エール(9)

はっと気づくと週が終わっている!なにこれ魔法!?

弟子にしてください!と頭を下げた男は小山田先生の本で作曲を独学で勉強しており、茨城かどっかの奉公先から逃げてきていmした。そして古山先生の弟子になりいずれは作曲で身を立てたいと思ったと語りました。
土産に持ってきたものが納豆と知るや無言で裕一くんに押し付ける音ちゃんナイス。
同じタイミングで音ちゃんの妹の梅ちゃんが念願の作家デビューを果たし、古山家に居候することになっていたためどうしようかなーと迷う夫妻でしたが、結局押し切られて弟子にとることにしました。
弟子にしてと頼み込む時は「食べ物いりません、草でも食べます」とかなんとか言ってたのに、いざ居候すると普通にご飯をお代わりしていました。図々しい。今後「草弟子(草食うと言った弟子の略)」と呼びます。
弟子にして分かったのですが、作曲の才能はてんでなく、弟子というより古山家の娘の華ちゃんの子守役兼雑用係になりました。
華ちゃんとおうまのけいこで遊んでいましたが、どうもそれを見ると聖闘士星矢を思い出すんだよなあ私。元気かな邪武(「お嬢様、俺が馬になります!どうかこの邪武の背にお乗りください!」)。

梅ちゃんはといえばデビューしたものの二作目がうまく書けずにスランプ。それでもって草弟子が現れたのでイライラしているので、見かねた小山夫妻がおでん屋で歓迎会を開くことに。
すっかりベテランのおでん屋になってしまった大将が涙を誘います。君はほんと「おでん屋やるからついてきて」と希穂子さんを誘うべきだった!ばか!
最初の1分ほど草弟子の隣に座っていた梅ちゃんはさっさと別席に逃げるし、仲を取り持とうとした裕一くんは滑りに滑って音ちゃんに「なにやってるの」と叱られるしさてどうしようと思ったら我らがプリンスが現れ、梅ちゃんの美貌に目をつけます。
ウィンク(別名プリンス砲)を連発するも、梅ちゃんから「目にゴミでも入ってるんですか」と肘鉄を喰らい、そうなるとかえって燃えるものでやる気になっていたらプリンスにあこがれていた藤丸ちゃん(「船頭可愛や」の歌手)がショックを受けて…とてんやわんやでした。

梅ちゃんは先に出世した幼なじみからライバル視されて大変だったり、そんななかでひょんなことから草弟子に惚れてしまったり、草弟子は草弟子で自分の才能のなさを思い知らされ、梅ちゃんに告白されて「もうここにはいられない」となって一度は古山家を出るんですが、なんのかんので梅ちゃんが探し出して自分の地元(豊橋)に連れて帰って、実家の馬具屋を継がせるのでした(でも不器用だったから、一人前になるのに何年もかかったらしい)。梅ちゃんの二作目も無事にかけました!

…ってなんだこのオチは。
「これは梅ちゃんが失恋して、それを糧に二作目を書くというパターンかな」と予想していたんですが、見事に裏切られました。
プリンスが失恋するのは妥当だったんですけれども。
そしてあの………再開早々主役がほぼ活躍しませんで………。
期待しつつ次週に続く!!
かんざき * 朝ドラエール * 23:33 * comments(0) * - * - -

エール(8)

お久しぶりです。
放送中断前の2回、レポ書いてなかったのを思い出しました!!いかーん!!!
急いで書きます!

オーディションは凄腕が大渋滞。尺が足りない足りない!!豪華メンバーぶっ込みすぎですNHK。
我らがミュージックティーは「船頭可愛や」で、プリンスはフラチな木枯くん作曲の「丘を越えて」を唄いまして、もちろん大変素晴らしかったのですが、今回はコネで18歳の熊田寅次郎(すごい名前だ)くんがデビューすることになりました。
廿日市さんはかなりプリンスのことを推してくれたようなのですが…コネには勝てず……残念。
結果に納得がいかなかったミュージックティーとプリンスはコロンブスレコードに抗議に行くのですが、寅次郎くんに鼻で笑われる始末。

プリンス「彼(ミュージックティー)の実力は君の数千倍はある!」

おおお!やっぱりライバル同士はそうなりますよねグフフと思いきや、

寅次郎「(ゴツッ)」

エ。なんと掴みかかったプリンスに寅次郎が頭突き。マジかよ。
寅次郎は裏で廿日市さんに叱られました。ザマミロ。でもイケメンなのでそのうち憎めないやつになるのでしょう(偏見)。
その廿日市さんはプリンスに研究生への道を提示してくれます。
新人歌手の鞄持ちなどをしながらデビュー待ちという立場で、プリンスは最初難色を示したのですがミュージックティーのすすめでやってみることにしました。
これで一応はコロンブスレコードと契約ということになったので、めでたく就職です!よかった!本当によかった!しばらくは貧乏だろうけど、でもよかった!
ミュージックティーは寅次郎につかみかかってまで庇ってくれたプリンスの心遣いが嬉しく、オーディションをやりきったことで気も済んだので豊橋へ戻りました(最後にプリンスとデュエットして、帝劇のミュージカルでもそうそうないぜ?と思いましたよ!)。

なんとなく各人がそれぞれに道を進み始めたところで、古山家のベルがなります。
「はーい」と裕一くんが出ると、見知らぬ青年。
粗末な着物で毬栗頭でふくらんだ風体(遠回しな表現)。いかにも田舎から出てきたという野暮ったさのその青年はいきなり「弟子にしてください!」と頭を下げたのでした。


ここで一時中断!2ヶ月以上止まりましたね。長かったー。
ようやく再開したと思ったら当初の予定より10話削るんですって。10話!ただでさえ尺が足りないのに〜〜!!!!
しょんぼりです。でも残りも楽しみにします!
かんざき * 朝ドラエール * 21:23 * comments(0) * - * - -

アドベンチャー白浜(2)

<2日目・アドベンチャーワールド!・AM>
起床。天気は快晴!うきうきしながら起きて7時半に朝食(がっつり和定食)。ご飯が白米か梅粥か選べたので梅粥にしました。だって紀州にきたんですもの。
この旅行3泊して私は結局毎日梅粥を食べたんですが、時によって微妙に濃さが違いました。そんな手作り感で美味しかったです。
食事処の窓際に座ると、眼下に昨日遊んだプールが見えました。カラスが水を飲みにきてました。塩素きついと思うけど、美味しいのかい?


そして支度をしていざアドベンチャーワールドへ!今日も喋らないなナビ。盛大に道を曲がり損ねた夫。仕方ないね…。曲がるタイミングを私が指示すれば良かったのかもしれませんが、「曲がって!」とかいうタイミングって難しくないですか?迂闊に言うと喧嘩になるしさあ。むずかしー。
さておき、アドベンチャーワールドの駐車場は…あれ、奥の方が結構混んでる。でも手前側がすいてる(後に「そうか、奥側は従業員用の駐車場だ!」と気づきました。そうだね、ここ車通勤OKじゃないと来られませんね)。しかし駐車場全体通して日陰が一切ない。これは帰りに覚悟が必要そうだわ。
ちょうど開園時間に到着しまして、入る前にJALで買った入園券+ミールクーポンのセットを引き換えないといけなかったので窓口に行きました。
係のお姉さん「ミールクーポンなのですが、現在レストランがいくつか閉まっておりまして、こちらの(蛍光ペンで丸をつけながら)地図の印をつけたレストランが本日営業しているところです」
なるほど。ありがとうございます。なお、ミールクーポンは一人1,100円分でした。おつりが出ないので使い切ってくださいねと言われましたが、昼食で吹っ飛ぶでしょう(←伏線)。


いざ入園!最初はディズニーのワールドバザールのような土産物アーケード街を突っ切ってゆきます。後でね!
そして園内が大変広いと聞いたのでベビーカーをレンタル。ここのは4歳&20キロまで乗れますから堂々と借りられますよ!(威張るな)
ラス1台になっていたパンダ型のベビーカーを借りられました。よかったーと乗せてみたら、年齢と体重は問題ないのですが結構でかくなってしまったうちの息子(110センチ)は足が置き場からはみ出していました。窮屈そうに足を曲げて乗っていましたが、それでも楽しかった様子。これ、いらなかったかなーと思いましたが、結果的に借りて大正解でした。理由は後ほど。


ベビーカーを借りてさあ出発!左手にアジアゾウが見えますが後でね!右手には馬も見えますが後でね!
最初はやっぱりパンダでしょう!というわけで一番にパンダラブへ。みんな同じことを考えるので朝は混みます。でも駐車場の感じからするとおそらく普段のアドベンチャーワールドよりずっと空いているのでしょう。
ちょっとだけ列に並んで、いよいよパンダ!最初に見られたのは桃浜(とうひん)ちゃんでした!…後ろ向いて竹食っとる。

桃浜

たやすくお顔は見せない主義なのかしら。くぅっ。
気を取り直して少し進むと今度は2歳になったばかりの彩浜(さいひん)ちゃーん!!!!



彩浜なんとアクロバチックなお姿っ!可愛いッッ!!!
このパンダラブにはもう一頭桃浜の双子の姉の桜浜(おうひん)ちゃんがいるはずなんですが、この時は表に出てきていませんでした。今日はダメなのかなあ。ううっ。


パンダがいるところはもう1箇所あるのですが、そこは後にして他のところを見て回ります。
息子「イルカさんは?」
今ペンギン館に来ているから後でね。おー、これが日本で滅多に見られないというエンペラーペンギン!ジェンツーペンギンにイワトビペンギンもっ!
おー、ホッキョクグマもいるっ。
息子「イルカさんは?」
後でね!
きゃーこの建物ぐるっと回れるのか。ふむふむ、
息子「イルカさんは?」
うるせえええええええええ!!!!!
もう!今ペンギン見てるの!イルカさん後でって言ったじゃん。見せないって言ってないじゃん。嘘ついてるわけじゃないんだから、しつこくしないで!ショーの時間にならないと見られませんママは今ペンギンをみーてーるーの!!!もう、次「イルカさんは?」って言ったらイルカさん見せない!
……子供相手に毎度ガチギレですみませんが、強く育った息子はこのくらいではちっともこたえなくなり「わかった」ですみました(それもどうなの)。
でもだからと言ってペンギンをそれほどゆっくり見られるはずもなく…だって時計は現在11時前。そして11時30分からイルカショーが始まってしまうから。
それが終わってから昼ごはんとなると混むだろうし、できればイルカショーを見ながら昼ごはんを食べてしまいたい。それよりなによりイルカショーの場所取りは激戦ときく。さっさと行って席を取らねばなるまい。
という深謀遠慮のもと、夫は場所取りへ、私と息子はトイレ&昼ごはんを買いに行くことにしました。


昼ごはんは園内のハンバーガーショップ「レインボー」へ買いに来ました。昨日から和食が続いているからそろそろパンが食べたいのよ。あとテイクアウトにちょうど良さそうだったから。と言ってもスムーズにたどり着けたわけでもなく、途中スタッフのお姉さんを捕まえて場所聞きましたが。迷っている時間がなかったのよ!(でも実際は結構近かった)
人数分のハンバーガー&ポテト&ドリンクセットを買って………買って……え、紙のトレイで渡されるの!?(そりゃそうだろう)袋に入れてくれないの!?(そりゃそうだろう)しかもトレイ2つ!?そしてドリンク固定されてないの!?
このときはめちゃくちゃ焦りました。無理じゃない?ドリンクはベビーカー背面についてるカゴにどうにか入れられる。しかしバーガー類&ポテトが乗ったトレイを持ちながら18キロの4歳児が乗った激重のベビーカーを押すって、無理。道中に坂もあるし。詰んでない?
いや、でも諦めるわけにはいかない。こうなったら…!

「息子よ、このハンバーガーとポテトが載ったトレイを落とさないようにしっかりと持っていて」
「わかった」

2つあったトレイを重ねて1つにしてバーガー類をまとめ、息子に託しました。頑張れ息子、我が家の昼ごはんは君にかかっている!
果たして息子はベビーカーと一体化してちゃんと落とさず持っていてくれました。ありがとう息子ありがとう成長!
はーよかった…。イルカショーにもどうにか間に合いました。ベビーカー借りておいてよかった。
夫よ、見やすい席を取っていてくれてありがとう。

「どういたしまして。ミールクーポン使えた?」

…ア。
焦っててそれどころではなかった…!!
あ、明日ね!明日使おう!!


そんなこともありつつ、昼ごはんもぐもぐしながら見たイルカショーはとても素敵でした。トークが一切なく音楽に沿って進んでいきまして、バンドウイルカやカマイルカ、オキゴンドウクジラちゃんたちと、トレーナーの方々が見事な協力で繰り広げてゆきました。
イルカが水中でトレーナーさんの足を押して、トレーナーさんは上半身だけ水面に出てずーっと滑っているマーメイドスタイル(とでも言えばいいのか)は圧巻でしたね。最後プールサイドに押し上げてくれるんですが、スピード落としてくれなかったらトレーナーさんは壁に激突です。絶妙にスピードを落としてソフトランディングさせてくれるイルカさんすげー。

smile
ちょっと遠くて見づらいですが。



元水泳部の夫は「あれは、全てのスイマーの夢だよ。あの速さはどうやっても人間には出せないから」と言っておりました。
私は「すごいなー」とは思うけど、実際あの速さで押されたら「イヤアアアアアア!!!」と叫ぶ自信あるな……。

smaieイルカの口の上に乗っていたトレーナーさん。水中からイルカの口に押されて大ジャンプかましたりしてました。



とても満足でした!
余談ですがこのステージでかかっていた数曲はこの後アドベンチャーワールドの中でいやっていうほど耳にすることになり、「もういい、もういいです」と降参する羽目になったことをお伝えしておきます。

つづく!
かんざき * おでかけ報告。 * 13:51 * comments(2) * - * - -

アドベンチャー白浜(1)

一応二週間待ってみて(以下略)。
去年逃した南紀白浜に行ってまいりました!

<1日目・出発>
久しぶりの羽田空港!……予想はしていたけどものすごいガラ空き。Gotoトラベルは東京外れてますもんね(根に持ってる)。
JALの受付カウンターの方々が暇そうで親切にしてくれました。いや、JALはいつだって親切にしてくれるんですけれども。
そしていざ搭乗となったらなんと空港の建物から飛行機までリムジンバスで移動でした。ひゃーそんなの久しぶり!
飛行機は大変に小さかったです。クラスJも普通席もそんな変わらないなーという印象。乗客はうちも含めて「未就学児の親子連れ」が大半でした。そうね。仕事で行くって感じのところでもないものね。総席数95が6,7割埋まっていた印象でした。
機内で配られる飲み物はこのご時世だからなのか元々なのか知りませんが紙パックで、お茶かリンゴジュースかの二択。こぼしにくくていいけど、スカイタイムゆずが飲みたかったです(まだあるのかな)。
10:25に羽田を出て、11:35に南紀白浜空港とうちゃーく!!!
南紀白浜空港は一日に3往復便しか飛んでいないので、ちょっと空港でもたもたしているとあっというまに誰もいなくなります。
知らない場所に来てヒャッホウな息子を取り押さえつつレンタカーの手配をし、さあ行きますよ!


運転している夫「このナビ、うんともすんとも言わない」(走行中)


えっ?と思ったら本当にそうで、普通ナビって「ここで曲がります」とか言ってくれるものですが、このナビはうんともすんともいいませんでした。設定を変更すればよかろうと思いましたが、どうやってもうまくいかない!(説明書も読んだけど書いてなかった)すぐ勝手にしゃべらなくなる。
北海道では「この先5キロ以上道なりです」と言ったきり用がないので黙っている車のナビですが、白浜では用があるんだから喋って欲しかったな!ナビの画面をみながら運転するの大変そうでした。私だったら事故っていたかもしんない(でも私だったら多分途中どっかに止めてスマホのナビを使うと思うけど)。
あれ、どうやったら直ったんだろうなあ。今回の白浜は行くところが大体決まっていて、かつそれほど複雑な道ではなかったので助かりましたが、なんとかしといてよオ○ックスレンタカー 。


<1日目・昼食>
着いていきなりですが、もう12時過ぎているのでお昼ご飯でーす。
観光客なので正しく観光地に行きます。空港から車で10分ほどの、「とれとれ市場」〜〜!!
この日が日曜だったからかわかりませんが、めっちゃくちゃ混んでました。駐車場ほぼ満車で、なにわナンバーや和泉ナンバーが多かったです。一台わかんねえなと思ったのは神戸の「わ」ナンバー。…なんで神戸で車借りてここまで来たんだい?謎だ。
さておき中に入ったら普通に人混み。
一通り回りましたがお目当ての回転寿司は見当たらず、フードコートは長蛇の列。名物のマグロの解体もビニールカーテン越しにやっていましたが、もう結構捌かれちゃった後だったのでチラ見にとどめました。目玉が近くに転がってて怖かった。
もー、回転寿司どこなのですか?とインフォメーションで聞いてみたら回転寿司は別店舗で、市場から道路一本挟んだ向かい側なんですって。なんだーそうかー。
移動すると、こちらはそれほど混んでいませんでした。よかった。
普通に美味しかったです。海の幸だね。


<1日目・宿と海水浴とプール>
おなかがいっぱいになったところで宿に向かいます。白良荘グランドホテルにしました。理由はただ一つ、ホテルと白良浜海水浴場が直結してるから!
チェックイン時間は15時ですが、その前に行っても荷物は預かってもらえます。水着に着替えるのは大浴場の更衣室でOKとのこと。
夫&息子が着替えに行っている間、ロビーでぼけっと荷物の番をしていたら祖父母&子供夫婦&孫(0歳)の組み合わせが近くにいました。
ばーちゃんが水着を着た孫を「まーこれはかわいいわかわいいわかわいいわかわいいわ!!!!」と絶賛でした。すげえな孫フィーバー。そしてこれを皮切りに、結構「三世代旅行」をこの宿で見かけたんですよ。じーちゃんばーちゃんはコロナより孫!孫がかわいいうちに一緒に旅行!!って感じでしたね。それだけ元気ならよかろうよ。
聞いた限り、私たち以外の客の言葉はオール関西弁(というと一部から反発を招くけど細かく分類するの不可能なんだってば)でした。
してみるとここは関西の方々が手軽に三世代旅行ができる感じのところなのね。
我が親友兼競馬師匠のありちゃん(元関西住み)に聞いたところ、「白浜は、そうね、関東でいうところの伊豆みたいな位置づけだね」とのこと。なーるほど!納得。


さてさて着替えも終わってGO!海だ!海だよ〜〜!!!
白良浜の砂は白いですが、これはもうほぼ天然ではなくオーストラリアの砂漠の白砂を入れているとかなんとか。なんでかなあと思いましたが、浜の形をみて納得しました。これだけ湖岸工事が進んだら砂は流出する一方でしょう。せめて今ある砂は汚さないように楽しませていただきます。
久しぶりに海に入りました。じゃぽん。塩辛い。水の透明度はイマイチで(沖縄と比べてはいけない)、海藻の屑がたくさんありました。おお、これが本当の藻屑。でも初めて浮き輪と共に海に入った息子はおおはしゃぎで浮かんでいました。よかったね。
適当に泳ぎ、途中水分補給のため休憩したり、海は疲れたのでプールに移動したりしてたら夕方になったので水あそび終了。
余談ですがプールに先ほど見た三世代親子がいました。じーちゃんばーちゃんは水着に着替えず、プールサイドでひたすら孫の見学でした。
あー疲れた。チェックインして一度部屋に行き、浴衣とタオルを持って着替えがてら温泉入ってこよう!というわけで温泉へ。夫と息子は男湯だし、この「一人入浴」が旅の醍醐味ですよ!一人で!温泉!サイコー!!!!(絶叫)
露天風呂もあって、白良浜が一望できました。ふー、夕暮れでいい景色……あ、向こうで風呂に使っているのは先ほどの三世代親子のばーちゃんと嫁さん(推定)と孫。よく会いますね。つうか、うひゃーお姑さんと風呂か……お嫁さんおつかれさまッス。


風呂から上がって部屋に戻って休んで、19時半から夕食(子供には遅かったけど、この日は17時半か19時半しか選択肢がなかった)。
懐石でした。クエの鍋とかありました。美味しかったです。しかしクエはよくわからずに「白身魚」と思って食ってすみません。
晩ご飯終わって、私だけもう一度温泉行って就寝。明日はいよいよアドベンチャーワールド!

(つづく)
かんざき * おでかけ報告。 * 21:59 * comments(0) * - * - -

身も蓋も

先日久々に親友兼競馬師匠のありちゃんと会いまして、キルフェボンの桃タルトなど喰ってまいりました。
喰わないと健康に悪い気がします(根拠はないけど多分そう)。
それはともかく。


私「先日さあ。30歳くらいの男が、部下に過去の合コン話をしていたところを聞いてしまいまして」

あ「うん」

私「『18の時に23くらいのお姉さん方とやった初めての合コンが一番楽しかった』と。『5年後においで?』って言われちゃったと。
23のお姉さんが5年後には28。その頃お姉さんたちがフリーで、23の男の子がのこのこ来たらがしっと掴んで離せないわけで、お姉さんの方はそんな余裕ぶっこいていていいのだろうかって思っちゃったよ(いや、これ書いてて思ったけど23の男の子じゃすぐに結婚はしてくれないだろうから「先輩を紹介して」って言うかもしれんな)」


その話をしている間ありちゃんは怪訝な顔をしていまして、どうしたのかと思ったら。


あ「あのさあ………。23の女の子が18の男の子と合コンして楽しい?
自分が28のときに18の若者が来たら『愛いやつ』くらい思えるかもしれないけど、23のときに18の男の子がきたら5年後どころか『おとといきやがれ』だよ」



誰がうまいことを言えと!!!!
かんざき * 日常アレコレ * 22:24 * comments(2) * - * - -
このページの先頭へ