<< あの時の私 | main | 月日はペルソナのために過ぎ >>

外出の記憶

あれよあれよという間にコロナウィルスの影響が生活を支配しています。
震災の時もあれはあれでつらかったけど「最悪歩いて帰ってこられるくらいの範囲で出かけて消費して経済を回そう!」という逃げ道が使えないのが痛い。
子供がいると「休日外出禁止なら一日寝てゲームやっている」という逃げ道も使えない………(高校生くらいになっちゃってたら「家族それぞれゲームで引きこもる」という手は全然アリだと思うのですが)。
2月はそこそこ出かけたのですが、出かけておいて本当によかったと今痛感しています。
ふぅ。
そんなわけで書いておくココロ。


・鰻
「きのう何食べた?」の最新刊を読んだら食べたくなりまして、私のディナー友達であるところの美人秘書Sさまと行ってまいりました。上野ではないけど。
でかい土鍋で二人分のご飯を炊き、その上にたっぷり一人一尾ずつの鰻という鰻鍋とでもいうのでしょうか、まあそんなので迫力がありました。
んまかった。でもそんな贅沢をしながら仮面ライダーゼロワンの話をするのもどうなのよ(注:Sさまはカタギで私がヲタクであることは知らないけれども、旦那さまが見るので仮面ライダージオウあたりから見ているそうで)。個室だったからいいか。


・アマン東京
去年、友人のみーちゃんと西洋初釜(アフタヌーンティー)をやったので、今年もやりたいなーと思って。
いくつか候補を出したらみーちゃんが選んだのがアマン東京でした。ぶっこんだね……………。
アマン東京のアフタヌーンティーの特徴は「ひとつテーマを決めたら全てにおいて押し通す」です。
前に一度行った時はそのテーマがホワイトチョコレートだったので、うっかり地獄でした。一生分のホワイトチョコを食べたおかげで同行者の夫はいまだにホワイトチョコを避けます。だよね。スイーツだけならともかくセイボリー(しょっぱい食べ物)にまで進出していたものね。
今回のテーマは苺だったので、しょっぱい食べ物とうまく合わせていて大変よろしゅうございました。
それを窓際のソファ席にゆったりと掛けて楽しむ。素晴らしい。
スコーンはカゴに入ってきて、アフタヌーンティーのキモであるところの三段重がきて…あれ、真ん中がないんですが。と思ったらお姉さん(どうでもいいけどアジア系のホテルは女性の制服のスリットがすごい)が恭しく宝石箱を持ってきました。
ハ?と思ったら、

一番上(ガラス張りの蓋)…いちごがぎっしり
その下の引き出し二段…総勢5種類のミニスイーツがぎっしり

というありさまでした。

お姉さん「こちらのスイーツから4種類お選びください」

エエエエエ無理。選べない!ひとつだけ仲間はずれなんて!!
駄々をこねても仕方ないので熟考の上選ぶと、お姉さんがやっぱり恭しくスイーツを取ってお皿に乗せてくれました。
その後、一番上の段にぎっしり詰まったいちごの中から良いものを選んで一人5つくらいずつだったかなあ、これも合わせて乗せてくれるという贅沢。それで真ん中の皿完成。なにこれ。
宝石箱を開けた時に「写真撮られますか?」と聞かれたので、これはインスタ映えを意識してるんでしょうねえ。撮らなかったけど。
ともあれとても美味しかったし、贅沢な空間で良い西洋初釜でした!ありがとうみーちゃん!!


2月のおでかけはもう一個あったのですが、長くなったので次回。
かんざき * おでかけ報告。 * 21:58 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ