アドベンチャー白浜(6)

<3日目・アドベンチャーワールド・PM>
さて、お腹もいっぱいになったし遊園地ゾーンに戻りますよ。
一つ二つ乗ったところで、息子が「あの中で遊びたい!」と言い出しました。
なにかというと、「わくわくキッズジャングル」!
4歳以上なら保護者同伴なしに(重要)入れて、40分600円(フリーパスを持っていたら400円)で自由に遊べるエリアです。
でかい滑り台やボールプールなど様々。
よし、では行っておいで。パパとママは外で待ってるからね☆
理解のあるフリをして笑顔で息子を送り出し、よっしゃー!と作戦会議。

夫「ビッグアドベンチャーコースター乗ってきたい」
私「ブリーディングセンターをもう一回見てきたい」

というわけで順番で行くことにしました(さすがに二人ともいなくなるのはまずいので、片方が残ってキッズジャングルの外から見守る感じで)。
夫が絶叫マシンに乗ってきたあと交代し、私は単身ブリーディングセンターへ。結浜ちゃーん、永明パパー!
と思ったら。


永明パパがお帰り遊ばしており、良浜(らうひん)ママがおったーーーー!!!!!


わあぁぁぁおう!!!
白浜で初めて生まれたパンダである良浜ママ!!浜家のゴッドマザー梅梅(めいめい)の娘!!(梅梅は中国から出る直前に発情期を迎え、急遽人工授精をしてから白浜に来ることになりました。その後白浜で生まれたのが良浜なのです。梅梅はその後永明との間に6頭の子をもうけ、「浜家のゴッドマザー」と称されることになりました(NHKファミリーヒストリーより)。そんなわけで永明と良浜は夫婦であり義理の親子でもあるという、人間だとなかなか複雑な関係)。

良浜ママは隣で爆睡していた結浜を他所に(結局起きてる結浜には会えなかったな)他のどのパンダよりも活発に動き、水を飲むところまで見せてくれました。
可愛いッ!





良浜ママを堪能し、キッズジャングルに戻ります。息子回収の後イルカショーへ。昨日見たものと同じですが、もう一度見ておこうと思って。この日は前の日とは逆サイドから見まして、それも新鮮でした。2日連続観てもいいわー。素晴らしいわー。
イルカショーが終わったら一家揃ってブリーディングセンターにゆき、皆で良浜ママに挨拶。
また来られるかなー。来たいなー。またね!



この後は昨日体力が尽きて逃した、ホースパフォーマンス「With」へ。早めに行って場所取りしないと。イルカショーみたいに人気なんでしょう!?急げー!!まだ乗り物に乗りたいという息子よ、座って観られなくなったら大変だから急いでー!!!
…ちょっと早く着きすぎたか、「え、ほんとにここでやるんですよね?」と不安になったくらい誰もいませんでした。エー。
拍子抜けしたものの、この会場の近くにはアレがあります。そう、パンダラブ!!!
隙あらばパンダを観に行こうという私。しかたないよこのために来たのだもの(みつを)。
そして行ってみたらば!!


桜浜ちゃんおるーーーー!!!!!
桃浜ちゃんはお帰りになったようです。代わりに双子の桜浜ちゃんが出てきてくれていました!これで白浜のパンダコンプリートだっっっ!!!(伏線回収)
嬉しーーーーーっ!!!



なんか面白い感じではまってくれたのでもう一枚。
ありがとう桜浜ちゃん!!!







パンダコンプリートの興奮もさめやらぬまま、ホースパフォーマンスの会場に戻ります。
あ、お客さんがいる(失礼)。
暑いので木陰の席を陣取ります。よし、じゃあここから見ようか。もうすぐお馬さんのショーをやるんだって。楽しみだねーと息子に話しかけたところ、

息子「どの馬が勝つかなー?」

!!!
行きすぎた英才教育を悔やんでも仕方ありません。そうだね、お母さん毎週テレビ見ながら「どの馬が勝つかなー」って言ってるもんね!!(涙)しかし違うのよ今日は競馬じゃないのよと必死に言い聞かせました。「フーン」とよくわからない様子の息子。
そうこうしているうちにホースパフォーマンスが始まりました。
馬場で馬とカートが競走したり、サラブレッドorアラブとミニチュアホースが出てきてくれたりして、頑張ってはいたんですが如何せん馬場馬術で障害馬術じゃなかったので、派手さにかけるというか…。イルカパフォーマンスを見た後だと食い足りない感じがしたのは事実で、お客さんの数が物語っているような気がしました。
っていうか私、ホースパフォーマンスを最初にノーザンホースパークで見ちゃってるからダメなのかしらん。きっとそうだ。
(競馬場で障害競馬を見ちゃってるせいじゃんとか言わない!言わないよ!「踏み切ってージャンプー!!」)


近くに来てくれたミニチュアホース。可愛かったです。








さて、ホースパフォーマンスも終わり、あと少しで閉園時間です。
アドベンチャーワールドで見ていないところといえば…ふれあい広場!
ここは「動物園+水族館+サファリパーク+遊園地の複合施設である」という説明は前に書きましたが、そのうちの「動物園」部分が手薄だったんですね。
サルとかカバとか鳥とか見てないわ!というわけで駆け足で回りました。チンパンジーは私たちが近くに行く寸前におうちに帰ってしまって残念でしたけど、ペリカンとかインコとか鳥類も結構いたし「たくさんみたなー!」という満足感がありました。


最後の最後、土産を買っておしまいです。
この時に買ったベルトバックがそこそこ重宝していてお気に入りです。
あと息子のお茶碗。
ありがとうアドベンチャーワールド!
2日間入場券が売っている理由がよくわかったよ!1日ではとても足りませんでした。楽しかったー!!!


<3日目・夜>
宿に帰って即風呂→晩ご飯という夢のコースがすっかり確立されました。率直に言って天国です。
晩ご飯は毎日趣向を凝らしたものが出てきて感心しました。子供のは初日こそどこに行っても同じの「カレー&唐揚げ&ポテト&ハンバーグ」みたいなものでややうんざりしましたが、2日目以降は親と同じ食材をなるべく食べやすくした和食という感じになり、1日目からこうしてくれればいいのになーと思いました。
どうしてどこの宿も遊園地もお子様メニューといえば上記あるいはうどんやミートソーススパゲティーなのかしら。毎食同じものを食べさせる羽目になるんじゃ!だからバイキングに行かざるをえないんじゃー!
…という不満を常に抱えた身としては、2日目以降のメニューはとてもよかったのです。

お風呂のあとは花火!昨日ちょびっとだったので今日はもう少し多めで!
息子に「打ち上げ花火をやりたい」と言われましたが面倒なので、誰か他の人がやったものを一緒に見るという手段でごまかしました。
花火の火薬の匂いってとても懐かしい気持ちになりますね。
私は、夏といえばいつも祖父母の家に長期滞在していたので、両親とマンションの駐車場で花火をやった、というような記憶はほとんどありません。代わりに祖父母の家の庭で、妹と花火を持って走り回ったり(ダメです)葉っぱや蟻を焼いたり(ダメです)とかそんな記憶がたくさんあって、とても幸せだなと思うのです。


花火の後は私だけ再度風呂!温泉最高だ!
明日はいよいよ帰りです。うー、いやだー。

つづく!
かんざき * おでかけ報告。 * 23:39 * comments(0) * - * - -

アドベンチャー白浜(5)

夏休みの話を10月に入ってもまだ書いているという状況。遅くてすみません。メモなかったら絶対書けなかったわ。
かんざきのレポは気の長い人におすすめ。今日を入れてあと3回の予定です。よかったらお付き合いください。


<3日目・アドベンチャーワールド・AM>
2日目の夜「明日は何をするか」とアドベンチャーワールドのHPをチェックしていて、大変なことに気付きました。

海獣館でラッコ見てない!!

かなり昔には池袋サンシャイン水族館にだって居たラッコですが、今や日本に7頭しかいないんだそうです。ジョバンニにラッコの毛皮を着せるなんてとんでもありません。
そのうちの貴重な1頭がいるのがアドベンチャーワールド!
見ようと思ってすっかり忘れてた。というかイルカイルカうるさい息子にキレていて、完全に頭になかった……。
今日こそは!というわけで2日行くことにしていて本当に良かった。


しかしまずはパンダラブにご挨拶。できない…パンダ素通り、できない………っ!!
今日はお顔が見えた桃浜ちゃん!キャー!!(朝イチで寝てるけど)
後ろにこっそり彩浜ちゃんもいます。







そして海獣館に行って念願のラッコをみました!
お食事タイムに当たりたかったなあ。この時は人が集まるのを避けるためにお食事タイムは公表されていませんでした。
写真撮ったんですが、アクリル板の傷がかなり目立つ写真になりましたので載せるのはやめときます。



もうひとつ今日こそは行っておくと決めたパンダのブリーディングセンター。
いるかなー?

いました結浜(ゆいひん)!…変な格好で寝てました。でもキュート。








そして浜家(白浜パンダファミリーのこと)の大黒柱こと永明パパ!!
さすがの貫禄で竹食ってます。おおお…お元気そうで何よりだ!
長生きしてね、パパ!






良浜(らうひん)ママの姿は見えないなあ…桜浜(おうひん)ちゃんも見られてないなあ…。
見たいなあ(←伏線)。


しかしパンダを見たあたりから息子が「乗り物乗りたい乗りたい」とやかましくなります。彼にとってパンダは比較的どうでもいいようです。この罰当たり!母が何のために白浜に連れてきたと思ってやがる!!!上野じゃパンダをろくに見られないから遠路遥々きたというのに!
ま、パンダを見たことは見ましたし元々今日はアドベンチャーワールドの「遊園地」部分を楽しむ目的もあったですしね。そろそろ良いでしょう。ということで、ブリーディングセンターから遊園地部分(結構近い)に移動して乗り物フリーパスを買いました。
1日2000円くらいだったかな。リストバンドを腕に巻いてくれます。これでコイン式の乗り物以外は全部乗れます。
コイン式の乗り物に息子が乗りたいと言った時は「今日は壊れてる」ですべて押しきりました。
お客さんが少ない日だったので、各アトラクションはそれぞれ動く時間が決まっていて、「コースターは11時から12時、13時から14時」「メリーゴーランドは12時から13時」とか微妙にずらしていました。そして受付の人が持ち回りで担当していました。
乗る方は微妙に不便。
時間を見ながら6,7個アトラクションに乗ったでしょうか。観覧車に乗ってる時にちょうど白浜空港(近くにある)に飛行機が居て感動しました。1日3回しか居ないんだもんねえ。


さーて、そろそろお昼ご飯の時間です。
今日はサファリレストラン・ジャンボでステーキでも食べましょうか!(ミールクーポンもあるしね!)と思っていたら、本日休業ですって。
エーーーー。
昨日はやってたのに。今日はお客さんが少ない日だからという理由でお休みのようでした。
文句を言っても開けてもらえるものでもなし、しかし口はすっかり肉を求めているわけです。
次点のパン工房に行きました。ハンバーガーがあるので肉が食べられるよ!
ミールクーポンはここでめでたく全消費!忘れなくてよかった!!!


可愛いパンダバーガー。








バーガーセットが入った特製パンダケース!!…写真を撮ったら大変怖くなりました。おかしいな。






イートインスペースは広々としていて、とても居心地がよかったです。
パン工房というだけあって、テイクアウトのパン類(明日の朝ご飯用みたいな)も色々あったので、帰る日だったら買って行きたかったです。


お昼ご飯を食べて鋭気を養い、午後に続きます。それにしても、ほんと、あっちーーーー!!!!
かんざき * おでかけ報告。 * 22:27 * comments(0) * - * - -

アドベンチャー白浜(4)

<2日目・アドベンチャーワールド!・PM後半>
さて、サファリから戻ってきました。疲労困憊。しかしサファリのすぐ隣にはブリーディングセンターがあり、そこには永明(えいめい・パパ)、良浜(らうひん・ママ)、結浜(ゆいひん・彩浜ちゃんのすぐ上の姉)がいます。
よし、会いに行くぞ!!!

…ブリーディングセンターの観覧時間が終わってました。
エー嘘ぅ………。アドベンチャーワールドって16時まででしょ?まだ14時半ですよ?もう終わりなの!?
と駄々をこねていても仕方ありません。永明パパは27歳(当時。今はもう28)、人間で言えばもう80過ぎのご老体。良浜ママとて若くは(自粛)、いや、そういうことではなく観覧時間というのは生き物の状態を見て飼育員さんが決めることで、こちらは見せていただく立場なのだからなんの文句がありましょうか。
ま、明日も来る予定だしね。
というわけでサファリを歩いて大変疲れたし、休憩。もう無理。
近くにあったフードコートでおやつを食べようかと思ったのですが、おやつらしいおやつが売っていない。
夫と息子は「ジュースでいい」と抜かしますが、私はなんか…もっとおやつっぽいものが食べたかったので、彼らをフードコートに残し、昼食を買った「レインボー」へ。確かソフトクリームを売っていたはず。うーんでも本当はクッキーとかケーキとかそんな感じなのを食べたいんだよねー……でも見つからないし、暑いからアイスも食べたかったし、と自分を納得させながらソフトクリームを買って(ミールクーポン使いました!!!)ふと後ろを振り向いたら、ポップコーンとかおやつが売ってるショップがあった絶望感よ。俺……俺の目は節穴か………。
がっかりしつつ、外気温であっというまに溶けそうなソフトクリームをなだめつつ、急いでフードコートに戻りました。

まんじゅうジュースと、ペンギン&しろくままんじゅうを食べている夫と息子。
え、なにそれ。



「売ってた」

そんなこと聞いてないわ!!
よくこの陽気であったかいものを食べる気になるな。冷たいジュースと一緒だからいいのか。
なんのかんので一息つきました。ミールクーポンも少し消費できました。ヨカッタ。


おやつ休憩が終わったら、サファリパークを回る列車型のバス(ややこしい)ケニア号の最終便に乗ります。
冷房効いた車内から(重要)先ほど歩いて回った道+肉食動物ゾーンが見られますよ!天国ですね!
解説音声が流れてくれて大変ありがたいのですが、草食動物ゾーンはややフライング気味で、肉食動物ゾーンはやや後追いでした。フライングの方がマシだったなあ。後追いだと「え、今そんなのいたの?」ってなるから。しかし無料なので文句は言えません。
ちらりと見えたサーバルキャットは可愛かったです。でも写真はうまく撮れませんでした。
熊一番うまく撮れた?のがヒグマ。きゃー。


この日のアドベンチャーワールドはこれでおしまい。また明日ね!


<2日目・夜>
宿に戻ったら即・温泉。ベタベタの汗をさっぱり流して、それから美味しいご飯。
終わったらホテルの目の前の白良浜で、ホテルからもらった手持ち花火をちょっとだけ楽しみました。
(バケツとチャッカマンはホテルで貸してもらえる)
手持ち花火が「少量パック」と書いてあっただけあって本当に少しで終わってしまったので、また明日やろうっと。
部屋に戻って息子は就寝。私は再度温泉に行ってのんびり浸かり、出た後はお約束のコーヒー牛乳を楽しみました。
黙ってても飯と風呂が出てくる生活、サイコーだ!!
明日も遊ぶぞー!!

続く!
かんざき * おでかけ報告。 * 22:37 * comments(0) * - * - -

アドベンチャー白浜(3)

<2日目・アドベンチャーワールド!・PM前半>
前回「ステージでかかっていた数曲が、アドベンチャーワールドにいる間ずっとかかっていた」という話を最後に書きましたが、歌詞がまた秀逸でした。

♪さーくーおー♪さーくーおー♪
…なんだ?と思ってよく考えたら「Thank you all」でした。
夫は「なんでずっと三億、三億って言ってるんだろうと思ってた」とのたまってました。

♪口ずさむんだ この歌を 遠くまで 遠くまで♪
♪届けたいんだ この歌を 遠くまで 遠くまで♪
この歌、とりあえず遠くまでこの歌を届けたい以外の情報が何もない気がするんだけどどうなんだろう。
(でもこの歌平原綾香だった。うお)

あの時は「もう勘弁」と思いましたが、これを書くために改めて聞いてみたらいい歌でした。何度も聞かなきゃいい曲たちだと思うよ。

閑話休題。
イルカショーも終わって、お昼ご飯も食べ終わったので時間が空きました。
じゃあちょうど近くのアニマルランドで「アニマルアクション」ショーが始まるから見に行きましょうか。というわけで行きました。
申し訳程度に扇風機が回っていましたが、イルカショーの場所ほど開けてなかったせいかとても蒸し蒸しと暑かったです。
ショーが始まるときに「お手伝いをしてくださる人どなたかいませんか〜?」と聞かれたので一応息子を促したのですが「えー僕はいいよ」というので意気揚々と手を上げる。だってやりたいんだよ!面白そうだから!
しかし指名されたのは、今まさに席につかんとしていた鈴木亮平似のお兄さん。
「あなた!あなた座ってないからちょうどいいや。あ、バースデーシール貼ってる!おめでとうございます!記念にきてください!」とあれよあれよとステージ裏に連行されました。すごっ。

アニマルアクションはアヒル、アシカ、豚、ミニチュアホース、カワウソ、インコ、ワシ(だったかな)などなどたくさん出ていて、コミカルでとても楽しかったです。さっきの鈴木亮平氏(仮)もアシスタントでひっぱられておりまして、動物たちとからんでいたら、押されて舞台前にあったプールにぼちゃーん!
え、ええええ!???進行のお姉さんとアシカが謝ってるけど、大丈夫?このために舞台裏で着替えてきたとかなの?とハラハラしてたんですが、お兄さんがさっと上着を脱いだら他のスタッフと同じ格好になりました。最後のフィナーレでもみんなと一緒に踊ってたし、これは仕込みだったってことでいいの?いいの?えーーーーだったら私がどんなに頑張ってもアシスタントにはしてもらえなかったってことね!?わーん!!
でも楽しかったから許します。よかった!


アニマルアクションアヒルたち可愛い。




予定外のアニマルアクションが終わると、今度は予定してあった「サファリWOW!ツアー」へ!
今更の説明ですが、アドベンチャーワールドは動物園+水族館(魚はいないけど)+遊園地+サファリパークの複合施設なのです。だからとても広いのです。
園の一番奥にあるサファリパークへ突入し、徒歩で集合場所のアフリカゾウ前に向かいます。

あ つ い。

日陰…が、ない。灼熱の、まさにサファリ。アハハ。
集合場所に着くと餌の入った小さなバケツ(動物用)といろはす(人間用)をくれました。暑いので水分補給をどうぞというお気遣い。サファリパークのウォーキングエリアは1.5キロくらいって言ってたのかなあ…ちょっと覚えていないんですが、HPには所要時間50分と書いてあります。途中に自販機はないので、確かに水をもたずに入ったら熱中症待ったなしですね。ありがとうございます。
回るときにサファリカート(ゴルフカートみたいなやつ)を借りるかどうか迷って、1台5,000円という値段に躊躇して辞めたんですがこの時は本気で「借りればよかったなあ」と思いました。だって屋根があるんだもの(涙)。レンタル済みのベビーカーはサファリパークの中に持ち込めたので、多少荷物を置けたのだけが幸い。
さておき、まずはアフリカゾウにバナナをあげますよ!さあどうぞ!

ブチッ。

鼻でもぎとっていかれました。鼻硬い。正面から写真撮る暇がない。
そして器用にバナナのヘタだけ残していって感心しました。


それから歩いてサファリ内を回ります。次のメインイベントはキリンなのですが、キリンに餌をあげられる時間は決まっているので、早く到着してもやることがありません。
ではどうするのかというと、他の動物に餌をあげるのです。あげていい動物とだめな動物がいて、あげていい動物はバケツに写真が貼ってある子たちだけ。
象とキリンの間の道には…なんだっけな…鹿の親戚みたいな子とラクダがいて、鹿の親戚には直接渡せましたが、ラクダには柵の向こうからポイっと投げてあげるシステムでした。しかし餌は1センチほどの細いペレットなので、投げてもラクダの口にはうまく入らず。
あと、ラクダに唾を吐かれて万一それがついたりしたら向こう一週間匂いが取れないとか聞くので、正直あまり近寄りたくな………と腰が引けていたら、そのうち「下手くそ」と言いたげな顔で向こうにいってしまいました…ごめんよ。
そして暑い。暑いよぅぅぅキリンまでの時間が長い!暑い!!


キリンようやくキリン。キャベツをあげました。もぐもぐ。



餌がなくなったら私たちは用無しでした。だよねー。
係の人が、「キリンの唾液には殺菌作用があるので他の動物が食べられないような葉っぱも食べられる」みたいなことを言っていました。生き残るには理由があるのだなあ。


最後のサイ!…までが遠い…。
途中にニホンジカがいました。立派なツノを持った雄で、道路をひょいっと超えて反対側に渡ろうとしていました。これもペレットをあげて良い対象だったのであげたんですが、ツノでつつかれやしないかと緊張しました。
でもひょいっとする様が「もののけ姫」のヤックルのようでちょっとときめいたのも事実。
その他ご飯中の水牛(モッツァレラチーズ食べたいなあ)とかマレーバク、そして中国の珍獣ゴールデンターキンとかを見ました。ひひ。
見たものは楽しかったけど、サイまでの坂が辛かった。とても。


サイでゴールです!や…やっと…!!サイには草の塊みたいなのを投げてあげます。
下におちたら勝手に拾って食べてくれるんですが、どうせなら口の中に入れてあげたいので頑張って、私は全部(2,3個だったけど)あげました!やったー!

サイあまり正面から見ることはないサイの口。




ともかく暑かったので最後にバケツに残ったペレットはサイの隣にいた、これまた鹿の親戚みたいな子たちに適当にあげてきました。
同じツアーの皆さんが揃って残りをあげていたので、最後の子たちが一番儲かってるんだろうなあ。
(反対に一番儲からないのはラクダなんだろうなと思いました)
そこから出口までの間にライオンテラスという、上からライオンたちが見られる場所とか寄り道できるところもあったんですがともかく暑いし疲れたしもう無理だ!!!ということで早々に出口に向かいました。そして最後が登り坂なんだこれがまた!!
ベビーカーにほぼ乗らずに歩いていた息子もさすがにギブアップして、ベビーカーに乗ってました。借りておいてよかった……(昼食を運んで以来二回目)。

時間軸としては半端なのですが、書いた量がだいぶ増えちゃったのでとりあえず続く。
かんざき * おでかけ報告。 * 22:53 * comments(0) * - * - -

アドベンチャー白浜(2)

<2日目・アドベンチャーワールド!・AM>
起床。天気は快晴!うきうきしながら起きて7時半に朝食(がっつり和定食)。ご飯が白米か梅粥か選べたので梅粥にしました。だって紀州にきたんですもの。
この旅行3泊して私は結局毎日梅粥を食べたんですが、時によって微妙に濃さが違いました。そんな手作り感で美味しかったです。
食事処の窓際に座ると、眼下に昨日遊んだプールが見えました。カラスが水を飲みにきてました。塩素きついと思うけど、美味しいのかい?


そして支度をしていざアドベンチャーワールドへ!今日も喋らないなナビ。盛大に道を曲がり損ねた夫。仕方ないね…。曲がるタイミングを私が指示すれば良かったのかもしれませんが、「曲がって!」とかいうタイミングって難しくないですか?迂闊に言うと喧嘩になるしさあ。むずかしー。
さておき、アドベンチャーワールドの駐車場は…あれ、奥の方が結構混んでる。でも手前側がすいてる(後に「そうか、奥側は従業員用の駐車場だ!」と気づきました。そうだね、ここ車通勤OKじゃないと来られませんね)。しかし駐車場全体通して日陰が一切ない。これは帰りに覚悟が必要そうだわ。
ちょうど開園時間に到着しまして、入る前にJALで買った入園券+ミールクーポンのセットを引き換えないといけなかったので窓口に行きました。
係のお姉さん「ミールクーポンなのですが、現在レストランがいくつか閉まっておりまして、こちらの(蛍光ペンで丸をつけながら)地図の印をつけたレストランが本日営業しているところです」
なるほど。ありがとうございます。なお、ミールクーポンは一人1,100円分でした。おつりが出ないので使い切ってくださいねと言われましたが、昼食で吹っ飛ぶでしょう(←伏線)。


いざ入園!最初はディズニーのワールドバザールのような土産物アーケード街を突っ切ってゆきます。後でね!
そして園内が大変広いと聞いたのでベビーカーをレンタル。ここのは4歳&20キロまで乗れますから堂々と借りられますよ!(威張るな)
ラス1台になっていたパンダ型のベビーカーを借りられました。よかったーと乗せてみたら、年齢と体重は問題ないのですが結構でかくなってしまったうちの息子(110センチ)は足が置き場からはみ出していました。窮屈そうに足を曲げて乗っていましたが、それでも楽しかった様子。これ、いらなかったかなーと思いましたが、結果的に借りて大正解でした。理由は後ほど。


ベビーカーを借りてさあ出発!左手にアジアゾウが見えますが後でね!右手には馬も見えますが後でね!
最初はやっぱりパンダでしょう!というわけで一番にパンダラブへ。みんな同じことを考えるので朝は混みます。でも駐車場の感じからするとおそらく普段のアドベンチャーワールドよりずっと空いているのでしょう。
ちょっとだけ列に並んで、いよいよパンダ!最初に見られたのは桃浜(とうひん)ちゃんでした!…後ろ向いて竹食っとる。

桃浜

たやすくお顔は見せない主義なのかしら。くぅっ。
気を取り直して少し進むと今度は2歳になったばかりの彩浜(さいひん)ちゃーん!!!!



彩浜なんとアクロバチックなお姿っ!可愛いッッ!!!
このパンダラブにはもう一頭桃浜の双子の姉の桜浜(おうひん)ちゃんがいるはずなんですが、この時は表に出てきていませんでした。今日はダメなのかなあ。ううっ。


パンダがいるところはもう1箇所あるのですが、そこは後にして他のところを見て回ります。
息子「イルカさんは?」
今ペンギン館に来ているから後でね。おー、これが日本で滅多に見られないというエンペラーペンギン!ジェンツーペンギンにイワトビペンギンもっ!
おー、ホッキョクグマもいるっ。
息子「イルカさんは?」
後でね!
きゃーこの建物ぐるっと回れるのか。ふむふむ、
息子「イルカさんは?」
うるせえええええええええ!!!!!
もう!今ペンギン見てるの!イルカさん後でって言ったじゃん。見せないって言ってないじゃん。嘘ついてるわけじゃないんだから、しつこくしないで!ショーの時間にならないと見られませんママは今ペンギンをみーてーるーの!!!もう、次「イルカさんは?」って言ったらイルカさん見せない!
……子供相手に毎度ガチギレですみませんが、強く育った息子はこのくらいではちっともこたえなくなり「わかった」ですみました(それもどうなの)。
でもだからと言ってペンギンをそれほどゆっくり見られるはずもなく…だって時計は現在11時前。そして11時30分からイルカショーが始まってしまうから。
それが終わってから昼ごはんとなると混むだろうし、できればイルカショーを見ながら昼ごはんを食べてしまいたい。それよりなによりイルカショーの場所取りは激戦ときく。さっさと行って席を取らねばなるまい。
という深謀遠慮のもと、夫は場所取りへ、私と息子はトイレ&昼ごはんを買いに行くことにしました。


昼ごはんは園内のハンバーガーショップ「レインボー」へ買いに来ました。昨日から和食が続いているからそろそろパンが食べたいのよ。あとテイクアウトにちょうど良さそうだったから。と言ってもスムーズにたどり着けたわけでもなく、途中スタッフのお姉さんを捕まえて場所聞きましたが。迷っている時間がなかったのよ!(でも実際は結構近かった)
人数分のハンバーガー&ポテト&ドリンクセットを買って………買って……え、紙のトレイで渡されるの!?(そりゃそうだろう)袋に入れてくれないの!?(そりゃそうだろう)しかもトレイ2つ!?そしてドリンク固定されてないの!?
このときはめちゃくちゃ焦りました。無理じゃない?ドリンクはベビーカー背面についてるカゴにどうにか入れられる。しかしバーガー類&ポテトが乗ったトレイを持ちながら18キロの4歳児が乗った激重のベビーカーを押すって、無理。道中に坂もあるし。詰んでない?
いや、でも諦めるわけにはいかない。こうなったら…!

「息子よ、このハンバーガーとポテトが載ったトレイを落とさないようにしっかりと持っていて」
「わかった」

2つあったトレイを重ねて1つにしてバーガー類をまとめ、息子に託しました。頑張れ息子、我が家の昼ごはんは君にかかっている!
果たして息子はベビーカーと一体化してちゃんと落とさず持っていてくれました。ありがとう息子ありがとう成長!
はーよかった…。イルカショーにもどうにか間に合いました。ベビーカー借りておいてよかった。
夫よ、見やすい席を取っていてくれてありがとう。

「どういたしまして。ミールクーポン使えた?」

…ア。
焦っててそれどころではなかった…!!
あ、明日ね!明日使おう!!


そんなこともありつつ、昼ごはんもぐもぐしながら見たイルカショーはとても素敵でした。トークが一切なく音楽に沿って進んでいきまして、バンドウイルカやカマイルカ、オキゴンドウクジラちゃんたちと、トレーナーの方々が見事な協力で繰り広げてゆきました。
イルカが水中でトレーナーさんの足を押して、トレーナーさんは上半身だけ水面に出てずーっと滑っているマーメイドスタイル(とでも言えばいいのか)は圧巻でしたね。最後プールサイドに押し上げてくれるんですが、スピード落としてくれなかったらトレーナーさんは壁に激突です。絶妙にスピードを落としてソフトランディングさせてくれるイルカさんすげー。

smile
ちょっと遠くて見づらいですが。



元水泳部の夫は「あれは、全てのスイマーの夢だよ。あの速さはどうやっても人間には出せないから」と言っておりました。
私は「すごいなー」とは思うけど、実際あの速さで押されたら「イヤアアアアアア!!!」と叫ぶ自信あるな……。

smaieイルカの口の上に乗っていたトレーナーさん。水中からイルカの口に押されて大ジャンプかましたりしてました。



とても満足でした!
余談ですがこのステージでかかっていた数曲はこの後アドベンチャーワールドの中でいやっていうほど耳にすることになり、「もういい、もういいです」と降参する羽目になったことをお伝えしておきます。

つづく!
かんざき * おでかけ報告。 * 13:51 * comments(2) * - * - -

アドベンチャー白浜(1)

一応二週間待ってみて(以下略)。
去年逃した南紀白浜に行ってまいりました!

<1日目・出発>
久しぶりの羽田空港!……予想はしていたけどものすごいガラ空き。Gotoトラベルは東京外れてますもんね(根に持ってる)。
JALの受付カウンターの方々が暇そうで親切にしてくれました。いや、JALはいつだって親切にしてくれるんですけれども。
そしていざ搭乗となったらなんと空港の建物から飛行機までリムジンバスで移動でした。ひゃーそんなの久しぶり!
飛行機は大変に小さかったです。クラスJも普通席もそんな変わらないなーという印象。乗客はうちも含めて「未就学児の親子連れ」が大半でした。そうね。仕事で行くって感じのところでもないものね。総席数95が6,7割埋まっていた印象でした。
機内で配られる飲み物はこのご時世だからなのか元々なのか知りませんが紙パックで、お茶かリンゴジュースかの二択。こぼしにくくていいけど、スカイタイムゆずが飲みたかったです(まだあるのかな)。
10:25に羽田を出て、11:35に南紀白浜空港とうちゃーく!!!
南紀白浜空港は一日に3往復便しか飛んでいないので、ちょっと空港でもたもたしているとあっというまに誰もいなくなります。
知らない場所に来てヒャッホウな息子を取り押さえつつレンタカーの手配をし、さあ行きますよ!


運転している夫「このナビ、うんともすんとも言わない」(走行中)


えっ?と思ったら本当にそうで、普通ナビって「ここで曲がります」とか言ってくれるものですが、このナビはうんともすんともいいませんでした。設定を変更すればよかろうと思いましたが、どうやってもうまくいかない!(説明書も読んだけど書いてなかった)すぐ勝手にしゃべらなくなる。
北海道では「この先5キロ以上道なりです」と言ったきり用がないので黙っている車のナビですが、白浜では用があるんだから喋って欲しかったな!ナビの画面をみながら運転するの大変そうでした。私だったら事故っていたかもしんない(でも私だったら多分途中どっかに止めてスマホのナビを使うと思うけど)。
あれ、どうやったら直ったんだろうなあ。今回の白浜は行くところが大体決まっていて、かつそれほど複雑な道ではなかったので助かりましたが、なんとかしといてよオ○ックスレンタカー 。


<1日目・昼食>
着いていきなりですが、もう12時過ぎているのでお昼ご飯でーす。
観光客なので正しく観光地に行きます。空港から車で10分ほどの、「とれとれ市場」〜〜!!
この日が日曜だったからかわかりませんが、めっちゃくちゃ混んでました。駐車場ほぼ満車で、なにわナンバーや和泉ナンバーが多かったです。一台わかんねえなと思ったのは神戸の「わ」ナンバー。…なんで神戸で車借りてここまで来たんだい?謎だ。
さておき中に入ったら普通に人混み。
一通り回りましたがお目当ての回転寿司は見当たらず、フードコートは長蛇の列。名物のマグロの解体もビニールカーテン越しにやっていましたが、もう結構捌かれちゃった後だったのでチラ見にとどめました。目玉が近くに転がってて怖かった。
もー、回転寿司どこなのですか?とインフォメーションで聞いてみたら回転寿司は別店舗で、市場から道路一本挟んだ向かい側なんですって。なんだーそうかー。
移動すると、こちらはそれほど混んでいませんでした。よかった。
普通に美味しかったです。海の幸だね。


<1日目・宿と海水浴とプール>
おなかがいっぱいになったところで宿に向かいます。白良荘グランドホテルにしました。理由はただ一つ、ホテルと白良浜海水浴場が直結してるから!
チェックイン時間は15時ですが、その前に行っても荷物は預かってもらえます。水着に着替えるのは大浴場の更衣室でOKとのこと。
夫&息子が着替えに行っている間、ロビーでぼけっと荷物の番をしていたら祖父母&子供夫婦&孫(0歳)の組み合わせが近くにいました。
ばーちゃんが水着を着た孫を「まーこれはかわいいわかわいいわかわいいわかわいいわ!!!!」と絶賛でした。すげえな孫フィーバー。そしてこれを皮切りに、結構「三世代旅行」をこの宿で見かけたんですよ。じーちゃんばーちゃんはコロナより孫!孫がかわいいうちに一緒に旅行!!って感じでしたね。それだけ元気ならよかろうよ。
聞いた限り、私たち以外の客の言葉はオール関西弁(というと一部から反発を招くけど細かく分類するの不可能なんだってば)でした。
してみるとここは関西の方々が手軽に三世代旅行ができる感じのところなのね。
我が親友兼競馬師匠のありちゃん(元関西住み)に聞いたところ、「白浜は、そうね、関東でいうところの伊豆みたいな位置づけだね」とのこと。なーるほど!納得。


さてさて着替えも終わってGO!海だ!海だよ〜〜!!!
白良浜の砂は白いですが、これはもうほぼ天然ではなくオーストラリアの砂漠の白砂を入れているとかなんとか。なんでかなあと思いましたが、浜の形をみて納得しました。これだけ湖岸工事が進んだら砂は流出する一方でしょう。せめて今ある砂は汚さないように楽しませていただきます。
久しぶりに海に入りました。じゃぽん。塩辛い。水の透明度はイマイチで(沖縄と比べてはいけない)、海藻の屑がたくさんありました。おお、これが本当の藻屑。でも初めて浮き輪と共に海に入った息子はおおはしゃぎで浮かんでいました。よかったね。
適当に泳ぎ、途中水分補給のため休憩したり、海は疲れたのでプールに移動したりしてたら夕方になったので水あそび終了。
余談ですがプールに先ほど見た三世代親子がいました。じーちゃんばーちゃんは水着に着替えず、プールサイドでひたすら孫の見学でした。
あー疲れた。チェックインして一度部屋に行き、浴衣とタオルを持って着替えがてら温泉入ってこよう!というわけで温泉へ。夫と息子は男湯だし、この「一人入浴」が旅の醍醐味ですよ!一人で!温泉!サイコー!!!!(絶叫)
露天風呂もあって、白良浜が一望できました。ふー、夕暮れでいい景色……あ、向こうで風呂に使っているのは先ほどの三世代親子のばーちゃんと嫁さん(推定)と孫。よく会いますね。つうか、うひゃーお姑さんと風呂か……お嫁さんおつかれさまッス。


風呂から上がって部屋に戻って休んで、19時半から夕食(子供には遅かったけど、この日は17時半か19時半しか選択肢がなかった)。
懐石でした。クエの鍋とかありました。美味しかったです。しかしクエはよくわからずに「白身魚」と思って食ってすみません。
晩ご飯終わって、私だけもう一度温泉行って就寝。明日はいよいよアドベンチャーワールド!

(つづく)
かんざき * おでかけ報告。 * 21:59 * comments(0) * - * - -

ディズニー・ウォーキング(2)

<昼食>
当時、軽食系のレストランはところどころ閉まっていたのと広いレストランでも席数を絞っているだろうなと思ったのでやっぱり予約!プライオリティ・シーティングが確実だねってことでそこを狙っていました。
昨日から洋食が続いたのでそろそろ和食が恋しいと思ったのと、ディズニーランドに来るようになって早幾年、今まで一度も足を踏み入れたことのないレストランそう!「れすとらん北斎」についに行ってみよう!!と思ったのです!予約取れてよかったー。
しかし、ごはん食べに行くよー、と言った時の息子。

「ミッキーとか踊ってるところでごはん食べるんでしょう?」

!!!!!
こやーーーーつ!!!!
去年行ったポリネシアンテラスレストランのことを覚えてやがったー!!!
母があれを予約するのにどれだけ苦労したと………!!い、いやそういう問題ではないのだ。今ポリネシアンテラスレストランは営業こそしているがショーはやっていない。そしてそれにもかかわらず予約をとること自体がそこそこ大変なんだ。更に母はそろそろ和食が食いたいんだ!(最後は自分)
てか、ヤダなあ…ディズニーくるのにお泊まり&ショーレストランがスタンダードな子供……親の顔がみてみたいわァ。
結局「今ミッキーたちは踊っていないのだよ」となだめて、れすとらん北斎に行ってきました。
中は割と広かったです。こんなに広いなんて知らなかった。
私は「天麩羅とうどん膳」を食べました。思ったより美味しかったんですが、うどんは関東のつゆだったのであーしまったと思いました。北斎だから仕方ない。
息子もお子様御前を案外美味しそうに食べてました。よかったね。
あとランチョンマットが可愛かったので買っちゃいました。テヘペロ。


<午後>
さて、アトラクションに乗りますよー。
雨止まないね!仕方ないね!!
相変わらず順不同で。

・フィルハーマジック
そもそも収容人数が多いので、1回分待てば入れました。
席はグループごとに1つずつ空けてね。

・イッツアスモールワールド(あ、これ多分午前中だった)
普段から混むアトラクションではないのでかなりさっさと乗れました。ボートは1列空けてね。

・カリブの海賊
普段から(略)。
乗る直前に息子が「やっぱりいやだっ。こわいっ」と言い出してエーめんどくさいと思いましたがよくよく聞いてみるとやはり坂が怖い様子。でも坂だけでしょ?ここでリタイアさせないのがかんざき家。
「坂は一回だけで、すぐ終わるよ!パパとママ隣にいるから大丈夫!(嘘はついてない)」となだめすかし、かなり初期にある坂を過ぎた後に私が「はい、おっしまーい!」と言ったら安心したようであとは普通に楽しんでいました。しかし1年前と違って骸骨がなんたるかが分かったので「なんでここ骸骨だらけなんだろう」と考えたり大砲を撃ち合っているところでは「このボートに当たるかも」くらいは思った様子。
降りた時には「ママが『おっしまーい!』って言ってくれたから怖くなくなった!」と言いました。うんうん案ずるより産むが易しよ。たくましく育て。

・蒸気船マークトゥエイン
これはもう……収容人数が収容人数ですから1ターン待てばね。
ただし、やはりへさきのあたりとかの良い場所は混みます。混むって言ったってたかが知れてるけど。


で、もう午前中から気づいたんです。
どのアトラクションも待ち時間は比較的短い。短いが駄菓子菓子。


並ぶ!!!!!そして歩く!!!!!!


…ご想像下さい。
10人待ちっていったって、普通に詰めて並んだら列はせいぜい2メートルとか3メートルとかそのくらいで済むでしょう。
しかしその10人がそれぞれ1メートルずつ間を空けて並んだらその時点で既に列は10メートルになってしまうわけですよ。
そして更に「5分待ち」とかの空いているアトラクションでしたら、列はすぐはけるわけです。
ということはつまり待ちグループ数×1メートルの距離を5分間歩きっぱなしってことなわけです。10分待ちなら10分間ね!(マークトゥエインやフィルハーのように一度に多数を収容するアトラクションの場合またちょっと別ですが)
正直どのアトラクションも長蛇の列。カリブの海賊もたかが5分待ちだというのによほどの繁忙期でないと使わない通路まで開放して列を作らせていました。
アトラクションに乗った数は去年と比べてすごく少ないのに、1日の歩数は変わらないという有様。これは誤算だった…ファストパスがないにしても、これほどとは…っっ!!
そして更に誤算。
午前中空いていたので後回しにしたトゥモローランドのアトラクションが、午後になってどこも20分以上の待ちになってる…!!!!ファンタジーランドのアトラクションも軒並みそんな感じ!!
(今は入園時間が3回あって、8時、11時、14時で時間が後の方がパスポートの値段が安い。退園時間の決まりはない)
今更言っても詮無いことけど、朝イチでスプラッシュに駆け込んだのは失敗だった。どうせいつ行っても混んでるんだからはなから捨てるか、午後に賭けて午前はとにかくアトラクションの数をこなすべきだった……!!
なんだかもう心が折れて、バズ・ライトイヤーのアストロブラスター25分待ちの列を抜けて、隣のプラズマ・レイズ・ダイナーに入って休憩することにしました。

・プラズマ・レイズ・ダイナー
3月あたりにやってたはずの「ベリー・ベリー・ミニー!」というイベントグッズのスーベニアプレートつきデザートがほそぼそと売っていたので、気の毒になって買ってしまいました。ふー、ちょっと休憩。
以下ベビーカーに乗ったままさっさとおやつを食べ終えた息子と、疲れた母の攻防。
「ねえ、乗り物行こうよ」
「ちょっとお昼寝しな」
「ねむくないよー」
「おめめぎゅーしな」
「エー」
「ここで寝ておかなかったらあなた帰りの電車の中で疲れて寝ちゃうから。そうするとパパもママも困るの」
「寝ないよ」
「寝るよ!つうかお昼寝しないのだったら今帰ります。お昼寝するんだったらそのあと乗り物乗ってもいい。どうする?」
「どっちもヤダ」
「どっちか!そしてママもパパも疲れて君の相手出来ない!やすむ!」(正直に言うのが私のいいところだ)
「…わかった」
そしてケットを引きかぶって5分とたたず昼寝に落ちた息子。母が言うのもなんだがえらいな君。友人のみーちゃんが彼を評して「寝つきの天才」と言ってくれたことがありましたがそうかもしれぬ。
休んでいる途中でシンデレラ城方面から音楽が聞こえてきて、なんかショーっぽいことをやってるのがわかりましたがどうせ見えないし遠いしいいや。
(今、ショーやパレードは基本中止なのですが一日に何度かゲリラ的にキャラクターが出てくるショーをやっているらしいです。ソーシャルディスタンスを保つために距離は遠くから)


・バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
しばらく休んで回復し、25分だった待ち時間も20分に短縮されて(時間はたいしたことないけど、列の長さが違う)乗ることができました。
夫と息子が一緒に乗って、私はシングルライダー。素晴らしいね。
でも今回は5万点超えるのがやっとでいまいちでした。でも楽しかった。


それが終わったらもう7時近くになっていたのかな。アトラクションはどこも混んでいて今更並ぶのは不可能。というわけでお土産だけちょっと買って帰ることにしました。
とにかく歩いたディズニーランド体験でした。ファストパスのありがたみを思い知ったぜ。
珍しい体験を比較的安価でできたのはラッキーでした。てかこれがなかったら多分グランドニッコーにはいかなかったと思うので、そこは良かったと思います。あとミニーのスーベニアプレートはめでたく私のパン皿になりました(去年買ったハロウィンのスーベニアプレートはいまだに息子から返ってこない)。
早く普通のディズニーランドに行けるようになるといいな。
かんざき * おでかけ報告。 * 22:56 * comments(2) * - * - -

ディズニー・ウォーキング(1)

一応二週間待ってみて、家族および周辺に何もなかったら書こうと思っていた記事。

7月の連休にディズニーランドに行ってきました。
チケットはそりゃもう争奪戦と聞いていたので私が狙ったのはオフィシャルホテル。
宿泊+ディズニーチケットでおいくらという値段設定。連休ならお高いんでしょう?と思ったけどこのご時世そうでもない。
更に今ディズニーランドは入園制限をしているからかなり空いていると聞く。22日宿泊で23日入園なら22日の夕方から行けばいいから、仕事を休む必要がない!よし!!ただいま壊滅状態の旅行業界を応援するぞ!
(本当はGoTo滑り込めるはずだったのに……ユリコめ……)


<宿泊>
グランドニッコー東京ベイ舞浜(長い)。
夕方まですっかり仕事の夫を家に残し、私と息子が先に行きました。えーと舞浜の駅からバスが出てるはず…あれかな?
テケテケと行くと運転手さんがいました。
「はい、こちら東京ベイ舞浜ホテルファーストリゾー!ト行きのバスです〜〜!!」
なんか…このテンションの高い運転手さん私知ってる!!!前にバズってた人だああああ!!!
確認したらご本人でした。うおおお!!!スッすいません写真撮っていいですか?と聞くとOKでした。ありがとうございます。
「はいそれではね、ミッキーのポーズで!!さあ!」と促し、自らは完璧なポーズをとる運転手さんと「きゃー!頑張ってー!!やって!!!」とハイテンションの母に一人ついてゆけずポカンとしていた息子。すまん。
運転手さんは中川亮さんでした。気になる方は検索してみて。

ホテルはこの4月にリブランドオープンの予定がガッツリ3ヶ月押し、オープンしたもののディズニーの入場制限のおかげで客足もいまいち…という大変気の毒な有様だったのですが、それだけにスタッフの皆様の「少しでもゲストに満足してもらえるように」という気遣いがよくわかりました。フロントもレストランもすごく良いスタッフの方々ばかりで、部屋自体に少し古さは感じたけれども掃除も丁寧でアメニティも豊富だったし、満足でした。
夕食は子連れで出かけるのがめんどくさかったのでホテル内のレストランで済ませましたが、それほど高くもなかったというかそれどころかクオリティーに対してむしろ安すぎない?くらい。海老と帆立貝のパイケース、美味しかった…!
朝食も本当は札幌グランドみたいなビュッフェのはずだったんですがその設備には今全てビニールがかけられており、定食での提供でした。ちくしょう!でも美味しかった!
というわけで満足でした。


<ディズニーランド!>
前置きが長くなるのはかんざきレポートの癖ですが、ここにいらっしゃる方はわかってるからいいのです(開き直り)。
翌日8時の開園と同時に行きました。ホテルからは一応ランド行きのバスも出ているのですがフロントの方から「(そのバスは他のホテルも経由するので)舞浜への直行バスに乗っていただいた方が早いです」と教えていただき、そのルートで行きました。
荷物は舞浜駅のコインロッカーにあずけましたが、ガラガラでした。だよね。
ランドにつき、夫はベビーカーを借りに行き私と息子はスプラッシュマウンテンを目指します。
あーもう列ができてる。仕方ないので並びます。確かこの時点でもう40分とかそのくらいの待ち。
今最大のデメリットが、ファストパスの発券がないことなんですよね。これが辛い。空いてるったってファストパスに慣れると15分以上待つのってもう無理ゲー。でもこれが終わればあとはそれほど待つものはないはず(←フラグ)。
のちに夫も合流し、ずらずらずらずら並んで乗りましたとさ。スプラッシュマウンテンのボートは2人×4列乗りなんですが今は1列ずつ空けるので実質4人乗りになっています(6人とかのグループで来たら一緒に乗せてもらえると思うけど)。
去年「こわかったー!」と泣き出した息子は「やっぱり坂は嫌だけど泣くほどでもないねでも嫌だけど」という程度に落ち着いた様子。成長したね。
あと、普段なら滝壺に落ちる時に写真を撮られるのですが、写真売り場が混雑するのを避けるために今はお休みでした。


スプラッシュ終わると雨。
今年は梅雨が長引きましたね…。
一日中降ったり止んだりまた降ったりでした。
大人の傘2本と息子のレインコートと靴を買ったら結構なお値段になりましたが「出せない!我慢する!」ってほどにはならないんですよね。生かさず殺さず見事だぜディズニー。
アトラクションに乗った順番なんてもう忘れたので、「確か午前中に乗った」というものを順不同で。

・ダンボ
これ乗った時雨が止んでてよかったです。ありがとう。何気に息子がディズニーランドで間違いなくトップ3に入れるくらい好き。

・アリスのティーパーティー
常に目線を遠くにやってると酔わずにすみますね。これはソーシャルディスタンスが保たれるアトラクションで、乗る人数を絞ってないので回転が早いです。
(ダンボも絞ってないけど一度に乗れる人数がそもそも少ない)

・ウエスタンリバー鉄道
確か10分待ち。今だと午後には30分待ちになるという。マジですか。座席は1列あけますよ。

・ジャングルクルーズ
明確に座る位置は決まってないけれど、「グループごとに離れてお座りくださいー」と言われました。どこに座ってもそこそこ濡れました。女性の船長さん可愛かった。

・プーさんのハニーハント
25分待ち。びっみょう………でも午後になったらもっと混むんでしょ?というわけで並びましたよもう。
列が長くて(これについては後ほど)、トゥーンタウンの中まで続いてました。ずらずら。

・ピノキオの冒険旅行
特にいつもと変わりなし。

午前は確かこのくらいだった気がします。
続く!
かんざき * おでかけ報告。 * 22:25 * comments(2) * - * - -

外出の記憶

あれよあれよという間にコロナウィルスの影響が生活を支配しています。
震災の時もあれはあれでつらかったけど「最悪歩いて帰ってこられるくらいの範囲で出かけて消費して経済を回そう!」という逃げ道が使えないのが痛い。
子供がいると「休日外出禁止なら一日寝てゲームやっている」という逃げ道も使えない………(高校生くらいになっちゃってたら「家族それぞれゲームで引きこもる」という手は全然アリだと思うのですが)。
2月はそこそこ出かけたのですが、出かけておいて本当によかったと今痛感しています。
ふぅ。
そんなわけで書いておくココロ。


・鰻
「きのう何食べた?」の最新刊を読んだら食べたくなりまして、私のディナー友達であるところの美人秘書Sさまと行ってまいりました。上野ではないけど。
でかい土鍋で二人分のご飯を炊き、その上にたっぷり一人一尾ずつの鰻という鰻鍋とでもいうのでしょうか、まあそんなので迫力がありました。
んまかった。でもそんな贅沢をしながら仮面ライダーゼロワンの話をするのもどうなのよ(注:Sさまはカタギで私がヲタクであることは知らないけれども、旦那さまが見るので仮面ライダージオウあたりから見ているそうで)。個室だったからいいか。


・アマン東京
去年、友人のみーちゃんと西洋初釜(アフタヌーンティー)をやったので、今年もやりたいなーと思って。
いくつか候補を出したらみーちゃんが選んだのがアマン東京でした。ぶっこんだね……………。
アマン東京のアフタヌーンティーの特徴は「ひとつテーマを決めたら全てにおいて押し通す」です。
前に一度行った時はそのテーマがホワイトチョコレートだったので、うっかり地獄でした。一生分のホワイトチョコを食べたおかげで同行者の夫はいまだにホワイトチョコを避けます。だよね。スイーツだけならともかくセイボリー(しょっぱい食べ物)にまで進出していたものね。
今回のテーマは苺だったので、しょっぱい食べ物とうまく合わせていて大変よろしゅうございました。
それを窓際のソファ席にゆったりと掛けて楽しむ。素晴らしい。
スコーンはカゴに入ってきて、アフタヌーンティーのキモであるところの三段重がきて…あれ、真ん中がないんですが。と思ったらお姉さん(どうでもいいけどアジア系のホテルは女性の制服のスリットがすごい)が恭しく宝石箱を持ってきました。
ハ?と思ったら、

一番上(ガラス張りの蓋)…いちごがぎっしり
その下の引き出し二段…総勢5種類のミニスイーツがぎっしり

というありさまでした。

お姉さん「こちらのスイーツから4種類お選びください」

エエエエエ無理。選べない!ひとつだけ仲間はずれなんて!!
駄々をこねても仕方ないので熟考の上選ぶと、お姉さんがやっぱり恭しくスイーツを取ってお皿に乗せてくれました。
その後、一番上の段にぎっしり詰まったいちごの中から良いものを選んで一人5つくらいずつだったかなあ、これも合わせて乗せてくれるという贅沢。それで真ん中の皿完成。なにこれ。
宝石箱を開けた時に「写真撮られますか?」と聞かれたので、これはインスタ映えを意識してるんでしょうねえ。撮らなかったけど。
ともあれとても美味しかったし、贅沢な空間で良い西洋初釜でした!ありがとうみーちゃん!!


2月のおでかけはもう一個あったのですが、長くなったので次回。
かんざき * おでかけ報告。 * 21:58 * comments(0) * - * - -

ディズニー・リゾート!(7)(終)

それからファンタジーランドでまたしばらく遊び、結局カルーセルは2日間で4回乗る羽目になってさすがにもういいよと思ったんですが、息子が案外寝ません。
しかし今帰って電車に乗ったら即落ち確定。
これで我が家までが「電車で直通1時間」とか車で来ていたりしたらむしろ願ったり叶ったりなのですが、微妙に電車を乗り継ぐので、半端に寝られると乗換駅で「お願いだから起きてー!!」となることが目に見えています。
なんとかベビーカーがある今のうちに寝て欲しい。親も疲れた。
ベビーカーに乗せてうろうろしているうちに、15:55のスプーキー"Boo!"パレードというハロウィンパレードが始まりました。
1日2回あるパレードで、観賞場所の抽選に外れて見ていなかったのですが、せっかくだからどっかで少し見ようかということになり、シンデレラ城近くのベンチへ。
かなり遠目ですがフロートが見られればいいから、いいや。
そしてベンチに座った途端寝落ちる。お前かよ。
あーフロートが止まってダンサーさんたちが多分踊ってる……と思っている間にベビーカーにいる息子も落ちてました。
私もやや電池が切れて、鞄のファスナーと息子の手を握ったまま(かろうじての防犯意識)うとうといたしました。うとうと。


パレードが終わると人も動き出すので、休憩お終いにして動こうかということになりました。
息子はすっかり寝ています。よし、もうちょっと寝ておけ。
夫と相談し、スイートハートカフェに拠点を構えつつ、残り1枚ずつのファストパスを消化するために交代でアトラクションに乗ってこようということになりました。
スイートハートカフェはプラザガーデン正面かつワールドバザールとトゥモローランドの境目というのかな、そういうところにあります。テラス席に座ると左前方にシンデレラ城が見えます。
なんでここにしたかというと、バケパ特典のソフトドリンク無料券が使えて、カフェオレが飲めるからー!!
雑な言い方をすると「紙コップで提供されるソフトドリンクは滞在中全てタダ」という券です。ペットボトルはダメ。チッ。1日目は暑かったので何杯か使ったのですが、2日目は暑くもなく寒くもなくだったのと、ディズニーランドホテルの冷蔵庫に入っていたペットボトルの水がタダだったのでそれを持ち出したおかげで、殆ど使わなかったんですよね。もったいない!というわけで。
交渉の結果、夫が先にスペース・マウンテンに消えました。行ってらっしゃい。
私は何も考えずに彼を送り出した後で「ホットカフェオレとチーズケーキ」を頼んだんですが、片手でそれを持ちながら空いてるテラス席を探して片手でベビーカーを押していくというのはなかなかに試練でした。拠点をちゃんと確保してから送り出せばよかった。小さな後悔。
チーズケーキはハロウィンのスーベニアプレート付きのものにしました。現在息子用のパン皿になってますが。飽きたら返してくれないかな…(器の小さい母)。
ふーやれやれよく寝ること、と思いながらぼーっとしてました。思えばこの2日でぼーっとすることって、なかった気がします。ディズニーランドでぼーっとすること自体がとても贅沢だな。
そのうち夫が戻ってきまして、バトンタッチ。


私が行くアトラクションはアレですよ。伏線のアレです。バズ・ライトイヤーのアストロブラスター!!こんなに早く望みが叶うなんて…!!!!!!
まったく、スペースマウンテンなんて顔を伏せているしかやることがないアトラクションにファストパスを使う人の気が知れない!(←暴言)
バズに行く途中で思いましたが、私、ディズニーランドを一人で歩くの初めてでした。そしてこの感覚、なんだろうと思ったら産後初めて一人で遊びに行った時(「free!」の映画見に行った時…!)の解放感でした。うわー、これ楽しい!すごい楽しい!!
そして接待なしバズ!どれだけ撃ってもいいしどれだけ好きな方向に機体を向けても構わない!!ああー、マジか。ほんとなにこの解放感。途中で一回止まってくれれば尚良かったけどそこまで贅沢は言えまい。
果たしてスコアは55,700点でこの2日間で最高でした。いや、全然大したことないです。すごいへっぽこです。でも嬉しかったの。ひゅー!


すっかり満足して戻ると、そろそろ息子が起きていました。よし。
バケツにキャラメルポップコーンを補充し、ディズニーランドホテルに預けた荷物を回収して、最後はリゾートラインに乗って無駄にディズニーランド前から舞浜駅と反対方向に一周回ってオフィシャルホテルやディズニーシーを見ておしまい!です。だってリゾートラインのフリーパス使ってなかったものね!
というわけですっかり満足したディズニーリゾートでした。
なるほど。これは金を出す価値があったわ。
というわけで私、金稼がなきゃな。遊ぶ金欲しさに労働しようと心に決めた神崎だったのでした。
大変長いレポにお付き合いいただきまして、どうもありがとうございました〜〜!!!

(終)
かんざき * おでかけ報告。 * 21:38 * comments(2) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ