<< 一陣の風 | main | ステージ渋滞 >>

美術渋滞

行きたい展覧会が重なり合って大渋滞しておりました。
そして行きたいだけこなしてきた自分に拍手。


・奇想の系譜展〜江戸のアヴァンギャルド
岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳、白隠慧鶴、鈴木其一という、江戸時代の「尖った」絵描きの作品を集めた展覧会。
とても見応えがありました!
若冲の鶏親子の絵は、「微細に描かれた雄鶏、『なにかっこつけてんの』と言いたげな雌鶏、『丸に点々』で記号化され、可愛さを追求されたヒヨコ」という感じで大変素晴らしかったです。書き込めばいいというものではないとしみじみ思いました。
他の方も、現代の漫画に通じる動きの描き方とか、とてもとても面白かったです。


・トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美
イスタンブールのトプカプ宮殿から来た170点あまりの美術品等。
いや、もう、覚悟はしてたんですが桁が違う金持ち具合でした。本場のトプカプ宮殿にはもっとすごいものがざらざらあるのでしょう。解説板に「バケツから溢れた宝石」とか書いてありましたし。
展覧会はのっけからスルタンの玉座。とりあえず豪奢。その上に燦然と輝く吊るし飾り。特に実用的な意味のない吊るし飾り(勿論金)にはめられていたものは冗談抜きで赤ちゃんの拳くらいの大きさのエメラルドが3つ。その周りは小さな、と言っても普通の婚約指輪なんか話にならないくらいの大きさのダイヤモンドたち。
その他翡翠をくりぬいて作ったマグカップに金細工を施し、更にエメラルドやルビーやダイヤモンドで飾り付けてあったものや、宝石でびっしり飾られたペン、宝剣、飾り帯等々本当にオスマン帝国の勢いを思い知りました…申し訳ありませんでした…。
16世紀頃は宝石のカット技術が発達していなかったのか、ともかく不揃いとはいえ宝石の数で勝負だったのが、18世紀あたりになると技巧で勝負になってきたのも興味深かったです。
中国の磁器皿に「宮廷の好みに合うように」と金細工を施し宝石をちりばめたものは、なかなか見ないなあと思いました。
あと、「皇子だか皇女だか用のベビー布団」にまで細かい刺繍が施されており、なんて贅沢な…この上にお漏らしとかされたら泣くしかないな(発想が小さい)…と思って見ていたりしました。
豪華な気分になれる展覧会でした。満足。


・ラフ∞展
天野喜孝、大河原邦男、秋本治、高田明美ら元タツノコプロの人たちによる、ラフ画がメインの展覧会。
私は天野喜孝に滅法弱いのでそれ目当てに行ったのですが、どうしてどうしてさすがの大御所揃いの展覧会で、ついじっくり見てしまいました。
天野さんの絵は常に「風」を感じて持っていかれそうになるな、と思ったり、ラフスケッチの時点で「え、ここ一発描きなの?」と思ったり。
大河原さんのメカニックデザインはかっこいいものからコミカルなものまで、私が見たことのあるアレやコレはこの方だったのか!と今更驚いたりしました。ガンダムくらいしか知らなかった…。
秋本さんは言わずと知れたこち亀の作者ですが、ずらーっと並んだネーム(漫画の設計図)の他に、神田明神に奉納された絵巻も来ていて、見たかったので思わぬラッキー。
高田さんの原画は美しいんだろうなと覚悟し、衝撃に備えていたのですがそれでもなお吹っ飛ばされるような美しさでした。え、なにこれ。なにこれ。前世でどんな徳を積んだらこんなに美しい絵が描けるんですか?この柔らかく可愛らしく吸い込まれそうな天使の絵(魔法の天使クリィミーマミ、だもんなあ…)が描けるようになるには私なんか100回転生して鍛錬しても足りないです。
更にこの4人が互いの作品を描きあうというとんでもないコラボが実現し(高田さんは「メカが描けない」という理由で大河原さんの作品のみ描いてらっしゃいませんでしたが)、そこだけ撮影可だったので撮りまくって来ました。個人的には高田さんが描いたガッチャマンのイケメンっぷりに一番クラクラいたしましたです。
満足ーー!!!


展覧会っていいものですね。フー。
かんざき * 絵、イラスト * 22:39 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ