エール(2)

音ちゃんは裕一がカフェーに行ったことなんて気づいていました!!(そしてスルーしてた)
やり手すぎる!!!
で、ヴィオレッタの役というか、恋愛の機微について学ぶためにカフェーで一週間の臨時アルバイトをはじめます。
接客業における臨時アルバイトって役に立つのだろうか。一週間だけいるならいない方がマシじゃね?と思うのですがそんなことは女給姿の音ちゃんが可愛いから問題なしです。ないよ!全然!
同級生からは「え、あなた人妻で学生で女給なの?」とドン引きされますがいいのです。
裕一は心配で心配でたまらず、フラチな友人の木枯くんに「様子を見に行ってよぅぅ〜〜〜〜」と泣きつきますがスルーされます(一回は行ってくれたからいいじゃん)。

…なんか裕一裕一書いてるとジョッキーの福永祐一くんの顔が浮かんでくるんですが。どっちもなんか押しに弱そうなところかしら。

そんなことはともかく、なんだかんだあって(このレポは省略をモットーとしてるから、なんだかんだを多用しますよ!)裕一の幼なじみの大将こと村野鉄男くんは音ちゃんがバイトしてるカフェーの女給さん(希穂子さんという。入山法子)を探しに東京にきていたことが判明します。
福島にいた時いい仲だったんですって。でも鉄男くんに社長の娘との縁談が持ち上がったので、身を引くために東京に来て女給さんやってたんですって。
子供の頃は「おめえみたいなウジウジしてるやつは大嫌いだ!」みたいな感じで裕一のことを怒鳴りつけたというのに、大人になった大将は裕一の家で飲んだくれて「俺が不甲斐ないから希穂子に見限られた〜〜!!!」と管を巻く有様。大人になるって大変。
その希穂子さんという人がなーんか既視感あるなあと思ったら、我が親友兼競馬師匠のありちゃん(このレポは彼女との共著になります)から、

「竹久夢二が描きそうな感じでいいわぁ」

という絶妙な例えがきました!!それだ!!!!この既視感はそれだ!!!!いやー、素晴らしい走者一掃のクリーンヒット!!(言ってみたかっただけ)
振られた勢いで鉄男くんは「福島行進曲」という詩を書き(特に行進はしない曲ですが)、詩に共感した裕一が曲をつけてコンビ初のレコードが出ます。本当は久志が歌うはずでしたが彼はただの音楽学校生なので歌わせてもらえませんでした。
「いずれコロンブスレコードは後悔することになるだろう」と言ってました。だよね。ヴィジュアルとセットだったら絶対売れたのにね。ちぇ。

レコードを出したお祝い、ということで古山家の隣にある喫茶「バンブー」のマスター夫妻のご好意でちょっとしたパーティが開かれます。
マスター夫妻(野間口徹、仲里依紗)がまたクセがあって面白いです。
あと、店のコーヒーカップが輪切りにした竹の形で可愛い。
パーティの終わりに希穂子さんが来て、鉄男くんに「結婚が決まったからさよなら」と言い、お祝いを置いて去ってゆきました。
これが嘘だっていうのはさすがの鉄男くんも気づいたんだろうなあ。でももうどうしようもないってことも分かったんだろうなあ。
その切ない恋の終わりを目の当たりにし、その体験を糧として音ちゃんは見事椿姫のアリア「過ぎ去った日々」を歌い上げ、オーディション突破!…って書くとなんだかとても予定調和だな………。
でもオーディションの日、帰ってきた裕一を家の門のところで迎えた音ちゃん→「どどど、どうだった?」とドキドキしながら聞く裕一→破顔一笑手で大きく丸を作る音ちゃん→抱き合ってぐるぐるぐる!!!の流れが可愛かったのでいいです。ヨシ!!

鉄男くんは福島の新聞社(だっけな)に帰り、希穂子さんはどこへも知れぬ先へ旅立ちます。
あーあ、希穂子さんの出番終わりかー。
でもなんかそんな気がしてたんですよね。だってテロップの役名が「希穂子」だったんだもん!名字なかったんだもん!
鉄男くんと結婚する将来なら役名は「○○(旧姓)希穂子」でしょー?
そんなところから推測してしまいました。残念。

来週はまたどうなりますやら。楽しみ!
かんざき * 朝ドラエール * 21:35 * comments(0) * - * - -

エール(1)

なんとなくレポを待たれている気がしつつ、しかしこれ書き始めたら大変なことになるのわかってるしね、と思って開始から2ヶ月間毎日我が親友兼競馬師匠のありちゃんと毎日感想メールをやり取りするにとどめていた朝ドラエール。
大変今更感が漂いつつ、レポ書いていくことにしました!
なんでかというと、

・友人から直接リクエストが来た
・前に朝ドラ「おひさま」のレポを書いて以来の読者様がお怪我をなさったと聞いて、うん、じゃあ楽しそうなやつを書いてみるか、と思った

というところが二大要因でしょうか。
しかしどっから書いたものか。
なるべく新鮮な感想(?)をお届けしたいので、結構すっ飛ばすことにします。

福島に生まれた主人公小山裕一(マイラブ窪田正孝くん)は、小学校の音楽の先生(森山直太朗)に音楽の才能を見出され、なにをやっても逆張りになるお父さん(唐沢寿明)を味方につけて、なんだかんだで国際作曲コンクールで2位に入ったり、銀行に入って調子に乗ってダンスホールに行って振られたり、なんだかんだで幼い頃に会っていた運命の人関内音(二階堂ふみちゃん)と東京で駆け落ちしました。
なんだかんだで音ちゃんもオペラ歌手を目指して学生結婚となり、彼女は頼りになるので裕一をコロンブスレコードと契約させたり福島出身の旦那に毎日八丁味噌を出したりして夫婦仲良くやってました。
契約したもののまだ1曲のレコードも出せていないけれどなんだかんだで早稲田大学の応援歌「紺碧の空」が書けてさあこれからどうなりますか。

おお、かなりダイジェスト。がんばった私。


そして今週(つうか今日)。
福島の幼なじみの大将こと村野鉄男(中村蒼)を家の隣の喫茶店に引っ張り込み、「東京に来い!音楽をやろう!歌は同じく幼なじみの久志(山崎育三郎。朝から山崎育三郎が歌うなんてものすごい朝ドラである)が歌ってくれる!」と勝手なことを言う裕一。応援歌のおかげでだいぶ調子に乗っております。
でも断られる。鉄男くんなんかありそう。
そして早稲田の応援歌書いたんだって?と言って裕一をカフェーに誘う同期の作曲家RADWIMPSこと木枯くん。ジャンプ読んでると違う人が頭に浮かんできますがそのコガラシくんではなく、もうちょっとフラチな感じの木枯くんです。
えーいやいやぼくはーと言いつつ付いていく裕一。簡単だな君。
夜遅くに帰ると奥さんの音ちゃんは、椿姫のヴィオレッタ役のオーディションの二次審査に意識が飛んでいて裕一がカフェーに行ったことは気づいていない様子。よかったね。
審査員には憧れのオペラ歌手双浦環もいて、どうなるか!?と思いましたが無事二次審査通過。ここで落ちたら話になりませんからね!決勝は学校いちの優等生と争うそうです。だよねー。


そんな感じ。
今後は「おひさま」のときと同じく数話まとめて好きなように書くと思います。
よろしく!!
かんざき * 朝ドラエール * 22:53 * comments(0) * - * - -

Happy Birthday!

5/21は私の最愛牡馬ネオユニヴァースの誕生日なのです。
誕生日なのですよー!!!
おめでとう、ネオ!!!



…ネオが20歳という現実。
(おおおおう)
来年きっとまた会いに行くからね!!!待っててね!!!!
かんざき * 競馬について。 * 22:26 * comments(2) * - * - -

ハマりもの

朝ドラ見てまっせ、と書いたら友人から「レポは?」と聞かれました。
…エ?期待されてるのか?と少々驚きました。
でも嬉しかったです。ありがと♪


ママ友からすっかりヲタ友にクラスチェンジしたBくんママから「ヴァイオレット・エヴァーガーデンの再放送やっててハマった!るーちゃんも見て!!」と言われてみました。
いやなにこれ。1話1泣きのガン泣き。
戦争で兵器扱いされていて人間らしい感情を持っていなかった孤児の女の子ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、自分を育ててくれたギルベルト少佐(当然イケメン。cv:浪川大輔。超重要)が別れ際にくれた「心から、愛してる」という言葉の意味を知るための物語。
最後の戦闘でヴァイオレットは両腕をなくしてアダマン銀の義手になりますが、それがまた人形めいたこの子っぽいところがいいんですよね。
戦後、ヴァイオレットは少佐の士官学校同期の元中佐が始めた郵便会社で代筆屋の仕事をするようになって、人の手紙を書くうちに少しずつ人間になっていくという…………。
絵は綺麗だしヴァイオレットは美少女だし、元中佐の声は子安でそこも素晴らしいし、いやこれほんと見てなかったのどうして俺。
再放送も、私が気づいた時には6話でかなり進んでたので、仕方なく「1ヶ月だけね!」と限定してNetflix入っちゃいましたー!だってそこしか配信やってないんだもん!ちくしょう!!
私が見たのが今のところ11話で、あと2話でおしまい。ううう!!!でももう少ししたら新作劇場版やるそうなので楽しみ。
うひひひひ。


ペルソナ5スクランブルは少し前にクリアいたしました。おまけ要素がちょっとだけ残ってますがまあおしまいでいいや。
70時間くらいだったと思いますが、何しろペルソナ5ロイヤルが長かったもんで、70時間で「あ、これでおしまい?」ってなる自分やばいなと思いました。
次はロマサガかなー。
かんざき * 日常アレコレ * 23:13 * comments(0) * - * - -

連休って。

って感じの日常ですが皆様いかがお過ごし。

つらいなーとか思うと、それすっごい我儘だぜ?と返したり、いやでも何をつらいと思うのかってその人によらない?と思ったり、つらい時ほど前向きに考えて楽しんだりすればいいと考えたり、しかしそんなポリアンナみたいなことやってたって現実問題は特に何も解決されていないじゃんと思ったり、正直そんなぐるぐるした日々を過ごしています。
でもそんなぐるぐるしてるのって周りだと私だけじゃん……みんなもっと大人じゃん………と思って落ち込んだりもしています。

そんな精神状態でここに何か書こうとしてもうまく書けないので、じゃいっそそのまま書けばいいじゃんと思って書いてみました。
私と同じようにぐるぐるしてる人っているのかな。いたらいいな。いなかったら、こんな情けないやつもいるから自分大丈夫って思ってもらえたらいいな。


そんなところです。
朝ドラが6月末で止まるかも、というニュースを見て「あ、6月末まではやってくれるのね!!」と思わず安堵してしまいました。
毎日窪田くんが可愛くてそこは幸せです。
かんざき * 日常アレコレ * 21:30 * comments(2) * - * - -
このページの先頭へ