漫画寸評

今回の日記は色々漫画のネタバレ含みますんですみませんということで。


・タッチ
「私、今まであだち充作品1つも読んだことないの」というと、友人たちから「…どうやって日本で育ってきたの?」と不思議な顔をされておりました。
…しょうがないよ…育ったものは…。
不朽の名作「タッチ」も読んだことはなく、しかしてエピソードとラストだけところどころ知っている有様。
「あれだ、達也と和也がいて、和也が事故で死んで『きれいだろ…死んでるんだぜこれで…』とか言って、隣の家の幼なじみの南ちゃんが『甲子園に連れてって』って言って達也が甲子園に行って優勝する話」
とあらすじをいうと「バカ!」「ちがう!!」と罵詈雑言を浴びました。ウウウ。
私のそんな状況に危機感を抱いたのが友人のすいちゃんでありまして、先日会った時につとKindleを差し出されました。

「瑠珠さん。この中に色々と入っております。全部とは言わないがまあ読め。そしてあだち充作品は『タッチ』→『(忘れた)』→『(忘れた)』→『MIX』の順で読め」
「ハイ…」

そんなわけで借りられたのですくすくと読んでみたら、さすが不朽の名作、とても面白かったです。
つうか達也がこんなにいい奴だと思わなかった。すげえいい奴だお前。
私は普通にイケメンの新田君もすきなんですが、「…ちゅーても当時の工業高校では、こんなスカしたイケメンでも偏差値はたかがしれてる」とか失礼なことを思ってしまいました…ゴメン…や、でも不憫なイケメンは好物だから応援したよ?うん。
途中アンケやばかったのかなんだか知りませんが、不要なパンチラが散見される他は面白かったなーと思いました。
他のあだち充作品も楽しみです。…次、俺は何を読めばよかったんだろうすいちゃん………。


・きょうは会社休みます。
ドラマはみていなかったけれど、同僚がドラマにハマっていてなんだかうっかり原作をレンタルで読んでしまっていた作品がこのほど完結。
いやーーーーーーーーーーー………もう……………これほど主人公の女に対してストレスがたまる漫画もなかったです。
我慢して完結まで追いかけてしまったけど、終わってほっとした…終わり方は納得いかなかったけど。
どういう話かというと、彼氏なし処女の33歳OLがふとしたことから会社のバイトのイケメン男子(一回り年下の大学生)と一夜を共にしてなんだかんだで付き合って、うっかり結婚に持っていてしまう話。
「ふとしたことから」の間に普通暗くて深くて遠い溝があるだろ!!!と思うけどそれはまあいい。
私がこの主人公の何が気に入らないって、グダグダ悩む割にコイツ自身が何も損していないところです。
途中これまた「ふとしたことから」他会社のヤンエグ(死語)に惚れられても、揺れつつも「ちょっと私彼がいるんで…」と断り、一回り年下の学生を今後どうするのかと思ったら、「やっぱり早く結婚したいし」と悩んで結果彼の方が大学院進学を断念して就職し(主人公に「大学院行かなくていいの…?」と聞かれた彼は「勉強はいつでもできるし」とか言ってたけどできないよ!!!!騙されるなよ!!!)、結婚が決まるか決まらないかくらいの時には上司から「主人公さん、総合職を目指さない?」と打診されるもやっぱりウダウダ悩んだ挙句「でも彼と結婚したらすぐ子供欲しいし…そのためには総合職じゃちょっと…」と断って私の血圧ダダ上がりですよ。アホかーーーーーー!!!!!若い彼氏の未来摘んどいてお前はそれか!!!「あなたが勉強できるよう私が稼いで養ったる」くらいの根性見せんか!!ゼーハー!!!
…もういつその年下大学生のイケメンくんが「なーんちゃって嘘でしたー。アンタとつきあうわけないじゃん」と言いだすかそれだけを楽しみにしていたのになんと普通に結婚してしまい、ラストは結婚式の翌日起きられなくて「きょうは会社休みます」と電話して終わりでした。ふーーーーざーーーーーーけーーーーるーーーーなーーーー!!!!
…と、怒髪天をついたお話でした。買ってなくてよかった。レンタルありがとう。チャンチャン。


・そこをなんとか
これまたレンタルで1〜3巻まで。今13巻くらいなのかな。元お水の女の子改世楽子(かいせらくこ。あだなはらっこちゃん。それでも新60期の弁護士)が主人公の法律事務所もの。
リアルの仕事に近いので、用語とか「うう」と思いながら読みましたが絵はめちゃめちゃ綺麗だし、話も面白いです。主人公の女の子も可愛い。
私が一番「ウワァ」と思ったのは9話。新人弁護士の同期飲み会にて。

「それにしても!新人は辛いよねー。下働きばっかり!」
「もー毎日DD漬け。タイムチャージ安いからってさー」(注:DD…due diligence。M&A相手の身上調査)
らっこちゃん「ウチも下働きばっかりだよー。毎日アニ弁に起案やらされたり文献やら判例やら調べさせられたり、ついでに謄本取ってこいだの訴状出してこいだの手下のように!お前に給料貰ってるわけじゃないっての!」
(注:らっこちゃんの事務所は弁護士3人の事務員一人)
「パラリーガル(法律事務員)いないのかー。大変ねー」
らっこちゃん「えっ、それは普通にいるものなの!?」
「や、よそのことはよく知らないけど」

そこで日本四大事務所に数えられる超大手法律事務所に入ったエリートボンボンくんが一言。

「つか、秘書いないの?そんな雑用やらされて」

うっわーーーーーーーーーー…。
コイツ絶対秘書さんに「もう、弁護士やる以前にどっかの一般企業で机の上の雑巾がけからやってこい!」って陰で言われてる…………絶対………………。

ま、まあそれはさておき先が楽しみです。ぐはっ。


今回はここまで。
blogram投票ボタン
かんざき * 読んだものの感想 * 23:25 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

健康診断

年に一度の健康診断を受けてきました。
「身長・体重はこれでよろしいですか?」と聞かれて「体重もイヤだけど身長だってこんなに低くなかった!」と駄々をこねて計り直しを要求したり(実際頭の角度のおかげで違った)しましたがあとはどうということもなく、残るは内科検診だけ。
つーても神崎の職場の健康診断の「内科検診」は申し訳程度に聴診器を当てるだけでありまして、昔「貧血気味なんですけど…」と相談したら「病院に行ってください」というスマッシュヒットを返された記憶があるので全くアテにしておりませんでした。

…でもさ、一応お医者様なわけじゃない?
相談してみたらなにか糸口が…!

と、今年はいらん期待を抱いてみました。
果たして。

「かんざきさーん。お入りください」

ハイ。

「なにか最近体調で気になることとかありますか?」

えっと…風邪?をひいてから咳だけが抜けなくて。

「大変ですね」

うんそうだね、大変なんだよ。大変だから言ったんだけど!
………ウーーーーン………。


聴診器を当ててもらいました。

「喘息ではないみたいですね。咳はね、周りもご自身も気を使うし大変ですよね」

ソウデスネ…。

とりあえず喘息ではなかったようです。ありがとう。
「何科がオススメ」とかそういう有益な情報が欲しかったのは高望みだったようです。
ウーーン。
四六時中咳をしてるっていうのではなく、ふとした時にゲフガフしちゃうという微妙な喉の荒れはどうしたらいいんでしょうね。
そーっと治るといいなあ。
blogram投票ボタン
かんざき * 日常アレコレ * 23:21 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

海と犬 その2

<2日目>
朝食はバイキング。可もなく不可もなくメニューは普通。札幌グランドの朝食が恋しい。そして最近良く見る塩バターパンは美味しいよねという感想。
ご飯を食べ終わって準備してチェックアウトでバイバイ(雑)。

さて、またレイクウッズガーデンに行くよ!という道すがら、余裕を考えて持ってきたはずの子供のおむつ数に黄色信号がともったので、補充のためにどこかドラッグストアに寄る。
どこのドラッグストアだか忘れたけど、土地が余り気味なだけにただただ広かった。店の入り口から果てが見えない。すげえ…。当然ベビー用品も大変な数。うわーなんでも買える。しかしベビー用品より充実していそうだったのが介護用品で、田舎の現実を垣間見てしまった気がした。

そしてレイクウッズガーデン2日目。
今日は普通に満喫しよう!天気が良すぎて暑いけど。
まず最初は「お散歩ワンちゃん」。園にいる犬と30分1,030円で一緒に園内をお散歩できますよというサービス。
本当はボーダーコリーかサモエドがいいなと思っていたけれど、この日はお休みだったらしく対象外。
おとなしい子がいいんですけどと相談したらアイリッシュ・セターの女の子を紹介してもらえた。
名前はプリンセス。茶色い長毛のお嬢さん。
ご指名を決めて、プリンセスが来るまでの間に夫と子供は先に外に出ていて、私だけ飲み物を買ってきた。私が外に出たらプリンセスがもう来ていて、夫がお散歩の説明を聞いた様子。まあ重要なことはさっき聞いたしいいや。と私が率先してリードを持つ。さすがに躾がちゃんとしてあって、「GO」も「STAY」も「SIT DOWN」も良く分かる。えらいえらい。
庭園の一部をお散歩したり写真を撮らせてもらったり、モフモフさせてもらったりしてこれまたあっという間の30分。
最後みんなで記念撮影をするために、係の人にシャッターをお願いした。

係の人「プリンセス!すわれ

……ん???
写真撮影が終わった後。

私「今あの人日本語で命令出してなかった?」
夫「そうだけど。最初も普通に『待て』とか言ってたけど」
私「こういうとこの躾って英語でやるんじゃないのか」
夫「日本語だったよ。だから君が英語で言っててなんでかなあと思ってた」
私「……………………」
夫「雰囲気で命令わかったんじゃないの?」

ば、バイリンガルなのね、プリンセス!!…………。


お散歩が終わって時間がちょうど頃合いだったので昼食。広い園内で、昼食を売っているところはセンターハウスしかない。持ち込み可というが近くにコンビニもない。結構賭けだ。
普通のコンビニ弁当みたいなレンチンすれば出せそうなメニューが売っていた。ここで買って、センターハウス内の休憩所で食べるもよし、園内の他の休憩所で食べるもよしらしい。
子供用の白ご飯単品では売っていなかったので自動的に大人のメニューは「カレーライス」と「デミハンバーグ」になり、それぞれ少しずつ白ご飯部分を取り分け、ベビーフードのカレーかなんか(忘れた)をかけて子供に食べさせることにする。選択の余地がない。まあいい。味は普通にコンビニ弁当だった。しかしガラガラにすいていたのに変に時間がかかって困った。うーん。
それよりなにより特筆すべきが、どこに座ろうかなーと場所を探していた時に、センターハウス内休憩所の一角で大食い選手権が行われていたことだった。この日は確か5人前の焼きそばだった。
参加人数2人で、うち1人は職員のお姉さんという大変気の毒な有様。ギャラリーもまばらで、挑戦者は完食してお姉さんはちまちまと無理のないペースで食べていた(多分完食する気なし)。司会の職員さんも間を持て余しているなんとも言えない空間。うん………大変だね………。


昼食後はガーデンを散策。ちょうどバラが見ごろだったので嬉しかった。…こんなに暑くなければ。うう、5月って意外と暑い。
戻って昨日行った「オーストラリアン・ラブラドゥードルとのふれあいサービス」再び。
暑いので日陰にいたりダレていたりしたけど、それもまあご愛嬌。モフモフモフ。このサービス、夏や冬など気象条件が厳しい時は室内でやるんだそうでホッとした。そうよね。


メインの施設を堪能したところで、そろそろいい時間だし帰ることに。
うーん、外野から言わせて貰えば、

・駐車場代は無料にすべき(入園料100円くらい上乗せしてもいいから)
・年パスを作って、近所の人たちが犬を気軽に散歩させたりできるようにすべき(賑やかに見えるし)
・飲食を充実すべき

…って気がする。どうですかねえ。
あ、トイレはすごく綺麗で広かったのでそこはかなり加点。エライ。


帰りの高速は海ほたるルートではなく地上ルートで。
渋滞を避けよう…と思ったのに都内に近づくにつれて渋滞。くそう。
途中ダービーの発走が近づいてきたのでワンセグで頑張る。試行錯誤の結果、窓の近くにスマホを持っていくと比較的電波が入ることがわかる。こんなダービーの見方でいいのか。ファンファーレは音が途切れすぎて出来がわからんかった。
レイデオロが勝ったダービーというよりはルメールが勝ったダービーという印象だった。
この日の私の本命はダービーではなくネオっ子ヴォルシェーブが出る目黒記念で、それには間に合って家で見たのだけれどももう最後の直線で当たられまくって散々だった…それでも2着に来たんだからえらいねっていうか…グス。

そんな旅行でした。
生後10ヶ月あたりで軽井沢に行った時はともかく「ミルク作れるところはどこか」とか「ハイハイできるところはどこか」とか始終気にして正直無理していた旅行だったので、歩けるようになるとだいぶ違うんだなーと思いました。
これで(私の好きな)おやつを食べられるようになるとまた違うんだろうな。
にひひ。
blogram投票ボタン
かんざき * おでかけ報告。 * 00:10 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

海と犬 その1

連休も終わって久しいこの頃、近場の旅行をしてまいりました。
好き勝手に行き先を決められていた産前とはなんと異なることよ…と思いつつ、それを嘆いても仕方ないので産前だったら選ばない旅行地を楽しんでみようと思ったりね。

<1日目>
昼前に出立。車でGO。荷物多いし電車で長時間なんて怖くて無理。
高速で一路海ほたるへ!行ったことなかった!とうきうきしたけれど東京というか川崎側から海ほたるまでって地下のトンネルなのね…知らなかったね…。なんだかガックリ。微妙に渋滞でまたガックリとしつつ到着。海ほたるはちゃんと海上だった。おお、海だ!海のど真ん中だ!東京湾だけど!…風が強い。しかし天気がいいので気持ちが良い。
海ほたるって本当はなんだか知らなかったけど、少々エンタメ性の高いパーキングエリアだった。甲板?のようなところで記念撮影ができるスポットがあちこちにあって、鐘を鳴らせるところもあるので終始誰かが鳴らしている。リンゴーン。
遅くなったけど昼食を摂ろうと思って、オーシャンキッチンというファミレスのような店に入る。子連れなので選択肢がない。子供には「お子様用メニュー」すらまだ早いのでお店の人に断って持ち込みのものを食べさせる。ベビーフード食べてくれる子はいいけど、食べない子は旅行どうしてるんだろうと心配する。親がうどんとか注文して取り分けてあげるのだろうか。でも関東のうどんって味濃くない?あとちょうど良くうどん屋って見つからなくない?どうなの???

昼食後には、せっかくなので記念撮影をしたりぐるーっと回ってみたりした。怪傑ゾロリの着ぐるみがいて、それなりにちびっ子達に囲まれていた。
そんなに時間もなかったのでお土産屋とか横目で見つつ退散ー。

海ほたるまではがっかりしたけど、海ほたるを過ぎて木更津側に向かう道路は海の上だった。ワァイ。ついでに渋滞も解消されていた。ワァイ。
次に向かったのは茂原のレイクウッズガーデン。…小洒落た名前をつけたけれども「レイク」はどっちかというと沼っぽ…いやなんでもない。本当は「レイクウッズガーデン ひめはるの里」という名前らしい。なんだそれ。
どういうところか名称からはわからないけれども、端的に言うと「犬がいる広い庭園」。愛犬家は連れてきてもOK。飼い犬はいないけど犬と触れ合いたいという方にはまた違ったサービスがあり。後述。
入園料大人600円3歳以下の子供はタダ。しかーし、車でしか行きようのない場所のくせに(最寄駅からの送迎バスもない。かろうじて路線バスはある)、駐車料金1日300円とられる。…ソレはどうなんだろう。土地余ってるんだからそんなせこい金の取り方しなくたっていいのに。ブゥブゥ。
この日はあまり時間がなかったので、この園の目玉である「オーストラリアン・ラブラドゥードルとのふれあいサービス」を目指す。聞いたことない犬種だけど、ゴールデン・レトリーバーとプードルのミックスのような感じの犬(雑)。大きさが3種類あって、一番小さい「ミニチュア」でも普通の柴犬くらいあったと思う。一番大きい「ミディアム」になると毛のふさふさ感も相まって相当でかく見えるけど、中身は普通のレトリーバーと同じくらいなのかな?それでもでかいけど。トリミングとかとても大変そう。
話がそれた。ええと、小さい広場の中に10頭くらいだったのかなあ。放牧されていて、20分100円でその中に入れて好きなように触れるというシステム。広場の入り口でお金を払い、時間を書いた紙をもらってあとはどうぞーという感じ。時間は自分で管理するので「そろそろですよ」と言ってもらえず、時間を過ぎたら延長料金をとられるらしい。
いざ入ると大変人懐っこい子たちでわさわさやってきてくれて嬉しい。モフり放題。モフモフモフ。
一番大きい子が寄ってくると、私など弾き飛ばされそうだけれども頑張ってモフモフ。
楽しいモフモフタイムであった。20分もやることあるかなと思ったけどモフってたらあっという間だった。
この日はこれで撤収。

宿は車で30分くらい行ったところにある「リソルトリニティ生命の森」という複合施設。
古いので安かったけれども部屋がとても広かった。ログハウスと書斎タイプの2種類タイプがあったけれども私たちが泊まったのは書斎タイプ。リビングと寝室が分かれているのがポイント。無駄にでかい本棚とか机とかがあって面白かった。
晩御飯は翠州亭(すいすていと読む。昔スイス大使館だった純和風の建物を移築して云々かんぬん)。17時か19時30分かで選べと予約時に聞かれ、19時半だと子供の食べる時間としては遅いし、しかし17時に晩御飯を食えと………と困るが選択肢がなかったので17時にする。果たして着いたのが17時ギリギリだったので交渉したところ、19時半に次の客が来るから、それまでに出てくれれば大丈夫との妥協案が出る。よし。
料理は純和風の懐石が、順番に出てくるのではなくほぼ箱に収まって一気に出てくる。なんだか乱暴な気もするけど、時間をかけてご飯を食べていられない子連れにはありがたい。
和室で、豆イスもベビーチェアも当然なく、1歳の息子に座卓は高すぎたので私と夫の座布団も合わせて3段重ねにして無理矢理高さを作る笑点スタイル。私と夫は畳に直座りになったのだけれど、途中様子を見に来た仲居さんが「すっ、スミマセン」と座布団を追加してくれた。ありがとう。
自分のご飯をさっさと食べ終わって和室で歩き回る1歳児が怖すぎてタイムアタック的に食べたので正直味はそんなに覚えていないけれども、久しぶりに天ぷらを食べてあー美味えなあと思った。

食事が終わって部屋に戻って、大浴場にでも行こうかなと思ったら、大浴場は19時で閉まってるんですって!なんなの!
しかたなく部屋風呂で済ませて早めに就寝。おやすみなさーい。

つづく。
blogram投票ボタン
かんざき * おでかけ報告。 * 23:27 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

左門くんはサモナー

本日発売のジャンプの話なので、コミックス派の人は申し訳ないのですが。

美女と野獣のねちっと感想とか旅行記とかそういうのをすっ飛ばして今日は叫ばざるを得ない。


「左門くんはサモナー」が本日発売のジャンプで、

終わってしまったーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!ァァァァァアアアア!!!


…さ………最近話の展開が「ちょっと生き急ぎすぎじゃね?」とは思ってたの。掲載順が巻末に近くね?とは思ってたの。思ってたけれども、つい最近センターカラーとかもらえたし、同じくらいの掲載順の「火ノ丸相撲」がいきなり巻頭カラーもらってたし、シリアスバトル編が終わって日常回に戻った感じだったからこれは…っ!って思ってたの。思っていたけれどもまさかの「HUNTER×HUNTER連載再開!」でイヤな予感がして………そろそろ新連載が幾つか始まりそうな予感だったので、その数によるかなーと思っていたら!最悪HUNTER×HUNTERが始まる前の週に終わってしまうかもあと3話くらい?そんなー!と思っていたら!!今週で終わるなんて終わるなんてーー!!

もう気になって気になって金曜だか土曜だかの時点で「左門くん」でリアルタイム検索したら早売りジャンプ組からの「連載終了」という悲痛な叫びが上がっておりまして、い、いやいやいやそんなデマ信じないよ?とめちゃくちゃ動揺しておりましたが、本日ジャンプを見たらやっぱり…でね。
一応最低限の伏線というか気になる点は回収されていたし、ジャンプの別冊で読み切りがあるとか、完結記念LINEスタンプ発売とかあるので、まるっきりの打ち切りってわけではない…のですが…………。
自分が入れ込み始めて赤マル急上昇中、さあこれから友人たちにも本気で売り出していくぞーー!!と拳を振り上げたところで終わっちゃうパターンというのは初めて喰らったので、相当凹んでいます。ホント。
左門くんとてっしーちゃんのラブが気になっていたのに。私はあれを結構本気の恋愛ものとして楽しんでいたのに!いや、ギャグ回も好きだけど。そしてネビロスさんは私がもらうねって思っていたのに!
これはやばいアンケート出さねば、と生まれて初めてジャンプのアンケート書いて、「あなたの年齢は?」って聞かれているところで実年齢では編集部への影響が小さすぎると思ってハタチまで年を偽って出したのに!!(あとで調べたらやはり「少年ジャンプ」だけあって小中学生男子あたりの票がマストらしい。ちくしょう!)
ああーーーーー…来週からもうジャンプ買う気力がない。マジでない。他の気になる漫画(約束のネバーランドとか)はコミックスでいいじゃん…いいじゃないですか…HUNTER×HUNTERの連載再開がこれほど恨めしかったこともかつてないですよ。
どなたかが左門くん終了について「着地点はよかったけど、私はもっとそこにたどり着く過程の話を読みたかった」と呟いててそうだよそうなんだよとうんうん頷いてしまいました。
ジャンプ+とかスクエアとかへの移籍でもいいから描き続けて欲しかった。
例えば葦原先生は「賢い犬リリエンタール」で4巻打ち切りを喰らって、その次の「ワールドトリガー」がヒットしてそれはすごくよかったねと思ってワールドトリガーも好きだけどやっぱりリリエンタールの話をもっと読みたかったしワールドトリガーはリリエンタールではないのです。
沼先生はこれからまたジャンプで描くかもしれないけど、それは「左門くんはサモナー」ではないのです。
それがたまらなく嫌だーー!!うわーーーん!!!
そして最終話のタイトルが反則だーー!!うわーーーーん!!!!!


…読んでない方には何が何だかの話で申し訳ないのですが、もう心が叫びたがっていたので叫ばせてあげることにしました。
ううううう。
同様の嘆き多数で「左門くん」がツイッターのトレンドワードに入っていたのがせめてもの救いです。
…………最終話アンケ出そう………グス………。

blogram投票ボタン
かんざき * 読んだものの感想 * 23:08 * comments(2) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ