<< 続・あらしーーーー!!!! | main | 一陣の風 >>

秘境グンマー

翔んで埼玉を見たからというわけではないのですが、群馬県に行ってきました。
目的はいくつかありまして、以下項目ごとに。

【新幹線】
もうすぐ二階建て新幹線はなくなっちゃうらしいので、Maxたにがわに乗った。もちろん二階席。
途中駅で感じる優越感。
車両を見て「E5系(はやぶさ。ラベンダー色のラインが北海道新幹線)」「E6系(こまち)」「E7系(かがやき、はくたか等)」と呼んでしまうようになった男児母あるある。
帰りはE7系はくたかだった。新しくて快適だった。


【群馬サファリパーク】
那須、富士と続いて3つ目のサファリパーク。
群馬のウリはホワイトタイガーと、併設されている遊園地。
ホワイトタイガーは前に大牟田市動物園のニュースを見てとても複雑な気持ちになったので、ああ、この子たちがもう無理な繁殖をさせられずに済みますように。そして今いる子たちは幸せに暮らせますように…と思って見た。
エサやり体験バスは所要時間1時間20分と言われ、そんなに回るのかすごいな!と思ったら途中30分ほどの下車時間があって、歩いて回るところがあった。そういうことか。それはそれで楽しかった。
そのエサやり体験バスが大人1300円、バードガーデンなる鳥やレッサーパンダ、カピバラ等がいるエリアが1人100円、併設されている遊園地の乗り物は1歳以上1人200円(ものによっては400円)、遊園地には所狭しと1回100円で動く乗り物が置かれており…と随分細かく金のかかる施設であった。連れの3歳児に100円で動く乗り物に乗りたいと言われたが、「全部壊れてる」で押し切った。うーん。サファリパークは今のところ富士にかなうものなしな気がする。
アフリカ料理で固めた「サバンナランチ」は割と美味しかった。


【SLみなかみ】
本物の蒸気機関車!デコイチ!!勿論満席!そして撮り鉄の群れ群れ群れ。
汽笛や蒸気を切る音を初めて聞いたけど銀河鉄道999そのものだった(古い)。さあ行くんだその顔を上げて。
電車とも新幹線とも違うゆっくりとした滑り出し。最初揺れて若干酔ったのは気のせいなのだろうか。安定して走ってからは特に問題なかった。
本当は高崎から水上まで3時間くらいかけて休み休み行くのだけど(機関車が相当古いので一気にいけない)、3歳児が3時間もつはずがないので、途中駅の渋川で下車。実際乗っていたのは30分くらいだったけど、楽しかった!
その30分の間に、窓の外にここぞというスポットで待つ撮り鉄や、孫を連れて見にきたおじいちゃんおばあちゃん、親子連れなんかをたくさん見かけた。無理もない。私も近所に住んでいたら見に行ったと思う。


【ファームクラブ中里農場】
いちご狩り。初めて行った。この日は寒かったので冬コートだったのだけど、当然ハウスの中は暑くてちょっと後悔した。でもコートの置き場もなかったし、ハウスは駐車場から遠かったし仕方ない。
「あきひめ」と「やよいひめ」という品種があって、「やよいひめ」の方がいかにもいちごという形だったので、そちらばっかり食べた。ものすごく甘くて美味しかった!満足。


【浜川運動公園】
広い公園。放牧目的。
長い滑り台やターザンロープなんかがあって、小川も流れていて、田舎育ちの私にとっては懐かしい感じがする公園だった。
5月には菖蒲が綺麗に咲くらしい。


【宿】
駅前のココグラン高崎。
夕食はやっていなかったが朝食は美味しかった。部屋も広かった。
上層階に大浴場があって、露天まであって素敵だった。


【高崎駅】
本屋が多い。もうそれだけで幸せを感じる。しかもどこもでかい。素晴らしい。
あーここ私住める。と思った。いい町だ(安直)。


というわけでなかなか満足な旅行でありました。
ニヒ。
かんざき * おでかけ報告。 * 23:51 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ