<< エール(2) | main | エール(4) >>

エール(3)

どうなりますやら、という引きで終わった先週。
待つまでもなく大将こと鉄男くんが「作詞家になる」と潔く新聞社を辞めて徒手空拳で上京してきました!!

なぜその思い切りを先週発揮せんかった。


この馬鹿野郎と心中罵詈雑言を浴びせつつ、仕方ないので見守ります。
まさかこの男、古山家に居候させてくれとか言うつもりじゃないだろうなとびくびくしてましたが、言わなかったのでギリギリセーフ。
初めてのレコード「福島行進曲」はさっぱり売れず。しかして大将は東京に来た時行きつけだったおでん屋の老齢店主から、屋台ごと譲り受けることで日銭の確保にも成功した模様。よかったね。
ていうかそれなら希穂子さんと別れる必要が一切なかったじゃないか!「脱サラしてきた。作詞家になるから一緒になってくれ」って言ったら希穂子さんはOKしてくれたよ!なんなら作詞家になるまで喰わせてくれたと思うよ!?(それはそれで希穂子さんが苦労するだけだな……)

友人が上京してきたところで曲が売れないのでさっぱり困っていた裕一くんは、フラチな友人の木枯くんにまたカフェーに誘われ、作詞家の高梨一太郎さんを紹介されます。どうでもいいけど木枯くんの服装がどんどんトンチキになっていっています。
高梨さんとやらが裕一の作曲家人生を変えてくれるようです。で、「船頭可愛や」と言う詩に曲をつけてくれと言うのではりきってつけた裕一。
コロンブスレコードディレクターの廿日市さんに見せたところ、曲がどうのこうのより作詞家のネームバリューにより一発OK、最近芸者さんが歌うのが人気だから歌わせよっか。という話になりました。
そういうもんだったのか。それにしてもチャンスを色々くれる木枯くんはいい人だ。フラチで服がトンチキだけど。

音ちゃんはといえばヴィオレッタの稽古に四苦八苦。
プリンスこと久志くんに居残り自主練を依頼すると取り巻きにやいのやいの言われます。しかしプリンスはプリンスなのでウィンク4発(取り巻きの人数分)で仕留めて黙らせてくれます。すげえぜプリンス砲。
現時点では稽古の時に聴ける久志くんのアルフレードがとても楽しみです。いや、ほんと山崎育三郎にオペラ歌わせる朝ドラあっていいわけ。いいのよね。それでなくとも柿澤勇人とかにも歌わせてるわけだし、バッチ来い井上芳雄に中川晃教!!待ってますよ!!!

そして「船頭可愛や」のレコーディングの日、裕一が収録に行くと既に大将とプリンスがいました。なんでだよ。
ありちゃん曰く「プリンスがコロンブスレコードの受付嬢を籠絡したんだよ」とのこと。そうか、プリンス砲で一発だもんな!納得!
二人は芸者さんを生で見るのを楽しみにしていたのですが、実際現れたのは下駄屋の娘さんでした。芸者さん高いんだって。そうだよねー。
しかしその下駄屋の娘さんが殊の外上手に歌うもので、三人とも大盛り上がり。
ここの表現を「トップアイドル(芸者)のレコーディングに立ち会えなかったけど地下アイドル(下駄屋の娘)に推し変した3人のヲタク」と言った人は天才だと思いました。

…でもレコードは売れなかったんですって!大ピンチ!でも「おしまいだー!」ってのたうってる裕一くんも可愛いからよしだ!!売れる結果は(こっちには)わかってるから頑張れ!!!

つづく!!
かんざき * 朝ドラエール * 23:02 * comments(2) * - * - -

コメント

芳雄といえば「僕、レミッズのナンバー全部歌えるんです。出たことないけど」と言ってたらしい。
エールにもバッチ来いだけど、レミッズにも出してあげて(><)。
しかし、そろそろマリウスってトシでもないから、ジャンバルジャンができるようになるまで待たねばならんな…。

3人のオタクはそれぞれ違う魅力があってよいよね♪
大将はしばきたくなるけど(さらっと)。
Comment by あり @ 2020/06/03 11:05 AM
まて、バルジャンの前にジャベールがあるじゃないか!!!!!!!!
私が今でも最高だと思っている川崎麻世ジャベールの上をいくぞ!!!!是非黒コートを翻して颯爽と歩いていただきたい!!!!
(でも婿殿にはキーが低いだろうか、ジャベール。殿方の音域はよくわからんが)

大将って、「大奥」のドラマで玉栄やってたよね(ぼそり)。
しばきたくなるけど(さらっと)。
Comment by かんざき @ 2020/06/03 8:59 PM
コメントする









このページの先頭へ