<< 不満。…そしてふらふら。 | main | 新年会と桃鉄デビュー >>

銀英伝はどこへゆく

銀河英雄伝説。
田中芳樹の名作且つ珍しく完結している作品。
割と好きで、結構読み返していて、登場人物がちゃんと分かるようになりました。
その作品が昨年舞台化しまして、「良くも悪くも想定外のキャスト」とファンの度肝を抜いた配役に爆笑した後、試しに行ってみようかとチケット抽選を申し込んだんですがこれが全滅。
主要キャストにこれでもかとばかりにイケメン俳優をぶっこんだところ想定外のヒットになったらしく、その「帝国篇」を皮切りに「ミッターマイヤー&ロイエンタール篇」「オーベルシュタイン篇」とスピンオフまでかっ飛ばしました。
若手イケメンのミッターマイヤー&ロイエンタールで若年層をがっちり掴み、オーベルシュタイン役に貴水博之を配置してお姉様方もばっちりゲット、「このままでは舞台の絵的に地味な同盟篇はやらないんじゃないだろうか」と心配していたところ、ちょっと前に「来年同盟篇もやりますよー」という告知が来ました。
誰がやるんだと心配していたヤン・ウェンリーは、河村隆一なんですって!
…ええええー…?
なんて予想のつかない舞台なんだ。
RYUICHIって。
配置が違ってますよー。
ナルは帝国側ですよー。
キャストが発表された時に田中芳樹が出した「河村さんのヤンをやっていただければ」という若干投げやり気味なコメントにも笑いました。やー、まあ、そうねー。

河村隆一以外は役者さんだけ発表されてて、配役は発表されてなかったんですが先日明らかになりました(詳しくはこちらね)。
私が注目してた中川晃教さんはポプランときましたか。ま…言われてみればそこしかないわなあ。
一番のツッコミどころはムライが大澄賢也ってところだと思いますけどね。シェーンコップじゃないのかよ!
紅一点は当然フレデリカだろと思ったらジェシカ・エドワーズだし、ユリアンはいないし、絵的に地味すぎる…。

しかしそこもまだいい。

同盟篇キャスティングと同時に発表された、銀英伝カフェオープン(期間限定だけど)。
おいおいおいおいどこまで行っちゃうんだ。
店の紹介文にさらりとかかれた「河村隆一プロデュース楽曲や銀河英雄伝説だけのオリジナルサウンドがBGMとして店内で流れ」という一節も見逃せません。よもや同盟篇では河村隆一が歌うんじゃないだろうな…?
歌うヤン提督ってどんなだよ!
……ジェシカが出てくるってことは、「彼女への熱い想いのたけを一人朗々と歌っちゃうヤン提督」になるんだろうか………がーーーーん…。

予想の斜め下をまっすぐ進んで止まらぬ舞台化銀英伝。これからも楽しみにしています。
そして出来れば舞台のDVDをレンタル可能に!
blogram投票ボタン
かんざき * Show must go on! * 22:36 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

コメント

歌って銀河を救う感じになるんじゃないですかね?
超時空王子様ヤン・ウェンリーみたいな

末尾も似てるしこれはこれで…ないなw
Comment by かてんらい @ 2012/01/20 5:48 AM
お久しぶりです。
「おひさま」ではこちらで一緒に叫ばせていただきお世話になりました。
このたびは「銀映伝」に引き寄せられて参りました。

すごいキャスティングですよね。
もう怒りを通り越して爆笑できるというか。
これも学生時代に友人と同盟だ帝国だと真剣に語っていた頃なら
憤死ものだったのでしょうが。
しかしユリアンのいない同盟なんて・・・。(あ、やっぱり不満が)
DVD化をぜひ!


田中氏の様々な公式コメントをあちこちで見かけるたびに
「それはそうと未完の作品をどうにかしろよ」とつっこんでしまいます。
きっちり幕引きが出来ただけ「銀映伝」は幸せだったのかもしれません。
Comment by mimi @ 2012/01/20 2:26 PM
>かてんらいくん
歌で銀河が救えるわけないでしょ!(それはシェリル)
王子様はラインハルトの方だね。
(あ、エルウィン・ヨーゼフが居たけど)
超時空提督ヤン・ウェンリーならアリだな。
いやしかし…ヤン…ヤンがRYUICHI、ねえぇ…。

>mimiさん
お久しぶりです!
共に叫び、共にハンケチを噛みましたよね!♪
いらっしゃいませ〜〜。
銀英伝もお好きだったとは嬉しいです♪

いやもう本当に「誰が」「なんで」やろうと思ったのかとても謎のキャスティングでした。
私の贔屓はミッターマイヤー&ロイエンタールなので同盟は比較的基準が緩く、ユリアンがいないのは時代がそこまで進んでないからだと無理矢理納得するとしても、アッテンボローが居ないのはどういうことかと!
(…いても端役だったらやだな…)
DVDにはなってるみたいなんですが、セルDVDオンリーなんですよね。
是非TSUTAYAに卸して欲しいものです。

完結した銀英伝から読み始められた私は幸せ者でした。
創竜伝まだですかーとかアルスラーンはどうなったのかしらーとか、いろいろありますよね!
タイタニアのファンの方はもうなんていうかほんと、御愁傷様です…(汗)。
Comment by かんざき @ 2012/01/21 10:19 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ