現在

ちょっと丁寧に文章を書く時間がなく。ゲフガッフ。いえ、だいぶ良くなったんですけど。ゲフゴッフ。
今一言言うならば、

「毎日きかんしゃトーマスはマジつらい」

です。
そのうちなんか書く…書かせて…。つらい…(涙)。
blogram投票ボタン
かんざき * 日常アレコレ * 00:02 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

ダディ・ロング・レッグズ

少し前ですが、久々にミュージカルを観てきました。
それがタイトルのダディ・ロング・レッグズ。日本語訳で言うとあしながおじさん。
ミュージカル界きってのプリンス井上芳雄と、ミュージカル女優というより私としては声優もしくはアニソン歌手として親しみがある坂本真綾ちゃんの二人ミュージカル。二人。いかにも大変そう。
前回の公演が終了した後に(…)存在を知り、ううー、観たい!と思っていたのですが友人のゆうまくんが「再演あるよ」と教えてくれたので、無事行けました!よかったー!
そんなわけで感想まとめ。
原作含めネタバレありまくりなので、未読の方ごめんなさい。


・歌
素晴らしいの一言。素晴らしくなけりゃ二人ミュージカルなんて出来ないでしょうけれども。
残念だったのは、今回から曲および細部が一部変更になり、サントラで気に入った「ロックウィロー」という曲が削られていたことですよ…全体的に真綾ちゃんの高音が減ったらしいです。ウウウ!


・衣装
真綾ちゃんの衣装がどれもオールドアメリカンな感じで可愛かったです。井上芳雄のスーツも素敵でした。キャ。


・原作と比べて(内容)
原作は冒頭以外全てジルーシャの手紙のみで話が進んでいくので、あしながおじさんことジャーヴィスさんの心情が一切出てこないのですが、ミュージカルではジャーヴィスさんがどう考えていたのかということがわかって、そこがとても面白かったです。そういう解釈もあるのねー。
そして歌とかセリフとか、原作を読んでいると「うお、こんなところを拾うか!」というようなマニアックな一面もあって楽しかったです。小さい頃何度も読んだ本は大人になっても覚えているものですね。
ラスト、あしながおじさんの正体がわかるところは原作だと「あしながおじさん=なんでかわからんが体調不良」(「ジャーヴィスさん=カナダで狩りをしているとき一晩嵐に見舞われて肺炎」の時期に一致)で、いまわの際に会いに行くというような描写だったので、いつ井上芳雄のパジャマ&ナイトキャップ姿が見られるのかとドキドキしていましたが、そこはあっさりなかったことにされていて、普通の格好で会っていました。個人的に残念。


・原作と比べて(ジルーシャもしくはジュディ)
名前。まず名前。全編「ジルーシャ」で押し通したのはなんでだ。彼女は自分の「ジルーシャ」という名前が嫌いで「ジュディ」という愛称を自分につけていたはずなのにさ。
観客が混乱するからなのか、歌詞にしたとき「ジュディ」より「ジルーシャ」の方がよかったのかわかりませんが、そこは…原作者が怒るところだろう…と勝手に思いました。やっぱり歌にしたときの印象かなあ。ちぇー。
あと、原作のジルーシャってジャーヴィスさんの正体を知っても「わたしはなんてばかだったのでしょう。少しでも知恵が働けば、百ものささいなことからわかっていたかもしれないのに」と言うような結構おっとりした子だと私は思っていたのですが、舞台のジルーシャは「なんで隠してたの。男性として魅力的ではないわ!」みたいな感じで超怒っていて、全体的に現代っ子寄りにした印象でした。というか真綾ちゃん寄りにしたという感じでしょうか…。
彼女は優しい歌声でありながらライヴのMCとか結構Sなんだよな………カタカタ。でも可愛いからいいか(甘い)。
あとミュージカルだと首席で卒業したことになっていて、「一年のときに赤点取っておいて首席卒業はないよなあ。大学のシステムは今と違うのか?」と首を捻っていたのですが、原作読み返したら「優等で卒業するのは無理でしょう。あの一年生のときの忌々しいラテン語作文と幾何学のせいです」という記述があって、「だよねー!」と溜飲を下げました。


・原作と比べて(ジャーヴィス)
原作はジャーヴィスさんの心情が全く出てこないので、ミュージカル作者の創作ですね。解釈としてとてもヘタレでした。あー会おうかなーどうしようかなーでもなー、はっ、ちょうど同級生に俺の姪っ子がいるというから、「あしながおじさん」じゃなくて「ジャーヴィス叔父さん」として会っちゃえ!から始まってあとにひけなくなっていってました。
しかしヘタレでも井上芳雄なので許すしかない(甘い)。んもうしょうがないなおじさま!
原作でのジャーヴィスさんは正体をばらしたときも笑って手を差し伸べて、「かわいいジュディ、ぼくがあしながおじさんだって思わなかったのかい」とか言ってるので、本当は結構図太い人なんじゃないの?というのが私の印象です。ジュディとは14歳差ですって!うひー!
彼に関しては友人のありちゃんとけちょんけちょんに話していました。


私「ジュディの前に少なくとも2人大学出してるんだよねあのひと。3人分の学費出すってすごいな」
ありちゃん「その男の子たちに『…というわけで、君たちの後輩と結婚したんだよ』と言って感想を聞きたい(笑)」
私「今思ったけど、前の男の子たちの大学在学期間が被っていなければ、最初の子は自分とあんまり変わらない歳の人に大学出してもらったってことにならない?(ジュディが18のとき14歳差で32、大学4年として2人分だから、最初の子は8年前に入学したと計算すると当時ジャーヴィスさんは24歳)
か、かんじわるくね?ジャービーぼっちゃま!」

ありちゃん「ノブレスオブリージュ、の一言では片付かないモヤモヤが生じるね。
ジュディの場合でさえ『おじさんではないんじゃね?』とかおもったのに」

私「24歳の若造に『君は優秀だから大学出してあげよう』と言われてもね!モヤモヤするね!意味もなく殴りたくなるね!」
ありちゃん「その状況で素直に感謝して援助を受ける子って、あんまり大成しなさそう(偏見)。
いや、ハングリー精神ってわりと活きてくるじゃん、ここぞって時に。あ、心の中で『ケッ』と思っていてもお金だけは受け取るって子は出世しそうだけど」

私「わかるけど性格悪いなソイツ。まあ、もしかしたら男の子たちにも正体は隠してたのかもしれないけどね。
…しかしそんなこと思いつく?フツー自分よりはるかに年下の子を助けようって思わない?なんとなく」

ありちゃん「難病の小さい子を支援する、とかねえ。
時代背景的に『優秀なのに経済的な理由で大学行けない』って人が、今よりもいっぱいいそうではあるけれども」

私「あとさあとさ、『ジャーヴィスさんは赤ん坊の頃のジュリア(姪っ子)を一目見て気に入らないと思ったらしくそのまま忘れてた』って描写があったけど、親戚の赤ちゃんを見て『ワーかわいい!』ってなる14歳男子がいたらそれはむしろヤバい奴だよね(笑)」
ありちゃん「とりあえず、私が親ならば、その14歳男子はブラックリストに入れて、可能な限り接触を避ける(笑)」

こんな感じ。ありちゃんありがとう。
この二人の関係性については、続編の「Dear Enemy」を読むとますます言いたいことがいろいろ出てくるんですけどね。まあそれは置いておきます。


・原作の思い出
私がこれを初めて読んだのは確か小学校高学年の頃だったと思うのですが、ほんとに全く何も考えないで読んでいたなーと今にして思います。
あしながおじさんの正体を知っても「へー」としか思わず、あしながおじさんがサリーの家に行くのを理由も言わずに「絶対ダメ」と言って止めた時も、「そうだよなあ、親ってなんだかわからんけど『とにかくダメ』って言うもんな」と妙に納得していて、訳者あとがきで「ジャーヴィスさんは(ジュディが「サリーのお兄さんが大学のお友達を連れてくる」と手紙に書いたので)、他の男の人たちにジュディを会わせたくなかったんでしょうね」と書かれていたのを見て「ああ、そういうことだったんだ。へー」と思っていました。浅薄極まれり。
なので、ミュージカルを見て「おお、ここでジャーヴィスさんが出てきたのはそういう意味だったのか!」とか随所に新しい発見がありました。それはとても楽しかったです。
今改めて読むと、ジュディはほんとに孤児だったんだなあと思います。
先ほどのサリーの家に招待されたくだりだって、普通の家に育った女の子なら「男の子と素敵なことがありそう」的なことは、少なくとも親に許可を得る段階では自然と隠すと思うんですよね。これはもう誰に教えられることではなく、女の子だったら身につけている勘のようなものだと思うのですけれど、ジュディはとにかく「素敵なことがありそう」というのは男の子がくるということであろうが射撃をやるということであろうが、「親」代わりのあしながおじさん相手でも全部書いてしまう。
それは彼女があしながおじさんの人となりを知らないこともあるでしょうけれども、そういう「親に対する駆け引き」が身についていない子であるという絶妙な表現なのだと思いました。


というわけでわたし的に盛りだくさんのアカデミックな観劇でした。
そうよこれが非日常よ!(手遅れ)
blogram投票ボタン
かんざき * Show must go on! * 23:22 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

ゴジラ女子会

…ウーン(↑タイトル)。

私の中で「あーー最近思うさまヲタク話してない。やばい。私の中のヲタク分が薄れる」という妙な危機感が発生し、元同僚現友人のM先輩とヨーコを「俺のヲタク話に付き合わなかったらどうなるかわかっておるだろうの」と脅してつきあってもらうことにしました!持つべきものは友人ですありがとう。


場所どうするか?と思い、なんとなく新宿。なんとなく行ったことのないアフタヌーンティー。と適当に検索して出てきたのがホテルグレイスリー新宿のカフェテラスボンジュール。
どこだここ聞いたことない。と思ったのですが、よく見たらコマ劇場の跡地でした。いつのまにこんなのが建ったのか。知らなんだ。
ここのウリは窓からゴジラヘッドが見えるところだそうで。あらあらまあまあ。

「えっ、アフタヌーンティー?オサレ!しかもゴジラが見えるなんて!」
「ゴジラ!」

…君らそんなにゴジラ好きだったのか。知らなかった。あ、シン・ゴジラ録画したのに全然見てない。映画を家で見るのはなかなかハードルが高いのう。
閑話休題、そんなわけで行ってきました。


そいで、ゴジラ。
これは回り込んで見た図で、カフェから見えるのはゴジラの後頭部なんですけれどもね。
1時間に1回ガオーとか鳴いてました。



アフタヌーンティーは普通に三段でした。量は多かったと思うけど質はお値段也ってところだと思います。
スコーンにつけるものとして「クリームとブルーベリージャム」と書いてあったので生クリームかクロテッドクリームかどっちだろうと思っていたらなんとクリームチーズでした。ざ、斬新………。
あと私は背にしていたのであまり気にしていなかったのですが、店内に相当でかいヴィジョンが二つあって、片方で日本エアロビ選手権みたいなやつ、もう片方で美空ひばりリスペクト歌謡ショーをやっていました。なにその組み合わせ。
「非日常の楽しみ」ではあるのですが、某高級ホテルにこもって本を読む読者様となんたる違い…これが女子力の違いってやつか…!と思い知ったのですがしょうがないねこれがかんざきだものね(居直り)。


そんな環境でがっつりヲタク話を3時間以上してきたので、私は大変満足です。
封神演義の原作クラッシャーぶりを楽しみにしたいと思います(そこ?)。
blogram投票ボタン
かんざき * チーム・タイバニ会議 * 23:03 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

見込まれた私

ネタが怒涛のように押し寄せるので、書くよ!!


先日、ピロリンと友人(カタギ。意味はないけど名を秘す)からメールが来ました。
フムフムなになに。


瑠珠ちゃんを見込んで、というと色々語弊があるのだけど、うちの娘が最近保育園で『トットリ』の役をさせられてて、それを始めたお友達は『ミヤギ』の役で、他の子は「アラシヤマ」の役が割り振られてるらしいんだけど、なんのことかわかるもの?
(私は色々とググってやっとわかった)」




…………。
君は僕に何を期待しているの。



ま…結論から言うと…かんざきデータベースに引っかかった作品はあるんですけれども。
ほぼ瞬時に出てきてしまった自分に絶望しかけたけど。
…その組み合わせで出てくるのって『パプワくん』しかないんだけど、合ってるのか以前に「なんでだよ!」というツッコミしか浮かんでこない。
間違いであってくれ。
今平成何年よ!?


「すごーい!!!さすがだ〜。
娘に聞いたら『Aちゃん(ミヤギの子)が見てるアニメ』でタイトルは『…ぱぱいや?』だかなんだかだそうなのでたぶんパプワくんなのです。
試しに『パプワくんは誰がやるの?』と聞いたら『いーの、それは誰もやらなくていいってAちゃんが言ってた!』とのこと。

なんでパプワくんなんでしょうねえ。
それを尋ねたらAちゃんのお母さんはキツいのかしら。控えた方がいいかしら」



…………さすが……………というコメントもさることながら。
尋ねたら………か。
私だったら傷が浅いうちに言って欲しいと思いましたが、でも知らない方が幸せってことも…!なんてなやましい…!
ふと「周りの子供達は『ライダーキック』とかで戦ってるのになぜうちの子だけ『邪王炎殺黒龍波』なのか」と奥さんに怒られたヲタクのエピソードを思い出しました。


「しかし子供っていろんな内実をさらけ出すものだね」

ええほんとに。
うちの子は今のところそんな……?と思いましたが、土日の昼寝から起きるとテレビの前に座って「おんま」とスタンバイし、おやつが目の前にあってもさほど興味を払わず(下手すりゃ食べずに)に競馬をじっと見ていたんでした。
今のところ彼にとってテレビは「競馬」か「アンパンマン」の二択。
…そのうち「お休みの日なにをしてましたか?」と聞かれて「きのうは じゃぱんかっぷ でした。とうきょうけいばじょう しば 2400メートル りょうばばのハイペースで さしうまゆうりのてんかい かったのは◯◯で ヤネは△△ かちどけいは2ふん22びょう1 あがりの 3ハロンは34秒8 2ちゃくとはハナさ でした」とか言われたらどうしたらいいんだ私(←自業自得)。


ためしに家人に「トットリ、ミヤギ、アラシヤマ。で思いつくのって?」と聞いてみたら、「忍者トットリ、東北ミヤギ、あとなんだっけ。さがアラシヤマ?(注:祇園アラシヤマだった)それがどうかしたの?そういえば柴田亜美(パプワくんの作者)漫画家引退して、今エステ店経営してるよね」という反応であーもうダメだ我が家と思った次第。


「旦那さんもさすがだわ!その辺は一般教養なのだね〜。私もせめてもう少し詳しければお近づきになれたのに!」


一般教養とはなにか。ということを随分考えてしまいましたが、少なくともパプワくんではないと思う。むかーし、土曜だか日曜だかのゴールデンタイムにアニメやってたと思うから、まるっきりヲタ向けアニメではなかったけど。
ま…友人のお役に立てて何よりです。
しかしそのガンマ団ごっこ、一体なにをやっているんだ。あの3人速攻でパプワくんとシンタローにやられてた気がするけど大丈夫か。一体どういう基準で割り振ったんだ。二人組だったらタンノくんとイトウくんになったのか。とか色々思うところはあるのですが、深くは聞きますまい。くわばらくわばら。
blogram投票ボタン
かんざき * 日常アレコレ * 00:35 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

インプット

秋ってなんでこんなに見るものとか多いんでしょうね。
羅列。


・Free!
映画。ともかく凛ちゃん凛ちゃん凛ちゃん凛ちゃん…!!!と思っていたら終わっていた。いや、ハルちゃんも好きなんだけど。ブルーレイ購入決定。そして来年の夏はまたテレビシリーズ始まるのね!もうほんと集金に余念がないな!

・アニメ
今期はおそ松さん、3月のライオン、食戟のソーマ。ちょっと気を抜くと溜まりそうなのでドキドキ。
おそ松さんほんとひどくて面白い(ほめてます)。あれ本当に女子に人気なの?そうなの?
私の推しはチョロ松からおそ松に移行しています。櫻井孝宏には抗えない。

・ドラマ
コウノドリのみ。ほぼ毎回号泣。
今シーズンのいいところは「出産はゴールではなくスタートだ」と言っていること。
星野源が四宮先生って最初「エー」と思ったけどすごく似合っていて不思議。

・舞台
すっげーーー久しぶり。井上芳雄と坂本真綾の二人ミュージカル「ダディ・ロング・レッグズ」を見てきた。詳細は後日。

・小説
池井戸潤「アキラとあきら」、舞台の影響で「あしながおじさん」を立て続け。
前者はスカッとする話でとても面白かった。池井戸潤は学生の頃読んだらつまらなかったんだろうなあ。いや、面白いと思うかもしれないけど、小説を期待して社会人になったとしたらすごくがっかりしただろう。
ではもし私が専業主婦になっていて、その状態で読んでも面白いと思うのだろうか。とふと考えたりもする。
後者はほぼ覚えていたので内容確認。子供の頃は本当に何も考えずに読んでいたんだなあ。
新訳で、内容はともかく「ペンドルトン」と訳していたのがとても気になって、私ずっと「ペンデルトン」だと思ってたんだよなー。でもミュージカルも「ペンドルトン」だった。そうなのかー。うーん。
あとは「キャプテンサンダーボルト」も買ったのでこれから読む。

・競馬
秋のG1戦線開催中。
前半の秋華賞から天皇賞あたりは泥んこ馬場であんまり参考にならねえなあとか思って見ていたりネオリアリズムやアエロリットちゃんに涙したり、サウンズオブアースにはらはらしたり。
ロゴタイプがよもやの電撃引退をしてしまい、そうなのか…とがっかりするも社台で種牡馬入りするんだから期待されてるんだろうな。よかったな。と思ったり。


こんなところで。わくわく。
blogram投票ボタン
かんざき * ドラマ、映画を見て * 23:04 * comments(2) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ