ネオイヤー開催中!

競馬の話が続いてすみません。
ドラマの話とか映画の話とか書きたいことあるんですがまず!!まずこっちが!!!

NHKマイルカップ(G1)、ネオの孫娘が勝ちましたーーーーーーーー!!!!!!

やったーやったーやったーーー!!!!
やったーー!!!!(駄目押し)

マイルカップにはネオの息子ヴィクトワールピサの息子(ややこしい。ネオから見たら孫息子です)のアウトライアーズが出ておりまして、皐月賞の借りを返せと息巻いていたのですが、これがまた「帰れ!」とテレビの前から鞍上の田辺騎手に罵詈雑言を浴びせてしまったほどの惨敗。
くうぅ、勝ったのは誰だアエロリット?しらん女の子だ…と思ってよくよく見たら父クロフネ、母の父がネオユニヴァースだったではないですか!
うおおう母父はチェックが漏れていた!ネオの血族はアウトライアーズだけだと思ってたよ!俺のバカ!
それにしても、よっしゃーよくやったこの孝行娘!偉いぞ!しかも鞍上は横山典弘騎手。ネオの息子ロジユニヴァースでダービーを勝ってくれた名騎手ではないですか。すんばらしい!

さらにさらに、裏開催の新潟では新潟大賞典(G3)をネオの息子サンデーウィザードが勝ってくれまして、ダブルで素晴らしいことに。
はー、先週のネオリアリズムを皮切りにもう今年はネオイヤーなんじゃないの?どんどん行ってよろしくてよ???と春を謳歌しております。
ふー、幸せだ!!連休終わったけど!(涙)
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 23:33 * comments(1) * trackbacks(0) * - -

その先にある未来

大阪杯も桜花賞も皐月賞もすっ飛ばして私が一番ドキドキしていた春のG1!…は国内のそれではなく海の向こうの香港で開催されたクイーンエリザベス2世カップ。
ついに…ついに、私の最愛牡馬ネオユニヴァースの息子、ネオリアリズムが悲願の!!!!悲願のG1初制覇を果たしましたーーーーーーー!!!!!あーーーーーーーーーーーーーやったーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!
やったーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!(大事なことなので2回言いました)

ネオリアリズムが私にとって他のネオ(ややこしくてすみません。私が「ネオ」と言ったらネオユニヴァースです)の子供より少し特別なのは、実際会っているからと、会った時間と場所が特別だったからです。
2015年9月5日。札幌競馬場。
私が初めてネオと会えた日。
最終レースに出る予定だったネオリアリズムは、私が彼の父を待ってパドックに張り付いている間に私の目の前を周回していました。
そして見事最終レースで勝って、ネオの来場に華を添えてくれました。
(詳しくはこちら
その時に出ていたレースは1000万下(注:レースには賞金によってランクがあって、未勝利→500万下→1000万下→1600万下→オープンとランクアップしていきます。馬齢が若いとまた違うのですが面倒になるので割愛)の日高特別でした。
そこからコツコツと頑張って1年後の札幌競馬場では1000万下ではなく、オープンの中でもランクがそれなりに上のG2札幌記念に出走。G1レース6勝の名馬モーリスを2馬身ちぎっての勝利。
そこから進んだG1マイルチャンピオンシップでは浜中の野郎がやらかしてくれた大斜行のおかげで3着と悔し涙をのみ、次の香港マイルでは9着。
年が明けて立て直した中山記念で見事勝利し、そして進んだクイーンエリザベス2世カップでした。


レースはネオリアリズムのスタートがあまり良くなく、大丈夫かなとやきもきしていたら超スローの流れになり、残り1000メートルで勝負に賭けたモレイラ騎手の好判断で一気に先頭。そのまま押し切って見事勝利してくれました。
先頭に立った時イレこんでいる様子がなかったのでこれはいけると思ったのですが、そうは言ってもわからないし、残り200メートルの表示の時にはテレビにかじりよって「頑張って!!!」とかなんとか叫んでいました。
ネオリアリズムはすごく頑張ってくれて、そのまま後続をしのいで見事栄冠をつかんでくれたのでした…!!!


もう…ほんと嬉しかったです。ただただ嬉しかった。
ネオの子供がG1を勝ったのは2011年ヴィクトワールピサのドバイワールドカップ以来6年ぶり?エエエエエ。
そうかーーー…そりゃ嬉しいよなあ…(しみじみ)。
実況で「父ネオユニヴァース」と言われた時の嬉しさ。
香港レースの映像をタダで見せてくれた(普段は有料)上に「偉い種牡馬ですねー」と言ってくれたグリーンチャンネルには足を向けて寝られません。
あと嬉しかったのは、ネオの産駒で晩成タイプというか、本格的な古馬になってからG1勝ってくれたのってネオリアリズムが初めてだったんですよね。
ヴィクトワールピサのドバイも古馬になってからといえばなってからなのですが、なりたてだったもので。
ネオが怪我で越えられなかった4歳夏の壁を越えてくれた、初めての馬。
その先にある未来がどんなものなのか、また夢が繋がって楽しみになりました。


同日に行われた春の天皇賞も、武豊騎乗のキタサンブラックがこれまたオヤジも唸る「古き良き強い馬」的な勝ちかたをして「ほほー…近年稀に見る良い春天」と思ったので、とても良い週末でした。
はああ、何回レース映像見ても良いわ…はああ…(悦)。
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 23:56 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

ネーミングとライオン

♪ピロリン♪

おや、親友兼競馬師匠のありちゃんからメールだ。なになに。

「アパパネの第二子が『ジナンボー』という名前だと知って、膝崩れるかと思った………」

…………。
今私の膝が崩れました。

「うっ。
責任を痛感したけれども、一人じゃ抱えきれないと思って。
オーナーが誰かまでは確認してないけど、金子さん(注:アパパネの馬主)のセンスじゃないよねえ?」


金子さんと言えばハワイアンだからなあ。
馬主が誰だかわからんが、今後どうすんだよ!

「間違って(?)ダービー馬になられたりしたら困るよ(涙)」

しかし血統的には名前を言ってはいけないあの馬とアパパネという金子さん的ダビスタ配合…。
いや、◯冠ベイビーほど走らんというジンクスに期待するしか!!


…どうやら名付け親は金子オーナーという噂が。
よほど期待薄なんだと思うことにしました。ええ。
私たち二人では抱えきれないと思ってここに広める次第です。


後半タイトル。
3月のライオン後編をみてきました。
ストーリーはゴミでしたが(酷い)、ラストシーンの神木くんが青鼠色の着物に縹色の羽織(そして眼鏡)だったんで、ああ私はこのために140分耐えてきたんだなって思いました。
テレビでやったらラスト5分だけ録画しておきたい。
次は美女と野獣とかだー!!!
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 00:01 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

春のG1戦線

…ってやっぱり桜花賞から始まってほしいんですよねー。
正確には「春のG1クラシック戦線」でいてほしいんですよねー。
大阪杯ってほんとなにそれ。いや、もっと「なにそれ」になるのはホープフルSなんでしょうけれども。

ともあれ桜花賞は「ファンファーレやりなおせ!」(レース前)「池添かよ!」(レース後)と親友兼競馬師匠のありちゃんとユニゾンで叫んでいたら終わりました。レーヌミノル…ミノル女王ってどうなのか…仕方ないけど…。
ソウルスターリングとミスエルテでワンツーになってくれないかなあと思っていたのでそこは残念。
皐月賞は「ファンファーレ(再)!」(レース前)「…誰?」(レース後)と言っていたら終わりました。ううーん。皐月賞はとてもごちゃごちゃしたレースでしたね。唯一のヴィクトワールピサ産駒アウトライアーズを大外にぶん回してくれた田辺騎手ありがとう(激怒)。ちくしょう!

オークスとダービーはどうなるのかなあと思いつつ、先に私が気になるのはクイーンエリザベス二世カップの方ですね。
ネオリアリズムが出るからね!
ドキドキ。
そんな感じで今年もゆるりと競馬を楽しんでいきたいと思います。にひ。
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 23:30 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

ぐぅぅぅぅう。

宿題1こあるのですが、競馬に関して書かにゃーいかんことがあったのでちょっとそっち先。


・ウイナーズサークルへようこそ
「ライアーゲーム」で有名な甲斐谷忍先生の漫画。へーほーと思いながら買っていました。
で、先日9巻発売。表紙の「黄金旅程」なんて簡単すぎる表記はともかく(ともかく?)、帯に「ここに完結!!」の文字。
ええええ????終わるような話展開じゃなかったですけど!?なんで?と思いながら買って読んで最後までたどり着いたら、「トーナメント準決勝進出」で終わってました。
エエエエエエエエエーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!
…な…なんなの…………ちょっと………。
打ち切りだったらしいです。さすがジャンプ系列。
それにしたってもうちょっとどうにか………。う、うぇぇぇぇん。
馬券購入術を漫画にするのは無理があったのか…グス。
出鳥澄夫先生とか丸善鋤とかしょうもない小ネタもわりと好きだったのになあ。グス。


・マイルチャンピオンシップ
外出先から走って発走1分前に帰宅し、テレビをつけてレースを見たらあのざまですよ。
(1着入線のミッキーアイルがものすごい斜行をやらかし、上位入線馬悉く影響を受けるも騎手が騎乗停止8日間のペナルティーを食らっただけでおしまい)
あれ、ディサイファに乗ってたのがユタカじゃなかったら落ちてたでしょ。
あれで降着じゃなかったら何を降着にせえというのか。ユタカにもしものことがあったら降着だったのか。そこまでしないとダメなのか。
私が応援してて結構いい線にきてたネオリアリズムも不利を食らったのが痛いですが、このやったもの得のルールほんとなんとかならないかな。世界基準とかどうでもいいよ。ガラパゴス文化万歳だ。
「勝った馬に罪はない」というのなら被害馬にはもっと罪がないし、G1の着順なんてはっきり言って馬の引退後の生死がかかってるんだから、馬のせいにしないでほしい。
そして割を喰うのは立場の弱い馬と騎手だけっていうのもほんと納得いかない。馬主をどうするかはともかく、調教師には確実にペナルティーがないとダメだと思う。
我が親友兼競馬師匠のありちゃんが、「悪辣なオーナーや調教師に『お前が騎乗停止になろうが知ったこっちゃないから、意図的に他馬を妨害してでも勝て』とか脅されるケースもあるかもしれないじゃないの」と言っておりましたがほんとそう。
海外は売り上げをたぶんそれほど馬券に頼っていないから馬主寄りのルールでいいんでしょうが、日本は馬券を買って支えているファンで成り立っているわけなので、少なくとも「悪い奴は成敗される」というルールがないと先はないと思うのです。


・有馬記念ファン投票
もー、JRAに文句を言いたい!と思ってJRAのホームページから苦情受付フォームがないか探そうと思ったら有馬記念ファン投票をしていなかったことに気付きました。
あっぶねーー。
すませました(義務)。


ぜはー。
むきーぽきーくきーーーー!!!(憤懣やるかたなし)
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 23:34 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

おう松さん………。

私が凱旋門賞の馬券をうっかり買って、買った馬が軒並み沈んで悪いことしたなァと思ったり、秋華賞で「なんでここでよりによってユーイチくんが…!!!」とムキィとなっていたり菊花賞のCMを見て「馬全然出てないじゃん!!」と憤慨していたりした間にJRAがひどいことになってました。


走れ!おう松さん
JRA×おそ松さん


…誰これ考えちゃったの。
そらおそ松兄さんは競馬大好きだけれども!だからって!!!
ページをよく見てみたらばCMは作ってるわ限定WEBムービーは作ってるわミニゲームは作ってるわなまじJRAが金持ちなだけにひどいことになってんなこれ!!
年末の有馬記念までがっっっつり離さへんで!なイベント目白押しで、しまいにTVアニメ特番までやるそうな。
グッズ販売に至っては少なくとも府中は開催日の9時半から10時45分までに抽選券を配布。販売時間は11時20分、13時、14時50分の3回で、このうちのどこか1回に当たれば買えるそうな(複数回当たることはないらしい。たぶん)。
当選者は1日1000名。
しかもしかも、10月29日〜と11月19日〜は売ってるグッズが違うんですって!
(てことは中山も同じようなパターンであろう)

なんていうか、
完全に金の使い方を間違えているJRA。


…………だってこれでグッズ買いにきたお嬢さんたち、馬券買ってくれないだろう…………。(一応抽選券と一緒にUMAJO入門書(女性向け競馬場案内冊子)を配るらしいけど)
そしてオールドファンは間違いなく眉をひそめるであろう。
大丈夫か………。

ま、でもTVアニメ特番は楽しみですけれどもね!(←駄目人間)
成り行きを見守ります。
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 23:10 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

世紀の発見

今回の記事は「源氏物語」とかなり前の「真田丸」のネタバレがありますが、かなり前だからいいよねってことで。
まだみてないし知りたくない!という方は回避で。




しばらく前に、我が親友兼競馬師匠のありちゃんと真田丸を見終わった感想を話していました。
主人公の兄が地震が起きた時嫁(正確には1人はもう嫁じゃないのだがまあいい)二人のところに行くというエピソードがありまして。

私「地震の時は二人両方のところに行くって律儀なのかバカなのか」

ありちゃん「源氏物語で、落葉宮のとこにも雲居雁のとこにも月半分ずつ通う、ってのあったよね…。
兄上は真田家の夕霧(苦笑)」


「あった。しかし常々『藤内侍は無視かよ』と納得がいかないでいる私」

「ああ、五節の舞姫!
やっぱり夕霧は好かん。
薫はもっと好かん!」


「縁が切れてるならまだしも、落葉宮の養女にして匂宮に嫁がせた六の君は藤内侍の子だもんねえ。
更に言うなら六の君の裳着(注:当時の女性の成人式。男性でいう元服)は異様に遅い(はっきりとは覚えてないけど二十歳超えてるくらいだと思った)んだけど、夕霧がほっといたからじゃね?って思ってる。
うーん、やはり宇治十帖はいかん」


「六の君が美人じゃなかったら死ぬまで放置してたな。くそぅ、クズ男めっ」

「でも全体的にデキがいいのは藤内侍腹の子たちだったんだよねー。
うーむ、源氏も夕霧の代で実質終わりじゃね?」


この日はこれで終わりました。
次の日、我々に神が降りました。

「ふと思ったんだけど、昨日の話を総括すると『頭中将より朱雀帝より、ブルードメアサイアー(注:母の父)として惟光は優秀』ってことにならね?」

「なんてメジロマックイーンなんだ惟光」

「じゃあ夕霧はステイゴールドなのか…(合ってそうなのがまた不満)」

「あっ。源氏がサンデーサイレンス。すげえええ合ってる!!!
すごい発見じゃない!?
頭中将はノーザンテーストなのか?」


「ものすごい説得力(笑)。
ネオに当てはまるキャラが思い当たらない(だってダメ男ばっかだし…)のが残念」


「柏木はスペシャルウィークか…あ、あれは父サンデーサイレンスだからだめだ。誰だ、ノーザンの牡馬でデキのいいやつ」

「うーん。アンバーシャダイかダイナガリバーくらいしか思い浮かばない上に、どっちも『薄幸の御曹司』感はない(断言)。
波乱万丈な感じから、どっちかといったらダイナガリバーの方かなあ」


「惜しいなー。そして冷泉帝に当てはまる馬もなかなか迷う。ダンスインザダークか?なんか違うか?」

「ダンスインザダークは確かに『薄幸感』あるよね。あと、姉のダンパ(ダンスパートナー)とケンカしたら絶対負けそうなところもそれっぽい」

(中略。書き出してみたら結構長いよ!)

「とりあえず源氏がSSで惟光がマックイーン、夕霧がステゴ(しつこいようだが不本意)ってとこまでは完璧な布陣だと思うので、分かる人には是非伝えたいよね」

「そうなのよ。個人的にはノーザンが頭中もオッケーだと思ってるのよ。
世紀の発見なのに!」


「わかる人どこに棲息しているんだろう。競馬場にはあんまりいないってことだけはわかる」

しばらく考えて1人ヒットしました。
いたーーー!!!!!!!
Fちゃんという友人がいました!
国文学の権威。専門は中古文学ではないけれど源氏くらい常識レベルでわかるから大丈夫。
そしてなにより彼女のダーリンはステイゴールドではありませんか!!!

「それは素晴らしい。…しかしFさんも夕霧嫌いだったらどうしよう(苦笑)」
「わかんないけど、おそるおそる聞いてみよう」


そして彼女に聞くときに、私にまた神が降りました。
ひょっとして頭中将はノーザンでもいいけどブライアンズタイムでもよくね?
なのでそれを付け加えて送った結果。

「うむ、ハマり具合は悪くないね!むしろ気持ちいいくらいだわ。
源氏=SSと惟光ブルードメアサイアー説には異論なし。
夕霧は地味だしときどき腹たつし個人的に好みではないけど、ステイのポジション的には仕方ないか。
藤内侍がオリエンタルアートってとこね。
(わかってらっしゃる!!!)
頭中将はどっちでもよさそうだけどお顔の造りからいったらブライアンズタイムかな?」


おっしゃーーーーー!!!
報われたーーーーーーーーー!!!
なにこの「伝わった」感。
さっそくありちゃんに報告しました。


「あ。頭中将がブライアンズタイムなら柏木はナリタブライアンでいいじゃないか。
薄幸要素は文句なしよ?」


「それだ!!!早生するし!!それだそれだ!!
(じゃあビワハヤヒデは誰だよという問題には目を瞑る)」


「そもそもパシフィカスにあたる『柏木の母』がわかんないからなあ」

「しかも異父兄弟か。無理だな。
で、弘徽殿の女御(若い方ね)がファレノプシスか。雲居雁がシルクプリマドンナかチョウカイキャロル?」


「チョウカイキャロルの方かなあ。アマゾン様とタイマン張れる度胸もあるし、『肝っ玉母ちゃん』も向いてるだろう。
ファレノは素敵。あ、玉鬘がファレノでもいいな」


「あっ、玉鬘がいたか。
じゃー消去法で弘徽殿がシルクプリマドンナか?五節の君はナリタルナパークとかでいいんだろうか」


「渋いところをついてきたね。うん、やっぱりノーザンよりブライアンズタイムの方がいろいろ楽しいから、頭中は決まりだ」

「知らないけどwikiでブライアンズタイムの産駒を探した(笑)。五節の君はG1馬じゃないなーと思って。
うん、ハマるね!これもFちゃんに聞いてみよう!」



そしたらFちゃん絶賛の末、

「個人的にはシルクジャスティス推しなんだけど、さすがに該当者なしかな…」


…なしだね…。頭中将の息子は柏木以外空気だからね…。


そんなわけでFちゃんのリクエストに応えられなかったのは残念ですが!
どうですかこのハマりっぷり…。惚れ惚れ。
絶対誰かが言ってるはず!と思って探したんですが出てこなかった…。どうして誰も気づかないんだ。
学会で発表した方がいいんじゃないのかしら。
打って出るか。…しかし審査する先生のうち競馬わかる人何人いるんだ。
くそー、わかってくれれば世紀の発見なのにーー!!!
ジタバタしたのでここで発表することにしたのでした。
誰かわかって!!!(切実)
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 22:57 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

やったー!

札幌記念、ネオリアリズム勝利ーーーーーーーー!!!!


わーいわーいわーい!!大変嬉しかったです!やった!!
ネオの子が重賞勝つの久しぶりで…ううう!!
嬉しいよう嬉しいよう!
そして2着にモーリスというのがまた嬉しい。理想のワンツーになりました。
思えばネオリアリズムは、1年前私が最愛牡馬ネオユニヴァースに会いに行った時の最終レースで勝ってくれた馬…!
パドックでこちらを見てくれたなあ。うっとり。
というわけで大変嬉しかったのです。
「この子札幌競馬場大好きっ子では」という疑問もあるにはありますが、とりあえずね!秋天目指して頑張ってほしいものですよ。イヒヒ。


競馬関係ではもう一つ書きたいことがあるんですが、時間がないのでそのうち。
全く関係ないのですが、腱鞘炎は治りました。
医者の盆休みの間頑張って湿布して耐えて、一度悪化してどうにか持ち直してきたかなーってところでお盆明けの医者に行ったら、

「注射しましょっか」

ですってさ!!!
なんだよだったら最初から打ってよ!「癖になるからやめときましょう」とか「母乳に影響が」とかそういう意味だと思って我慢しちゃった私のお盆休みを返して!
で、前の整形外科では注射を打った当日は入浴どころか水仕事もダメ、母乳も2日ほどダメだったのですが、今度の整形外科では「母乳?大丈夫ですよ。入浴?平気ですよ」ですって。
なんなんだろう…(同じ薬じゃないのかもしれないけど)。まあいいや。そんなんで私は元気です。
しかし原稿はピンチです。うあああああ。
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 23:19 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

新・死神

「同僚ねこが買う馬券は当たらない」というジンクスがありまして、彼女はまんまと死神の称号を手に入れました。
じゃあなんでこのタイトル?なわけですが、3月からコツコツ仕込んでいたネタを今更披露するわけです。


ことの起こり。
今年のはじめあたりで、やたらデムーロとルメールが重賞でワンツー決めてた時期がありまして。


だったら買えば儲かるんじゃない??


…と安易に考えた結果どうなったかっていう話ですよ。
アハハハハ。
全レース買ったらそりゃ赤字になるので、ルールとしては以下のとおり。

・ルメールもしくはデムーロが乗る重賞レース
・購入は単勝&複勝100円ずつ

これだけ。
100円×2人分×単勝&複勝で1レース最大400円。この場合どんなに当たっても単勝の100円は損する計算ですが、それがなにさ!二人がワンツー決めてくれれば儲かる!ひゃほい!
…今考えると、どうして馬連買わなかったの?って話なんですが、まっっったく頭にありませんでした。アハハ。
レッツ勝負!


3/13 フィリーズレビュー
リルティングインク(ルメール) 6着
ナタリーバローズ(デムーロ)  16着

…のっけからカスりもしない馬券になりました。
こ、こういうこともある!

3/20 スプリングS
ミッキーロケット(ルメール) 5着
阪神大賞典
トーホウジャッカル(デムーロ)7着

この日は珍しく二人が東西にばらけてくれたんで、それぞれ勝ってくれれば無駄なく儲かったんですが。
っかしーなー…。


3/26 日経賞
アルバート(ルメール) 4着

この週デムーロはドバイ出張。
そこで勝利。ちょっとーーーー馬券買えないじゃないのよーーーー。


3/27 高松宮記念
アルビアーノ(ルメール) 3着

あ、ありがとうルメール!!
複勝とった!170円…………………。


4/3 産経大阪杯
ラブリーデイ(デムーロ) 4着
ダービー卿チャレンジトロフィー
サトノアラジン(ルメール) 3着

また二人が東西に分かれました。よし!と思ったらデムーロが複勝圏内からはじき飛ばされました。
ちょっとー。
ルメールありがとう160円。


4/9 阪神牝馬S
スマートレイアー(デムーロ) 1着
ミッキークイーン(ルメール) 2着

やっときたぜワンツー!!!!
ほらー儲かるよ!!!
…400円買って払い戻し500円。
い、いや、勝ち癖をつけることが大事じゃない!?そうじゃない!!????


4/10 桜花賞
メジャーエンブレム(ルメール) 4着

ジュエラーは買わないよ!
ここまでの己の成績を鑑みるとちょっと恐ろしくなったんだもん…(チキン)
果たして私が買わなかったせいなのかわかりませんが、桜花賞おめでとうジュエラー!!


4/16 アンタレスS
サージェントバッジ(デムーロ) 3着
センチュリオン(ルメール) 16着

デムーロありがとう440円!
盛大にトバされたルメールよ…。


4/17 皐月賞
サトノダイヤモンド(ルメール) 3着
リオンディーズ(デムーロ) 5着

ありちゃん(親友兼競馬師匠)のお父様がPOGでサトノダイヤモンドをご指名だったそうで、大変心が痛みながらも「いや、儲かればいいんだし」というわけで買ったんですよ。
私は複勝とったけど…なんだかスイマセン…。
ついでにデムーロは2年連続皐月賞で騎乗停止!
どうしてくれんのーー!!!ばかーっ!!!


4/24 フローラS
チェッキーノ(ルメール) 1着

払い戻し800円!ワーイワーイ。


4/30 青葉賞
レーヴァテイン(ルメール) 3着

えらいぞルメール!ワーイワーイ。…160円…。


5/1 天皇賞・春
アルバート(ルメール)6着

………デムーロがいたら…っ!!!


5/7 京都新聞杯
ブラックスピネル(ルメール) 4着

お、惜しかった!!


5/8 NHKマイルカップ
メジャーエンブレム(ルメール) 1着
ティソーナ(デムーロ) 17着

メジャーエンブレムおめでとう!230円だ!しかし負けすぎだデムーロ!
確かこの頃、「これ、いつまでやろうかな」と思い、「POGと同じでダービーまで」という方針を決めた気がします。


5/14 京王杯スプリングカップ
ロサギガンティア(デムーロ) 3着
ダンスアミーガ(ルメール) 14着

ウーームなかなか二人で複勝圏内にきてくれない。もどかしい。


5/15 ヴィクトリアマイル
ルージュバック(ルメール) 5着
クイーンズリング(デムーロ) 8着

ルージュバックーー。ごめん!!


5/21 平安ステークス
ロワジャルダン(デムーロ) 10着

ヨーロッパにはダートがないから、デムーロも最初はダート下手だったんだよ、とありちゃんからききました。
きっとまだ慣れてないの!(前向き?)


5/21 オークス
ビッシュ(デムーロ) 3着
エンジェルフェイス(ルメール) 10着

アーアーもうジュエラーいないんじゃまったく盛り上がらない。
乗り替わりの割にデムーロが頑張ってちょっとびっくりしました。すごいね。


5/29 ダービー
サトノダイヤモンド(ルメール) 2着
リオンディーズ(デムーロ) 5着

なんかゴメンサトノダイヤモンド。いやでもサトノの馬だからしょうがない気もするけど。
騎乗停止からのこのこ帰ってきたデムーロもかろうじて掲示板かぁ。やれやれ。


5/29 目黒記念
タッチングスピーチ(デムーロ) 6着
スーパームーン(ルメール) 7着

いつからかダービー後のおまけレースのようになってしまった目黒記念。
見事に二人で並んで決めてくれました!前に5頭ほどいなかったら私の目論見通りだったのに!


勝率とか収支とか計算するつもりは全くないのですが(ないのかよ)、ま……。

私もなかなかの死神だよね、ってことで!!(涙)
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 22:55 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

名馬は諦めない

彼はただ走っていた。
最初の栄光から既に3年以上の月日が経とうとしていた。

「こわくないの?」

最初の栄光を並んで受けた彼女が尋ねた。

「どうして」

「だって…走るのって、怖い」

彼女はもう恐怖で走ることはできなかった。

「自分が傷つくのはまだ…我慢できるけど…できなかったけど…。でも、人を傷つけるのかもって思ったら、怖いよ」

「そうだね」

「だから…ずっと走るのって、こわくないのかなって」

「僕は怖くない。…怖いとかそういうんじゃない。うまく言えないけど、怖いとか怖くないとか、そういうんじゃないんだ。走るだけだ」

「走らなきゃいけないの?」

「走らなかったら、届かないから」

彼はひたむきに走っていた。結果はついてこなかった。
期待していた人たちもいつしか去り、「まだ居たの」「可哀想に」という屈辱的な声も聞こえていた。
共に走った仲間たちのある者は諦め、ある者は怪我を負い、いつの間にかいなくなった。
彼より若い者たちもどんどん出てきていた。
そして彼女も傷ついたまま去った。
それでも彼女の分までという気持ちはなかった。彼女はできることを尽くして去ったのだから。
彼はただ走った。

そこに待っていたのは、一つの栄光。
諦めなかった彼が確かに掴んだ印。
勝利と名馬の称号だった。

「おめでとう」

真っ先に祝福したのは彼女。
この先にまたどんな景色が待っているのかわからない。
諦めなければ栄光をつかめるという保証はない。
それでも。

「もう少し、先を見たい」

彼はまた顔を上げた。


…競馬の話題が続いて恐縮なんですが。
安田記念ロゴタイプ勝利、おめでとーーーーーー!!!!!!!!!!
モーリスが勝つのと同じくらい嬉しかったです。嬉しいっていうか、「よかったねーーー!!!」と素直に祝福したい気持ち。
朝日杯と皐月賞を勝って、それからどうなるのかなーと思ったけどなかなか勝てなくて…。でも今見たら2桁着順に落ちたことはないんですね。コツコツ頑張っていた感じ。
それで、朝日杯(主に牡馬)といえばペアになるのは阪神ジュベナイルフィリーズなので、ロゴの同期は誰だっけなと思ったらローブティサージュちゃんで。これまたゲートが苦手でひどく鞭打たれて傷ついたり、結果的に引退レースになったところで乗っていた福永騎手が怪我したりと随分大変な現役生活を送っていた子で、ロゴもティサージュちゃんも苦労した2歳王者だなあと思ったらなんかちょっと久しぶりに書いてみたくなりました。
タイトルは「ダイヤモンドは傷つかない」みたいにしたかったんです。ジョジョ読んでないんですが。あんまりそれっぽくならなかったなあ。
でも、諦めなかったら必ず名馬になれるわけではないけど、諦めたらそこで名馬になる可能性はなくなってしまうってことをあらためて実感した安田記念でした。
ウオッカやアグネスデジタルが勝ってたり、割と好きかもですね、安田記念。
ともかくほんとにほんとによかったね、ロゴ!!!
そしてモーリスも負けて尚強しの内容でした。
秋が楽しみです。
ジュエラーも帰ってきてくれるかもだしね!(涙)
blogram投票ボタン
かんざき * 競馬について。 * 23:27 * comments(8) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ