<< ひとり!北海道の旅(6)(終) | main | 死神の爪痕 >>

カレンダーのある風景

先日、銀座の伊東屋に行って来年の卓上カレンダーを買いました。
もう来年かよ!マジかよ!とツッコミつつ、あー数年前にこのシリーズのカレンダー買ったなあ。結局なんか私の好みのジャンルで選ぶと似たり寄ったりになるんだよな。違うの欲しいなー。と思いつつ選んでいました。
私の好み。

・曜日始まりは慣れるのでなんでもいい(好みじゃないじゃん)
・綺麗な絵のあるやつ。写真ではない。犬猫は自分ちの子の方が可愛いに決まっているのでパス。きたのじゅんこの卓上カレンダーが出てくれればそれで解決するんだ…!
・キャラクターものはディズニーであんまりケバくないやつまでが妥協ライン。しかしアリスはディズニーじゃない方が好き。
・できれば六曜が書いてあるといいなー。


…ですかね?あれ、絵以外の好みって特にないじゃん。まあ綺麗なやつ。
いや、そんなことはどうでもよくてですね。
結構年配のご夫婦が連れ立って選びに来ていたんですよね。卓上や壁掛けや数種類見ながら「これとこれにしましょうか」とか、ベタベタした感じではなく日常のものとして割合淡々と選んでいて、いいなあそういうのも羨ましいなあと思ったりしました。
我が家の壁掛けカレンダーは動物病院でもらったやつとか、仕事でクライアントからもらったやつとか、友人からもらった京成バラ園のやつとか……………。
と、ちょっと反省したりしなかったりしたのでした。

(あれ、オチがない)
blogram投票ボタン
かんざき * 日常アレコレ * 23:05 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ