<< ネーミングとライオン | main | ネオイヤー開催中! >>

その先にある未来

大阪杯も桜花賞も皐月賞もすっ飛ばして私が一番ドキドキしていた春のG1!…は国内のそれではなく海の向こうの香港で開催されたクイーンエリザベス2世カップ。
ついに…ついに、私の最愛牡馬ネオユニヴァースの息子、ネオリアリズムが悲願の!!!!悲願のG1初制覇を果たしましたーーーーーーー!!!!!あーーーーーーーーーーーーーやったーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!
やったーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!(大事なことなので2回言いました)

ネオリアリズムが私にとって他のネオ(ややこしくてすみません。私が「ネオ」と言ったらネオユニヴァースです)の子供より少し特別なのは、実際会っているからと、会った時間と場所が特別だったからです。
2015年9月5日。札幌競馬場。
私が初めてネオと会えた日。
最終レースに出る予定だったネオリアリズムは、私が彼の父を待ってパドックに張り付いている間に私の目の前を周回していました。
そして見事最終レースで勝って、ネオの来場に華を添えてくれました。
(詳しくはこちら
その時に出ていたレースは1000万下(注:レースには賞金によってランクがあって、未勝利→500万下→1000万下→1600万下→オープンとランクアップしていきます。馬齢が若いとまた違うのですが面倒になるので割愛)の日高特別でした。
そこからコツコツと頑張って1年後の札幌競馬場では1000万下ではなく、オープンの中でもランクがそれなりに上のG2札幌記念に出走。G1レース6勝の名馬モーリスを2馬身ちぎっての勝利。
そこから進んだG1マイルチャンピオンシップでは浜中の野郎がやらかしてくれた大斜行のおかげで3着と悔し涙をのみ、次の香港マイルでは9着。
年が明けて立て直した中山記念で見事勝利し、そして進んだクイーンエリザベス2世カップでした。


レースはネオリアリズムのスタートがあまり良くなく、大丈夫かなとやきもきしていたら超スローの流れになり、残り1000メートルで勝負に賭けたモレイラ騎手の好判断で一気に先頭。そのまま押し切って見事勝利してくれました。
先頭に立った時イレこんでいる様子がなかったのでこれはいけると思ったのですが、そうは言ってもわからないし、残り200メートルの表示の時にはテレビにかじりよって「頑張って!!!」とかなんとか叫んでいました。
ネオリアリズムはすごく頑張ってくれて、そのまま後続をしのいで見事栄冠をつかんでくれたのでした…!!!


もう…ほんと嬉しかったです。ただただ嬉しかった。
ネオの子供がG1を勝ったのは2011年ヴィクトワールピサのドバイワールドカップ以来6年ぶり?エエエエエ。
そうかーーー…そりゃ嬉しいよなあ…(しみじみ)。
実況で「父ネオユニヴァース」と言われた時の嬉しさ。
香港レースの映像をタダで見せてくれた(普段は有料)上に「偉い種牡馬ですねー」と言ってくれたグリーンチャンネルには足を向けて寝られません。
あと嬉しかったのは、ネオの産駒で晩成タイプというか、本格的な古馬になってからG1勝ってくれたのってネオリアリズムが初めてだったんですよね。
ヴィクトワールピサのドバイも古馬になってからといえばなってからなのですが、なりたてだったもので。
ネオが怪我で越えられなかった4歳夏の壁を越えてくれた、初めての馬。
その先にある未来がどんなものなのか、また夢が繋がって楽しみになりました。


同日に行われた春の天皇賞も、武豊騎乗のキタサンブラックがこれまたオヤジも唸る「古き良き強い馬」的な勝ちかたをして「ほほー…近年稀に見る良い春天」と思ったので、とても良い週末でした。
はああ、何回レース映像見ても良いわ…はああ…(悦)。
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 23:56 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

コメント

あらためまして、ネオリアリズムの快挙、おめでとう♪
次はどこ走るんだろう?
楽しみだねぇ。

春天の映像観て「シンボリルドルフみたい」って思ったんだよね。
私が競馬に目覚めたのはニッポーテイオーだから、ルドルフは「微妙に覚えてない馬」のはずなのに。
「古き良き強い馬」だからなのかしら?
Comment by あり @ 2017/05/02 12:16 PM
ありがとう!
次は普通に宝塚なのかしら。
遠征なのかしら。でも疲れちゃうかしら(いたわり)。
いずれにせよたのしみだー!!!

皇帝の走りは有馬記念かな、その映像を見て「…一頭だけエンジンつけちゃダメだろ」と思った印象が強いなー。
確かにあれこそ「古き良き強い馬」だよねえ。
良いレースは時を越えても惚れ惚れするね。
…じゃなくて、その評価ではキタサンを褒めすぎでは?(笑)
いや、良いレースだったんだけれどもね。
Comment by かんざき @ 2017/05/02 11:00 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ