秋はいろいろ忙しい

「エール」レポばっかり書いていたので、たまには日常回。

毎年思うんですけど…秋って忙しいなって。なんでだろうG1が続くから?


・競馬
今年は牡牝三冠馬が誕生しましたね。くっ…ネオとスティルだってそうなるはずだったんですけどね!?あのツヤツヤアンパンマンが邪魔をしたせいで…バカーーーーッッッ!!!!(何年経っても忘れない)
しかしユーイチくんはこんなに勝って大丈夫なのだろうか。今年で騎手辞めちゃうんじゃないだろうか。あ、コントレイルが引退するまではやるのかな。
ユーイチくんがダービーを2回も勝つなんて誰が想像したでしょう(失礼)。
ジャパンカップの抽選、一応申し込んでるんですが当たる気がしません。宝くじよりはマシな倍率だと思うのですが。


・ヴァイオレット・エヴァーガーデン
3回目も見に行きました。いえー。よかったです。入場者特典のポストカード欲しいけど、流石に4回目はなあ。。。。


・鬼滅の刃
映画。見に行きましたよ。零巻はもらいましたが塗り絵は逃しました(公式からダウンロードできるから別にいい)。
今のところ2回見てますが、2回目の方が泣けて困りました。席いっこ飛ばしでよかった。ちょっと自分でもひくほど泣いてしまいました。
今更コミックス欲しいなー。7巻くらいの時点で集めようかどうしようか迷ったんですよね。くー。


・七五三
なんと息子が5歳になったので七五三やりました。男の子は一回で済んで楽だ!
生後一ヶ月のお宮参りの時から「絶対和装やる!」と決めていたのでかなって満足です。
ついでに私も和装だったのですが、実家の母が「訪問着があるから取りに来い」というので行ったら「母の」嫁入りの時にあつらえた訪問着でしつけも解いていないのがありまして、やっと日の目をみました。
なんかそういう訪問着もう一枚あったんですよね!
そして私が幼い頃に見た覚えのある母の訪問着は、また違う柄だったんですよね!
もっと着物きなよかーちゃん!
というわけで「もったいねえな」と思ったので着付教室に通おうと思う次第。
それはさておき、お天気だったし自分のカメラの腕にまったく自信がなかったので出張カメラマンを呼んで撮ってもらったら、狙ったわけではないけどとんだ爽やかイケメンが来た上にすっげーいい人で息子がとても懐き、さらに写真の出来が素晴らしいというこの上ないことに。
あと、息子に「お願いだから!」とかなり前から懇願し、神社の境内にて

息子「ははうえ!」(駆け寄る)
私「○○丸!」(抱きしめる)

という茶番ができたので満足です。


そんな日常回でした。
かんざき * 日常アレコレ * 22:41 * comments(2) * - * - -

ひといき。

白浜とエールのレポを交互に書いていたら飽きてきた(ちっとも追いついていないくせに)ので、たまには違う話。


・劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン
初日に見てきました。ネタバレを避けられて本当によかった。開始5分で号泣。「絶対に泣くから」とタオルハンカチ3枚持っていったのですが全て使い果たしました。良い映画でした…………。観た人が皆ヴァイオレットちゃんのモンペと化すのもわかる。
2回観に行ったので、あと1回行きたい。


・ダディ・ロング・レッグズ
奇跡のようにチケットが当たり、観に行けました!3階席だったけど。
私、緊急事態宣言中は「次に生のお芝居見たら泣く」と思っていたのですが、そういう意味では泣きませんでした。
三越で聞いたパイプオルガンでその感情は出切ってしまったのかもしれません。
まあそれはともかく良い舞台でした。
ジュディをやった坂本真綾ちゃんと、前述のヴァイオレット・エヴァーガーデンでギルベルト・ブーゲンビリア少佐の声をやった浪川大輔さんは幼馴染みなので、なんだか私の中で妙にリンクした二つの作品でした。
知らなかったんですが、浪川氏はE.T.出てたんですね。すげえ。ちょっと声聞きましたが、今の声から子役時代のあの声はまったく想像できなかったです。へ、へえ………。


・ペルソナQ
ロマサガ3が終わって、やるゲームがなくなったのでドラクエ3でもやろうかFF7リメイクでもやろうかと悩んだ結果、私の中でペルソナスピンオフの最高傑作(だと思う)、ペルソナQに戻ることにしました。
いい感じでストーリーを忘れてて、新鮮な気持ちで取り組めます。
P3主人公で始めて、つい先頃やっとP4メンツが出てきました。
そして、P4の主人公の声といえば浪川なんですよねー。ほんともー君、働き者ー!!


・ミッフィーカフェ
ソラマチでやってたので、行ってみましたが行かなきゃよかったです(言い切る)。
だってカフェの中にほぼミッフィー要素ねえもん。
メニューにはちょっとあるんですよ?ミッフィーの形のサンドイッチ(食われるミッフィー)とか、ミッフィー型のアイスが乗ったフロートとか(溶けるミッフィー)。
でもカフェの内装にほぼミッフィーはおらず、予約特典のミニクリアファイルにいたってはすべての柄が「ミッフィーの服の柄」という有様。
ライセンス料ケチったのかな(←大人の邪推)。
カフェメニューもお腹いっぱいになる感じではなかったのでランチがわりにして損したし、もうちょっと調べてから行けばよかったなー俺のバカ。と思いました。
同じソラマチなら常設展開しているムーミンカフェの方がずっと良い感じです。
ちぇ。


・パレスホテル東京
友人のS様と一緒に、ランチを楽しんでまいりました。
鴨のコンフィが美味かったです。
どっかいいところにご飯食べに行こう!となるとたいがい相手はS様になるので、大変ありがたい友人であります。
彼女の趣味の一つが洋裁で、ここ何年かは会うたびにお手製の新作を着てきてくれるのでファッションチェックも楽しみ!
めきめき腕を上げていまして、私から見ると買ったものなのかどうなのか全くわからず、毎回「…お手製なんだよね?」と聞いている有様です。
いいなー、器用な人…。
中高の家庭科で被服をやると、毎回ミシンで失敗してただひたすらニッパーで糸を取っていたら時間が終わった思い出よ。
しくしく。


…そんなこんなで遊んでばっかりです。きゃー。
かんざき * 日常アレコレ * 22:17 * comments(2) * - * - -

身も蓋も

先日久々に親友兼競馬師匠のありちゃんと会いまして、キルフェボンの桃タルトなど喰ってまいりました。
喰わないと健康に悪い気がします(根拠はないけど多分そう)。
それはともかく。


私「先日さあ。30歳くらいの男が、部下に過去の合コン話をしていたところを聞いてしまいまして」

あ「うん」

私「『18の時に23くらいのお姉さん方とやった初めての合コンが一番楽しかった』と。『5年後においで?』って言われちゃったと。
23のお姉さんが5年後には28。その頃お姉さんたちがフリーで、23の男の子がのこのこ来たらがしっと掴んで離せないわけで、お姉さんの方はそんな余裕ぶっこいていていいのだろうかって思っちゃったよ(いや、これ書いてて思ったけど23の男の子じゃすぐに結婚はしてくれないだろうから「先輩を紹介して」って言うかもしれんな)」


その話をしている間ありちゃんは怪訝な顔をしていまして、どうしたのかと思ったら。


あ「あのさあ………。23の女の子が18の男の子と合コンして楽しい?
自分が28のときに18の若者が来たら『愛いやつ』くらい思えるかもしれないけど、23のときに18の男の子がきたら5年後どころか『おとといきやがれ』だよ」



誰がうまいことを言えと!!!!
かんざき * 日常アレコレ * 22:24 * comments(2) * - * - -

テニスその後

生きてます(報告)。

先日のテニス肘とやらはちょっとずつ良くなってきています。でもスマホ使ったりマウス使ったりすると、すぐよわよわになるんですよねー。
現代病かしら。ヤダ。

ハイキュー!が完結してついにジャンプからスポーツ漫画が消えたという記事を見て「…言われてみれば」と思いました。
新連載でも見かけないなー。
サッカー漫画はどうやってもジャンプで続かないというジンクスはあるけど、今連載を始めても取材に行けなくて大変そうです。
ハイキュー!も完結が一年遅かったら違う結末になっていたのかもしれないなあと思いました。
無事に終わってよかったです。古舘先生おつかれさまでした!
かんざき * 日常アレコレ * 21:46 * comments(0) * - * - -

テニス

あっ、エールの感想あと2回分書いてなかった!ということに今更気付きました。ごめんなさい。
それはそれでいずれ書くとします。

で、タイトル。
最近右手に違和感を覚えっぱなしなので整形外科に行ったところ「テニス肘」と「ストレートネック」との診断がくだりました。
お医者さんってすごいですね。
よくわからんところを押して「ここ、痛いでしょう?」と言われるとほんとに「イテテテテ」ってなりますね。びっくり。
テニス肘は別にテニスやってなくてもなると知ってはいましたが、「テニスやりすぎて」とか言ってみたい。
アホなこと言ってないで少し手を休ませようと思います。
イテテテテ。
かんざき * 日常アレコレ * 21:27 * comments(2) * - * - -

ハマりもの

朝ドラ見てまっせ、と書いたら友人から「レポは?」と聞かれました。
…エ?期待されてるのか?と少々驚きました。
でも嬉しかったです。ありがと♪


ママ友からすっかりヲタ友にクラスチェンジしたBくんママから「ヴァイオレット・エヴァーガーデンの再放送やっててハマった!るーちゃんも見て!!」と言われてみました。
いやなにこれ。1話1泣きのガン泣き。
戦争で兵器扱いされていて人間らしい感情を持っていなかった孤児の女の子ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、自分を育ててくれたギルベルト少佐(当然イケメン。cv:浪川大輔。超重要)が別れ際にくれた「心から、愛してる」という言葉の意味を知るための物語。
最後の戦闘でヴァイオレットは両腕をなくしてアダマン銀の義手になりますが、それがまた人形めいたこの子っぽいところがいいんですよね。
戦後、ヴァイオレットは少佐の士官学校同期の元中佐が始めた郵便会社で代筆屋の仕事をするようになって、人の手紙を書くうちに少しずつ人間になっていくという…………。
絵は綺麗だしヴァイオレットは美少女だし、元中佐の声は子安でそこも素晴らしいし、いやこれほんと見てなかったのどうして俺。
再放送も、私が気づいた時には6話でかなり進んでたので、仕方なく「1ヶ月だけね!」と限定してNetflix入っちゃいましたー!だってそこしか配信やってないんだもん!ちくしょう!!
私が見たのが今のところ11話で、あと2話でおしまい。ううう!!!でももう少ししたら新作劇場版やるそうなので楽しみ。
うひひひひ。


ペルソナ5スクランブルは少し前にクリアいたしました。おまけ要素がちょっとだけ残ってますがまあおしまいでいいや。
70時間くらいだったと思いますが、何しろペルソナ5ロイヤルが長かったもんで、70時間で「あ、これでおしまい?」ってなる自分やばいなと思いました。
次はロマサガかなー。
かんざき * 日常アレコレ * 23:13 * comments(0) * - * - -

連休って。

って感じの日常ですが皆様いかがお過ごし。

つらいなーとか思うと、それすっごい我儘だぜ?と返したり、いやでも何をつらいと思うのかってその人によらない?と思ったり、つらい時ほど前向きに考えて楽しんだりすればいいと考えたり、しかしそんなポリアンナみたいなことやってたって現実問題は特に何も解決されていないじゃんと思ったり、正直そんなぐるぐるした日々を過ごしています。
でもそんなぐるぐるしてるのって周りだと私だけじゃん……みんなもっと大人じゃん………と思って落ち込んだりもしています。

そんな精神状態でここに何か書こうとしてもうまく書けないので、じゃいっそそのまま書けばいいじゃんと思って書いてみました。
私と同じようにぐるぐるしてる人っているのかな。いたらいいな。いなかったら、こんな情けないやつもいるから自分大丈夫って思ってもらえたらいいな。


そんなところです。
朝ドラが6月末で止まるかも、というニュースを見て「あ、6月末まではやってくれるのね!!」と思わず安堵してしまいました。
毎日窪田くんが可愛くてそこは幸せです。
かんざき * 日常アレコレ * 21:30 * comments(2) * - * - -

あれっ

はっと気がつくと「こんなに何も書いてなかったでしたっけ」となってたりします。いつのまにか日が経っておる。恐ろしい時間泥棒!!
日々は色々振り回されていて、書くほど面白いことはなく楽しみといえばペルソナ5Sですよ。面白い。相変わらず戦闘は正直自分が何やってるのかよくわかりませんが楽しいです。
あとは朝ドラ!「エール」始まりましたね!!やったー!!窪田くんが主役!やっと主役!!と思ったら1話以降なかなか出てこない(子役時代だから)。2週目に入ってどうかなあと思ったら、2週目はお嫁さんになる人の子役時代!
…一週間のうち2回しか出番のなかった主人公って朝ドラ史上誰かいますかね…?(涙)
きっと来週からはがっつり活躍してくれるはずだ!今撮影止まってるみたいだけど、もうこうなったら一年かけてのんびりやっちゃえばいいじゃない!

テレビつながりですと、息子にとうとう戦隊モノを解禁したので今期の「魔進戦隊キラメイジャー」は1話からそこそこ見ています。
仮面ライダーより戦隊モノの方が話が簡単なので子供ウケはいい様子。
敵のボスの声が中村悠一で、レッドの乗り物の声が鈴村健一で、スズケンが「テンションMAX! めっちゃメラメラだぁ!」とかなんとかのたまうというヲタク母にも優しい仕様になっています。
そうか、仮面ライダーと戦隊モノの比較レポをそのうち書けばいいのか。結構面白いですよ。

そして競馬はどうにか綱渡りで開催が続けられていて、本当になんとか続いてくれって祈るばかりです。パチンコ屋とかと違って、これは止まったら処分される運命になる馬が十頭二十頭じゃきかないのです。「今そんなのやってる場合か」っていう声があったって文字通り命がかかっているから、出来るだけのことをして、なんとか開催を続けて行ってくれているのです。
どうにか続きますように。

書いてみたらそこそこ書くこともあるものですね。
よしよし。
かんざき * 日常アレコレ * 21:51 * comments(0) * - * - -

あの時の私

先日、私が仕事から自宅のマンションに戻ると、エントランスで小学生の女の子が心細そうにしていました。
同じマンションの住人として会えば挨拶するし、その子の親御さんとも会えば少し話す程度の関係の子でした。
うちのマンションは鍵を持っていないとエントランスに入れない仕組みなので、おそらく鍵を忘れてきたかなんかなんだろうなとピンと来ましたが、とりあえず私は自転車に乗っていたので先に駐輪場に入りました(駐輪場も鍵がないと入れない)。
私が自転車を仕舞っていると、その子がおずおずと駐輪場に入ってきて、私から少し離れたところでもじもじしていました。
これはもう絶対そうなんだな。

「鍵、ないの?一緒に入ろうか」

声をかけると、女の子は気が緩んだように涙ぐんで私の方に来てくれました。
しかしマンションの建物に入れたところでその子の家の鍵はないわけで、そしてご両親は留守でした。
キッズケータイも持っていないようだったので、

「お母さんの電話番号わかる?私の電話貸してあげるから、かけてみな」

と言って電話をかけさせてみました。
お母さんは出てくれましたが(知らない番号からの電話なのに出た瞬間「Rちゃん?」と娘さんの名前を呼んでいてお母さんスゲエって思いました)、車で出かけていて、帰るまでにはもう30分くらいかかりそうだとのことでした。
うーんこれはもう仕方ない。電話を代わってもらいました。

「もしもし。○○号室の神崎です。差し出がましいようですが、うちでお嬢さん少しお預かりしましょうか」

お母さんは恐縮してらっしゃいましたがとりあえず話がまとまり、Rちゃんを我が家に連れて行きました。死ぬほど散らかっていたけどもう…仕方ない………。日頃から片付けはしよう………(反省)。
最初は少し緊張していましたが、話をしたりおやつを食べたりしている間にだんだん打ち解けて、ついでに怖がりのうちの猫が珍しく出てきたもので「かわいい!」と喜んでくれました。
(…おやつ食べてないの可哀想だよなあと思ったんですが、出す前に「アレルギーある?」と聞いたら「ピーナッツ」との返答で、おお怖えって思いました。聞いておいて良かった……元々それほど怖いものを出すつもりもなかったのですが、お母さんそこんとこの教育をしっかりしてくださってってありがとうございます。最近怖いですな。成分表示をしっかり見て、問題ないおやつを少しだけ出しました。まあこれは各家庭の判断によるところで、これが正しかったかどうかはわかりません)


お母さんは道が混んだりして結局予定の時間を少しオーバーして帰ってこられたのですが、「ほんともうすみません申し訳ありませんありがとうございました。Rちゃんもよくお礼を言って!」という感じだったので、こちらも預かってよかったと思いました。
このご時世、同じマンションって言ったってよく知らない人の家に子供が一人でいるとなったらそれは心配だけど、でも外でずっと待ってて変な人に声かけられたりするよりはマシだろうという判断だったんでしょうね。お母さんとしてはそこそこ賭けだったと思います(まして娘さんなら)。
日頃から近所の人に挨拶はしておくものですね。
お母さんから「もし、そちらの息子くんが同じようなことになったら、今度はうちでお預かりしますから!」と心強いことを言ってもらえて嬉しかったです。数年後やらかしそうなのでよろしくお願いいたします。
今回の原因としては、いつもはランドセルに鍵をつけているのだけど、この日は遠足かなんかでリュックで行っていたので鍵をつけ忘れていたことだそうです。なるほど。


という、この令和の時代に珍しく昭和な感じの出来事があったという話なんですが、私は私で懐かしいなと思いまして。
私も鍵を持っていなくて家に入れなかった時に、普段挨拶くらいしかしない隣のおばさんが「うちで待ってる?」と誘ってくれたことがありました。
とてもありがたかったのですが、黙っているおばさんと二人きりで何を話したらいいのかもわからず、テレビがついていたけれどもワイドショーかなんかでちっとも面白くなくて、しまいに「たぶん、ママもう帰ってきてると思う!」と言って帰った(実際母が帰ってきていたかどうかは忘れました)ということをなぜかずっと覚えていました。
Rちゃんはあの時の私でした。
私はあの時どうして欲しかったんだろうと思いながらRちゃんに接していて、あれこれ話題引き出しを試して「動物の話」を出した途端饒舌に、そして笑顔になったRちゃんを見て「そうか、私はあの時安心させて欲しかったのか」とやっと気づいたというか、あの時の気持ちを言葉にすることができました。
なんだかあの時の私に会って、自分で助けてあげられたような妙な満足感とタイムマシンに乗ったような不思議があって、書いておこうと思った次第です。
良かった。
かんざき * 日常アレコレ * 00:05 * comments(0) * - * - -

あけましたー。

鏡開きも終わりましたが、なんだかんだでやっと2019年振り返り。

昨年一番大きかったことといえば転職ですね。しかも2回。エー。
よかったのかなーと思わなくもないですが、毎日「死ねばいいのに」と思いながら仕事をするのもなかなか不健全だなと思ったので、いいことにしました。元気出していきましょう(エーザイ)。
あとは結構振り切って遊んでいます。いいのか?いいのだ。

出来事羅列。

<小説・漫画>
小説…なんだろう。古本屋で買い漁った沢村貞子のエッセイ?今読んでも大変面白いです。なぜか古本屋には「私の浅草」だけないのはどうしてなんだろう。あー、実家にあったはずなのに正月に帰省したときに持って帰りそびれたー!!!
あと、星野源ちゃんのエッセイに手を出しました。1,3作目は面白かったです。
漫画は「憂国のモリアーティ」ですね!!!私の好みはアルバート兄さんですね。長男大好きだ!!!特に6巻のアルバート兄様が大好きだ!!!
アニメ化決まったのでますます楽しみ。


<音楽>
年々この項目がつらくなっていく…。
去年のを見返して「月虹はいつ出るんですか」と書いてあったので今調べてみたらアルバムリリースされてましたね。ありがとうBUMP OF CHICKEN。
「逃げ恥」を今更一気見したので大変今更「恋」をだいぶ聞きました。


<映画>
今年は狂ったように見に行きました。

・シティーハンター(アニメ)
・翔んで埼玉
・キングダム
・アラジン
・ファイナルファンタジー光のお父さん
・free!
・天気の子
・ONE PIECE
・ニューシネマパラダイス
・おっさんずラブ
・銀英伝1〜3章
・アナと雪の女王2(字幕・吹替両方)
・シティーハンター(フランス実写版)

おお…見てる…。
特に銀英伝よくつきあったな私。
ベストは何かなあ。キングダムですかねえ。山崎賢人くんよく頑張ってました。あと吉沢亮がイケメンなのはよくよくよくよくわかりました。半沢のスピンオフは内容がひどかったけど(途中までしか見てないけど)吉沢くんのせいではないので、来年の大河見るよ!
今年の一発目はカイジでした。もう1回は見に行くよ!!!


<ゲーム>
・ペルソナQ2
・大逆転裁判2
・ペルソナ5ロイヤル

昨今のゲームはとにかくとにかく、なっげええええええええ。
サービス精神は買うが、とりあえず長いんだよ!!!(はーぜー!!)
しかしペルソナは面白いです。5ロイヤルがただいま70時間突破してますがたぶんこれで半分くらいなんでしょ?と投げやりに思っております。
大逆転裁判は1で「は?これで終わるの?ふざけんなよ?」と思ってたんですが、2で見事に全ての伏線を回収してました。だったら素直に前後編で出せばこれほど叩かれなかったのに。


<芸術・ライヴ・イベント等>
・カジャラ4
・嵐東京ドーム
・キッズのためのコンサート(ラ・フォル・ジュルネ)
・ポルノグラフィティ

以上舞台とかコンサート。案外行きましたね。嵐、よかったなああああ!!!国立当たりたいなあ。
ポルノも嵐も偶然同じ20周年だそうで。

・ルーベンス
・くまのプーさん
・江戸のアヴァンギャルド
・トプカプ宮殿の美
・ラフ∞
・きのう何食べた?
・小畑健
・恐竜博2019
・リヒテンシュタイン

以上展覧会。これまた随分行きましたな。年明けからルーベンス先生のイメージが変わりました。
トプカプの「全盛期オスマントルコ」の圧倒的財力も素晴らしかったし、小畑健の神がかった生原稿も素晴らしかったしでいいものをみた1年でしたよ。
年明け一発目はハプスブルクでした。うっとり。


<ドラマ・アニメ>
とりあえず「いだてん」を追いかけた1年でした。色々言われましたが、追っかけた甲斐のあったドラマでした。ありがとうクドカン!
あとは「きのう何食べた?」ですねー!毎回毎回楽しくて、最初「うーん、なんか違うけど多分なんとかするだろう」と思っていた山本耕史はやはりなんとかしてくれました。あなたの小日向さん、好きですよ!!きゃ!!
アニメは「約束のネバーランド」に怯えつつ「鬼滅の刃すげえな」に終わりましたね。
今年は前述の「憂国のモリアーティ」を全力待機!!!キャスト楽しみだ!!!


<旅行>
高崎(サファリパーク、イチゴ狩り、SL乗車)
箱根
北海道(グラスとネオに会いに行った)
東京ディズニーリゾート

痛恨の北海道。次は…次こそは………!!!!!と燃えております。
ディズニーリゾートはやっちゃいかん系の贅沢でしたが、やっておいてよかったです。うっとり。


<競馬>
アエロリットちゃんとウィクトーリアちゃんに夢をみさせてもらった1年でした。ありがとう、おつかれさま。
スカーレットカラーちゃん、今年も応援してるよ!!
ネオの孫は女の子が活躍していますね。血が繋がっていってくれて、嬉しいです。
ネオの直子もまってるよ!!


<神崎にもっとも愛されたキャラ>
今年はねえ!くどいですが「憂国のモリアーティ」のアルバート兄様です!
じゅーぶんイケメンで、じゅーぶん頭も良いのに「弟の方が上」だと思っているその奥ゆかしさ。
もう大好き。「憂国のモリアーティ」については日記1回分つかって長々書いてやろうと思っているので、アニメの前にも書こうそうしよう。


そんな感じです。
今年もきっと趣味の一年です。よろしくおねがいいたしまーす!
かんざき * 日常アレコレ * 21:15 * comments(0) * - * - -
このページの先頭へ