<< 死神の爪痕 | main | 達人同士 >>

ローカルワード

友人に借りた「青空エール」を読みました。
ヒロインが吹奏楽部で、野球部の男の子を好きになって応援したいとかまあそんな漫画(雑)。
良い子たちではあるんだけど、ヒロインは部活を辞めそうな先輩を励ますために夜(おそらく20時くらい)に住宅街で、しかも複数人でトランペット吹いたり、好きな男の子が出た野球の試合に応援に行って、負けたら思いが高まりすぎて両校の礼の最中だか後だか忘れましたが明らかにモラル違反のタイミングで校歌吹いたり、自分が先輩になったらなったで後輩の男の子が辞めそうとなると部活後毎日家に押しかけ、「夜に来られてもちょっと…」とやんわり断られると毎日手紙を出すというよく考えたらサイコなことをやってました。
野球部の彼も彼で3年になるや「俺が主将になったからには1年誰も辞めさせないで甲子園に行く!」と息巻いていて、いや、その気合は結構だけど辞める辞めないは個人の自由であって、他人の選択を自分の目標にしない方がいいよ?あと入ったからには辞めさせないってどこのキャッチセールスだよと思いましたが若さですかね。そういうのはね。

…いや、それはどうでもよくてですね、その漫画の中で、


コンクールで金賞を取るも上位大会進出は逃す


という現象のことを「ダメ金」と呼んでいたんですよ。
吹奏楽には明確な「勝ち負け」というのがないので、学生のコンクールでは金銀銅の3ランクに分けられて、金のうち上手いとこ複数校が上位大会に進めるわけですね。
今調べたらアニメの「響け ユーフォニアム」でも出てきたらしいですね。

…その現象、我が母校の吹奏楽部では「カス金」と呼んでいたんです。
でも誰に聞いてもそんな呼称は知らんというのです。ネットでちょっと検索しても出てこんのです。
えーーーー。
まさかうちの高校ローカルだというの?まさか???
「カス金」という情け容赦のないところが、今思えば高校生っぽい含蓄に溢れているなとか思っていたのに。
うちの高校が「ちょっと変だった」という自覚はあるのですが、まさかそんなところにまで罠があったとは思いませんでした。
「カス金」という呼称をうちも使っていたよ!という方がいらしたら神崎までご一報ください。
blogram投票ボタン
かんざき * 読んだものの感想 * 23:11 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ