<< 秘境グンマー | main | 美術渋滞 >>

一陣の風

2019年4月1日。
日本の競馬界における歴史的な名牝がこの世を去りました。

ウオッカ。
2006年のダービー馬です。
特筆すべきは64年ぶりに牝馬が制したということ。それから、2006年以降まだただの一頭もダービーを勝った牝馬がいないということ。
だからといって絶対的に強いのかと言われればそうでもなくて、負ける時はボロ負けだし、騎手も定まらないし、でも勝つ時は必ずドラマティックな勝ち方をする、そんな馬でした。
容姿ときたら黒っぽいつやつやの鹿毛に、鼻にすらっと通った流星(白い部分)が入った美しい馬でした。
宝塚でいうならライバルのダイワスカーレットが文句なしの娘役トップスターだったのに対し、ウオッカは組を背負って立つ男役トップスターのような凜とした輝きと美しさがあったと思います。
引退レースとなったドバイマクトゥームチャレンジラウンド3の後、そのままアイルランドに渡って繁殖生活を送っていました。
産駒は大型馬が多くてなかなか走らなかったけれど、いつかその血を受け継ぐ子がダービー勝ってくれるのかなあと思っていたら、今年の種付けのためにイギリスに渡っている際馬房で骨折し、そのまま蹄葉炎を発症して安楽死になったそうで…。
無念としかいいようがないですが、私は彼女が亡くなる時はきっと天を仰いで、「いい生涯だった」と笑って逝った気がしてならないのです。


私にとってのウオッカのイメージは、一陣の風でした。
そういう意味で私の印象に色濃く残っているのは向かい風を切り裂いてやってきた(と実況で言われていた)ヴィクトリアマイルなんです。
次点が目の前で勝ってくれたジャパンカップ(え、今ジャパンカップって打ったらジャパンCって真っ先に変換したうちのMac、なにこれ。変換候補にJapan Cupもあるってどういうこと)。


色々書きたいことはまだまだあるのですが、彼女について書いた日記をいくつか再度あげることで私からの祈りにします。
本当にありがとう、ウオッカ。大好き。
そしてライバルのお嬢ことダイワスカーレットが長生きしてくれますように。
もう同じ世代のアストンマーチャンもローブデコルテも居らず、寂しくなりました…。

2009年ヴィクトリアマイル
2009年安田記念
2009年天皇賞・秋(1)
2009年天皇賞・秋(2)
2009年ジャパンC(1)
2009年ジャパンC(2)
2009年ジャパンC(3)
2010年JRAカレンダー
かんざき * - * 21:28 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ