あの時の私

先日、私が仕事から自宅のマンションに戻ると、エントランスで小学生の女の子が心細そうにしていました。
同じマンションの住人として会えば挨拶するし、その子の親御さんとも会えば少し話す程度の関係の子でした。
うちのマンションは鍵を持っていないとエントランスに入れない仕組みなので、おそらく鍵を忘れてきたかなんかなんだろうなとピンと来ましたが、とりあえず私は自転車に乗っていたので先に駐輪場に入りました(駐輪場も鍵がないと入れない)。
私が自転車を仕舞っていると、その子がおずおずと駐輪場に入ってきて、私から少し離れたところでもじもじしていました。
これはもう絶対そうなんだな。

「鍵、ないの?一緒に入ろうか」

声をかけると、女の子は気が緩んだように涙ぐんで私の方に来てくれました。
しかしマンションの建物に入れたところでその子の家の鍵はないわけで、そしてご両親は留守でした。
キッズケータイも持っていないようだったので、

「お母さんの電話番号わかる?私の電話貸してあげるから、かけてみな」

と言って電話をかけさせてみました。
お母さんは出てくれましたが(知らない番号からの電話なのに出た瞬間「Rちゃん?」と娘さんの名前を呼んでいてお母さんスゲエって思いました)、車で出かけていて、帰るまでにはもう30分くらいかかりそうだとのことでした。
うーんこれはもう仕方ない。電話を代わってもらいました。

「もしもし。○○号室の神崎です。差し出がましいようですが、うちでお嬢さん少しお預かりしましょうか」

お母さんは恐縮してらっしゃいましたがとりあえず話がまとまり、Rちゃんを我が家に連れて行きました。死ぬほど散らかっていたけどもう…仕方ない………。日頃から片付けはしよう………(反省)。
最初は少し緊張していましたが、話をしたりおやつを食べたりしている間にだんだん打ち解けて、ついでに怖がりのうちの猫が珍しく出てきたもので「かわいい!」と喜んでくれました。
(…おやつ食べてないの可哀想だよなあと思ったんですが、出す前に「アレルギーある?」と聞いたら「ピーナッツ」との返答で、おお怖えって思いました。聞いておいて良かった……元々それほど怖いものを出すつもりもなかったのですが、お母さんそこんとこの教育をしっかりしてくださってってありがとうございます。最近怖いですな。成分表示をしっかり見て、問題ないおやつを少しだけ出しました。まあこれは各家庭の判断によるところで、これが正しかったかどうかはわかりません)


お母さんは道が混んだりして結局予定の時間を少しオーバーして帰ってこられたのですが、「ほんともうすみません申し訳ありませんありがとうございました。Rちゃんもよくお礼を言って!」という感じだったので、こちらも預かってよかったと思いました。
このご時世、同じマンションって言ったってよく知らない人の家に子供が一人でいるとなったらそれは心配だけど、でも外でずっと待ってて変な人に声かけられたりするよりはマシだろうという判断だったんでしょうね。お母さんとしてはそこそこ賭けだったと思います(まして娘さんなら)。
日頃から近所の人に挨拶はしておくものですね。
お母さんから「もし、そちらの息子くんが同じようなことになったら、今度はうちでお預かりしますから!」と心強いことを言ってもらえて嬉しかったです。数年後やらかしそうなのでよろしくお願いいたします。
今回の原因としては、いつもはランドセルに鍵をつけているのだけど、この日は遠足かなんかでリュックで行っていたので鍵をつけ忘れていたことだそうです。なるほど。


という、この令和の時代に珍しく昭和な感じの出来事があったという話なんですが、私は私で懐かしいなと思いまして。
私も鍵を持っていなくて家に入れなかった時に、普段挨拶くらいしかしない隣のおばさんが「うちで待ってる?」と誘ってくれたことがありました。
とてもありがたかったのですが、黙っているおばさんと二人きりで何を話したらいいのかもわからず、テレビがついていたけれどもワイドショーかなんかでちっとも面白くなくて、しまいに「たぶん、ママもう帰ってきてると思う!」と言って帰った(実際母が帰ってきていたかどうかは忘れました)ということをなぜかずっと覚えていました。
Rちゃんはあの時の私でした。
私はあの時どうして欲しかったんだろうと思いながらRちゃんに接していて、あれこれ話題引き出しを試して「動物の話」を出した途端饒舌に、そして笑顔になったRちゃんを見て「そうか、私はあの時安心させて欲しかったのか」とやっと気づいたというか、あの時の気持ちを言葉にすることができました。
なんだかあの時の私に会って、自分で助けてあげられたような妙な満足感とタイムマシンに乗ったような不思議があって、書いておこうと思った次第です。
良かった。
かんざき * 日常アレコレ * 00:05 * comments(0) * - * - -

あけましたー。

鏡開きも終わりましたが、なんだかんだでやっと2019年振り返り。

昨年一番大きかったことといえば転職ですね。しかも2回。エー。
よかったのかなーと思わなくもないですが、毎日「死ねばいいのに」と思いながら仕事をするのもなかなか不健全だなと思ったので、いいことにしました。元気出していきましょう(エーザイ)。
あとは結構振り切って遊んでいます。いいのか?いいのだ。

出来事羅列。

<小説・漫画>
小説…なんだろう。古本屋で買い漁った沢村貞子のエッセイ?今読んでも大変面白いです。なぜか古本屋には「私の浅草」だけないのはどうしてなんだろう。あー、実家にあったはずなのに正月に帰省したときに持って帰りそびれたー!!!
あと、星野源ちゃんのエッセイに手を出しました。1,3作目は面白かったです。
漫画は「憂国のモリアーティ」ですね!!!私の好みはアルバート兄さんですね。長男大好きだ!!!特に6巻のアルバート兄様が大好きだ!!!
アニメ化決まったのでますます楽しみ。


<音楽>
年々この項目がつらくなっていく…。
去年のを見返して「月虹はいつ出るんですか」と書いてあったので今調べてみたらアルバムリリースされてましたね。ありがとうBUMP OF CHICKEN。
「逃げ恥」を今更一気見したので大変今更「恋」をだいぶ聞きました。


<映画>
今年は狂ったように見に行きました。

・シティーハンター(アニメ)
・翔んで埼玉
・キングダム
・アラジン
・ファイナルファンタジー光のお父さん
・free!
・天気の子
・ONE PIECE
・ニューシネマパラダイス
・おっさんずラブ
・銀英伝1〜3章
・アナと雪の女王2(字幕・吹替両方)
・シティーハンター(フランス実写版)

おお…見てる…。
特に銀英伝よくつきあったな私。
ベストは何かなあ。キングダムですかねえ。山崎賢人くんよく頑張ってました。あと吉沢亮がイケメンなのはよくよくよくよくわかりました。半沢のスピンオフは内容がひどかったけど(途中までしか見てないけど)吉沢くんのせいではないので、来年の大河見るよ!
今年の一発目はカイジでした。もう1回は見に行くよ!!!


<ゲーム>
・ペルソナQ2
・大逆転裁判2
・ペルソナ5ロイヤル

昨今のゲームはとにかくとにかく、なっげええええええええ。
サービス精神は買うが、とりあえず長いんだよ!!!(はーぜー!!)
しかしペルソナは面白いです。5ロイヤルがただいま70時間突破してますがたぶんこれで半分くらいなんでしょ?と投げやりに思っております。
大逆転裁判は1で「は?これで終わるの?ふざけんなよ?」と思ってたんですが、2で見事に全ての伏線を回収してました。だったら素直に前後編で出せばこれほど叩かれなかったのに。


<芸術・ライヴ・イベント等>
・カジャラ4
・嵐東京ドーム
・キッズのためのコンサート(ラ・フォル・ジュルネ)
・ポルノグラフィティ

以上舞台とかコンサート。案外行きましたね。嵐、よかったなああああ!!!国立当たりたいなあ。
ポルノも嵐も偶然同じ20周年だそうで。

・ルーベンス
・くまのプーさん
・江戸のアヴァンギャルド
・トプカプ宮殿の美
・ラフ∞
・きのう何食べた?
・小畑健
・恐竜博2019
・リヒテンシュタイン

以上展覧会。これまた随分行きましたな。年明けからルーベンス先生のイメージが変わりました。
トプカプの「全盛期オスマントルコ」の圧倒的財力も素晴らしかったし、小畑健の神がかった生原稿も素晴らしかったしでいいものをみた1年でしたよ。
年明け一発目はハプスブルクでした。うっとり。


<ドラマ・アニメ>
とりあえず「いだてん」を追いかけた1年でした。色々言われましたが、追っかけた甲斐のあったドラマでした。ありがとうクドカン!
あとは「きのう何食べた?」ですねー!毎回毎回楽しくて、最初「うーん、なんか違うけど多分なんとかするだろう」と思っていた山本耕史はやはりなんとかしてくれました。あなたの小日向さん、好きですよ!!きゃ!!
アニメは「約束のネバーランド」に怯えつつ「鬼滅の刃すげえな」に終わりましたね。
今年は前述の「憂国のモリアーティ」を全力待機!!!キャスト楽しみだ!!!


<旅行>
高崎(サファリパーク、イチゴ狩り、SL乗車)
箱根
北海道(グラスとネオに会いに行った)
東京ディズニーリゾート

痛恨の北海道。次は…次こそは………!!!!!と燃えております。
ディズニーリゾートはやっちゃいかん系の贅沢でしたが、やっておいてよかったです。うっとり。


<競馬>
アエロリットちゃんとウィクトーリアちゃんに夢をみさせてもらった1年でした。ありがとう、おつかれさま。
スカーレットカラーちゃん、今年も応援してるよ!!
ネオの孫は女の子が活躍していますね。血が繋がっていってくれて、嬉しいです。
ネオの直子もまってるよ!!


<神崎にもっとも愛されたキャラ>
今年はねえ!くどいですが「憂国のモリアーティ」のアルバート兄様です!
じゅーぶんイケメンで、じゅーぶん頭も良いのに「弟の方が上」だと思っているその奥ゆかしさ。
もう大好き。「憂国のモリアーティ」については日記1回分つかって長々書いてやろうと思っているので、アニメの前にも書こうそうしよう。


そんな感じです。
今年もきっと趣味の一年です。よろしくおねがいいたしまーす!
かんざき * 日常アレコレ * 21:15 * comments(0) * - * - -

あけまして

おめでとうございまして(もう数日経って仕事も始まっていてイヤン)、昨年の振り返りとか色々やりたいんですけどそれはおいおい。


年明けにスマホを新調しましてね。
auに加入したままSIMフリースマホに変えたらなんていうか、すげーーーーーー面倒でした。
まず一番はキャリアメールをアプリで使えない。裏技があるけど面倒だし使いたくない。
何人かに「SIMフリースマホってどう!?」と聞かれたんですが、


「端末については特にこだわりがないから、自分のキャリアから出ているもので選択可能」だったら、やめとけ。


というのが率直な感想です。
大手キャリア所属の端末というのは、それなりの理由があるんだなと………。
でも私はどうしてもAQUOS R compact2が使いたかったんだってば。ソフバンからも出てるけど、今更キャリアを変えるのも嫌だったんだってば(我儘ばっかり)
移行にこんなに苦労するなら3年は使おうと決意しました。
純粋にSIMフリースマホにして、キャリアごと格安のそれに乗り換えた場合がどうなのかはまた別の問題だと思うので、そっちはわからんです。しかしライトユーザーが安さだけに惹かれて乗り換えたら、多分今の私と同じ結論に至ると思います。なんとなく。


そんなわけで友人諸君、僕はキャリアメールを受信はできるけど送信はすごく面倒になったので、違うアドレスから送信することになります。すみません。
もう全部LINEに乗り換えられたらどんだけ楽か…………。
(でも毎週M先輩と送りあっている「今週のジャンプ」感想はLINEでは送りきれないけどね!)(長いからね!)(いつもありがとう!!)
かんざき * 日常アレコレ * 22:15 * comments(0) * - * - -

そんなこんなで

2019年もそろそろおしまい。
冬コミは大好きな神作家様方の作品を沢山買えて嬉しかったのです。
スケブもお願いしました。目の前で(というか事情があってなんとお隣で!)描いていただけた時は昇天するかと思いました。
なんという僥倖。やばい。
私が好きになる作家様はなんでみんな感じの良い方ばかりなのかしら。
差し入れをお持ちしたりするのですが、渡すタイミングにいつも迷います。特にスケブお願いしたいときって、先に差し入れを渡すと「あげたんだから描いて」って言ってるようなものだよなー、しかし後で差し上げると「スケブの報酬」みたいになるのか?とかすっごいぐるぐる考えてしまうのですよ!ただ「好きです」って言いたいだけなのにね!
とかなんとかいらんことを考えつつ、幸せなコミケだったので余は満足です。

来年も好きなことばっかりやっていると思いますが、どうぞ宜しくお願いしまーす。
かんざき * 日常アレコレ * 21:03 * comments(0) * - * - -

ほやほや

私にしては珍しくツイッター並みのほやほやネタを書きます。

東京オリンピックのマラソン競技が札幌に移転するにあたり、来年の札幌競馬場開催の日程とかぶるので競馬の方がずらそうかなと検討中、とのことで我が競馬師匠兼親友のありちゃんから怒り心頭のメールが届いた一連のやりとり。

ありちゃん「なんでやねん!競馬場周辺なんて走らないでしょ?周回コースで2周とか6周とか言ってるくらいなんだから!
もうオリンピックなんて返上してしまえばいいのに」


私はなにしろそのニュースを彼女からのメールで知ったもので、こちらも頭に血が上りまして。

私「ハ?何言ってんの?死ねばいいのに(心が狭すぎる)。
つうかさあ、そもそもマラソンで周回って相当きついよね。
選手は何しにくるんだろう。気の毒に」


あ「周回コースでいいんならさ、都内のどっか広いショッピングモールを借り切って、ぐるぐる回らせればええやん。
涼しいで?(投げやり)



名案だ!
つうか「涼しいで?」で、現在進行形で私の腹筋が崩壊中。


我々の結論としては、「豊洲のららぽーとでいいじゃんね。近いし」となりました。
吹き抜けのところを使えば観客も横からだけでなく上からもみられるし(マウスかなんかの実験感が漂うけど)。
名案すぎる。
あとこれを機に、札幌開催を2ヶ月くらいにすればいいと思います(どさくさ)。
かんざき * 日常アレコレ * 22:50 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

紙と電子書籍とへーちょ

ジャンプ+アプリで連載されている「スライムライフ」という漫画があるのですが、6巻まで紙と電子両方で発行されていたのに、7巻から突如電子書籍のみの発売という発表がありました。

…私、6巻まで紙で買っていたんですけれども。

うそん…最初は紙の売り上げじゃないと人気としてカウントしてもらえなかったはず。
連載を続けて欲しかったから応援の意味も込めて紙で買っていたのに!!
途中から「紙でも電子でも売り上げになります!」という注意書きが出て早く言ってよと思ったのですが紙で買っちゃってるものは仕方ないので買い続けてきました。
それが!特にキリのいいところでもないのに突如電子書籍のみ。
これじゃあ今後ジャンプ+コミックスは紙で買えないじゃないか、なにこの愚策。と思ったら既に他の出版社が色々やらかしていたもよう(完結巻だけ電子のみとかひどいところもあった)。
なにが気に入らないって、電子書籍って結局所有権じゃなくて長期レンタル権なところが嫌なんですよね。
版元がサービス終えたらもう読めない。
あーもう本当にやだやだやだ。長期的に見たら絶対自分たちの首をしめてるじゃん出版社。
これがせめて一旦打ち切って新章開始で、そこからは電子書籍のみで出版だったらまだ納得したのに。
本当に大馬鹿野郎だ!!!


そんなプンスカしているわけですがそれとは別の話。
最近転職してまあなんとかやっているんですけれども、今度の私の上司はそりゃもう落ち着いて優しく服も小物もお洒落な美女であります。キタコレ!!(でも万一粗相があっては……!と思うと無駄に緊張する。美女も良し悪し)
そんな美人上司と昼ご飯を一緒に食べていた時の話。


美人上司Mさん「リヴァイのフィギュアでも持ってこようかあなあ」


………今何と?????????


昼飯吹くかと思いましたよ。
リヴァイってアレですよね。「進撃の巨人」に出てくる、女子に大人気のリヴァイ兵長(cv:神谷浩史)ですよね!!??

Mさん「買ったんだけど、家だと置くところがなくて」

買ったんスか。
突然のぶっ込み発言に驚きつつ、あー私の行くところはつくづく美女とヲタクが付いて回る運命だわ、と納得した神崎でした。
かんざき * 日常アレコレ * 21:21 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

水難の相

立て続けに水難に見舞われまして。

・息子、昼寝時にマットレスの継ぎ目にお漏らし。うまいこと(うまくない)継ぎ目を伝って床までひたひた。
・息子猫(7歳になりました)、朝起きたら水飲みボウルがひっくり返っておる。体重のかけかたをミスったらしい。ううー、怒れないけど、ううー!
・職場の1ドア冷蔵庫。半ドアになっていたらしく、製氷部分に大量の霜および床部分に水。ウワワワワ。


もーなんなの、と思っていたそんな時。
朝駅の改札で「ん?なんか冷たい?」と思って手に持ったサブバッグを見たら、水筒から麦茶もれとるーーーー!!!
家でセットした時にパッキンをつけ忘れました。イヤァァァァ。
お弁当袋はぐっしょり、奇跡的に防水布に包んであった文庫本は無事、しかししかし、お気に入りの扇子がみずびたしーーーー!!!!

時間がなかったので慌てて電車に乗って(水筒は手に持ってましたよ仕方ないから)、職場について扇子を開いて乾かしたらカピカピになって二度と元の形状に戻らなくなりました。
あああお気に入りの…お気に入りの藍色の鉄線柄の布の扇子ーーー!!!
しかもこの時期買い換えようにもデパートにあるものはすでに売れ残りの様相を呈したものばかり。
来年までお預け?
うえーん。

しくしくと心の中で泣きながらその日の仕事を終えて帰ろうとしたところ、上司がひとこと。

「神崎さん帰る時に、雨ふったりして」

そんなまさかーと思ったら、私が職場を出て駅まで歩く間「だけ」雨が降りましたとさ。
グスッ。


そんなこともありつつもうすぐ北海道旅行なので(さりげない自慢)私は元気です。
えいえいおう。
かんざき * 日常アレコレ * 21:24 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

かーらーのー!!

お久しぶりです。
咳喘息、かーらーのーー!!風邪に移行し、かれこれ一週間ほど微熱が続いたり身体中の水分が鼻水(黄色)になったり、鼻かみすぎて頭痛がしたりもう散々でした!
やっと治ってきましたよ〜〜〜。
これほどまでに時間がかかったのも、ひとえにかかる医者を間違えたから!(たぶん)
どうも弱気な先生で、「じゃあ…このくらいの薬から始めましょうか」と言われて処方箋を薬局に持って行ったら「えっ、これ子供さんの量ですけど…本当に先生はこの薬っておっしゃったんですか?」と聞かれたことが1回や2回じゃなかったからね!あの野郎!!(憤懣やるかたなし)
違う医者に行って「いいからガツンとしたやつ出しちゃってくださいよ先生!」と頼んでようやく大人の薬を飲んで良くなってきました。はーもー疲れたよパトラッシュ。

そんな中でもなんか小康状態のときがあったりして、みたものの感想まとめ。

・アラジン
実写版です。
インドじゃん。これ。
主人公カップルはせめて10代でお願いしたかった。
ジャスミンのコレジャナイ感。もうディズニーっていうかアメリカのジェンダー配慮どうこうはうんざりだ!
そしてジャファー役の人の目がぱっちりつぶらなせいで、ちっとも悪役感がない。
あとウィル・スミス(ジーニー)の竹中直人感半端なかったです。


・光のお父さん
以前千葉雄大&大杉漣が親子役でドラマを作ったものが、いつのまにやら坂口健太郎&吉田鋼太郎の親子役で映画になってました。
FF14エオルゼアパートの映像はすごかった。っていうかそれを見に行ったのでそこは良かったです。
話としては無駄に主人公の妹や主人公に惚れる同僚の女の子(この子とのエピソードとしては会社でネトゲのアカウント晒す?フツー?ライトゲーマーならともかく、マイディーさんくらいやりこんでる人なら絶対やらないよ?)を作ったり、お父さんを無駄に渋くしたり私のお気に入りのシーンを改変したりしていたので、ドラマの時も思ったけどこの脚本家私には合わないわってことで終わりました。


・劇場版 Free!-Road to the World-夢
え、劇場版って今年なんでしたっけ?来年じゃなかったっけ?上映時間2時間ないの?Free!なのにこんなに上映館が少ないってなんで?おっかしーなー、そんなに人気ありませんでしたっけ?といくつもの疑問符を頭に浮かべながら何も知らないまま「Free!」というだけで見に行きました(愚か者)。
去年やったテレビシリーズのまとめというか、足りないシーンを足した?感じの映画でした。途中で気づいて「あーそういうことかー」と思いました。
上映前に、入場者特典のイラストの封を開けたら凛&宗介だったので「ッシャアアアアアアキタァァァァァりーんちゃん、りーんちゃん、ヒャフゥゥゥゥー!!!」となったのでもうなんでもよかったです。
ハルちゃんと凛ちゃんが大好きだよ…ほんと甲乙つけがたいよ…なにやっても許す。
一箇所だけ「みんなでサバゲーやったよね」という話が出てきてえっ何それ知らないと思ったらテレビシリーズのブルーレイ購入特典のエピソードでした。ごめん…そこまでは追いかけられなかった…!テレビシリーズと劇場版皆勤が精一杯でほんとごめん許して(十分です)。
続きは来年の夏ですって。ですよね!


・きのう何食べた?展
ドラマを毎週楽しみに見ていたので、展覧会も行こう!と思って行ってきました。
複製原画と、衣装とか家電(無論オールパナソニック)とかが飾ってありました。
西島秀俊のスーツの細かったことよ。
見終わった後は昼食もそこそこに、銀座に移動してキルフェボンのタルトを食しました。んまかったです。これをホールで買える小日向さんの財力怖い。


今年は見るものたくさんで大変です。ほくほく。
かんざき * 日常アレコレ * 21:51 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

脱出して新天地

なんとかどうにか前の職場からおさらばしました。
在職末期はどちらかといえば不眠気味だったのですが、最終出勤を終えた日の夜から眠くて眠くてただ眠くて、隙あらば寝ていました。
引き継ぎとかで、気づかないうちに随分緊張していたようです。
やっと気が緩んだのかなー。

そして、新しい職場に移りました。本当はちょっと休んでから働きたかったのですが、そうもいかなかったのでエンジン全開のまま次のお仕事です。
新しいところがどんなところかというと、迂闊なことを書くと一発で職場バレするので控えますが、やることといえば秘書という名の雑用係です。
以前の仕事よりペースが楽なので、ゆるっとやろうと思っています。


それとは関係なく「アラジン」の実写版見てきました。
…アラビアっていうよりインドじゃんという印象でした。あとジャファーの人の目がでかすぎてなんだか可愛かったです。ジャファーとしてはマイナスなんですが。
あとウィル・スミスから漂う竹中直人感よ。
キングダムもう一回見たかったけど無理かなー。
次は7月のfree!かな。
今年は観る映画が多そうです。
かんざき * 日常アレコレ * 22:35 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

ハコネとテンキ

腱鞘炎は水際で食い止めた感じです。よくやった俺。

ハコネ。
先日、箱根に行ってまいりました。
行く直前に箱根山の噴火レベルが上がってロープウェイが止まりました。
ちょっと残念と言えば残念ですが警戒されずにしれっと動かされるより1億倍マシなのでありがたく思いました。代行バスたくさん出てたし(出すぎてて、私が乗ったバスは貸切状態でしたのよ)。
代行バスで大涌谷の通行止めギリギリのところを通りましたが、バスの窓はきっちり閉まっていたのに硫黄臭さが漂っていて「あーここ火山なんだな」って実感しました。
ま、それ以外の交通網は普通でした。初めて箱根湯本→バスで芦ノ湖へ(日に8本くらいしかない急行バスを偶然捕まえてソッコー着いたラッキー)→観光船→代行バス(ロープウェイ)→ケーブルカー→登山鉄道というメジャーコースの反対ルートを辿ってみましたが、人が少なくてなかなか良かったです。
宿はマロウド箱根強羅。古さは感じましたが、きちんとメンテナンスしてあったし従業員の方は感じが良かったし、なによりごはんが美味しかった!!!!フレンチのフルコース!やったね!!!
惜しむらくはコースのデザートがガトーショコラで、私がその日3時のおやつに食べたのもガトーショコラだったという「痛恨のガトーショコラ被り」でしたが、そこは自分の運のせいなので仕方なし。どっちも美味しかったからOK!
そしてものすごーーーく久しぶりに彫刻の森美術館に行きましたが、あそここそもうちょっとご飯なんとかした方がいいと思います。
そんな旅行でございました。


テンキ。
箱根の天気がどうこうではなく自分自身の転機なのですが、まあ色々あって職が変わることになりました。
正しく言えば現在の職場に三行半を突きつけて、さっさと次へ行くぜ!ってところです。
前回職を変わる時には勿体なくも同僚の女性たちから「えええ、神崎さん〜〜〜(涙)」と嘆いていただき、最後のランチのお誘いや持って帰るのも大変な量のプレゼントを頂戴して「え、俺モテてる?」と勘違いしながらウヘヘしていたものですが、今度の職場を変わるにあたっては、上司のオヤジどもから「えっっっっマジで辞めるの辞める前に俺のこの仕事だけ特別にやって!!」と異口同音にイレギュラーな頼み事をされ、私の後任スタッフに通常業務の引継をやっている暇がないという悪循環に陥っております。
(転職が急に決まったというのもあるんですけれどもさ…)
そんなわけで今の職場も後少し。
ほどほどに頑張ります。
かんざき * 日常アレコレ * 21:56 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ