ジブリ映画

結局「千と千尋の神隠し」と「もののけ姫」も見て、ナウシカももう一回見てきましたよ!
面白かったです。
「もののけ姫」はストーリーをじっくり追って納得しました。最初に見たときは「アシタカがあっちこっち行って大変そう」だったから(ナウシカと同じ感想)。
あとアシタカかっこいいね。序盤で別れることになった妹には「いつもそなたを想おう」とか言ってたくせにラストまで妹のことなんて思い出しもしてなかった上に、妹から別れ際にもらった石は惚れた女にやっちゃってたけどね!
まあそんなもんですよね。
ナウシカは本当に何回見てもいいなあ。メーヴェ乗ったら絶対死ぬ自信があるけど、見てる分にはいいなあ。

映画も少しずつ新作が公開されていて嬉しいです。
あとは舞台を見たいのよ。
かんざき * ドラマ、映画を見て * 21:25 * comments(0) * - * - -

風の谷のナウシカ

レポを書き始めるとそればっかりになってしまうので、たまには違う話題。

新作映画が軒並み公開延期になり、でも営業は始めた映画館が秘策に打って出ました!


「一生に一度は、映画館でジブリを」


ラインナップは風の谷のナウシカ、千と千尋の神隠し、もののけ姫、ゲド戦記の4本。
(しかしこのラインナップだとゲド戦記の抱き合わせ商法感よ)
これを知ったとき正直私の魂は成層圏まで一度飛んでいきましたね!!
私がまさに「一生に一度でいいから映画館で見られたら!」と思っていたナウシカ!!!
ジブリ作品で一番好きなナウシカ!!(ハウルが次点)
映画館で見られるとしたら、不謹慎だけど宮崎駿さんにもしものことがあった場合の追悼企画しかないだろうと諦めていたんですが、それが!こんなに早く叶うなんて〜〜〜!!!しかも1,100円!!おやすい!
というわけでTOHOシネマズ日本橋の一番でかいスクリーンで見てきましたよ。
今のでかいスクリーンだとさすがに線の粗さとかが目立ちますし、音声もそれほどクリアではないんですが、そんなことはどうでもよくて上映時間中とても幸せでした。
同じことを考えた人が多かったらしく、ほぼ満席でした(とはいえ今席数半分に絞ってるけど)。ですよねー。

私がナウシカを初めて見たのは、よその家で録画したやつを見せてもらった小学生の時。
あの時は話がよくわからずに「なんだかナウシカがあっちこっち行ってて大変そう」と思ったんですが、なんだか引き込まれてとても好きでした。
大人になってからの感想。


・メーヴェ、普通に死亡率高そう(ラストシーンで子供たちがメーヴェに乗る練習してたけど、手を離したら即死だよ?ってヒヤヒヤする)
・いつだって私はクシャナ殿下が大好きだ!榊原良子さんの声だって大好きだ!!!凛とした色気のある声。「我が夫となる者はさらにおぞましきものを見るだろう」とか「どうした化け物、さっさと撃たんか!」とか大好きでやばい。
・クロトワさんだって大好きだ!「短え夢だったなあ…」と言った後にすぐ「殿下!!」って寄っていくところがほんともう大好き。
・ナウシカって大人になってから見ると不思議ちゃんなんだなってやっと理解。でも判断と命令が速いところがすごく「上に立つ者」っぽい。かっこいい。
・いつ見てもユパ様のモヒカンで「えっ」と思う。
・いい声の声優さんたちが沢山出ていらして、しかし鬼籍に入られた方も多くて切ない。


いろいろ書いているとキリがないのでこのくらい。
とても嬉しかったのでついでにもののけ姫も見て、それでもう一回くらいナウシカみようかなー…と考えている私は今日も元気です。うっとり。
かんざき * ドラマ、映画を見て * 22:38 * comments(0) * - * - -

ストーリー・オブ・マイライフ/私の若草物語

先日日本橋三越に行ったらちょうどパイプオルガンの演奏中で、ちょっと足を止めて演奏者を見ながら聴いていたら不意に涙が出てきました。
思い出す限り、生演奏を聴いたのは2月に友人のみーちゃんとアマン東京でアフタヌーンティーの後にたまたまやってた琴の演奏が最後でした。
だから、4ヶ月ぶりくらい?
次に何か舞台を観に行ったらそれがなんであれ冒頭で多分私は泣いちゃうんだろうな、と思いました。
生ってすごい。オンラインでは本当に代わりにならない。
舞台のチケットというのはその「空間」を買っているんだなというのが自粛生活で見つけたことのひとつ。


で、映画館が再開したのでエマ・ワトソンがメグをやるからという理由だけでタイトルの映画を観に行ってきました。
以下ネタバレで好きに書くので観てない人は回避。
続きを読む >>
かんざき * ドラマ、映画を見て * 22:17 * comments(0) * - * - -

誰もが

予想してた通り、カイジ3の3回目に行ってきた神崎です。
だって見たかったんだもん!
でかいスクリーンでやってくれたTOHOシネマズ新宿よありがとう。歌舞伎町ど真ん中でカイジって、なかなか退廃的ですね。
で、吉田鋼太郎もカフスしてましたよとか色々発見があって「あー私この映画もう一回最初から見てもいいわ」って3回目見た直後に思いました。よほど気に入った映画って、終わった直後に「これもう一回繰り返しでもいい」って思うんですよね。
それが永遠なんじゃないかって(いい話っぽくまとめてみました)。
ブルーレイ出るの楽しみだ!!!


そして先日うちの会議メンバー(元同僚現友人の集まり)を「中華!中華食いてえから集まれ!」とチンピラのように呼びつけて池袋の中国茶館に行ってまいりました。

「えっと、どうしよっか」
「とりあえず端から端まで」

という心温まる会話をしたりしましたよ。だって食べ放題だしね。食べたかったわけだしね。
蒸し物は確か全制覇したと思います。あとなんだっけ、青菜炒めとクラゲとエビチリとニラ饅頭と大根餅と春巻きと…忘れた。デザートにはウーロンゼリーと胡麻団子と杏仁豆腐とハリネズミカスタード饅頭をいただいて、勿論残さないのはマナーなのでそこはしっかり守ってごちそーさまでした!おいしーかった!!!
かんざき * ドラマ、映画を見て * 21:09 * comments(0) * - * - -

カイジ ファイナルゲーム

2を作った時に原作者の福本先生が「この先作るとしたら3で終わりじゃなくてずっと続いていくシリーズにしたい」ってパンフに書いてたんですが、結構な年数が経って3が出たと思ったら「ファイナルゲーム」。
まあ、そうなりますよね。っていうかまさかやるとは思ってなかったよ!見ますよ!?見るけどね!?

そんなこんなで行ってまいりました。本当はカイジ仲間(なにそれ)のヨーコさんと行く予定だったのですが、諸事情あってこちらがドタキャンする羽目になり、一人で行ってきましたよ。寂しい。一人で見させてしまったヨーコ、ごめんよー!!!
カイジの映画って私に取ってはすごく忙しくて、まず1回目で内容を把握し、2回目でキャストと細部をチェック。
1は…なんで3回見に行ったんだろう。ただ面白かったからだろうか。忘れました。しかし2の3回目は細部をチェックした後大スクリーンで伊勢谷友介のイケメンっぷりを堪能しなければならなかったから。ヒヒヒ。
3も同じように1回目で内容を把握。いいんじゃない?ギャンブルになってない(ただのパワーゲームであった)けど、どんでん返しはあるし、なにしろ福士蒼汰くんのスーツ姿がいいんじゃない!?いいけどこれ、原作のカイジファンからは怒られそうだなあ。
それから去年「おっさんずラブ」「ファイナルファンタジー光のお父さん」と、本来得意としていた役柄とは多分違うところばかり見ていた吉田鋼太郎が今回の敵役で出ていて、本領を発揮していたところはすごかったです。
逆に歌わない山崎育三郎ってどうなんだろうと……なんという無駄遣い。歌っても良かったのよ?でも福士くんと並んだところが絵になるから許すよ?いいよ?(甘い)
そしてパンフを買ってキャストを把握。あー、このイケメンは新田真剣佑でしたか。ちゃんと顔知らなかった。えっ福本先生また出てたのか、三谷幸喜かよ!一体どこだったんだ?うーん気づかなかった。あー!なんかモブっぽいのにやけにイケメンだと思ったら仮面ライダーだったのかこの彼!!とか様々発見があるわけですよ。

満を持して2回目。あ、福本伸行多分わかった。有識者会議で発言した奴だ。よしよし。
それはいいとして(いいとして?)、2回目に見ないといけないのはメンズファッション。私がカイジで楽しみにしているのは何を隠そう、これ!!これなのよ!
1、2ともにラスボスとなった敵は必ずカフスボタンをしていたのです。そこ注目!!1回目で福士蒼汰くんのお顔はたんまり拝見したから2回目はファッションを穴があくほど見ましたが、してたね!!!カフスしてたね!!!青の丸いカフスボタンね!!!ッフゥゥゥゥ!!!!スーツもまったく無駄のない仕立てで、彼の体にぴったり合ってましたね。背中のラインがもうね!!!ッフゥゥゥゥゥ!!!(2回目)たまらん!!!まったく、細身スーツにカフスボタンに細い金縁メガネなんて許されるのはアナタとミッチーくらいですよ!?(あ、でも吉沢亮がやったら私はひれ伏す)
吉田鋼太郎も1回目見た時、最後赤い靴を履いていたのに気づいて「ハ!?」と思いましたが、やはりカイジの敵役たるものそうでなくてはいけません。うーん、ほんといいぜカイジ。
肝心の藤原竜也は1,2同様小汚いファッションだったけどそれでいいのです。無理矢理「悪魔的…っ!」とか言わされてましたがお約束だからいいのです。

そんなわけで、私としては結構満足したカイジ3でした。でも興行収入的には初登場で2位。1位が公開8週目のアナ雪2っていうところでマジョリティの壁を感じまして、そんなところも好きだなって言うか。だって子供票がまったく見込めないもんな、カイジ………。
3回目行くかどうか迷ってます。私が満足する大きさのスクリーンでやってるところって、もうほぼないんですよね。
あーあー頼むよTOHOシネマズ。

(久々にテンション高い日記を書いたので満足)
かんざき * ドラマ、映画を見て * 21:36 * comments(0) * - * - -

駆け抜け中

ペルソナ5ロイヤルにハマっています(のっけから)。
うーーーん、面白い。
ペルソナ5も面白かったけど、「こうだったらいいのに!」と思うシステムの難点とかをきちんと解決して、更に新しい要素をこれでもかとぶち込んでくれているので、かれこれもう60時間近くやっているのにまっっっっっっっったく終わる気配がないです。
っていうかまだ半分行ってないんじゃないかコレ。
でも面白いからやってしまうのです。あああしやわせだ。


そして、今年の秋は気になる映画が色々とあったので行ける限り行っています。
銀英伝三部作、レディースデーも映画ファーストデーも一切通用しない一律料金(前売りですら1600円とか)だったのに全部つきあった私偉い(自賛)。でもあの艦隊戦は映画館で見てよかった!
アナ雪2は吹き替え、字幕両方で見てうんまあよかったねと思ったり、クリストフに爆笑しそうになったりしてました。
フランス版シティーハンターはよく作ったなー、そしてラストはGET WILDじゃないとみんな納得しないんだなという感じでした。
HUMAN LOSTはどうやら見に行きそびれそうで、そこが悔しい。
年明けはカイジ3だ!!!公開日に行くぜ!!!


年末はコミケ行っていたら終わりそうですが、好きなサークルさんがたくさん出てくださるのでこれもまた幸せですことよ。
南館デビューが楽しみだ!!
かんざき * ドラマ、映画を見て * 21:58 * comments(0) * - * - -

天気と美術

最近更新が滞っているので「どこまで書いたんだっけな」と見直した時に、初めて「アラジン」の感想を2回書いていたことに気づきました。キャー。
そしてほぼ同じことを言っていて「ぶれてないなわたし!」と感心いたしました。
…スミマセン…もうボケだね!引退しないとね!(何から?)


そしてまだまだ見に行っているわけです。

・小畑健展
え、これについて書いてなかったんでしたっけ?そうなのわたし?(ボケ)
「ヒカルの碁」や「DEATH NOTE」などで有名な漫画家さんの原画展に行ってきました。
生原稿山盛りでした。
印刷されたものだってべらぼうに美しいのですが、原画は一言で言って神の御業でした。
一つ一つ見入ってしまいましたよ。いいものを見ました。うっとり。


・天気の子
話題の映画。
背景が綺麗でした。
内容も悪くはなかったと思います。
「君の名は」でも思いましたが、私(見ている人)が「え、なんでこの人はこうしたの?」と気になることについて説明することをサックリと省いていたので、さすがに慣れて「ああ、この監督は説明するのが嫌な人なんだな」と理解しました。
この監督の映画は雰囲気を楽しむものだね!


お盆にはコミケ、それが終わったら今年が最後だという「午前10時の映画祭」でニューシネマパラダイス、ONE PIECE、おっさんずラブとまだまだ目白押しでものっすご忙しい8月です。
頑張るぞーおー!(しかし私遊んでばっかりじゃないか)
かんざき * ドラマ、映画を見て * 22:06 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

気持ちの整理

「free!見に行きました」という日記を書いた翌日に京都アニメーションに凄惨な事件が起こり、free!に関わった方々もとんでもない目にあったというニュースを見て、個人的に色々と思うところがありました。
映画を見たらまた見返したくなったテレビシリーズ2期を、毎日一話ずつ見ていたところでもあったので…。
OP,EDのテロップに出てくる方の何人が無事なんだろう、とふと考えてしまったりしました。
買いそびれていて、でもやっぱり買いたいとちょうど思っていた映画版のBlu-rayは、どこも品切れになっていました。


来年のfree劇場版完結編がどうなるかわかりませんし、今「楽しみに待っています」とはとても言えない状況です。
事件のことについて、軽率なコメントも控えます。
私が言いたいことは、free!をずっと楽しみに追いかけてきたファンの一人として、京都アニメーションの方々が「もう作れない」と仰るなら「わかりました」と言いますし、最後の劇場版を作ってくださるのだとしたら、何年後だとしても万難を排して見に行きます。それだけです。
かんざき * ドラマ、映画を見て * 22:41 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

完了と感想

ペルソナQ2クリアしました。
終わった感想は「おー、おわったー」という感じ。
ストーリーで激しく心揺すぶられて、涙なしには迎えられなかったペルソナQに比べると、ゲストの女の子のパンチが弱かったという感じでした。
でもハム子出たし総じて面白かったので許す。
次はペルソナ5のリメイクなのかな。情報を座して待つ。あと今アニメ見ている関係で逆転裁判やりたい。


いだてん、見てます。
初回でこれ面白いけど時間軸があっちゃこっちゃで人気出なさそうと思ったらやっぱり視聴率はいまいちの様子。でもクドカンなので面白いことは面白いです。
待ちに待った永山絢斗くんは、学ラン姿が見られてヒャッホイですが、マラソンやってる途中で腹が減って途中のパン屋であやうく万引きでした。うーーーん!!!一緒に見ている友人に言わせると「あとでお金払うって言ってたし、マラソンやってる途中で水を飲みたくなって桶に頭から突っ込んでた奴よりは絵面がましだったと思う」というフォローがきました。…フォロー?
ま、1年頑張って追いかけてみます。
それにしても大河って見ても見ても録画が溜まりそうになる。怖。


前回「次は『えいがのおそ松さん』だ!」と宣言したばかりなのに、大ヒット中の「翔んで埼玉」を見てきました。だって面白いって評判だから。
面白かった!なにあの伊勢谷友介の無駄遣い!
前に数年埼玉に住んでいた元千葉県民なので、より楽しめたと思います。
バカバカしいことを金をかけて真面目にやるのはやっぱりいいなあ。
銀魂に通じるものがありました。
今年は随分映画を見そうだな、と楽しみです。
次こそはえいがのおそ松さんだ!!
かんざき * ドラマ、映画を見て * 22:52 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

上映の記録

・劇場版シティーハンター
平成も終わろうかというこのご時世になぜか新作劇場版を作られたので、見てきました。
私、シティーハンターのアニメ版見ていなかったのでキャストの変更がないという点はメリットもデメリットもなく、むしろ「ああこのキャラってこんな声だったのね」と感心するくらいでしたが、映画そのものの出来はとても面白かったと思います。
新宿の伝言板とかよくあんな形で再現したものだ。
主人公の冴羽獠というキャラクターは、はたからみると本当にかっこいいのですが、そばにいたいかと言われるとうーんそれはどうかなー…という…。愛情表現が分かりづらくてね…。でもそこがいいんでしょうね。


・銀魂2
Blu-rayを買ったものの見ていなかったので、そうだみんなで見よう!と思い立ってうちの会議メンバー(元同僚現友人)たちとカラオケパセラで上映会をやってみました。
誤算だったのは隣の歌声が聞こえる点でした。ちっ。
しかしみんな後半のイケメンシリアスシーンになるとめっきり口数と瞬きが減り、食い入るように見ていて「ほらなー!」という感じ。
イケメンって素晴らしい。


・ペルソナQ2 ニューシネマラビリンス
おそらくあとラスボスを倒したら終わり。11月末から始めて3ヶ月?長かったー。プレイ時間は70時間くらい。
十分長いのですがP5が120時間くらいかかったせいで「思ったよりマシ」という感覚になるところが、どうもいかんです。
面白かったのでいいんですけど。


・ユーリ!!!on Ice
以前書いたBくんママと、話の流れで上映会をやることになりまして(私がテレビ版のデータを保存していて、Bくんママは「噂には聞いてたけどみたことなかった。みたい」「じゃあ見る?Blu-rayに焼いて持っていくよ?」とかいう流れ。なんでユーリ!の話になるんだとかそういうことはいいじゃないか気にするなよ)。
Bくん家にお邪魔し、プラレールを敷いていただいて子供らは「さ、そこで遊んでて!」と放牧。
ちょいちょい子供の邪魔が入るも諦めずに「あとでもう一回見るけどとりあえず今見られるだけ見たい!今のところ二人のユーリがいいかな」と3話まで見きったBくんママとは今後も仲良くやれそうだなって思いました。


さ、次は3月の「えいがのおそ松さん」だ!
かんざき * ドラマ、映画を見て * 21:31 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ