<< 身も蓋も | main | アドベンチャー白浜(2) >>

アドベンチャー白浜(1)

一応二週間待ってみて(以下略)。
去年逃した南紀白浜に行ってまいりました!

<1日目・出発>
久しぶりの羽田空港!……予想はしていたけどものすごいガラ空き。Gotoトラベルは東京外れてますもんね(根に持ってる)。
JALの受付カウンターの方々が暇そうで親切にしてくれました。いや、JALはいつだって親切にしてくれるんですけれども。
そしていざ搭乗となったらなんと空港の建物から飛行機までリムジンバスで移動でした。ひゃーそんなの久しぶり!
飛行機は大変に小さかったです。クラスJも普通席もそんな変わらないなーという印象。乗客はうちも含めて「未就学児の親子連れ」が大半でした。そうね。仕事で行くって感じのところでもないものね。総席数95が6,7割埋まっていた印象でした。
機内で配られる飲み物はこのご時世だからなのか元々なのか知りませんが紙パックで、お茶かリンゴジュースかの二択。こぼしにくくていいけど、スカイタイムゆずが飲みたかったです(まだあるのかな)。
10:25に羽田を出て、11:35に南紀白浜空港とうちゃーく!!!
南紀白浜空港は一日に3往復便しか飛んでいないので、ちょっと空港でもたもたしているとあっというまに誰もいなくなります。
知らない場所に来てヒャッホウな息子を取り押さえつつレンタカーの手配をし、さあ行きますよ!


運転している夫「このナビ、うんともすんとも言わない」(走行中)


えっ?と思ったら本当にそうで、普通ナビって「ここで曲がります」とか言ってくれるものですが、このナビはうんともすんともいいませんでした。設定を変更すればよかろうと思いましたが、どうやってもうまくいかない!(説明書も読んだけど書いてなかった)すぐ勝手にしゃべらなくなる。
北海道では「この先5キロ以上道なりです」と言ったきり用がないので黙っている車のナビですが、白浜では用があるんだから喋って欲しかったな!ナビの画面をみながら運転するの大変そうでした。私だったら事故っていたかもしんない(でも私だったら多分途中どっかに止めてスマホのナビを使うと思うけど)。
あれ、どうやったら直ったんだろうなあ。今回の白浜は行くところが大体決まっていて、かつそれほど複雑な道ではなかったので助かりましたが、なんとかしといてよオ○ックスレンタカー 。


<1日目・昼食>
着いていきなりですが、もう12時過ぎているのでお昼ご飯でーす。
観光客なので正しく観光地に行きます。空港から車で10分ほどの、「とれとれ市場」〜〜!!
この日が日曜だったからかわかりませんが、めっちゃくちゃ混んでました。駐車場ほぼ満車で、なにわナンバーや和泉ナンバーが多かったです。一台わかんねえなと思ったのは神戸の「わ」ナンバー。…なんで神戸で車借りてここまで来たんだい?謎だ。
さておき中に入ったら普通に人混み。
一通り回りましたがお目当ての回転寿司は見当たらず、フードコートは長蛇の列。名物のマグロの解体もビニールカーテン越しにやっていましたが、もう結構捌かれちゃった後だったのでチラ見にとどめました。目玉が近くに転がってて怖かった。
もー、回転寿司どこなのですか?とインフォメーションで聞いてみたら回転寿司は別店舗で、市場から道路一本挟んだ向かい側なんですって。なんだーそうかー。
移動すると、こちらはそれほど混んでいませんでした。よかった。
普通に美味しかったです。海の幸だね。


<1日目・宿と海水浴とプール>
おなかがいっぱいになったところで宿に向かいます。白良荘グランドホテルにしました。理由はただ一つ、ホテルと白良浜海水浴場が直結してるから!
チェックイン時間は15時ですが、その前に行っても荷物は預かってもらえます。水着に着替えるのは大浴場の更衣室でOKとのこと。
夫&息子が着替えに行っている間、ロビーでぼけっと荷物の番をしていたら祖父母&子供夫婦&孫(0歳)の組み合わせが近くにいました。
ばーちゃんが水着を着た孫を「まーこれはかわいいわかわいいわかわいいわかわいいわ!!!!」と絶賛でした。すげえな孫フィーバー。そしてこれを皮切りに、結構「三世代旅行」をこの宿で見かけたんですよ。じーちゃんばーちゃんはコロナより孫!孫がかわいいうちに一緒に旅行!!って感じでしたね。それだけ元気ならよかろうよ。
聞いた限り、私たち以外の客の言葉はオール関西弁(というと一部から反発を招くけど細かく分類するの不可能なんだってば)でした。
してみるとここは関西の方々が手軽に三世代旅行ができる感じのところなのね。
我が親友兼競馬師匠のありちゃん(元関西住み)に聞いたところ、「白浜は、そうね、関東でいうところの伊豆みたいな位置づけだね」とのこと。なーるほど!納得。


さてさて着替えも終わってGO!海だ!海だよ〜〜!!!
白良浜の砂は白いですが、これはもうほぼ天然ではなくオーストラリアの砂漠の白砂を入れているとかなんとか。なんでかなあと思いましたが、浜の形をみて納得しました。これだけ湖岸工事が進んだら砂は流出する一方でしょう。せめて今ある砂は汚さないように楽しませていただきます。
久しぶりに海に入りました。じゃぽん。塩辛い。水の透明度はイマイチで(沖縄と比べてはいけない)、海藻の屑がたくさんありました。おお、これが本当の藻屑。でも初めて浮き輪と共に海に入った息子はおおはしゃぎで浮かんでいました。よかったね。
適当に泳ぎ、途中水分補給のため休憩したり、海は疲れたのでプールに移動したりしてたら夕方になったので水あそび終了。
余談ですがプールに先ほど見た三世代親子がいました。じーちゃんばーちゃんは水着に着替えず、プールサイドでひたすら孫の見学でした。
あー疲れた。チェックインして一度部屋に行き、浴衣とタオルを持って着替えがてら温泉入ってこよう!というわけで温泉へ。夫と息子は男湯だし、この「一人入浴」が旅の醍醐味ですよ!一人で!温泉!サイコー!!!!(絶叫)
露天風呂もあって、白良浜が一望できました。ふー、夕暮れでいい景色……あ、向こうで風呂に使っているのは先ほどの三世代親子のばーちゃんと嫁さん(推定)と孫。よく会いますね。つうか、うひゃーお姑さんと風呂か……お嫁さんおつかれさまッス。


風呂から上がって部屋に戻って休んで、19時半から夕食(子供には遅かったけど、この日は17時半か19時半しか選択肢がなかった)。
懐石でした。クエの鍋とかありました。美味しかったです。しかしクエはよくわからずに「白身魚」と思って食ってすみません。
晩ご飯終わって、私だけもう一度温泉行って就寝。明日はいよいよアドベンチャーワールド!

(つづく)
かんざき * おでかけ報告。 * 21:59 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ