<< 瓢箪から、駒!(3) | main | 瓢箪から、駒!(5) >>

瓢箪から、駒!(4)

クラブに戻って、乗馬の準備をします。
午前中暑いくらいだったので上着を1枚少なくして、さて!…と行ったら、岡田さんから「鞭は…いらないかな…」と言われました。
結局鞭使ったの午前中(しかも1回)だけでしたよ!いらなかったなー。ちぇー。


午後は前回予告した通り外乗です。
90分外で乗るのです。そんな長い外乗は初めてなので楽しみ。
今回の私の馬はパンちゃんという茶色と白の模様の、背の高い馬。みーちゃんはミスティという白毛の馬でした。
みーちゃんの馬は数日前に行われた60キロレースを完走したとかなんとか。
今回も社長の岡田さんが、直々に外乗に連れて行ってくれました。よく働く社長さんだ…。
そして、大変驚いたのですが馬に乗る前に岡田さんにスマホを預けます。なんでか?というと、これで私たちが馬に乗っている写真や動画を撮ってくれるのです。
驚くべきは、岡田さんは「馬に乗って先を駈歩で走りながら」「後ろから駈歩で走ってくる私たちの動画」を、撮ってくれるのです。
(だから、私が最初みーちゃんに勧誘された時にみた動画も、そういう撮り方をしたやつだったのです)
曲芸か。

岡田さん「手ぶれしないように撮る練習をしています」

…うーんアナタ。
恐るべきプロ根性(なのか?)。

さて、外乗スタート。
岡田さん、みーちゃん、私の順番で森の中を進んでいきます。日陰だからか午前中よりは体感温度が低いのですが、下は雪が溶けかけていてかなりぬかるんでいます。
馬は慣れているはずなんですが、「何もないところで転ぶ」ことがある私としては脚がぐねっといったりしないよね?とやや不安になりながらも、パンちゃんは淡々と進んでくれました。
無言も寂しいので、岡田さんが色々と話しかけたりしてくれます。
乗馬クラブで子供さんが乗るのはポニーが多いけど、小さいイコール子供に向いているかというと気性的に実はあんまり向いてないので、大きな馬の方がかえって安全だとかそんなお話とか。
それから、

岡田さん「神崎さんは、外乗したことあるんですか?」

ありますよ。

岡田さん「どちらで?」

えーと、バリと…あと去年北海道で。

岡田さん「北海道のどちらで?」

ホロシリ乗馬クラブです。種牡馬見に行ったついでに。

岡田さん「何見に行ったんですか」

ネオユニヴァースです。(冷静に言ったけど、心の中ではネオユニヴァースです!!!!!くらいな勢い)

岡田さん「…渋いですね」

ア”!!??渋いってどういうこっちゃワレェ、と私の中のチンピラが火を噴きかけましたが、道程があと80分くらいあったのでおさめました。どうどう。
ネオの価値はわかる人にわかればいいのよ…フゥ…。

まあそんな話をしながらどんどん進んでいきます。途中小川もあったりして、とても「自然の中」という感じ。
雪景色も一応見ましたよ!
そんな森の中、ふと。

岡田さん「じゃ、ここから速歩しますね」

かぽかぽかぽかぽ(岡田さんの馬)。
かぽかぽかぽかぽ(ミスティ)。
かぽかぽパカラッパカラッ(パンちゃん)。

まてー!この子勝手に駈歩出すよ!おっかねえなあ。幸い手綱を軽く引くと「ちぇっ」という感じで速歩に戻ってくれました。前の馬とぶつかりそうになったら馬の方が勝手にスピードを落とさざるを得ないし、狭い道でよかった。フゥ。

岡田さん「じゃ、ここから駈歩しますね」

前と同じような森の中の狭い道。いやーーーーだだだだいじょうぶなの!!??と思ったのですができました。
気持ちいいー!しかし駈歩の騎乗姿勢忘れた。競馬のジョッキーみたいなのでいいの?(よくない)
とりあえず落ちなければよいと割り切り、なんとかしのぎました。
そして他の乗馬クラブではまずやらせないと思うのですが、第一回の記事に書いた通り、乗馬初心者のみーちゃんも駈歩で走っていました。おお。

道程を半分ほど進むと広い道に出ます。武田信玄が軍用として作ったといわれる「信玄の棒道」だそうです。
よくドラマの撮影をやっているとか。人通りもなく、一面の雪景色!
うわーこのだだっ広いところを走るわけね!
バリの波打ち際(同じくだだっ広い)でいきなり「それ!」とインストラクターからひと鞭くれられ、心の準備もできないまま駈歩する羽目になったなーそういえば…と思い出しましたが日本だし岡田さんだしいきなりはないでしょう、うん。

「じゃ、いきますよーそれー」(自分の馬を走らせる岡田さん。ついていくミスティとパンちゃん)

大差なかった!!
雪の中をパカラパカラと走ります。動画撮られてるのわかったよ!おおう!


外乗前半終了。
あと1回続きます!
blogram投票ボタン
かんざき * おでかけ報告。 * 21:39 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

コメント

えー!?
ネオは私の中の「綺羅綺羅しいランキング(なんじゃそれ?)」だと、かなり上位に来るよ?(><)
ぶっちゃけ、グラスより上だよ!
たぶん、理由は「イケメン度」にあるんだけど(笑)。
渋い種牡馬ってのはさぁ、ランニングフリーからのランニングゲイルとか(同類項としてセイウンスカイ)、オンファイアとかを言うんじゃないの?

…暴走しすぎた(苦笑)。
ブラックタイドあたりで留めておくべきだったわ(そこ?)
Comment by あり @ 2018/04/12 1:12 PM
そうよね!!!!
オンファイアもブラックタイドも私の中ではイケメンの部類に入るから、渋いっていうのは例えばヒシミラクルとかメイショウサムソンとかタップダンスシチーとかじゃない!!???
…あれ、やっぱり顔面偏差値になるね。
フシギ。

で、地味な種牡馬を探していて気付いたけどヴィクトワールピサがBSSに移動してるー!!
あそこはネオのレックススタッドと見学時間がかぶるんだよなーもー!!
(行く気なの?)
(いや、今年は考えてなかったけど)
Comment by かんざき @ 2018/04/12 10:36 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ