<< 小ネタ | main | 白雪姫と天地明察 >>

素。

先日、うちのボスとその奥様、私、友人のすいちゃんの4人でご飯を食べに行くことになりました。
「なんで?」と聞かれるとそのへん説明しづらいのでカット。半分仕事で半分プライベートで、まあ成り行き上です。
私はちょっとその前にテンションがあがる出来事があったのと、隣にいたのがすいちゃんってことで油断しておりました。

ボス「で、二人はいつからのお友達なわけ?」
私「大学生からでーっす。一方的に私がなついております!」

すいちゃんは姉御肌のさばさばした気性の、頼れるカッコいい友人なのです。
ゴロゴロ。

(話の流れは忘れたけど、音楽プレイヤーの話)
ボス「神崎さん何使ってるの」
私「iPod nanoです(出して見せる)」
ボス「ああ、そのちっこいやつか」
すいちゃん「なるほどねー」
私「すいちゃん、nanoなの」
すいちゃん「…」
私「nano。nanoなの。nanoなの。nanoなのー」
すいちゃん「…はいはいっ(ぽむぽむ☆)」
私「(にまー♪としたのちボスに振り返って)ずっとこんな感じです!」
ボス「そうか…」

(妹の話)
すいちゃん「そういやしなちくちゃん(私の妹のこと)さー」
私「そうねー」
ボス「しなちくちゃん?」
私「あ、うちの妹です!」
ボスの奥様(噂には聞いてたけどすっげーーーーー美人だった)「妹さんいるの?」
私「います!可愛いです!(聞かれてない)」
ボス「コイツ、妹を溺愛してんの」
私「可愛いですよー♪ね、うちのしなちゃん可愛いよねー」
すいちゃん「そうねー」
ボスの奥様「どんな子なの?」
私「可愛いです!」
ボス「コイツに聞いても無駄だから。(すいちゃんに)どんな子なの?」
すいちゃん「瑠珠さんとはタイプが違いますねー」
私「でも可愛いよね(…我ながらウザいな)」

(最近買ったCDの話)
私「言っても誰も知らないようなのとか、iTunesで売ってくれないやつはCDを買うしかないかなと」
ボスの奥様「例えば?」
私「JIMMY EAT WORLDとか…」
すいちゃん「ああ、JIMMY EAT WORLDいいよね」
私「!!!!!!!もしかして、JIMMYを私に教えたのは、君!?(注:結構前から好きだったけど、誰が私に教えたのか分からずじまいだった)」
すいちゃん「かもなあ」
私「Clarity!?(私が最初に持っていたアルバムの名前)」
すいちゃん「ああ、好きだよ」
私「君だったのかーーーーーーーー!!!!♪(がばっっっっ!!!!!!)きゃー、すきーーー!(がばっっっ!!!アンコール)」
すいちゃん「はいはい」
私「(ここに至ってようやくボスの存在を思い出す)あ、すいません」
ボス「いいよ、そんな君らを見ている俺が幸せだよ」
ボスの奥様「仲いいわねえ〜♪」


…だいたいこんな感じでした。
翌日。
結局ボスにご馳走になったし、お礼メールを出さねば。
駄菓子菓子。
上記やり取りがノンアルコールだったというのが、なんとも…その…言い訳の仕様が…。
ええい。

「昨日はありがとうございました。(中略)隣に友人がいたので、すっかり「素」でお話しさせていただくというサラリーマンにあるまじき振る舞いをしてしまいました。失礼がありましたら申し訳ありません云々」

微妙に人のせいにしつつ、ぽち☆(送信)
…さ、死んだ子の年数えても始まらないから仕事、仕事…。
ぴーん☆(受信)
もうきた!!!

「こちらこそ楽しかったです。すいさんも魅力的なキャラでしたね。神崎さんは『素』の状態が一番力に満ちあふれていると思うので、そのまんま仕事して下さい」(とかなんとか)

…。
怒られてはいない…。
ま、まあいっか!!!
大体俺様に腹芸なんて無理だぜ(居直った)。
すいちゃん、どうもありがとう!!!!!
blogram投票ボタン
かんざき * 職場(学校)にて。 * 14:32 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ