですけど、とりあえず打席に立って一度もバットを振らないとベンチに戻って『…フゥン』って言われ…いえなんでも!なんでもないです!無我夢中で打ちました!ハイ!」


ムムゥ。エースは?


「ちょっと立ち上がりが悪いと『変えよっか』で、立ち上がりがいいと『今日はこのまま9回まで!』ってなるんで…とりあえず立ち上がりのストライクを気をつけまして…4回チラッとベンチを見たら…いえなんでもないです。無我夢中で投げました!ハイ!」


なんか照れ屋な子たちなんだな、と監督として理解を示すことにしました。
うーん、なんか今すぐやってみたい。うずうず。ニヤニヤ。
こういう妄想も楽しいです。ウフフ。
blogram投票ボタン
かんざき * 本家サイトについて。 * 23:25 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

暗躍完了

ここ2ヶ月ほど暗躍していた案件がやっと終わり、達成感と放心と少しの反省とそれらまとめて「だいたい気が済んだ」という気分を味わっていました。あとは地味な残務処理がちょっとね。
総じて楽しんでやっていたのでなんらかの記録には残したいのですが、ここに書いていいのかな。いいのかねえ。


そしてしばらくは最優先事項にかかります。
えいえいおう。
blogram投票ボタン
かんざき * - * 23:07 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

インプット関連

諸々やりながらインプット中。

・ナイツ・テイル
帝国劇場で上演中のミュージカル。ミュージカル界きってのプリンス井上芳雄とKinKi Kidsの堂本光一が共演というまるでチケットが取れる気のしないミュージカル。
案の定私は外れたのですが、友人のゆうまくんが「チケット取れたけど行く?」という女神の誘いをしてくれたので一も二もなく行くことにいたしました。
元がシェイクスピアなので時代がかった言い回しが多かったのですが、まあそんなのは瑣末なことで堪能いたしましたよ。ふーかっこよかった。そして誰を相手にして歌っても自然に合わせる(正確には「自然に聞こえるように合わせる」なんでしょうけど)井上芳雄の技量と、どこで踊っていても自然と目がいってしまう堂本光一のダンスは本当にすごいなと思いました。
難点は演出が…ところどころ爆笑してしまいそうになったのと、キャストの年齢設定に「いくらなんでも無理がない?」と思ってしまったこと、それからガラスの仮面を読んでいるとシェイクスピア劇で「美しきヒポリタ」って出てくると吹きそうになることでしょうか(最後のは自業自得)。
再演あるといいなー。


・いわさきちひろ展
東京ステーションギャラリーにて、いわさきちひろ生誕100年を記念して実施されている展覧会。
有名になる前の絵などもあってとても中身が濃く素晴らしい展覧会でした。
私は「緑の風の中の少女」という絵がとても好きで、なぜならそれは私の妹の小さな頃に激似、いや私の妹をモデルにして描いたとしか思えない(注:いわさきちひろさんは私が生まれる前に亡くなっています)からなのですが、この展覧会でも展示されていて嬉しかったです。まああ…しなちくちゃん(妹)の小さな頃…うっとり。
そんなわけで展覧会の中身自体はとてもよかったのですが、入館して10歩歩いたかどうかというところでそっと係の人が忍び寄ってきて、「お客様、申し訳ありませんが床が木で音が響くので、静かに歩いていただけませんか…」と言われてびっくりしました。たまたまその日履いていた靴がローヒールとはいえピンヒールだった&床が木なので、どんーーーなに静かに足を下ろしてもカツンといってしまうのですよ…。それまでの10歩だって走ったりわざとカツカツ歩いたわけでもなく普通に歩いていたのにそんなことを言われたもので、ずーっと極力音を立てないように神経使って歩いていたら変に力が入っていたらしく、腰が痛くなりました。
…つうかさあ、美術館の床素材まで知らんがなー!!!ヒールで行く人って絶対私だけじゃないだろうし、だったらスリッパでも用意して&HPに書いておいてくれよと若干剣呑な気分になりました。


・コミケ94
1日目と3日目参戦。1日目久しぶりー!友人のはづきちゃんが出るのと、ペルソナ5終わったところだったので覗きたくて行ってきました。
友人に会えたのは勿論嬉しかったのですが、ペルソナジャンルで私の理想としか思えない荒垣先輩×女主人公の本を見つけたので倒れるかと思いましたよ…ほんと作者様神様ありがとうございました。うう!
11月に出るPQ2では女主人公の出番があるらしいので楽しみだ!ヒャホイ!
そして、そういえばペルソナ主人公ってデフォルト名がないものでネット上であだ名がつくことになってるのですが、3がキタロー(髪型から)、4が番長(初期ペルソナが番長っぽい格好をしているからとか学園祭でスケバン姿になるからとか諸説あり)ときて5がなんなのか私は知らなかったのですね。
しかしサークル参加されている作者の方から「屋根ゴミですよ」と教えていただけました。とあるキャラから「屋根裏に住んでるゴミ」と表現されたことに由来されるそうで…確かにそうなんだけどさ…屋根ゴミか………。ぶっちぎりで可哀想なあだ名でありますな…。
3日目は競馬ジャンルで、私の本命競馬ねこやなぎ様が今回も当選されていて、楽しいご本を作ってくださっていました。感激。この暑さなのでスケブは遠慮しましたが、冬こそは…!つか競馬ジャンルってスポーツに戻してくれないかなあ…評論に動いてから明らかにジャンル衰退してます。しゅん。


いろいろあるけど私は元気です。えいえいおう。
blogram投票ボタン
かんざき * おでかけ報告。 * 21:44 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

ペルソナ3ダンシングムーンナイト

遊んでいる話ばっかりなんですが、一応…いろいろがんばっているの…ほんと…。

で、ダンシングムーンナイト。ペルソナの音ゲーです。
だいぶ上手くなりまして(上手くなったのかよ)一応のエンディングは見ました。

【良かったところ】
明彦先輩!!!明彦先輩!!!!執事!メガネ!!ベルベットルーム衣装!エクソシストの衣装!!!ッキャァァァァァアアアア!!!!(崩壊)
(訳:愛が再燃しました)
・美鶴先輩!!!美鶴先輩!!!メイド服!サンタ服!水着!ベルベットルーム衣装!!美しすぎます!あとダンスもとてもエレガント!!
・ペルソナ4ダンシングオールナイトのときは長い割に特に面白くなかったストーリーがあったけど、(不評だったのか)今回はなくて、ミニイベントがちょこちょこ見られたのがよかった。うん、ストーリーはなくていいのよこの際。

【悪かったところ】
・主人公の名前は変えたかったなって…。
・女主人公でも踊りたかったなって…。


こんなところですか?
愛しの明彦先輩の曲は完璧にやりたくてそこだけ練習してしまいますね!しかも好きな曲だったのでなお嬉しいですね。
ウフフ。

あと有料コンテンツでテオドア(諏訪部順一)と荒垣先輩(中井和哉)があったんでそれは買ってしまうよね。仕方ないよねって思いました。
もうねー!以前「諏訪部にハズレなし」という格言を思いつきましたがそれに一つ加えたい。
「諏訪部に悔いなし」!!!と!!!!(力一杯)
荒垣先輩もなんだか「え、こんなイケメンでしたっけ?」っていうくらいイケメンになってていいぞもっとやれって思いました。女主人公と一緒に踊りたかったなー。

総じて満足です。
次はペルソナ5ダンシングスターナイトだ!!!(仕事しろ)
blogram投票ボタン
かんざき * GAME * 22:49 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ