<< ガラモン教授 | main | 春のG1戦線 >>

眼鏡美人ズ

先日の仕事帰り。
職場の建物を出て、道に出ようとしたところで向こうから走ってくるロングヘアの女性。
私の前でカララッと何か落としました。お、スマホだ。

「落としました!」

叫び気味で拾いまして、振り返った女性に渡す…と、おおおなんということでしょう。
大きな丸眼鏡がよく似合う、ドキッとするほどの西洋美人だったじゃないですか。ヘイゼルの瞳と髪ってこれかーって感じの。
恋が芽生える瞬間だったのですが、美人はよほど急いでいたのかにっこり笑って「Thank you!」と言うとまた走って行ってしまいました。
ゆーあーうぇるかむ…という私の声が虚しく響きました。


自宅用の眼鏡がついに壊れました。フレームがガバガバ。
なんでやねん…かけたまま寝たり風呂内でのゲームのお供にしたから?
とかボケてても仕方ないので買いに行きました。
自分に似合う眼鏡なんてわからんよ。風呂のお供だし安いやつでいいよ。と適当な眼鏡を選んでレジに持っていくと、いたのはすこぶる眼鏡の似合うイケメン西洋人のお兄さん。
え、英語で眼鏡買うの大変だからヤダと思ったのですが爽やかな笑顔で「どうぞ!」と日本語と言われたので断れず、お会計とかお願いしました。
日本語は敬語含めて完璧でした。えらいぜイケメン。もっといい眼鏡買えばよかったか。時間があったら「どんな眼鏡が私に似合うかわからなくて…選んでくださる?」とか言えばよかったか(外国人だけに「ありませんね」とズバリと言われる可能性もありそうで怖いけど)。


立て続けに眼鏡美人ズと縁があったようでなかったって話でした。
世の中そううまくはいかないものです。
blogram投票ボタン
かんざき * 日常アレコレ * 23:01 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ