<< エール(4) | main | ストーリー・オブ・マイライフ/私の若草物語 >>

エール(5)

先週のうちにあげとくの忘れてました。テヘペロ。

女の子が生まれました。
名前は華ちゃんです。
裕一くんはちょっとデレすぎでして、もうちゅーちゅーやってます(コロナ前じゃないと撮れない絵だったろうからよかったねと思った)。
仕事も娘のそばでやる!と言い出す始末。
音ちゃんも呆れておりました。
というか…………邪魔だよね………(しみじみ)。仕事……行って欲しいよね………。旦那が家でずっとテレワーク辛いよね……(偶然にも今の世相を反映)。

そんな折、恩師の藤堂先生(森山直太朗)から手紙が来て、母校の小学校の校歌を作って欲しいという依頼をしてきました。
まだ1曲しかヒットを飛ばしていない作曲家に依頼するとは、と思いましたが売れっ子になってからでは受けてもらえないかもしれないですもんね。いい判断です。

なんだかんだで校歌も完成して「披露会があるから帰っておいで」と藤堂先生のみならず実家の母親から手紙も来ましたし子供も生まれたしね、ということで結婚して以来初めて一家揃って福島に帰省することにしました。
福島の様子としては、

実家の呉服屋…半年前に畳んでた。弟は役場勤めになった。でもさあ、田舎の役場勤めのステータスなめんなよ?って田舎育ちとしては思うんですけど。だめ?
母方の伯父所有の銀行(裕一が勤めていたところ。音楽家にならなかったら養子になって後を継ぐはずだった)…いつの間にやら潰れて、かつての同僚たちは地元の信用組合に再就職。
藤堂先生…さらっと校歌依頼してきましたけど、家業を継ぐから学校の先生辞めるとかなんとか言ってませんでしたっけ?まあいいけど、裕一の元同僚というか先輩の女性(この時代にバツ3。マジかよ)と結婚なさっていて、もうすぐ子供が生まれるとかなんとか。

という、藤堂先生以外はかなりしょっぱい感じでした。ドンマイ。
弟は弟で「今更何しに帰ってきた」と裕一くんにつっかかるし、もう大変。
わかる、わかるんですよ。言ってることは君の方が正論ですよ。裕一くんの方が良くない兄貴ですよ。
でもね、顔がいいからね!!!ごめんね!!!(身も蓋もない)
そんな弟は地元の養蚕農家に「りんご農家に転向してください」と頭を下げてました。大変。最初断られてたけどうまくいきました。よかったね(雑)。

そしてお父さんが胃を抑えて顔をしかめていたのを音ちゃんが見つけ、どうしたんだろうと思っていたらなんと末期の胃癌だったとのこと。
お母さんと弟はひた隠しにしていたようですが、本人はわかってました。こういうのって本人は察するものなのね。
というかお母さん、校歌の披露会とかいう理由にかこつけて、お父さんが長くないから帰っておいでって言いたかったのかなあ本当は。
なんだかんだあってお父さんは裕一くんに「遺産と呼べるものは全部弟にくれてやってくれ」という口約束(こういうところがこの人の限界である。ちゃんと遺言を残せ!)を取り付け、なんだかんだあってひねくれた弟とも和解し、家族に看取られながら息を引き取りました。
パッパ…「俺にまかしとけ!」と言うと必ずどうにもならないという逆張りな感じが大好きでしたよ。ありがとう、パッパ!


朝ドラって毎週毎週やることが決まっていて、しかも週内で蹴りをつけなきゃいけないから大変ですね。
今回の朝ドラから土曜日がなくなって15分尺が短くなっているので、金曜日はオープニングテーマを端折られてました。
それでなんとかお父さんの葬式後に伯父のところに顔を出して不義理を詫び、隠居後に陶芸にハマった伯父から夫婦茶碗をもらうというエピソードをねじ込めました。フウ。


そんな週でした。
今週はどうなるんだ?と思ったら月曜から「父帰る」というサブタイで「エエエエ?先週死んだパッパがもう帰ってくるの!?」と混乱いたしましたことよ。
つづく!
かんざき * 朝ドラエール * 21:24 * comments(2) * - * - -

コメント

たしかに「潰れそうな呉服屋の跡取り」と「役場務め」なら、後者の方がいい縁談来そう(苦笑)。
「顔はお兄さんの方が好みだけど、でも役場にお勤めだし!」って考えるお嬢さんもきっといるさ。
…それがいい嫁かどうかは微妙だけど&#128517;
Comment by あり @ 2020/06/15 11:09 PM
安定を求めるなら公務員だよね!!
親のウケもいいと思うんだけどなー。というのは案外現代的な感覚なのかなー。
というか今後弟の嫁とか出る機会あるんだろうか。はらはら。
Comment by かんざき @ 2020/06/16 10:54 PM
コメントする









このページの先頭へ