カレンダー

先日、近所の寂れた靴屋に行きました。オフィスシューズを買いたかったので安けりゃなんでもよかったので、いや、それはよくてですね。
お会計をしている時に何気なくレジの横のカレンダーをみました。これがまた店のオヤジと同じくらい昭和感漂う白黒の大きなカレンダーで、更によくよく見たらば。

11/10…エリザベス 即位パレード
11/24…JAPAN CUP

って書いてありましてね。
なぜジャパンカップだけ英語なんだとかはともかく、なぜ11/17のマイルCS(なんでこのMacは私がちゃんと「マイルチャンピオンシップ」ってフルで打ってるのにマイルCSって勝手に変換するんだい?)は無視なのですかと。
よっぽど聞こうと思ったのですが、話が長くなりそうなのでやめました。我ながら賢明な判断だったと思う。


カレンダーの表示つながりで、天皇陛下の即位式典は嵐の出番近辺を見ました。
友人のすいちゃんとLINEしながら見ていたのですが、もうともかく「トチりませんように!!」と祈ってましたね。
また菅野よう子さんの鬼音程の曲だったしさー。
無事に済んでほっとしました。そしていい曲でした。
嵐が持っていたマイクのリングが担当カラー(松潤…紫、ニノ…黄色、大野くん…青、翔くん…赤、相葉くん…緑)で、嵐ファンなら「おおう!!」ってなったはず。
iTunesで売ってくれないかなあの曲!!
かんざき * 競馬について。 * 23:55 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

一気放出

シリーズ物を書いているうちに自分にはどんどん変化があって、

・リヒテンシュタイン展に行った
・きのう何食べたカフェに行った
・恐竜博にも行った
・秋競馬が始まって、ウィクトーリアちゃんの戦線離脱に涙。藤田菜七子ちゃんが新潟リーディングを取って大変にめでたい
・銀英伝の映画を律儀に見に行っている
・そっと職場が変わった
・「いだてん」を見て、麻生久美子に「あなた、起きて」と優しく起こされ、リリー・フランキーを上司に持ち、松坂桃李くんを部下として連れまわす人生を送るには前世で一体どれほどの徳を積めばいいのか見当もつかないと途方に暮れる
・NINTENDO Switchロトエディションを手に入れて悦に入る。でもドラクエ11は操作性にイラっとして今止まってる
・ペルソナ5ロイヤルが出たので手を付ける。セリフが自動送りできるようになってすごーーーーーく助かる!ボタンの押しすぎで腱鞘炎になるところだったからね!ただし油断するとセリフ自動送りの間に寝てしまう。

てな感じです。
あと嵐がついにSNS攻勢をかけてきたのでTwitterのROM専門アカウントを作りましたが、今のところ嵐のTwitterがbotみたいであんまり楽しくないです。インスタの方が楽しいの?でもインスタ怖い!ガクブル。
かんざき * - * 21:40 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

ディズニー・リゾート!(7)(終)

それからファンタジーランドでまたしばらく遊び、結局カルーセルは2日間で4回乗る羽目になってさすがにもういいよと思ったんですが、息子が案外寝ません。
しかし今帰って電車に乗ったら即落ち確定。
これで我が家までが「電車で直通1時間」とか車で来ていたりしたらむしろ願ったり叶ったりなのですが、微妙に電車を乗り継ぐので、半端に寝られると乗換駅で「お願いだから起きてー!!」となることが目に見えています。
なんとかベビーカーがある今のうちに寝て欲しい。親も疲れた。
ベビーカーに乗せてうろうろしているうちに、15:55のスプーキー"Boo!"パレードというハロウィンパレードが始まりました。
1日2回あるパレードで、観賞場所の抽選に外れて見ていなかったのですが、せっかくだからどっかで少し見ようかということになり、シンデレラ城近くのベンチへ。
かなり遠目ですがフロートが見られればいいから、いいや。
そしてベンチに座った途端寝落ちる。お前かよ。
あーフロートが止まってダンサーさんたちが多分踊ってる……と思っている間にベビーカーにいる息子も落ちてました。
私もやや電池が切れて、鞄のファスナーと息子の手を握ったまま(かろうじての防犯意識)うとうといたしました。うとうと。


パレードが終わると人も動き出すので、休憩お終いにして動こうかということになりました。
息子はすっかり寝ています。よし、もうちょっと寝ておけ。
夫と相談し、スイートハートカフェに拠点を構えつつ、残り1枚ずつのファストパスを消化するために交代でアトラクションに乗ってこようということになりました。
スイートハートカフェはプラザガーデン正面かつワールドバザールとトゥモローランドの境目というのかな、そういうところにあります。テラス席に座ると左前方にシンデレラ城が見えます。
なんでここにしたかというと、バケパ特典のソフトドリンク無料券が使えて、カフェオレが飲めるからー!!
雑な言い方をすると「紙コップで提供されるソフトドリンクは滞在中全てタダ」という券です。ペットボトルはダメ。チッ。1日目は暑かったので何杯か使ったのですが、2日目は暑くもなく寒くもなくだったのと、ディズニーランドホテルの冷蔵庫に入っていたペットボトルの水がタダだったのでそれを持ち出したおかげで、殆ど使わなかったんですよね。もったいない!というわけで。
交渉の結果、夫が先にスペース・マウンテンに消えました。行ってらっしゃい。
私は何も考えずに彼を送り出した後で「ホットカフェオレとチーズケーキ」を頼んだんですが、片手でそれを持ちながら空いてるテラス席を探して片手でベビーカーを押していくというのはなかなかに試練でした。拠点をちゃんと確保してから送り出せばよかった。小さな後悔。
チーズケーキはハロウィンのスーベニアプレート付きのものにしました。現在息子用のパン皿になってますが。飽きたら返してくれないかな…(器の小さい母)。
ふーやれやれよく寝ること、と思いながらぼーっとしてました。思えばこの2日でぼーっとすることって、なかった気がします。ディズニーランドでぼーっとすること自体がとても贅沢だな。
そのうち夫が戻ってきまして、バトンタッチ。


私が行くアトラクションはアレですよ。伏線のアレです。バズ・ライトイヤーのアストロブラスター!!こんなに早く望みが叶うなんて…!!!!!!
まったく、スペースマウンテンなんて顔を伏せているしかやることがないアトラクションにファストパスを使う人の気が知れない!(←暴言)
バズに行く途中で思いましたが、私、ディズニーランドを一人で歩くの初めてでした。そしてこの感覚、なんだろうと思ったら産後初めて一人で遊びに行った時(「free!」の映画見に行った時…!)の解放感でした。うわー、これ楽しい!すごい楽しい!!
そして接待なしバズ!どれだけ撃ってもいいしどれだけ好きな方向に機体を向けても構わない!!ああー、マジか。ほんとなにこの解放感。途中で一回止まってくれれば尚良かったけどそこまで贅沢は言えまい。
果たしてスコアは55,700点でこの2日間で最高でした。いや、全然大したことないです。すごいへっぽこです。でも嬉しかったの。ひゅー!


すっかり満足して戻ると、そろそろ息子が起きていました。よし。
バケツにキャラメルポップコーンを補充し、ディズニーランドホテルに預けた荷物を回収して、最後はリゾートラインに乗って無駄にディズニーランド前から舞浜駅と反対方向に一周回ってオフィシャルホテルやディズニーシーを見ておしまい!です。だってリゾートラインのフリーパス使ってなかったものね!
というわけですっかり満足したディズニーリゾートでした。
なるほど。これは金を出す価値があったわ。
というわけで私、金稼がなきゃな。遊ぶ金欲しさに労働しようと心に決めた神崎だったのでした。
大変長いレポにお付き合いいただきまして、どうもありがとうございました〜〜!!!

(終)
かんざき * おでかけ報告。 * 21:38 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

ディズニー・リゾート!(6)

イーストサイド・カフェの近くにはカリブの海賊があります。
夫が大好きなので行きたがり、「ヤーホーヨーホー♪海賊だよ!」と楽しいイメージにして必死で息子を騙くらかして連れていく算段です。
息子の懸念事項は「…坂道ない_?」でした。
ある。実はちょっとだけある。…のですが、「ちょっとだよー。ちょっとちょっと!」という詐欺師の要領で連れて行きました。
骸骨のなんたるかが分かっていない息子は特に怖がらず「かいぞくだったらしい」で終わりました。大丈夫か。


そしてそろそろ昼のパレード「ドリーミング・アップ!」の時間です。
エレクトリカルパレードを見たのと同じ、プラザガーデンの椅子席。ひゃっほー!
昨日は夜だったし、割と時間ギリギリにいったので余裕がなかったのですが、今日は昼で時間もあって、更にバケパ専用席はがら空きだったので、キャストさんに写真撮影もお願いできました。ありがとうキャストさん。
曇っていたので日差しが暑すぎることもなく快適でした。
やってくるフロートのキャラについて息子に説明している時、「あれはアリス。ママの好きなやつ」「ジミニー・クリケット!!ママが好きなやつ」「シンデレラ!ママが好きなやつ」って推し解説になってました。仕方ないよね。


パレードが終わって、ファストパスを取っていたバズ・ライトイヤーのアストロブラスターへ。
この時は私が息子と銃を一緒に持っていたのですが、トリガーを触らせなかったのでやっぱり私が勝ちまして。
夫は「僕はちゃんと狙ってるのに何この銃の精度」とプンスカしておりました。
…忘れてた…この人負けず嫌いだった…。昨日も私が勝っちゃったのに、接待するの忘れてた…。いやでもいいじゃんたまには私がいつも勝つものがあったってさー。めんどくせえ!
バズの銃の精度は知らんのですが、私なりのコツとしては、

・100点の的をいくら狙ったところで5000、10000点の的1発には勝てない。故に1000点以上の的を狙う。
・これだけ来ていれば高得点の的の場所はだいたい知ってる(…)ので、マイ的を持つ。
・撃っている最中にチラチラスコア表示も気にしておく。点数が入っていれば当たっているからそこを撃ちまくる。たまに「え、私5000点の的狙ってるのになんで100点が加算されていくの?」という現象も起きるけど、そしたら狙い所が間違っているという事実を認めて違うところを狙うべし。しょうがないじゃん精度に文句言ったって。

ってとこでしょうかね。くっ、もうちょっと息子が大きくなって夫と二人で乗ってくれないかな…そしたら私、接待気にせず撃ちまくりなんだけどな…(伏線)。


さて、この時点で14時くらい。本当ならこの辺りで撤収しようかと思っていたのですがなんだか勿体無い。
いや、そもそもバケパについてきたファストパスをまだ1枚も使ってないんですね。
1人2枚ずつついてきたので(息子はおまけ扱いで一緒に乗せてもらえる)、あと2アトラクション。
なんにしようかと考えたときに、三大マウンテンを封じられると案外選択肢がない。
息子が喜んだスター・ツアーズはスタンバイで5分待ちとかなので、ファストパスを使うには勿体無さすぎます。
モンスターズ・インク?プーさん?でも別にもう一回乗らなくても良さそうじゃね?
というわけで、

「カリブと白雪姫がいけたらなんとかなるだろう」

という雑な判断のもと、ホーンテッド・マンションに挑戦ー!
勝算は一応あったんですよ?
まず、「この時は通常バージョンではなく、ホリデーナイトメアバージョンだった」ということ。ハロウィン&クリスマス仕様で、普段よりキャラクターが多いせいで怖さ半減(当社比)なのです。
そして、「息子はどうやら『暗い怖い系』に強い」ということ。なんでかっていつも寝る時ベッドに入って常夜灯にしたら「おやすみー」の挨拶で母(または父)は部屋を出てしまい、そうなると眠い時はそのまま寝てるんですが、すぐに眠くならない時は一人で勝手に父母の枕カバーを剥いだり(…)カーテンを開けたりして遊んでいるもので、常夜灯レベルの暗闇なら慣れているわけです。思わぬ一人寝のメリット。
さあ、挑戦!

息子「坂道ある?」
父母「(やっぱりそこかよ)ないない」
息子「…おばけやしき?」
母「うーん、どうかなあ。大丈夫大丈夫!パパやっつけてくれるから!」

なんのかんの言ってるうちに順番が来まして、そしてこういう時に限って一番暗いところで一時停止(故障ではなく、車椅子のゲストを乗せたりする時)なんてこともあったのですが、途中で「降りるー!!」とか泣きわめくこともなく終わりました。
降りた後。

息子「…これ、おばけやしきだったの?」
父母「………まあ、そうだね」
息子「怖くなかった」

そうかい。なによりで。


…あれ、私前回「あと1回」って書いたはずなんですが終わらなくね?
なにもこんなに書かなくてもいいのにってとこまで書いてね?
でも書き始めると書いちゃうんですよねー、すみません。もう1回だけ続きます…!
かんざき * おでかけ報告。 * 21:52 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

ディズニー・リゾート!(5)

友人と話していて思い出しましたが、この時のディズニーランドはハロウィンイベントが始まった矢先でして、園内のそこここにコスプレイヤーの皆様がいらっしゃいました。
子供は万年仮装してるからどうでもよくて、注目すべきは大人!大人ですよ!
私が一番心を奪われたのは、ディズニーランドホテル近くですれ違った、白雪姫の継母妃でした。いや、もう完璧に美しすぎて思わずガン見したらこちらに気づいて婉然と微笑んで下さったので、あやうくひれ伏すところでした。っていうか一緒にお写真撮っていただきたかった…!あ、でもそれ私の公開処刑だわ。
かつてあった夜のパレード「ファンティリュージョン!」ではミッキーやミニーには目もくれず、白雪姫の継母妃かマレフィセント様に向かって「お妃様ァァ!!マレフィセント様ァァァ!!」とひたすら声援を送っていた私。懐かしい。


<2日目・天候:晴れ時々曇り>
6時半頃起床。7時10分からホテル内のシャーウッド・ガーデンレストランで朝ごはん。
バイキング形式で、料理を置いてあるところにさりげなくディズニーキャラクターモチーフがあったり、お皿がミッキー型だったりします。それはそれとして美味しいし、お腹空いてるから食べるよ!今日も歩くからね!ちなみに2日間で4万歩ほど歩きました。道理で足が疲れたわけだ。


ディズニーホテルの宿泊者にのみ許された特権。それはハッピー15エントリー。
開園15分前にパークに入れるという特権です。
これは使わなくては!!!というわけで9時開園のところ8時45分ちょっと過ぎに入りました。専用のゲートを通ってプラザガーデンへ。実は、ここまでは混雑時に一般客も入れてしまうらしいです。
しかしここから先はトゥモローランドのバズ・ライトイヤーのアストロブラスター横の入口にあるチェックポイントでハッピー15エントリー用のチケット(ホテルチェックイン時にもらえる)を提示しなければ入れません。うーん、なんという優越感。
さて、ここからどうするか。
ファストパスオンラインチケット化前までだったら、このまま近くのバズかスペースマウンテン、プーさんあたりのファストパスをゲットしたのちスプラッシュマウンテンのスタンバイかミート・ミッキーに走るのが王道だったのではないかと推測されますが、今ファストパスのために走る必要がない。
なんならスプラッシュのファストパスをスマホでゲットしつつ、バズのスタンバイで待てばいいわけです。
うちは考えた末、プーさんのファストパスをスマホでゲットした後ファンタジーランドへ走りました。
そのままダンボへ。
開園前に乗っちまおうと思ったのですが、バズ以外のアトラクションは、開園時間前には動かせないんですって!
うーん。数分だしまあいい。
というわけでハッピー15エントリーは、私の解釈としては「開園前に取るファストパスより、いち早く並べるスタンバイのカードにどれを切るかが重要」という権利でした。
つまり、これで狙うべきはファストパスが使えるアトラクションではなく、「ファストパスの設定はないけど普段微妙に混んでいて、且つこのために並ぶってのもなあって思うようなアトラクション」だと思ったのです。
私たちにとってそれはダンボだったんですよね。
昨日いつ行っても20分以上の待ち時間がありまして、ダンボに20分は割けねえよってわけで。
(そういう意味では常時1時間以上の列が出来ているミート・ミッキーの方が狙い目なのかもしれないのですが、どうせガチ勢が大挙して押し寄せているだろうと推測して外しました。ミッキーとは昨日レストランでしこたま写真とったしね!)
果たして開園直後の1ターン目で無事ダンボに乗れましてヨカッタヨカッタ。


ちなみに、都市伝説を半端に信じて「プーさんのファストパスをスマホで取った後夫がショーの抽選に向かい、私と子供はファンタジーランドに向かう」ということをやってみたんですが、ショーの抽選も開園後から開始ということで結果的に夫は入口→抽選場所(トゥモローランド)→ファンタジーランド→もう一回抽選場所→ファンタジーランドという往復をしてくれました。ありがとう!
外れたけどありがとう!!(かわいそう)


夫が抽選に行っている間も私と息子はカルーセルに乗ったり白雪姫に乗ったり。
合流してからはフィルハーマジック、ピノキオ、ピーターパン、イッツ・ア・スモールワールドとファンタジーランドを蹂躙いたしました。よしよし。
くまプーにも乗りました。息子の反応は「こんなもんか」的な感じでした。そうかよ!ファストパスアトラクションは、どうもいまいちうちの子ウケしないな。
気が済んだので左回りで移動。昨日微妙に待ち時間が発生していて乗れなかったウエスタンリバー鉄道とジャングル・クルーズにも乗りました。
ウエスタンリバー鉄道なんて久しぶりに乗りましたよ。そうかー、こんなだったかー。
ジャングル・クルーズは女性の船長さんでした。リニューアルしてから初めて行きましたが、私が好きなジャングルのセールスマン、サムが先日クビにした部下の首を持っていなくて残念でした。くそう、ソフトにしやがって。
船長さんは相変わらず楽しかったです。大好き。


昼食はプライオリティーシーティングで予約済みのイーストサイド・カフェへ。パスタのレストランでした。
…っていうかさあ!ディズニーランドのレストランってこんなにメニュー貧弱でしたっけ???ほぼ選択の余地がない。
お子様メニューにいたっては被り具合も甚だしい。メインはかろうじて他で食べてないパスタだったけど、付け合せのぼやっとしたブロッコリーとかぼやっとしたマッシュポテトとかどこも一緒!
おそらく回転を上げるためにメニューを絞ってるんだろうなーと、ややほろ苦い気持ちになりました。
ディズニーってトイレがすごく綺麗で数が多いのはいいんですが、食がいまいちなのが欠点だわ。
2日目の昼ごはんで目先を変えようと思ったらイーストサイド・カフェじゃなくてれすとらん北斎にすべきだったなあ。


ま、とりあえず昼ごはんも食べたんで続く!あと1回なの!長いわりに写真が全くなくてすみません!
かんざき * おでかけ報告。 * 22:16 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ