<< ひとり!北海道の旅(2) | main | ひとり!北海道の旅(4) >>

ひとり!北海道の旅(3)

写真がないと書いたジョーカプチーノでしたが、ありました。
スマホで撮ったの忘れてました。一応載っけます。ごめんね(雑)。





<1日目・つづき>
ビッグレッドファームを後にして向かった先はホロシリ乗馬クラブ。
乗馬!久しぶりにやりたかったの乗馬〜〜!!今回の旅は運転といい乗馬といい久しぶりだらけ。
ともかく最終が16時の回で、15時45分までに到着とのことだったので慌てていたのだ。
なんとか間に合った。よかったよかった。
今回は外乗で、しかも常歩(ポックリポックリ)じゃなくて速歩(カポカポカポカポ)のコース。だって歩かせるだけだとつまらないのだもの。
わー楽しみ。うきうき。
時間までレストハウスで待機して、職員のオジサマとお話しする。暑い寒いより虫が出るから上着は着て行った方がいいよとかそんな話。
他にも2名ほど待っている方がいたけど、そちらの人たちは初心者コース(だかレッスンだか)だった。フフン。


いよいよ呼ばれて外へ。
神崎さーんと呼ばれて行った先には芦毛の馬が待っていた。ちぇっと思ったのは、出来ればネオと一緒に走ったことがあるナリタセンチュリー(鹿毛)に乗りたいと思っていたからだった。ナリタセンチュリーは外乗のコースには出していないそうで、残念。前に乗ろうとした時は怪我してるからダメって言われたんだよな…くぅ…縁がない。寂しい。
ともあれよろしく。君の名は?
「クーリンガーです」(by 係の人。以下係)
エエエ?君最近まで走ってなかった?気のせい?と動揺する。後で調べたら「最近」と言っても走っていたのは2008年までで、ネオより年上だった。アレー………。
ともあれよろしく。

係「どちらで乗られていますか?」

今乗馬クラブ通ってないし、通ってたところを言ったところで通じるのか?(注:狭い世界なので実は割と通じる)と動揺し、「今は通ってないんですけど前に…40鞍くらい…」とうやうや答える私。
明らかに不安そうな係の人。ごめんなさい。

係「軽速歩(カポカポカポ、に合わせて鞍の上で「立つ、座る」を繰り返す乗り方)大丈夫ですか?」

たぶんと答えたらますます不安そうな係の人。ごめんなさい。だって約3年ぶりなんだもん!
でもまあ真面目な話、勝算はあった。自転車の乗り方と同じで体が覚えている系の話だからだ。
そして係の人は、私の前で誘導馬にまたがっている人に「一応馬場から…」と指示をしていた。


誘導馬に乗っていたのは30そこそこ(だと思う)のお兄さんだった。お世話になります。以下導さんと呼ぼう。名前知らないけど。
隣接した馬場で1,2周誘導馬について軽速歩。よーしいけるいける。

導さん「大丈夫そうですね」

お墨付きいただきました!ありがとー!てなわけでいよいよ外乗。どこいくの?と思ったら森の中に入って行った。
そしてコースに入った直後にキツネがいた。うおお野性のキツネ!乗馬時は写真撮影不可(可だって馬上からなんて怖くて撮れない)なので写真に撮れなくて残念。

導さん「キツネですねー。この時間は割と動物がいますよ」

慣れていらっしゃる。
森の中の獣道を基本は常歩で進み、ところどころ速歩を入れる。うーん気持ちいい。クーリンガーは途中道草を喰いつつ(文字通り)も、導さんの馬についていく。
誘導馬はなんていう子ですか?

導さん「ボウノットさんです」

マイネルボウノットかい。名前は覚えている。ほほう。
レストハウスでオジサマと話した通り虫が多くて(といっても蚊ではなくて羽虫みたいな、害はないけどちょっとうるさい系の虫)、ボウノットさんは嫌がってしっぽをぐりんぐりん回していた。
尻尾を回す、というエピソードで親友兼競馬師匠のありちゃんの「バブちゃん(バブルガムフェロー。天皇賞馬)は、パドックで尻尾をぐりんぐりん回していた時の方が調子よかったの」という言葉を思い出し、バブルガムフェローみたいですねと言おうとして通じなかったら嫌だなと思ってやめておいた。
しかししかし、ボウノットさんは正真正銘そのバブルガムフェローの子であったことがのちにわかった。
アーーーーー言っておけばよかった!言ったからってどうってことないけど!とうやうやした余談。
さておき、

導さん「笛、吹きますね」(ピッピッピッピッ)

なぜですか?

導さん「熊よけです」

うわお。
出るとしたらどの熊でしょう…?

導さん「ヒグマですね」

この人冷静に怖いことをサラッと言うよう(涙)。

導さん「まあでもこんなところに出るとしたら一人立ちし始めた子熊なんで、まず逃げますね。あっちからみたら馬はでかいみたいなんで」

うん、逃げてくれ。頼むから。
ややドキドキしながら進みましたとさ。

50分のコースは全て獣道だったのだけれど途中海も見えて、坂を登ったり下ったりするのも馬場ではできない体験で、終いには鹿のファミリーまで出てきてくれて、大変楽しゅうござった。
ふー終わった〜。

最後に記念写真をぱちり。
手袋は自前だけどこの50分でダメになった。坂とかで手綱を取られたからかしら。まあいいけど。鞭も自分のお気に入りのやつを持って行きたかったなあ。


あっれ。思ったよりこの旅行記長くなりそうじゃね?と思いつつ続く。
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 23:33 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ