<< Vodka!! | main | 風が強く吹いている、天皇賞・秋 >>

安田記念

…なんて言ったらいいんですかねえ。


ウオッカ強いって。
強すぎるって。


直線進路が塞がれたときは「塞いだ奴は降着としても、ウオッカが勝てるわけじゃ…ああ、もう、なんとかしてーー!!!」と祈っていたらユタカがなんとか外に持ち出し、残り100メートルでまとめてかわしちゃうって。それも女の子が。
まいったなあもう。
つくづくライバルのお嬢ことダイワスカーレットの引退が惜しまれます。
もっと二人の対決が見たかった。てか二人のドバイが見たかったのよ…よよ…(涙)。
今のウオッカなら普通に凱旋門賞勝てるんじゃないだろうか。そんな勢いでしたね。
あと最後尾から3着まで追い込んできたファリダットがなにげにすごいと思う。さすがビリーヴの息子。はよG1取らんとおかーさんが怖いぞ。
2着のディープスカイは…なんか「安田と宝塚とったら凱旋門かな♪」とか言ってたけどどーすんのかなコレ。
出先だったのでわーとかきゃーとか言えず、いささかストレスが溜まりました。ぐぅぅ。


しかし、どうして競馬ファンじゃない人にウオッカの名前の由来を説明すると微妙な表情しか返って来ないんでしょうね。
ズブロッカのオチまで話したときに微妙な表情になるのはともかく。
タニノギムレットとタニノシスター。自分の持ち馬同士の配合で、冠名をつける馬主があえて冠名を取り去った期待というか覚悟というか、神崎的にはそれがすごいなと思ってしまうのですが。
そしてその期待に見事応えたウオッカは更にすごいと思うのですが。
(注:「タニノ」の冠名がつく馬は谷水さんという人がオーナー。タニノマティーニ等一時期この人の中で冠名+カクテルの名前を付けるのが流行ったらしい。ウオッカに関してはタニノギムレットが父なので父とつながる名前を考え、「強い酒は割らない方がいい」ということでそのままウオッカにしたのだとか)
妹にもこの話をしたところ、「ウオッカの名前は知ってたけど…なんか競馬オヤジって感じの話だなあ…」とものすごく微妙な顔をされました。
…………いいよもう………。
はっ。
もしかして私のセンス的な何かが競馬オヤジのそれになってきてるのかしら。
ま、いいか…いやよくないな。ううむ。
とりあえずウオッカ、おめでとう!!!(無理矢理)
かんざき * 競馬について。 * 23:48 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ