インプット

秋ってなんでこんなに見るものとか多いんでしょうね。
羅列。


・Free!
映画。ともかく凛ちゃん凛ちゃん凛ちゃん凛ちゃん…!!!と思っていたら終わっていた。いや、ハルちゃんも好きなんだけど。ブルーレイ購入決定。そして来年の夏はまたテレビシリーズ始まるのね!もうほんと集金に余念がないな!

・アニメ
今期はおそ松さん、3月のライオン、食戟のソーマ。ちょっと気を抜くと溜まりそうなのでドキドキ。
おそ松さんほんとひどくて面白い(ほめてます)。あれ本当に女子に人気なの?そうなの?
私の推しはチョロ松からおそ松に移行しています。櫻井孝宏には抗えない。

・ドラマ
コウノドリのみ。ほぼ毎回号泣。
今シーズンのいいところは「出産はゴールではなくスタートだ」と言っていること。
星野源が四宮先生って最初「エー」と思ったけどすごく似合っていて不思議。

・舞台
すっげーーー久しぶり。井上芳雄と坂本真綾の二人ミュージカル「ダディ・ロング・レッグズ」を見てきた。詳細は後日。

・小説
池井戸潤「アキラとあきら」、舞台の影響で「あしながおじさん」を立て続け。
前者はスカッとする話でとても面白かった。池井戸潤は学生の頃読んだらつまらなかったんだろうなあ。いや、面白いと思うかもしれないけど、小説を期待して社会人になったとしたらすごくがっかりしただろう。
ではもし私が専業主婦になっていて、その状態で読んでも面白いと思うのだろうか。とふと考えたりもする。
後者はほぼ覚えていたので内容確認。子供の頃は本当に何も考えずに読んでいたんだなあ。
新訳で、内容はともかく「ペンドルトン」と訳していたのがとても気になって、私ずっと「ペンデルトン」だと思ってたんだよなー。でもミュージカルも「ペンドルトン」だった。そうなのかー。うーん。
あとは「キャプテンサンダーボルト」も買ったのでこれから読む。

・競馬
秋のG1戦線開催中。
前半の秋華賞から天皇賞あたりは泥んこ馬場であんまり参考にならねえなあとか思って見ていたりネオリアリズムやアエロリットちゃんに涙したり、サウンズオブアースにはらはらしたり。
ロゴタイプがよもやの電撃引退をしてしまい、そうなのか…とがっかりするも社台で種牡馬入りするんだから期待されてるんだろうな。よかったな。と思ったり。


こんなところで。わくわく。
blogram投票ボタン
かんざき * ドラマ、映画を見て * 23:04 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

夏映画

見に行けたらいいなーと思っているものが数本(適当)あって、そのうちの1つ、実写版銀魂見てきました。
特に銀魂に思い入れがあるわけでも登場人物を詳しく知っているわけでもなかったので、ぬるい感じで見られました。
監督が勇者ヨシヒコの福田さんだったので、まあそんなノリでした。でも原作もそんな感じなのでいいかな。
適当に俳優さんで一言感想。
役名は()の中。原作は幕末のパロディものなんで「高杉」だったら「高杉晋作」ならぬ「高杉晋助」とかそんな感じの名前になります。

小栗旬(銀時)…我が親友兼競馬師匠のありちゃんに「原作の花沢類が好きすぎて、小栗旬が未だに好きになれない」というトラウマ(?)を負わせたので、それに引きずられて私もそんなに好きじゃない…のでまあ可もなく不可もなかったんだけど、「まーきのっ」みたいな口調でセリフをいうところがあって「アーアー」と思った。

堂本剛(高杉)…ちょっと見ない間にえっらい色っぽくなっててびっくりした。この映画のセクシー担当ですって。びっくりした。ちなみにこの映画の前売り券は堂本剛verだけ全国で瞬殺だったそうだ。Kinkiファンの底力をみた。

菅田将暉(新八)…言われなきゃ菅田くんだってわからなかった。ビジュアルが合っててよかったね。

橋本環奈(神楽)…千年に一度の美少女を自分でパロってた。アイドルにしてはよく頑張った。

岡田将生(桂)…美しかった…このイケメン!(罵倒)

ムロツヨシ(平賀)…福田組だからねえ…(この映画、佐藤二朗も出てた)。私、この映画を見る前日に「孤独のグルメシーズン6」最終回の録画を見たので、「またお前か」と思った。

中村勘九郎(近藤)…彼がふんどし姿(しかも全身黄色に塗りたくって)で映画に出るんだよ、とか15年位前に信じられた人っていただろうか。ウーーーーン。本業に差し支えないか。大丈夫なのか。

柳楽優弥(土方)…ウヲヲヲヲイケメン!だった!やった!

吉沢亮(沖田)…ほどほど(雑な感想)。

書きたいのはこんなところですかね。
上映時間がちょっと長いかな?と思った他は普通に面白かったです。
blogram投票ボタン
かんざき * ドラマ、映画を見て * 23:04 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

Free!

4月に見に行ったのが前編で、7月1日から後編(正確には前後編ではなく同じ時間軸で主人公を変えて作った映画ですが)が始まったので早速見に行ってまいりました。
私ご贔屓の凛ちゃん(男)が主人公…アアアアア………!!!
果たしてもう冒頭からやられてしまい、もう!どうしたら!!!!フガフガしちゃう!!!
テレビシリーズのあの名場面もデカいスクリーンで!アアアアア!!!
…表に出せる感想はこのくらいにしておきます。

入場者特典の色紙は真琴でした。
これが曲者で、公開1週目は遙、真琴、旭。2週目は凛、百太郎、愛一郎。
…凛ちゃん欲しいけど、確率3分の1。しかも残りの2人はどうでも良すぎる。外れた時のガッカリ感ハンパなし。
1週目なら遙か真琴なら当たり。う”ーーーーん。
てなわけでひよったのでした。凛ちゃん…私の凛ちゃん………(涙)。


それでいつの間にか7月に入ってしまったわけです。
エーーーー。
blogram投票ボタン
かんざき * ドラマ、映画を見て * 23:43 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

美女と野獣(キャスト編)

ディズニーが満を持して出してきた実写版美女と野獣。
我が家では私がエマ・ワトソン、夫がユアン・マクレガー目当てに観に行きましたよ。逆じゃね?と言われましたがいいんです。
色々書きたいことが出来たので、せつせつと書いてみましょうか。ネタバレありなんで見ていない方は回避。


<人物>
・ベル(美女)…エマ・ワトソン/昆夏美
キャストが発表された時「強そうなベルになったなあ」と思ったけど、やっぱりところどころ強そうだった。一番強そうだったのはガストンにプロポーズされてイライラしてた時。「Oh!」に強い怒りを感じましたガクブル。
吹替の声は可愛かったし上手かった。

・野獣…ダン・スティーブンス/山崎育三郎
アニメ版の野獣は「…元の姿は私好みのイケメンではなかったので元に戻らなくてもよかったんじゃ?」と思ったけど、実写は普通にイケメンだったので「戻ってよかったねえ」と思った。この役者さん知らないなと思ってたけどダウントン・アビーのマシューだと聞いて「あーーーー…なるほど」と膝を打った。マシューかあ。ダウントン・アビーはシーズン1で脱落したけど確かシーズン6まであるんだよな。最後だけ見たい気もする。
吹替も(すごくエフェクトがかかっていたけど)イケメンヴォイスだった。

・ルミエール…ユアン・マクレガー/成河
私の中のユアン・マクレガーは「砂漠でサーモン・フィッシング」という多分マイナーな映画の中で、妻と喧嘩したかやりこめられたかでしょぼくれながら池の鯉に餌をやるところがダントツに可愛かったという印象。ビッグ・フィッシュもよかったけど。スター・ウォーズは見てない。…いや、それはともかくユアン・マクレガー目当てで見に行った夫が「…最後人間に戻るまでユアンくんだってことがあんまりわからなかった…。あと人間に戻っても化粧が変だった…」とのこと。いいじゃん、ルミエールなんだから。
ルミエールといえば「Be Our Guest」ですが、大変よかったのですよ。あのわーっとした楽しそうな感じ。
しかしアニメ版でも思ったけどベルにゆっくりごはん喰わせてやれっていうか…そもそもベルは何か食べられたのか??
吹替もよかったのだけど、成河さんって「SP」でリバプールの一員だったので、いつ野獣が殺られちゃうんだろうとヒヤヒヤしたりしなかったりした。

・コグスワース…イアン・マッケラン/小倉久寛
どっかで見たことあると思ったらロード・オブ・ザ・リングのガンダルフの人だった。
アニメ版よりコミカルな感じと存在感が薄まっていた。最たるところはアニメ版だと最後人間に戻った野獣が「ルミエール!コグスワース!」って言ってくれるのに実写では「ルミエール!」としか言ってくれなかったこと。…気の毒に…。

・ポット夫人…エマ・トンプソン/岩崎宏美
……いくらなんでも年行き過ぎだろ。と思ったけどアニメ版の方もあんまり若くは…いやでもさ、チップって実子なわけでしょ…?う”ーーーーーーーーんんんん…「美女と野獣」当時(中世ヨーロッパか?)のチップくらいの子(5歳くらいか?)がいるお母さんの見た目年齢的にはギリOK、ってこと?(失礼)う”ーーーーんんんん…。
と、エマ・トンプソンには割り切れない思いを抱えつつ、吹替版の岩崎宏美はよかったなああ!と。

・チップ…ネイサン・マック/池田優斗
アニメ版のチップの声はもーーーーーほんと可愛くて大好き!!…だったけど実写は吹替含めてイマイチだった。
んもー!違うんだよ!!!…アニメでチップやってた子はもういい年だろうけど、ドス声になっていたらどうしようと心配した。

・プリュメット…ググ・バサ=ロー/島田歌穂
アニメだと大した出番もなかったけど、実写では「Be Our Guest」の照明係として活躍(なにそれ)。
島田歌穂と岩崎宏美はレ・ミゼラブルのわたし的鉄板コンビなのでかなり期待していたけれどソロっぽいソロがなくちと残念。

・ガストン…ルーク・エヴァンス/吉原光夫
思ったよりイケメンだった。しかしアニメ版より悪者だったので、ベル以外の女性にモテる意味がわからなかった。
吹替は大変ミュージカルっぽい良い声だった。

・ル・フウ…ジョシュ・ギャッド/藤井隆
アニメ版では名前はなかったと思う。たぶん。ガストンにくっついているコミカルな小男。
実写版ではガストンのことを好き…という設定になったらしい。しかし言われなければわからない感じ。
昨今のLGBT事情に配慮したっぽいけれども、結局報われないしあんまり配慮した意味ないんじゃね?という気がせんでもない。
藤井隆は頑張っていたけれども他の吹替版メンツがメンツなので、結果的に一番下手だったのが気の毒だった。いや、頑張っていたけれども!

・モーリス…ケヴィン・クライン/村井國夫
ベルの父。アニメ版では大変がっかりして名馬モーリスと同じ名前なのは忘れようと思っていたのだけど、実写では大変素敵なお父様になっていたので良し。実写での新曲がまた素晴らしい。2回目に見たときは、どんな思いで歌っていたのか分かった上で聴けたので映画の序盤にもかかわらず早くも泣けた。


…キャストだけで結構長くなったのでとりあえず投稿。
内容編はまたおいおい。
blogram投票ボタン
かんざき * ドラマ、映画を見て * 23:45 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

3月のライオン

実写映画前編見てきました。
原作好きは見ない方がいいかもとは思っていたのですが、神木隆之介君を見に行きました。
神木君はよかったです。
あと先日行った椿山荘が出てきたので、ひゃほう!と思いました。
あとは、あとは…宗谷名人は加瀬亮ではないなあとか、太りに太った染谷将太はねえなあとか…そんなん…。
後編はなんと伊勢谷友介が倉科カナの父親役で出てくるというまったくもって伊勢谷友介の無駄遣いをするそうな。マジか。老けメイクの伊勢谷友介になんか意味あるかな…(酷い)。


対するアニメは全22話かなりねーーーーっとりやっていて、なんだか執念を感じる出来栄えでした。
いいんですけどもね。
そこのシーン、いるかな…?というところをまったくカットせずにやってたりね。
丁寧といえば丁寧なんですが、執念深かったです。とても。
10月から2期やるようでよかったね。


話が前後しますが実写映画を見たときに予告編で「関ヶ原」をやっていて、つい3年前(エエエ)に「軍師官兵衛」で官兵衛役だった岡田君が、そのときさんざん煮え湯を飲まされた三成役で主演をやるそうで頭が混乱いたしました。
なんじゃそりゃ。
徳川家康…役所広司
豊臣秀吉…滝藤賢一
北政所…キムラ緑子
小早川秀秋…東出昌大
直江兼続…松山ケンイチ
尼僧妙善…壇蜜
ってどうなんだろう。見に行っていいのか蹴っていいのかわからんです。
…見に行くかもだけど(もじもじ)。

もじもじ。
blogram投票ボタン
かんざき * ドラマ、映画を見て * 23:19 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

焦らないなー。とバイプレイヤーズ

そういえば日記あんまり書いてなかったなと思いました。
私、一定期間書いてないと焦るんですがどうして焦らなかったんだろうと思ったら、一万字超の論文に加え、四千字の論文(産前にやっておくことオススメリスト)を書いていたからでした。
書いていればなんでもいいみたいです。へーそうなのか自分。


閑話休題。
バイプレイヤーズを楽しみに見ています。
ふう、オヤジどもたまらんねえ。でもやっぱり一番可愛いのはエンケンさんだね!ハスハス。
しかしドラマの前提、「七人の侍をリメイクする」というところを考えてはたと気づいたことがありました。


…誰がカツシロウ(紅顔の美少年。七人の侍で唯一ラブシーンっぽいのがある奴)やるのさ。


う”ーーーーーーんんんんんん。
私の「七人の侍」はなにしろ元が「SAMURAI7」なもので、どうしてもヴィジュアルはあちらのイメージが…(なので名前もカタカナ表記)。
でもその後ちゃんと本家も見たからそっちのイメージもわかりますけれども。長かった。あの映画。
試しにバイプレイヤーズでキャストを考えてみました。

カンベエ…そりゃ役所広司でしょ。主役は役所さんって設定なんだから。
シチロージ…カンベエの女房役。大杉漣じゃないのかしら。
ゴロベエ…SAMURAI7のイメージでなんとなく松重豊(本家のゴロベエはずんぐりしていて「エー」と思った記憶が)。個人的に「ご冗談を」を言って欲しい。
キュウゾウ…ここは断然寺島進でお願いします。渋くて一番の剣の達人だから。かっけえ!
ヘイハチ…本家覚えてない…。SAMURAI7のイメージだと田口トモロヲさんかな。
キクチヨ…三船敏郎の役ですね。かなり重要。うーーーん、顔でエンケンさん?大杉漣と交換でもいい。

カツシロウ…えっ、消去法で光石研なのか!!???


書きながら考えたんですが、導き出された結論に我ながら「エー??………」と思ってしまいました。
でもコンバートするにしたってトモロヲさんしかいないよ。
うーむうーむ。
最終回で七人の侍コスとか出てきたら笑う。
ま、とにかく楽しみです。うきうき。
blogram投票ボタン
かんざき * ドラマ、映画を見て * 22:48 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

その前に

書こうかな、とシリーズ物をにおわせといて全然違う話。
いや…書いたところでつまんなかったらアレだなとか考え出して…(部屋の隅で膝を抱える)。


先日金曜ロードショーで風の谷のナウシカをやってまして、結構好きなんで見ておりましたところ、家人が声をかけてきました。

「最初の方でナウシカが王蟲の抜け殻を見つけるじゃないですか」

そうですね。

「そいで、刀でぶっ叩いて『セラミック刀が欠けちゃった』って言うじゃないですか」

ですねえ。

「その次のセリフが『谷のみんな(だか村の人だか忘れたけど)が喜ぶわ』だから、『セラミック刀が欠けちゃった!わーい!』って喜ぶ人たちが浮かんじゃってさー…」

………。

聞いてみたら、

「セラミック刀が欠けちゃった。谷のみんなが喜ぶわ。道具作りの材料に当分困らなくてすむもの」

でした。谷のみんなはセラミック刀が欠けて喜んでるんじゃないよ!!

それはさておき小さい頃見たときは正直ストーリーがよくわからずに「ナウシカがあっちこっちに行って頑張ってる」と思っていて、それでも面白いと思って見ていたのだから子供も侮れないもんですが、今見るととりあえずメーヴェは安全ベルトかなんかないと死人続出だと思う。エンディングで谷の子供達がメーヴェに乗る練習しててもうヒヤヒヤでした。あぶねえ。
あとクシャナ殿下は大好きだと思います。うへへ。『どうした化け物、さっさと撃たんか!』
blogram投票ボタン
かんざき * ドラマ、映画を見て * 21:51 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

曜日および季節感覚

金曜日 君がにっこり笑うから 今日は二人の ヨシヒコ曜日
(神崎瑠珠 2016.10だったかなたぶん)


名歌ができました。フフフフフ。関東の皆様、12月の最終回までお使いください。



数年前から自分的目安にしていて、かなり妥当だと思ったので披露。


「衣替えは菊花賞」


関東の皆様、来年(…)騙されたと思ってやってみてください。実にベストなタイミングだと思うはず。うっとり。
春の衣替えはいつかねえ、と我が親友兼競馬師匠のありちゃんと相談したのですが、これが「ダービー」だったら美しいのですが昨今の温暖化ではダービーだとちょっと遅いんですな。
オークスかヴィクトリアマイルがベストなんじゃないかと思います。
競馬で感じる季節、大事。
だから暮れの大一番は有馬記念でいいじゃないのよJRAーーーーーーーー!!!!
なにそのホープフルステークスって…ほんとガックリ。
あと「大阪杯」とかしまらないネーミングもなんとかしてください。ほんとにもう。
新潟直線1000メートルのG1と札幌競馬場のG1もなんか作って(札幌記念しかないけど)。
ついでに千四と千八がベストという気の毒な子達も救済してあげて。
…はっ、JRAに物申してるときりがないですな。失敬失敬。
blogram投票ボタン
かんざき * ドラマ、映画を見て * 21:58 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

今期計画

おそ松さんの二期があるかなーと思っていたらなかったし、2クールはあると思っていた食戟のソーマが1クールで終わったし、秋は楽なんじゃないかと思っていたらそうでもありませんでした。
見るもの。


・勇者ヨシヒコと導かれし7人
待ってましたー!1話で菅田くんと中井和哉の無駄遣い。ますます制作費が減らされたとかでもう期待しかないです。
これは録画で昼に見たらいけないと思うので、リアルタイムで頑張るよ!
楽しみは見ながらありちゃん(親友兼競馬師匠)との感想やりとり。にひひ。


・ユーリ!!!on ICE
1話見ました。
ありそうでなかったフィギュアスケートアニメ。作画が大変だからね…。
メンタルの弱い日本のダメ勇利とロシアのパツキン生意気少年ユーリと、ロシアの絶対王者、銀髪イケメンのヴィクトル・ニキフォロフがメインのお話らしいです。
初回で銀髪イケメンが4回転何種類かばんばん飛んでました。世のヲタクは暇なので構成から点数を出してたとかなんとか。
オリジナルストーリーアニメなのでこれからどうなるのかわかりませんが、とりあえず「諏訪部にハズレなし」という格言が頭に生まれました。
そしてそれを友人のM先輩に言ったら「そんなの今に始まったことじゃないですよ」と言われました。
…デスヨネー。


・3月のライオン
録画してまだ見てませんが見なきゃ。
連載終わってないけどどこまでやるんだろう。


・ハイキュー!3期
白鳥沢戦まるまるやるらしいです。大変そう。私はツッキーのために見るよ!!


・舟を編む
実写がよかったので今更アニメにしなくても、と思ったのですが、主人公が櫻井孝宏じゃきついことも言えないなって…(櫻井さんに甘い)。
かぐやさんが坂本真綾なのも楽しみです。


で、このほかに今BSで再放送やってるエヴァンゲリオンと、続投しっぱなしのグレーテルのかまどと真田丸…。
結構いっぱいいっぱいですな!
でも楽しみが多いと嬉しいです。にひひひひ。
blogram投票ボタン
かんざき * ドラマ、映画を見て * 23:31 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

見るべきもの

話題の「君の名は。」は2回見ました。
1回目よかったなーと思って、でもあとから考えて「あれは?」「これは?」と思って小説版を買って読んだんですが全く解決せず、なんだよーと思ってもう1回見たら……「あれは?」「これは?」が気になって冷静に見るしかなく、1回目の感動は味わえませんでした。
私の中で、複数回見る映画ではなかったようです。
すごく珍しい。
私は気に入ったものは何度も何度も見たり読んだりして楽しむ派なので、再度の鑑賞に耐えないとなるとちょっと評価は低いかなあ。
詳しい感想は下に書きます。ネタバレだから。


予告編で「何者」をやってました。
…予告編からつまらなそうだけど大丈夫か。
朝井リョウの小説を読もうか。直木賞作品は好みの場合があるし…いやでも「桐島」のトラウマが忘れられず。
読みたいものが他にあるので多分読まないと思います…読むかもしれないけど。ううう。
何が悲しくて今更就職活動の話…。


ふと気が向いて「ぼくの地球を守って」を再読しています。
お…面白い。
こんなに中身が濃くて面白いのが20巻そこそこで完結。すげえ。
引き延ばしがないのであっという間でいいです。
前に読んだ時とは別のところでおおっと思ったり、同じところで同じように感動したり。
もっと時間が経ってからだとまた違う評価になるのかな。
次に読むのが楽しみです。


昔読んだり見たりものを年数が経ってから読む直すのは、当たり前なんですが「昔読んだり見たり」していないといけないわけで、若いうちにたくさん本を読んだり映画を見たりというのは将来に向けた大きな貯金なのだなとあらためて実感しております。
いい貯金を作れているかな。
人が時間を重ねる意味というのはそういうところにもあるんですかね。
生きるのは楽しい。


「君の名は。」の感想。
続きを読む >>
blogram投票ボタン
かんざき * ドラマ、映画を見て * 23:38 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ