ガラモン教授

大学時代の恩師が「子連れでいいから遊びにおいで」と言うので、息子が歩けるようになるのを待って遊びに行くことにしました。
ベビーカーを押して大学に入るって違和感あるなあ。


恩師は自分の研究室で待っていてくれました。
こんにちはーと挨拶し、息子をベビーカーから下ろすと、彼からしたら知らないおじいちゃんのはずの恩師に向かってトコトコいきました。
アラマア。

「なにかあったかな。子供が喜びそうなもの…。ガラモンは好きかな。だめかな」

恩師は怪獣の類が大変好きなので研究室にはそこそこ怪獣の人形がありまして、以前恩師が一番大切にしているゴジラの人形で遊んでいたら悪いことをするなと叱られました(酷い)。

「ガラモンってなんですか」
「知らないのか」
「知りませんよ!」
「君は僕の研究室で何を学んできたの」
「…少なくとも怪獣ではありません」
「いかん…それはいかん」

なにがいかんのかよくわかりませんが、ともあれ息子はガラモンがそこそこ気に入ったようで適当に遊んでいました。
それを見る恩師は、私の知らない優しいおじいちゃんでした。

「ところで先生、私喉乾いた」
「そう」
「…そう、ではなくてなんかないですか」
「インスタントの甘酒と、ミルクティーと、生姜湯」
「普通のお茶はないのですか」
「そういえばあった。(がさごそ)ハイ。(ティーバッグ2つとカップを2つ手渡す)」
「…」
「給湯室の場所わかってるでしょ」
「そうですね。んじゃ息子見ててください」
「ハイハイ」

私が部屋を出て行ったら息子は泣くだろうなーと思ったのですが、豈図らんや楽しげに恩師の膝で抱っこされていた様子。
え、エエエエエ。初対面のおじいちゃんだぞ?流石にそれは想定外でした。

「…泣かなかったんですか」
「泣かなかったねえ」
「へえ…」

それから息子におやつを食べさせつつ、私たちもおやつを食べつつ色々と話をしました。
恩師は時折息子に話しかけてくれました。

「君はなにがやりたいのかなあ。なんでもやってみるといい」
「そうですね」
「でも怪獣好きに育てなさい」
「言ってること矛盾してるじゃないですか」
「君のお母さんは昔から変な人だった」
「余計なこと吹き込まなくていいです」

……あれ、書き出すといい話にならないな…なんでかな…………。

おやつを食べ終わると息子は椅子に座っているのに飽きたので、研究室というワンダーランドに探検に出ました。
私の知る限り、大学の個人研究室というのはものすごく整理されているか大変乱雑かのどちらかで中間がないのですが、当然我が恩師の研究室は後者なので色々とお宝を発見してくれました。

「おお、キングギドラ!よく見つけたな!これは怪獣好きに違いない。その辺にモスラの幼虫もいるぞ」
「…なんでそんなもんまで…」
「音の出るおもちゃがないな。つまらないかな」
「大丈夫です。その辺のもので遊べますので」
「なにがいいかな」
「人の話を聞いてください」

そして帰る間際になって私がカップを洗いに給湯室に行きますと、恩師と息子が後からトコトコついてきました。
腰を少しかがめて息子の後をついてくる恩師は、やっぱり私の知らないそこいらのおじいちゃんでした。

「またいつでも遊びにおいで。次に来る時までに、積み木を用意しておこう」
「(結局積み木になったのかと思いつつ)積み木があったら、学生さんたちが懐かしがって遊びますかね」
「いや、僕が遊ぶ」
「…そうですね。ボケ防止にいいんじゃないですか」
「君はまったく…ところで雨やんだかな」
「止んだみたいですよ」
「そうか。じゃあこれ畳んで(折り畳み傘を差し出す)」
「ハ!?」
「雨止んだみたいだから」
「自分で畳めないんですか。いつもはどうしてるんですか」
「学生が誰か畳んでくれるよ」
「………………そうやってすぐ学生に甘えて…」
「みんな介護の練習だと思ってやってくれるよ。だいたい僕が『ソフトクリーム食べたい』って言って買ってきてくれなかったのは瑠珠さんくらいだ」
「食べたいとは聞きましたが買ってきてとは聞いてませんでしたのでね!」

仕方ないのでたたみましたけどね、傘。私も大人になりました。

「この傘、生地が分厚くて畳みづらいです」
「だろう!?」
「自分で畳めない傘買わんでくださいよ…ヤレヤレ…」

最後は恩師の希望でそこいらの学生さんを捕まえてシャッターをお願いし、3人で記念撮影をしました。
「その写真、送ってよ」と恩師にせがまれました。
途中まで一緒に帰り、別れ際に恩師は「またいつでもおいで」と私ではなく息子に向かって何度も言ってくれました。
残念ながら彼が大学に通う歳になる頃には恩師はとっくに引退しているので、それまでに何度か連れてこられたらいいな。


「怪獣好きに育てなさい。かつての師の教えに背くでないぞ」
「………ハイハイ」


やたら怪獣推しだなと思いつつ、私の知らないおじいちゃんの顔を見せた恩師を少し微笑ましくも寂しくも思いつつ、来られてよかったなと思いました。
ところでガラモンって結局何(エー)。
blogram投票ボタン
かんざき * 職場(学校)にて。 * 23:57 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

おやつおやつ。

現在仕事が佳境に入っておりまして、日々数字とにらめっこして合間に余計な仕事が入ってきて、もう!ほっといてよ!!と思春期の娘さんみたいな精神状態の神崎ですが皆様如何お過ごしですか。

で、タイトル。
数字の理屈を考えていたり(なんと信じがたいことに私に経理を任せる人がいるせい)すると、無意識におやつをね。食べたくなるわけですね。
普段も菓子を喰いながら仕事をしているのですが、この時期は割増してる気がする。
職場には自由に食べていいおやつがいくらかありまして、それを適当につまんでいるのですがこれを機に私が選んでるラインナップを洗い出してみました。
お菓子は全て小袋入りとお考えください。

・アイス…片手で持って食べられるやつ。満足度高し。ヨーロピアンシュガーコーンとか素敵。
・チョコ…きのこの山あるいはたけのこの里。チョコパイ。冷凍庫に入れてから食べるのがツウよ。
・飴…のど飴。乾燥で咳が止まらない時に。
・ビスケット…セサミビスケット。バター味があってとても美味しいけどカロリー怖すぎ。あとはビスコ。
・ポテチ…滅多に食べないけど、うすしおかコンソメパンチ。塩味で確かな満足。
・ガム…眠気にパンチ。
・その他…クライアントからのもらいもののクッキーとかなんとか。

…喰ってんなあ自分…。
普段はこれを適当にループしているのですが、どうもなんか物足りない。
そこで役に立ったのが赤坂柿山の米あられ。
好きすぎて毎年買ってるのですが、今年は5袋買ってしまいました(余談ですが去年なかなか買いに行けなくて困ってたら、友人がひなあられとセットで差し入れてくれたな…と思い出しました。嬉しかった。美味しかった。ほろり)。
まああ…ひょいぱくにちょうどいいじゃありませんのアナタ…。
気がついたら一袋消えてるんですがね。なんでですかね。でもお米をあれだけ膨らませたってことはほぼ空気。よってローカロリー(のはず)。大丈夫!!!

…しかし貴重な米あられを仕事で全て消費するのも勿体ないわけですよ。
うーんうーん。
なにか代わりになって私が食べたいもの………。


考えた挙句に思いついた私は、現在おやつ仕入れ担当の同僚ほーに歩み寄って言いました。

「ほーさん。私、キャラメルコーン食べたい

仕入れてもらえるようです。うきうき。
「今すぐにキャラメルコーンを買ってきてそうじゃなければ妻と別れて」とかいう歌もありましたっけね。
うひひひひ。
blogram投票ボタン
かんざき * 職場(学校)にて。 * 22:50 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

さんきゅう。

ネオとの逢瀬をねちねちと書く暇もなく、産休に突入することになりました。でも嫌な予感はしてたけど引き継ぎが間に合わない…のであと1、2回行かねばです。グス。
私が産休に入るのとたまたま同じタイミングで同僚わーが退職することになりまして、二人の最終出勤日(私は最終、ではない予定だけど)となりました。


午前中。
若手の先生が近所の有名ケーキ店の箱をぶら下げてきました。
「あの、いつもお世話になっていたので…」
スタッフの女性全員分のケーキ。
ありがとーございます!おやつの時間になったら食べよう!


午後。
中堅の(黙っていれば)イケメン先生が同じ箱をぶら下げてきました。
「今日神崎さんとわーさん、最終日でしょう」
スタッフの女性全員分のケーキ。
あ…ありがとうございま…す。おやつの時間になったら…


スタンドプレーとは恐ろしい。
仕方ないので両先生が同じ会議に入るタイミングを見計らい、「1人2個ノルマ!」でケーキをいただきました。
幸いケーキの種類がかぶっていなかったのと、すごく美味しかったのでよかったのですが。
俺…次の検診(っていうか体重測定)どうやって乗り切ろう…。


業務時間終了時。
同僚わーの挨拶がありまして、ついでに私も挨拶をさせられました。
そしたらばどこに隠してあったのか、フラワーアレンジメントの贈呈が!わたしのぶんまで!


…デカい。


豪華なアレンジメントでした。
いや、それは嬉しいのですが。花もらうの好きだし。
駄菓子菓子。これ持って帰るの?
私物も持って帰らなきゃいけないものがいくつかあって…あと1、2回来ることにしておいてよかった!(少女パレアナ)
「大丈夫?持って帰れる?」と隣の席の同僚ねこ(注:死神馬券ファンの皆様大変申し訳ない。そんなわけで秋のG1戦線の死神予想は聞けないんじゃないかと思う次第)が気遣ってくれましたが、「無理」と言えようか。
しかしこの日の私の荷物は普通のショルダーバッグ(お財布とか)、手持ちのトートバッグ(お弁当とか)…に加えてフラワーアレンジメントでしたので、フラワーアレンジメントに割けた手は片手のみ。
職場を出るときには「まあ大丈夫だろ」と思っていたのですが、荷物というものは歩くうちに重くなるものです。こなきじじいめ。
果たして職場の最寄駅に着いた時点で「もうダメ」となり、電車は座れたのでよかったものの、帰りは徒歩で帰れる距離でしたがタクシーの運ちゃんに泣きついて乗せてもらいました。
帰って量ってみたら2.4キロありました。
愛って重いのね。
帰ってからしばらくはお腹は張るし動悸はするしでベッドに倒れこんでしまいました。ううう。


<みなさまへのお願い>
妊婦にダブル生菓子と重いものはなるべく避けてあげてください…。
いえほんとに…。


もらったフラワーアレンジメント。
ありがとうございます。
blogram投票ボタン
かんざき * 職場(学校)にて。 * 01:06 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

今日は何の日。

ひな祭りといえば、ということで同僚の机の上にコトコトとカップに入れたひなあられを配り置きました。

私「縁起物だからちょっとだけお食べ」

おばあちゃんか!

果たして同僚ズは揃ってしばらくぽかーーーーーんとしたのち、

「ああ、ひな祭りか!!!!」


………。
赤坂柿山のひなあられおよび米あられは大変美味しいです。数年来お気に入り。
blogram投票ボタン
かんざき * 職場(学校)にて。 * 23:43 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

素。

先日、うちのボスとその奥様、私、友人のすいちゃんの4人でご飯を食べに行くことになりました。
「なんで?」と聞かれるとそのへん説明しづらいのでカット。半分仕事で半分プライベートで、まあ成り行き上です。
私はちょっとその前にテンションがあがる出来事があったのと、隣にいたのがすいちゃんってことで油断しておりました。

ボス「で、二人はいつからのお友達なわけ?」
私「大学生からでーっす。一方的に私がなついております!」

すいちゃんは姉御肌のさばさばした気性の、頼れるカッコいい友人なのです。
ゴロゴロ。

(話の流れは忘れたけど、音楽プレイヤーの話)
ボス「神崎さん何使ってるの」
私「iPod nanoです(出して見せる)」
ボス「ああ、そのちっこいやつか」
すいちゃん「なるほどねー」
私「すいちゃん、nanoなの」
すいちゃん「…」
私「nano。nanoなの。nanoなの。nanoなのー」
すいちゃん「…はいはいっ(ぽむぽむ☆)」
私「(にまー♪としたのちボスに振り返って)ずっとこんな感じです!」
ボス「そうか…」

(妹の話)
すいちゃん「そういやしなちくちゃん(私の妹のこと)さー」
私「そうねー」
ボス「しなちくちゃん?」
私「あ、うちの妹です!」
ボスの奥様(噂には聞いてたけどすっげーーーーー美人だった)「妹さんいるの?」
私「います!可愛いです!(聞かれてない)」
ボス「コイツ、妹を溺愛してんの」
私「可愛いですよー♪ね、うちのしなちゃん可愛いよねー」
すいちゃん「そうねー」
ボスの奥様「どんな子なの?」
私「可愛いです!」
ボス「コイツに聞いても無駄だから。(すいちゃんに)どんな子なの?」
すいちゃん「瑠珠さんとはタイプが違いますねー」
私「でも可愛いよね(…我ながらウザいな)」

(最近買ったCDの話)
私「言っても誰も知らないようなのとか、iTunesで売ってくれないやつはCDを買うしかないかなと」
ボスの奥様「例えば?」
私「JIMMY EAT WORLDとか…」
すいちゃん「ああ、JIMMY EAT WORLDいいよね」
私「!!!!!!!もしかして、JIMMYを私に教えたのは、君!?(注:結構前から好きだったけど、誰が私に教えたのか分からずじまいだった)」
すいちゃん「かもなあ」
私「Clarity!?(私が最初に持っていたアルバムの名前)」
すいちゃん「ああ、好きだよ」
私「君だったのかーーーーーーーー!!!!♪(がばっっっっ!!!!!!)きゃー、すきーーー!(がばっっっ!!!アンコール)」
すいちゃん「はいはい」
私「(ここに至ってようやくボスの存在を思い出す)あ、すいません」
ボス「いいよ、そんな君らを見ている俺が幸せだよ」
ボスの奥様「仲いいわねえ〜♪」


…だいたいこんな感じでした。
翌日。
結局ボスにご馳走になったし、お礼メールを出さねば。
駄菓子菓子。
上記やり取りがノンアルコールだったというのが、なんとも…その…言い訳の仕様が…。
ええい。

「昨日はありがとうございました。(中略)隣に友人がいたので、すっかり「素」でお話しさせていただくというサラリーマンにあるまじき振る舞いをしてしまいました。失礼がありましたら申し訳ありません云々」

微妙に人のせいにしつつ、ぽち☆(送信)
…さ、死んだ子の年数えても始まらないから仕事、仕事…。
ぴーん☆(受信)
もうきた!!!

「こちらこそ楽しかったです。すいさんも魅力的なキャラでしたね。神崎さんは『素』の状態が一番力に満ちあふれていると思うので、そのまんま仕事して下さい」(とかなんとか)

…。
怒られてはいない…。
ま、まあいっか!!!
大体俺様に腹芸なんて無理だぜ(居直った)。
すいちゃん、どうもありがとう!!!!!
blogram投票ボタン
かんざき * 職場(学校)にて。 * 14:32 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

休養明け

なんとなく登校拒否明けのような気まずさでおずおずと出勤しました。

同僚たち「おかえりーーー!!♪」
私「ただい………」

私の机の上、一面のジャニーズ。
いたずらは駄目ってあれほど言ったのに!

「いたずらじゃないよ、好意だよ」
「そうだよ、歓迎だよ!」

ざっと内訳。
・23インチのディスプレイ及びパソコン本体…雑誌の切り抜き(手書きの吹き出し付)が所狭しと貼られた紙でカバー。
・マウスパッド…元々あったやつは撤去(!)。なんかPSPの乙女ゲーの記事が丁寧に切り取られてマウスパッド代わりに。
・ミニスキャナー…開けるところには全て切り抜きを貼付け。
・電話の内線表…手書きで「勝利:(内線)77番」と表記(Sexy Zoneの佐藤勝利君だそうで、私全然知らんかったのですが、休暇前に雑誌を見せられて「誰が好き?」と聞かれて「この子かな」と答えたのが仇となった…)」
・電話…受話器のところになんだかわからんキャラクターのシール。
・未開封だった自分用プリンター…段ボールの外側は切り抜きでデコ。でも中は休暇前に保証書取り出しただけのままになってるはず…と思ってあらためて箱から出してセッティングしたら中からKAT-TUNの切り抜きが出て来た。
・椅子…座るところは想定内だったけど、上に置いてあった膝掛けにも切り抜きが貼ってあった。

…とりあえずこのディスプレイのやつどけるよ?画面が見えないから!

「ちぇー。お昼休み、コツコツとはさみとのりを持って会議室にこもって頑張ったんだよ?」

昼休みはちゃんと休め!
あれ、なんかマウスの調子が悪い。壊れたかな。マウスパッドがいけないの?

「あー、それねそれね、裏見て?」

光学式マウスの裏側にはこれまた誰かの切り抜きが。
どうりで動かないわけだーーーーーーーー!!

「あとね、どっかから電話かかってきてからびっくりするといけないから先に言うけど、受話器も持ち上げて?♪」

送話部分に貼られた切り抜き…。
………。

「だってー、『やって欲しい』ってことだったんでしょ?」

違う!

「いやーもう大変だったよう。やってる間にボスが来て『なにこれイジメ?』って言うから『ちがいますー』って言ったら『じゃあそれはいいけど、俺、仕事の書類置きたいんだけどどこに置いたらいいの?』って聞かれたから『どこでもいいですよ♪』って言っておいた!」
「あ、でも神崎さんが帰って来るまでに仕上げておこうと思ったジグゾーパズル(なんだか知らんが作りかけのパズルが事務所にあった)は出来上がらなかったー」
「残念ー」
「ざんねんー」

…ありがとうよ。
何故止めてくれなかった、ボス!
先週仕事してたのだろうか、この人たち。

ま、そんなわけで席はあってよかったです…。
ハイ…。



全く関係ないですが、本日「積極的に好きじゃなかったけど、スティル&ネオと一緒に走ることが多かったので顔見知りのような気がしていた馬」が、どうやら不幸な結末を辿ったらしいという記事を見ました。
G12つも勝っておいて、凱旋門賞に挑戦までしておいて、そんな運命をたどるしかなかったのか。
…そうすると、ともかく生きて表舞台に出ているジューダはやっぱり幸せなのかもな。
競馬ファンとして考えさせられる話でした。
「人も馬も地味ですが、応援して下さい」と言った佐藤哲三騎手の勝利ジョッキーインタビューを見て、少し君を応援するようになったんだよ。
どっかで生きていて欲しい。生きていてくれよな。
タップダンスシチー。
blogram投票ボタン
かんざき * 職場(学校)にて。 * 23:46 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

公開処刑その後

先日の記事の続き。

週明けから役員会議がありまして、あああ胃が痛いぜと思いながら出勤致しました。
果たしてボスを筆頭になんだか重苦しい雰囲気。
あああ…なんて気分屋なんだこの人たち。機嫌がいい時だったらドラえもんのネタで15分くらい好き勝手喋って爆笑してるくせに、今日のこの空気の重さと言ったらもう…。この上俺が作った資料が間違っていたらどうしてくれよう。びくびく…。

そしてほんのちょっと議題が途切れた時、役員の一人が私に向かって発した台詞。


「コミケどうだった?」


……………………………………………………。

…もう何も言うことは特にないの…ええ、もう、ないの…。ガクリ。

ついでに役員会議の日程を決めたのは私なんですが、月曜は避けた方がいいんですって!
みんな休みボケで眠くてノリが悪いんですって!
なにその大学生みたいな理由。ちくしょう!
っていうかそれを会議が終わった後で言わないで!先に教えて!


誕生月の買物が順調に進んでおりまして、カードの請求が来たら俺はどうなっちゃうんだろうと思いつつ、「なんとかなるさ!」とやっております。
戦利品の一つ、ブラウンのマルチブレンダー…だっけな。そんな名前のハンドミキサーが大変によろしいです。
ポタージュスープが作り放題だ!
ピザソースだって簡単だぜ!
我がお買い物に悔いなし…♪
これが終わったらしばらく大物を買う予定はないし、つつましく。
…と思っていたら。

「『リーガル・ハイ』Blu-ray BOX
発売日:2012年12月5日(水)
仕様:全11話/7枚組(本編ディスク6枚+特典ディスク1枚)
価格:29,610円(税込)」

ですってさ!!
さすが古美門先生、ボーナスを狙い撃ちにしてくるとは………。
あああでも楽しみです。買うぜ。
特典ディスクで栄子さまが温泉に入ってくれてますように!(オヤジ)
blogram投票ボタン
かんざき * 職場(学校)にて。 * 22:27 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

ソロデビュー戦

先月、先輩からわけもわからず引き継いで、何が何やらよくわからないまま迎えた役員会議。
今月は資料作成から発表までオール自分になりました(先月は途中まで資料を先輩が作ってくれてた。しかしそれがかえって仇となり、一体どうやって途中まで作ったのかを自分で模索する羽目になった)。

よりによってボスのデータでミス発覚とか、事故が色々ありまして。
しかし「では、今月の役員会議を終わります」と言った後。緊張と失態と、ともかく終わったとか色々で、テーブルに突っ伏すしかなかった私に、次の会議で早抜けしたボス以外の方々が揃って、

「初めてにしては上出来上出来!」
「よくやったねえ」
「頑張ったねえ、全然問題ないよ」

とか、社会人になって貰えるほめ言葉としてはちょっと稀なことを口々に言って下さいました。
その時は嬉しいとかいうよりとにかくヘロヘロになっていたのですが、とにかくやれたなあと思うと、じわっと嬉しいです。
クビにならなくて済むかしら……(小さい)。

とにかくやり切りました。
フヘー。
疲れた。
デビュー戦としては、どうかな…とりあえず逸走はしなかったってとこかな。
次は未勝利戦で頑張ります!(←負けてんじゃん)
blogram投票ボタン
かんざき * 職場(学校)にて。 * 20:56 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

【ピンチ】

たぶんかぜぎみ。

さむけと
はなとー
せきとー
くらくらする〜
土曜日薄着でふらふらしてたせいか?ちくしょう

添い寝してくれる虎徹さんがいてくれたら〜〜〜〜〜〜〜〜

そんな妄想をしている場合ではなく月初の処理が私のキャパ3倍くらい越えてたまっていますので、割とピンチです。
にっき…ひかえよう…
料理…できるだけしたいんだけどなーーーー…コンビニで晩ご飯買うのだけはヤだ。なるべくねよう……
おやすみなさい。えへへへ。
blogram投票ボタン
かんざき * 職場(学校)にて。 * 01:57 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

新職場日記(3)

日々「うっかり〆切過ぎてるものがあったらどうしよう」とびくびくしている私。
今のところ大丈夫?大丈夫なの?
でもすごーくささいなケアレスミスとかしてたりして、自分を蹴っ飛ばしてやりたくなったり。

先輩のマニュアルがあんまり当てにならない(っていうか色々前提をすっ飛ばしているのですごく分かりづらい)ので、自分で流れを考えていったら不意に分かったことがあって、とてもすっきりした。
こ、こういう流れだったのかー!

月の上旬が待ったナシで忙しくなる予定なので、今のうちにやれることはやっておこう…と思って細かい作業を色々やったり、勉強したりしながら残業をしてたら、同僚秘書さん(スタイル抜群の可愛い系)が私の席に立ち寄って、

「神崎さん、大丈夫ですか?私に出来ることがあったら、なんでも振って下さいね」

と言ってくれた。
ちょっと涙が出そうになった。
私が「この処理の方法を変えたいんですけど、協力してくださいー」とメールを流したら、全員快くOKしてくれて、「他にも協力出来ることありませんか?」とか追記してくれたし。
(前のやり方が悪すぎたせいもあったと思うけど)
あー、うれしいなあ。
……試用期間にクビにならないように頑張ろう……。

帰り、色々と(主にタイバニ)考えながら電車に乗っていたら、前の職場の後輩が不意にメールの返事をくれた。
君が一番心配だったのだよーーー!
大変だろうからレスしなくていいって言ったのになあ。まったく。
来ただけで嬉しかったそのメールの最後には、「神崎さんの方がよっぽど大変だと思う…。あまり無理しないで下さいね〜」とあった。


…がんばろっと。
blogram投票ボタン
かんざき * 職場(学校)にて。 * 23:16 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ