<< 帰還してますが | main | ディズニー・リゾート!(2) >>

ディズニー・リゾート!(1)

事の始まり。
しばらく前に義理の姉と話していました。

姉「この間、平日に私一人でうちの子2人連れて、ディズニーランド行ってきたのよ。ディナーショーも15時40分からの回がキャンセル出てて取れて、結構楽しかったよ」

15時40分からをディナーと言い張るディズニーもすごいなと思いましたが、義理姉の子たちは御年5歳と1歳。それをお一人で連れて行くのですからパワーのある人です。
そういや上の子が0歳の時に、同じ年の子供がいる友人と連れ立ってディズニー特攻したと言ってたもんなあ。すごいなあ。
うーん、私にその体力はないな。今連れて行っても大変なだけだし、小学校に入る前くらいでいいんじゃないでしょうかと思っていましたら。

姉「でもさ、瑠珠ちゃん。ディズニーがタダなのって3歳までだよ?」

エ?
就学年齢くらいまでタダだと勝手に思ってたんですが。

姉「3歳までだよ。だからRくん(うちの子)連れて行くなら今だよ?」

!!!!!
うちの子の誕生日は10月。10月すぎたら金かかるわけ!?ノーーー!!!知らなかった!聞いておいてよかった!!
そんなわけで速攻で調べたり考えたりしました。
よし、プランがまとまった。夫への交渉だ!


私「あのさ、ディズニーなんだけど。どうせ夕方まで子供の電池もたないし、バケーションパッケージにしようよ。なんと今なら子供はタダだよ!大人2人分ですむよ!」


説明しよう!(cv.山寺宏一でお読みください)バケーションパッケージとは日数分のマルチデー・パスポート(TDLでもTDSでも出入り自由)&リゾートライン乗り放題チケット、ホテル宿泊&朝食、オリジナルグッズやオリジナルポップコーンバケツとの引換券、ついでにファストパスやらショー鑑賞券などがついてくるという夢のような企画と引き換えに結構な額の金銭をふんだくられる夢と現実のパッケージだ!!でも3歳まではタダだ!以下ディズニーファンの慣習に則り「バケパ」と略すぞ!


夫「……待って。確かさ、『子供がタダだから行こう』って話だったんだよね。それがなんで総額10万円超えのコースになるの?おかしくない?」
私「うっ…だって、昨今バケパも人の足元を見て値上げしやがってですね。でもさー、色々プライスレスな特典が。っていうかさ、夕方まで電池持たないのは子供だけじゃないじゃん。アナタもじゃん」
夫「………。そもそも夏の旅行の予定があったじゃん。南紀白浜のアドベンチャーワールド行きたいって言ったじゃん。どっちもは無理。贅沢しすぎ」
私「うっっっっ……………。………わかった、南紀白浜は来年にする」
夫「え、そっち!!!??????」
私「だってそっちは今年でも来年でも値段変わらないし(多分)!あの子に金かかるようになったらバケパなんて絶対無理!」
夫「あ、そう…」


てなわけで快諾(?)ゲット。予約予約。
宿泊はディズニーランドホテル、プランはショー鑑賞セレクト2DAYSを選びました。ショーレストラン付きのプランと迷ったんですが、ショーレストランは実力で予約のチャンスがあるし取れなきゃ取れないで諦めがつくけど、3歳児抱えてショー(私が狙ったのは、正確にはパレード)の場所取りするのは大変だという理由から。
ショーレストランは取り方を検討しました。


1. バケーションパッケージ枠
ショーレストランは予約対象日の1ヶ月前9時から予約受付が始まります。ただしバケーションパッケージの客は泊まった次の日の分の予約が出来るため、予約対象日の1ヶ月と1日前に予約をすることが可能なわけです。
整理すると、

予約対象日…9/15
一般予約開始日…8/15
バケパ客予約開始日…9/14に宿泊する客のみ、8/14。つまり、8/14の時点で9/14と9/15の予約が可能。8/13の時点で9/14の予約をするのは不可。

というわけ。
ただこれ、使えなかった。うちのスケジュールとして1泊2日のうち1日目にランチショーに行っておきたかったっていうのもあるんですが、バケパ枠が少なくてすぐ一杯になってしまうのです。予約までの手順もちょっと複雑だし。
予約はワンチャンしかないのでこの手段は捨てました。

2. 一般枠
1ヶ月前の9時丁度に予約開始ということで、ま、色々練習いたしました。
赤裸々な取り方はここには書きませんが(だってまた使うかもしれないしね!)、正々堂々正攻法でディズニーショーレストランの中でも激戦中の激戦区、ポリネシアンテラスレストラアンのランチショー11時40分の回S席を見事ゲット!!!いたしました。
ッシャー!!!


てなわけで準備を色々と整えた上で、いってきまーす!!!!
つづく!!
かんざき * おでかけ報告。 * 21:40 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ