<< 気持ちの整理 | main | 水難の相 >>

天気と美術

最近更新が滞っているので「どこまで書いたんだっけな」と見直した時に、初めて「アラジン」の感想を2回書いていたことに気づきました。キャー。
そしてほぼ同じことを言っていて「ぶれてないなわたし!」と感心いたしました。
…スミマセン…もうボケだね!引退しないとね!(何から?)


そしてまだまだ見に行っているわけです。

・小畑健展
え、これについて書いてなかったんでしたっけ?そうなのわたし?(ボケ)
「ヒカルの碁」や「DEATH NOTE」などで有名な漫画家さんの原画展に行ってきました。
生原稿山盛りでした。
印刷されたものだってべらぼうに美しいのですが、原画は一言で言って神の御業でした。
一つ一つ見入ってしまいましたよ。いいものを見ました。うっとり。


・天気の子
話題の映画。
背景が綺麗でした。
内容も悪くはなかったと思います。
「君の名は」でも思いましたが、私(見ている人)が「え、なんでこの人はこうしたの?」と気になることについて説明することをサックリと省いていたので、さすがに慣れて「ああ、この監督は説明するのが嫌な人なんだな」と理解しました。
この監督の映画は雰囲気を楽しむものだね!


お盆にはコミケ、それが終わったら今年が最後だという「午前10時の映画祭」でニューシネマパラダイス、ONE PIECE、おっさんずラブとまだまだ目白押しでものっすご忙しい8月です。
頑張るぞーおー!(しかし私遊んでばっかりじゃないか)
かんざき * ドラマ、映画を見て * 22:06 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ