<< 買ったもの | main | 現在 >>

ファビュラス92

コミケ92行ってきましたって話です。

1日目前日。
おっと、友人のはづきちゃんがサークル参加するんだった。陣中見舞いにゆかねばと思って連絡しました。「明日行くよー。顔出すからねー。」
お、返事だ。

「サークルチケット1枚余ってるけど、いる?」


サークルチケット。それは夢のチケット。
出店者のみに与えられるチケットで、1サークルにつき3枚まで(超大手サークルはもう少しもらえていそうな気がするけどよく知らない)。
あのバカ長い一般参加者入場列に並ばずに、開場前に入れる夢のチケットなのですよ。
ありがとうはづきちゃんーー!!
問題は「朝9時までに入場せねばならない」(遅れたら出店者といえど一般参加者入場列に並ばされる羽目になります)ということ。
いけるかなーと心配しましたが、万障繰り合わせて行くことにしました。あああありがとうはづきちゃん!


1日目当日。
電車1本乗り過ごし(ほんと俺のこういうとこなんとかならんか)、国際展示場正門駅に着いたのは8時43分。ま、間に合うか!?と思いましたが国際展示場正門駅からビッグサイトはすぐそこなんで間に合いました。無事はづきちゃんと合流。美しいサークルチケットをもらって一緒に入場。
はづきちゃんのスペースについて、相方さんにご挨拶をしますと開場の10時まで私は暇なのです。
(ルールとして、10時より前に売ってはいけないから)
サークルスペースの椅子は2つしかないから、私がいても二人に気を遣わせるだけだし…。
と思ったのもありまして、噂の叶姉妹を見に行くことにしました!


叶姉妹が参加するホールまでちこちこ歩いて行きますと既に行列。しかし思ったほどではない。
そしてそして叶姉妹は…!?

…いない。
スタッフさんが準備してました。

ヌー。一般入場で後から来るのかしら。ちぇ。
噂のグッドルッキングガイ来てないかしらと思いましたがいませんでした。
せっかく見に来たのになー。
…としばらくがっかりしてたんですが、来ました!!!来ましたよ!!!(グッドルッキングガイはいなかったけど)
大丈夫か!?ってくらい無防備だったんでサークルスペースの前通っちゃいました。
したらまあ数メートル先からファビュラスな香り。それだけでクラクラ。
向かって右側に美香様、左側に恭子様。お二人はスタッフさんの話を聞きつつコミケ開場を見ていました。
ゴゥヂャスなゴールドのドレス。そして叶姉妹といえばやっぱり胸見るよね。見ました。
美香様の、ドレスのカップからあふれんばかりのバスト。恭子様のドレスは胸の上部分だけくり抜かれたセクシードレスでお胸が窮屈そうに盛り上がってましてウハァァァ。おおおファビュラス…。つうかこの瞬間叶姉妹と私を隔てているのは長机のみ!距離にして1メートル以内!!ファビュラス!!!プレシャス!!!ヘヴンリィィィ!!!
正直写真に撮りたいと思って、実際撮っている人はたくさんいたのですが「撮影禁止」の札が出ていたのでやめました。
やめようねみんな………。


それで叶姉妹の実物見たら帰るつもりだったんですが、列もなんだか大したことなさそうだし、サークル参加者だけだからかな?よしよし。と思ってうっかり並びました。暑い。
しかし開場15分ほど前に外壁のシャッターが開いて列が動き、それまで会場内にあった列が外に出されました。どれどれ。
スタッフさんが「叶姉妹左です!!左側の列です!右側は東8ホールへ向かう列です!」と誘導しておりまして、はいはいと従いましたら、アレーーーーー………今までアナタたちどこに並んでたの?というほど前に人がおりまして。
結構歩いて折り返したなと思ったらさらに折り返して止まり、さらに距離が増えて終わりが見えない折り返しがあと2回あることが判明。

…。

確か私の目当ての叶姉妹コスプレ写真集は3000部しかないということだった。


………しばらく考えましたが「無理」という結論に達して離脱いたしました。
うーんこれサークルチケット持っててさらにサークル入場開始時刻に来てすぐに並んでないとダメだったんだろうなあ。
帰りも無駄に叶姉妹スペースの前を通らせていただきました。ああ眼福眼福。


後に10時開場なのに叶姉妹スペースは10時半頃完売と聞いてあー並ばなくてよかったなと思ったり(後にこれはデマだったと知ったけど)、完売しても叶姉妹には参拝客が途切れず、お二人が手ずから名刺を渡してくれたと聞いてうーん並んでおいてもよかったかと思ったりしましたが、まあ本来お目当ての本を買うのが第一ですからね!(負け惜しみ)

そんなファビュラスな体験でした。
ありがとうはづきちゃん!!!
blogram投票ボタン
かんざき * おでかけ報告。 * 21:55 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ