<< ひとり!北海道の旅(4) | main | ひとり!北海道の旅(6)(終) >>

ひとり!北海道の旅(5)

<2日目・午前>
起床。朝ごはんと朝風呂を済ませてチェックアウト。このホテルの朝ごはんは年々和食寄りになっている印象。
私、朝ごはんは洋食がいいよう(我儘)。どうも全体的にいかにコストを切り詰めているかというのが客に分かってしまっているのが残念だなあと思う。ウーム。しかしここがなくなったら困るので頑張って下さい。また来ます。ではでは。


二十間道路の牧場案内所に行って受付。レックススタッドは道路を挟んですぐ隣!
しかしまだ見学可能時間の10時には15分ほど間があったので車の中でしばらく精神統一(?)をし、5分前に車から降りてレックススタッドに近づく。他の見学者(男女混合5名くらいの集団)がいて、私を差し置いてネオに先に会いに行くつもりかこの野郎どもと剣呑な気持ちになる。いや、そんなことを考えたらネオに嫌われるかもしれない。落ち着いて私!となだめるうちに5分経ったのでスタスタと入る。牧場関係者がいらしたので挨拶をする。前の集団も挨拶をしている。ち…ちょっとはできるようだな。フン。


案内所でもらった地図を片手に進む。一番近くにいたのはスクリーンヒーロー。
おお、広い放牧地もらってる(しかしビッグレッドなどに比べると狭い)。そりゃそうだなあ。


やや遠くにいたので、「モーリスを出してくれてありがとうー」という友人からの伝言は念を飛ばして伝えるにとどめる。


ネオに会ったら動けなくなるのはわかっていたので、とりあえず他の馬を回って挨拶。ヤマニンセラフィム(山人セラフィム、と変換されて吹いた)、マツリダゴッホ、ネオヴァンドーム等々。
ネオの隣にはタニノギムレットがいた。
どうやら少し眠そうだった。それはいいのだけど、そばにいたカップルの女の方が「寝そう…☆」とか言いながら手を伸ばしてギムレットの鼻先でぐーるぐーる☆としていたので、「危ないですよ」と言ってしまった。
可愛いつもりなんだろうけど全く可愛くないので。つかもしギムレットが怒ってアンタに噛み付いて怪我をしても全く同情しないけど、それでこの牧場が見学不可になったら困るのでね!!
「あ、はぁい…」とかわかったのかわかってないのかわからん返事をされたがとりあえず手は引っ込めたのでよしとする。彼氏、しっかりしてくれよホント。つか今すぐ帰れ(心がささくれ立っている)。


タニノギムレット。思いの外イケメンだと思ったけどそりゃウオッカの父なんだからイケメンで当然なのであった。
お見それしました。


そしてそしてついに!つーーーいーーーーに、私の最愛牡馬ネオユニヴァースの前へ。




私はネオにまた会えたら泣くのかと思っていた。







でも泣かなかった。なんだか心がとても穏やかで、少し眠そうに立っているネオをずっと見ていた。
来たよ、と小さく声をかけた。






分かってるよ。僕の目の前にいるのは、るーだ(彼は私のことを「るー」と呼ぶ)。また来たんだね。





会いたかったからね。
どうしてこんなにあなたに会いたかったのか、目の前に来てもわからないよ。
分からないけど、分からないなりに来てよかったと思った。
この時はちょうど飼い猫が生死をさまよっていた頃で、だからこそ生きているうちに会いたい。会いに来てよかったと思っていたのもあったのだと思う。
「会いに行くという行為とその馬に対する愛情や情熱は、尊いものだと思うのよ」と言ってくれた友人の言葉は今でも私の胸に温かく息づいている。


気づいたら30分ほど経っていたと思う。ネオは「るー、僕は眠いんだよ」と言いながらもずっと私の前に居てくれた。
ありがとう、ネオ。あなたが大好きよ。





知ってる。






飛行機の時間から逆算すると、もう少ししたらここを後にしなければならない。
その前にもう一度会っておきたい馬たちは…と思って、まずこちら。




敬愛する読者様!お待たせいたしました!!!見てますかーーーー!!????ローエングリンですよ〜〜〜〜!彼出ると思ってくれてました!?うひひひひひ☆




もういっちょ。顔出してくれましたっせ!ありがとう!
本当はうろうろしてくれた動画もあるんですが、このブログ動画アップできないっぽい?のです。すみません。





そして情熱が通じたのか、スクリーンヒーローも柵の近くに来てくれていたので、友人からの伝言をやり直し。
モーリス出してくれてありがとうね。




そして、本当の本当に今回の最後。
遠くからネオを見た。




また来るよ。また会おうね。




後ろ髪を引かれる思いと、不思議な充足感とないまぜのまま車を走らせて日高地方を後に。
見学を可能にしてくださっている全ての牧場に感謝。ありがとうございました。


千歳に向かう途中休憩と昼食を兼ねて、小径cafeというお店で一休み。
ふぅ。よく頑張った。
そこで何気なくスマホでメールをチェックすると、思わぬアクシデントが…!


次回・最終回へ続く!
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 23:18 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

コメント

こんばんは。

ニヤニヤリの意味はこれだったのか!

おーーーー、愛しのローエングリン君じゃないですか!!元気そうで何より。可愛いな。いつもレースでは頑張りすぎるくらい頑張って走っていた君。G汽譟璽垢肋,討覆ったけど、こうして大事にされて、幸せ者だぞ。いつまでも元気でいて下さい。いつか必ず会いに行きます。彼の穏やかな顔を見て、急にねむくなってきた…(笑)。

オフサイドトラップに続き、ありがとうございます!

前回、妻がホテルに籠る話を書き込みましたが、夫婦でもひとりの時間て大事だと思うんです。一緒にいる時間が長ければ長いほど。僕も好きにいろんなことやらせてもらっていますよ。ちなみに妻のお気に入りのホテルは恵比寿のW。僕も好きなホテルです。ルームサービスのハンバーガーは美味です。かんざきさんもいつか是非!
Comment by Joel @ 2017/10/04 11:32 PM
い…いらっしゃいませムッシューゥ…って緊張することもないですね!いらっしゃいまっせお兄様ーー!(なにこの落差)
はっはー、びっくりさせられたようでなによりです!
今ネオがいる牧場にどの馬がいるかなんて、競走馬のふるさと案内所みたらすぐバレちゃうからなーどうせ出るってバレちゃってるんだろうなーつか前にローエングリンもいるって書いちゃったからなあ。ちぇっ、まあいいか(小石を蹴りつつ)と思っていたのですが、予想外のリアクションありがとうございました。エヘヘヘヘ。ウヘヘヘヘ。
是非会いに行ってあげてください。ウロウロしながら顔出してきて可愛かったですよ♪

ほいで…ほいで…アレですか。恵比寿のアレですか。ちくしょー、椿山荘の方はそこそこイイ線いってると思ったんですが私のミーハーさが露呈しただけになりましたね!(涙)
ルームサービスのハンバーガーというのがなんか可愛いですね。クラブハウスサンドイッチでもなくハンバーガー。ど…どんなだ…。気になります…。
(いいハンバーガーといえば人形町のブラザーズしか出てこないわたし)
例によってありちゃんとの協議。

私「速報。エアグルーヴ様お気に入りは恵比寿のW。旦那様もお気に入りとのこと」
ありちゃん「さすがとしか言いようがない。マダムにふさわしい雰囲気。納得。旦那様もオフサイドトラップよりは格上げ(種牡馬レベル的に)せねばならんのでは」
私「サンデーサイレンスだとイメージ違うからトニービン?」
ありちゃん「トニービンじゃ夫婦じゃなくて親子だよ!」
私「ア。そしてオフサイドトラップだと同父じゃん。今気づいたよ」
ありちゃん「同父気にし出したら負けという気が(笑)。サンデーよりトニービンというセンはいいんだけど、せっかくだからエアグルーヴと同世代にしたい。ダンスインザダークとか」
私「それだ!実際夫婦だ!」

妄想極まれり。失礼の段お詫びいたしますm(_ _)mさらにダンスインザダーク嫌いでしたらすみませんm(_ _)m
夫婦でもひとりの時間が大事、というのはとても賛成です。うちは割と休日に交代で外に出ちゃってる方だと思います。ヲタクは忙しいのです(台無し)。そうやってひとりの時間を大切にし、そして今では年に数回しか二人きりのデートは出来なくなりましたが、だからこそとても楽しいし嬉しいです(^^)
Comment by かんざき @ 2017/10/05 11:15 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ